【東京】USCPA保有者向けの求人案件に強い転職会社9選

東京であれば、USCPAの資格を活かせる仕事は幾らでもみつかります。インターネットでちょっと検索すれば、資格保有者を募集する求人案件が次から次へと出てくるはずです。

 

東京のUSCPA保有者向け求人

 

数がありすぎて、まず見切れないないでしょう。こういった状況の場合、自分一人で調べるのではなく、転職エージェントに連絡をとって、自分の希望に合った求人を紹介してもらうことをオススメします。

 

彼らはプロなので、希望条件・要望を伝えれば、そこにマッチする案件を絞りこんでくれます。自分の代わりに探してもらうということですね。

 

このほうが楽ですし、時間もかからなくて済みます。表には出てこないクローズドの案件もあるので、直接確認するのがベストです。

 

ただし、一エージェントが持つ案件数、情報量には限りがあります。エージェント間の競争が激しく、それぞれ独占案件を抱え込んでいるので、複数のエージェントに同時にコンタクトして、多方面から攻めていくことが重要です。こうすることで、より好条件の案件と出会う確率がアップします。

 

下記のエージェントであれば、USCPAの資格保有が条件とされる求人案件に精通しているので、ぜひ問い合わせてみてください。

 

ビズリーチ

ビズリーチは最後まで職務経歴書を記入しないと、求人案件を紹介してもらえません。登録作業は数分で済むので、最後までキチンと入力しておきましょう。僅か数分で有力な転職先がみつかるどうかが大きく違ってきます。特に現在の年収が750万円を超える人の場合、より好条件の求人を同時に複数紹介してもらえる可能性が大です。

 

年収1000万円レベルのハイクラス求人専門の転職エージェント。専門性の高いプロフェッショナル職、管理職の転職案件を多数保有しています。

 

東京都内において発生している求人で、USCPAの資格が要求されるものとしては、監査法人やコンサルティング会社からのアドバイザリー業務が多くなっています。

 

財務会計コンサルティング、経営コンサルティング、M&Aアドバイザリー、監査アドバイザリーといった職種が中心です。

 

もう一つの傾向としては、一般企業からの財務部長、経理課長といったマネジメントレベルの案件が常時出ています。

 

リクルートエージェント

国内最大手の転職エージェント。グローバル企業、外資企業の求人案件の取り扱いに力を入れており、東京都内の企業からのUSCPA資格保有者を募集する案件についても多数保有しています。

 

経理・財務担当スタッフに加えて、関連資料の翻訳担当者、海外子会社の経理管理といったポジションの案件が出ています。メーカーからの求人の場合、SAPを導入している企業が多く、SAPの使用経験者を歓迎する傾向が強くなっています。

 

一般企業以外だと、コンサルティング会社や監査法人からUSCPA保有者を募集する案件が出ています。財務コンサルティング、価格移転コンサルティング、M&Aコンサルティングといったポジションにおいて、求人が多くなっています。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

 

マイナビ会計士

公認会計士の転職支援に特化している転職エージェント。USCPAの有資格者を募集する監査法人やコンサルティングファームからの求人案件もカバーしており、東京勤務となる求人についても、常時50件前後の案件を保有しています。

 

M&A支援(M&Aに伴うデューディリジェンス、フィナンシャルモデルの作成、案件成立後の企業価値向上戦略立案・実行支援)、財務諸表監査、内部統制監査、IFRS導入支援、株式上場支援などの業務を担当するといった内容の案件が中心です。

 

官民パートナーシップにおける中央省庁、地方公共団体、及びPPPプロジェクトを実施する民間企業に対するアドバイザリー業務といった案件も多くなっています。

 

応募資格については、USCPAの資格を保有していれば応募可とする求人、及び、資格保有に加えて、該当業務に関する実務経験が必須とされる求人に分かれています。後者の場合、前職の実績次第では、1000~2000万円の年収が提示されるケースもあります。

 

ジャスネットキャリア

経理・会計・税務・財務分野専門の転職エージェント。公認会計士や税理士、USCPA、BATIC有資格者向けの求人案件を扱っています。

 

東京都内にオフィスを構える企業、コンサルティング会社からの求人案件で、USCPA資格を持っていることが採用条件となる求人に関しても、多数保有しています。

 

アンテロープ

金融業界、コンサルティング業界専門の転職エージェント。財務報告アドバイザリー、財務会計コンサルティングといったポジションの求人で、USCPA保有者を募集する案件を扱っています。

 

アビタス

会計分野専門の転職エージェント。一般企業の経理職の求人に加えて、監査法人や会計事務所、税理士法人、コンサルティング会社からの転職案件を多数扱っています。

 

USCPA絡みの求人としては、監査法人の監査スタッフ募集案件が出ています。ちょっと変わったところでは、社内システム監査業務を担当するIT監査スタッフといった案件が発生しています。

 

MS-Japan

管理部門の求人の取り扱いに特化している転職エージェント。経理・人事・法務・経営管理、各部門の転職案件を多数保有しています。

 

監査法人や会計事務所からの求人で、USCPA有資格者を募集する案件が出ています。英語での監査業務を担当するため、ネイティブレベルの語学力が必要とされる案件もあります。

 

マイナビエージェント

大手人材紹介会社、マイナビグループが運営する転職支援サービス。コンサルティング会社からの求人で、金融機関向けのアドバイザリー業務を担当する人材を募集する案件を扱っています。公認会計士、もしくはUSCPAの資格を保有していることが応募条件となっています。

 

エリートネットワーク

20代、30代前半の若手ビジネスマンの転職支援に強みを持つ人材紹介会社。将来的に会社の中核社員として活躍出来るような人材を求める企業からの案件を扱っているため、キャリアアップを目指している人にオススメのエージェントです。

 

一般企業の経理・財務職、監査法人の監査スタッフ、経営コンサルティング会社の財務会計コンサルタント、海外事業コンサルタントといった職種の案件を扱っています。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業の求人に強い転職支援会社ベスト3

外資系企業の求人案件の取り扱い数が多い転職会社をリストアップしています。様々な業種・職種の求人をカバーしているので、詳細については、直接問い合わせてみてください。日系グローバル企業の求人にも強いです。

 

コメントを残す

このページの先頭へ