スペイン政府観光局の求人情報を入手出来る2つのサイト

マイナーサイトというのは言い方が悪いのですが、一般的には殆ど無名のサイトで、スペイン政府観光局の求人情報を入手することが出来ます。観光局の公式サイト上では、採用情報が公開されていないため、貴重な情報源となります。

 

そのサイトですが、セルバンテス文化センターとジャパントゥデイ・ジョブです。

http://tokio.cervantes.es/jp/noticias_jp/bolsa_de_trabajo_jp.htm
http://blog.goo.ne.jp/gaijinpot/c/7b464b950e41b5ce388cd349996f9de5

 

セルバンテス文化センターは、スペインの文化を世界各国に広げることを目的とした政府機関で、経済活動・投資活動の促進にも力を入れており、そのなかの一貫としてスペイン企業や政府関係機関の求人情報を掲載するページを用意しています。

 

掲載数は多く、新着案件が登場する頻度も高いので、ちょこちょこチェックしてみることをオススメします。

 

スペイン政府観光局

 

ジャパントゥデイ・ジョブは、欧米13カ国の在日商工会議所の公式求人サイトとして、日本に進出中の外資系企業やグローバルに展開する日本企業からの求人や、外国大使館、政府機関などの求人情報を提供しているサイトです。

 

ジャパントゥデイ・ジョブ

 

一般的な転職サイトのように、仕事を求めている人が自分の履歴書を登録する機能があり、登録しておけば、あなたに興味を持った採用担当者から直接コンタクトを受けることもできます。登録しておいて損がないサイトです。

 

この二つが最も有力な情報源になります。あとは日本の転職サイトということになりますが、政府関係機関の求人情報はクローズド扱いされていることが多く、ユーザー登録をしないと見ることが出来ません。

 

真剣に探している人は、語学系の求人に強い幾つかの転職サイトに登録しておくことをお勧めします。

 

直接、問い合わせをしてみる

 

これ以外のやりかただと、直接観光局に問い合わせてみるというやりかたもあります。相手にしてもらえるかどうかは分かりませんが、やってみるだけの価値はあります。

 

ただし、その場合、自分がやりたいからという理由だけでは厳しく、これまでスペインと関わりの強い仕事をしてきたとか、スペインのことに精通しているとか、即戦力で政府観光局のスタッフとして携われるだけの能力を持っていることを証明する必要があります。

 

いわば、むこうから『こんな人だったら、ぜひ働いてもらいたい』と思われるような人材になるということですね。

 

政府観光局で働いている日本人スタッフの大半は転職組なので、ただ働きたいというだけでなく、どうやったらスタッフとして貢献出来るかという視点で考えることも重要です。

 

今現在、こういった実績がないという人は、まずは実績を積めるような仕事をしてから、観光局のスタッフに転職するというようなキャリアアップのルートも検討してみましょう。

政府観光局の求人に強い転職支援会社ベスト3

語学を活かした仕事に関する求人情報が多い会社でもあるので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。英語が得意な人材の転職支援に力を入れており、TOEIC700以上のスコアを持つ人であれば、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大。他の会社が扱っていないユニークな案件が多くなっています。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職会社。ビジネスレベルの英語力を有することを前提条件とする求人案件を多数保有しているので、英語を活かして転職したい人は要チェック。

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資企業の求人も多数。金融、IT業界の求人に強い。

コメントを残す

このページの先頭へ