日本政府観光局の職員として採用されるには?

日本政府観光局で職員として採用されるには、3つのルートがあります。新卒採用、キャリア採用、任期付職員採用の3つです。
https://www.jnto.go.jp/jpn/about_us/recruit/index.html

 

日本政府観光局

 

 

新卒採用

毎年、2月からエントリーシートが配布され、3月から選考が始まります。書類選考、適正検査から三度の面接まで、6段階での選考となるので、なかなか厳しいです。

 

内々定が5月下旬と遅いので、民間企業と天秤にかける人にとっては悩ましいところです。採用実数は毎年3~4名と少ないので、狭き門となります。英語、中国語、韓国語が出来る人間は優遇されるようです。

 

キャリア採用

民間企業の中途採用に当たるものです。枠が生じた時に不定期で募集がかけられますが、絶対数が少ないので、なかなかチャンスに遭遇することはありません。

 

キャリア採用の場合、即戦力としての役割が求められるため、旅行業界での職歴がある人のほうが有利です。

 

任期付職員採用

日本政府観光局では、臨時採用・嘱託でのスタッフをたびたび募集しています。臨時採用の場合、1年契約が一般的です。勤務成績次第で延長も可能で、最長3年間まで働くことが出来ます。
https://www.jnto.go.jp/jpn/about_us/recruit/temp5.html

 

電話対応、資料作成といった補助的な業務に携わることになり、高卒以上の学歴があり、英語が出来る人であれば誰でも応募することが出来ます。

 

4月開始・3月終了というスパンでの契約となるので、年明けぐらいから募集がかかります。書類選考と面接のみで2週間程度で結果が決まります。

 

臨時採用でも健康保険・年金はつきますし、新入社員と比べると給料も高く、条件の良い仕事です。観光業界や政府機関での実務経験を積みたい人にとっては働いて損がない職場と言えます。

 

日本政府観光局の選考にパスするには?

 

面接は狭き門となるので、そこを抜けなければいけません。そのためには入念な前準備が必要です。

 

  • なぜ、観光局で働きたいと思ったのか?
  • スタッフとして、どのようにして職場に貢献したいのか?

 

この2点を明確に説明出来るように考えをまとめておきましょう。政府観光局というのは、日本という国をPRして訪れる観光客を増やすのが最大の目的です。

 

あくまでも国のためですから、その視点を持てるかどうかが重要です。旅行が好きだから、英語が活かせそうだからといった自分本位の理由では、まず落とされるので注意してください。インバウンド・ツーリズムの理念ぐらいは頭に叩き込んでおきましょう。

 

東京のオリンピック・パラリンピックも決まり、これから活動が活発になることが予想され、働きがいのある職場だと言えるのが日本政府観光局です。ぜひ採用されるように頑張ってください。

民間企業で働くという選択肢

政府観光局の求人というのは、非常に数が限られるため、そう簡単に就職出来るとは限りません。どちらかといえば落ちる可能性のほうが高く、受かったらラッキーといったレベルです。下手したら、商社やテレビ局のような人気企業よりも、受かるのは大変かもしれません。

 

ですから、決して最初から諦める必要はありませんが、同時に現実的な選択肢も考えておくことをオススメします。具体的には政府観光局で行う仕事と似たような業務に取り組める民間企業に就職するという選択肢です。

 

訪日観光局の増加に伴い、観光業界(インバウンド業界)は活況を呈しており、求人が多数発生しています。ホテルや旅館、観光施設、大型商業施設などからの接客スタッフ募集案件、旅行代理店からのツアー企画担当者、ツアーコンダクター募集案件などに加えて、観光客誘致のためのマーケティングプラン・営業企画担当者を募集する求人案件も急増しています。

 

訪日外国人誘致を狙う自治体のマーケティング・PR支援、在日外国人向けの新規事業開発・立ち上げ支援などを行うコンサルティング会社・広告代理店、ビジネスコンファレンス・国際会議・シンポジウム等の企画・運営業務を担当する事業会社からの営業スタッフ、企画・マーケティングスタッフ募集案件なども発生しています。

 

このように、民間企業に目を向ければ、希望する仕事に就くチャンスは豊富に存在します。人材不足の業界でもあるので、転職するには絶好のチャンスです。観光業界、インバウンド業界の求人に強い転職エージェントに相談すれば、希望条件に合う仕事があるかどうか探してくれるので、是非一度連絡をとってみてください。

 

JACリクルートメントリクルートエージェントやまとごごろキャリアDODAマイナビエージェントといったエージェントであれば、保有求人数が多いので、相談先として最適です。ただし、それぞれ保有する求人には違いがあるので、少し面倒にはなりますが、3社全てから話を聞いてみることをオススメします。

 

※補足
JACは外資系企業、日系グローバル企業専門なので、こういった企業への転職を目指すのであれば、上記で取り上げている転職会社のなかでも、最も有効な情報源となります。

 

特に、30代以上の経験豊かなビジネスマンの転職支援を得意としているので、該当する人は要チェックです。(マネジメントレベルの求人も多いです。)

 

リクルートエージェント、ビズリーチも同様ですが、保有求人数が若干劣るので、第二・第三の選択肢と言えるような存在です。ただ、JACがカバーしていないような求人を扱っていることもあるので、リストアップさせて頂きました。

 

一方、マイナビエージェントは、若年層のビジネスマンの転職支援に力を入れている転職会社です。第二新卒者の転職支援も得意としているので、20代の人にオススメです。

 

いずれにしても、どの転職会社がいいのかというのは、実際に話をしてみたいと分からない部分もあるので、2~3社に同時にコンタクトして、比較検討することをオススメします。面倒かもしれませんが、これが最も確実な方法です。

 

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

政府観光局の求人に強い転職支援会社ベスト3

語学を活かした仕事に関する求人情報が多い会社でもあるので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。英語が得意な人材の転職支援に力を入れており、TOEIC700以上のスコアを持つ人であれば、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大。他の会社が扱っていないユニークな案件が多くなっています。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職会社。ビジネスレベルの英語力を有することを前提条件とする求人案件を多数保有しているので、英語を活かして転職したい人は要チェック。

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資企業の求人も多数。金融、IT業界の求人に強い。

コメントを残す

このページの先頭へ