シンガポール政府観光局の求人情報に強い転職サイト3選

在日シンガポール政府観光局は、人材を募集する際に積極的に転職エージェントを活用しており、求人が発生するとサイト上に情報が公開されます。

 

シンガポール政府観光局の求人

 

ただ、ご存じの方が多いと思いますが、転職サイトの求人情報は、誰でも閲覧することが出来る一般公開求人と、そのエージェントに登録している人間のみ閲覧することが出来るクローズド求人に分かれます。

 

基本的に、どこのエージェントでも案件情報というのは圧倒的に後者の割合が多く、シンガポール政府観光局で採用枠が発生した時にも、一般公開されない可能性があります。

 

元々、政府観光局の求人数は絶対的に少ないため、確実に情報を入手するには、転職エージェントに登録しておく必要があります。

 

ただし、登録するには、これまでの職務経歴を記載しなければいけないなど、手間がかかります。(10?15分ぐらいかかります。)

 

ですから、あちこちのエージェントに登録するのは大変です。政府観光局の採用情報を掲載する転職エージェントは限られるので、とりあえず下記の3サイトに登録しておきましょう。

 

リクルートエージェント

語学系の求人に強い転職エージェント。TOEIC700以上のスコアを持つ人であれば、条件の良い案件が豊富にあるので、政府観光局以外の案件をチェックしてみるのもオススメです。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

マイナビネクスト

国際派就職という専用ページがあり、そのなかで政府関連の人材募集案件も掲載されています。観光局の掲載実績もあります。

 

Type

Typeも語学系の求人に強いエージェントです。登録しておいて損はありません。

 

シンガポール政府関連の公式サイトは?

 

シンガポール大使館、政府観光局は、それぞれ公式サイトを持っています。
http://www.mfa.gov.sg/content/mfa/overseasmission/tokyo/jp.html

 

ただし、これらのサイトに採用情報が掲載されることは無いので、情報収集源としては使えません。

 

ちなみに、政府機関絡みで一つ面白いサイトがあります。下記のサイトです。
http://www.singaaso.or.jp/

 

日本シンガポール協会という、二国間の交流促進を主な目的とする社団法人のサイトです。このサイト内で、イベントの案内ページがあります。

 

お茶会やゴルフコンペといった、本当に交流目的のイベントですが、こういったところに頻繁に顔を出せば、協会のスタッフとも顔見知りになれます。

 

彼らは、当然シンガポールの政府関係者ともつながりがあるので、観光局で働きたいといえば、紹介してくれる可能性もあります。

 

また、こういったイベントに参加する人は、当然シンガポールとのつながりが強い人達なので、仲良くなれば、それが何かのきっかけになるかもしれません。

 

政府観光局の採用というのは、人づてというのも多いので、こうやって地道に人脈を作るのも大切です。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

政府観光局の求人に強い転職支援会社ベスト3

語学を活かした仕事に関する求人情報が多い会社でもあるので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。英語が得意な人材の転職支援に力を入れており、TOEIC700以上のスコアを持つ人であれば、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大。他の会社が扱っていないユニークな案件が多くなっています。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職会社。ビジネスレベルの英語力を有することを前提条件とする求人案件を多数保有しているので、英語を活かして転職したい人は要チェック。

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資企業の求人も多数。金融、IT業界の求人に強い。

コメントを残す

このページの先頭へ