住み込み可の仕事というのは、今でも求人が多く、探せば幾らでも出てきます。ただし、英語を活かせるという条件をつけると、選択肢は一気に狭まります。

 

英語・住み込みという2つの条件を満たす仕事として、最も典型的なのがホテルや旅館のスタッフ。ただし、期間限定アルバイトというケースが非常に多く、正社員採用の求人となると、かなり少なくなるのが実情です。

 

要英語力の住み込み可求人

 

もう一つはリゾートマンションや別荘、保養施設の管理人、大学寮やシェアハウスの管理人といった仕事です。こちらも数は少ないので、地道に探し続けることが重要です。

 

下記に住み込み可の仕事で、英語力が求められる求人案件を保有している転職エージェントをリストアップしています。

 

今すぐに希望に合った仕事を紹介してもらえるとは限りませんが、求人登録をしておけば、新案件が発生した時に、すぐに教えてもらうことが出来ます。ぜひ、一度連絡をとって、相談してみてください。

 

リクルートエージェント

8万件以上の求人案件を保有する国内最大手転職エージェント。英語が得意な人材の転職支援を得意としており、語学スキルが求められる求人案件を多数扱っています。

 

住み込み可の仕事で、正社員採用の転職案件についても常時複数保有しています。留学生や外国人教授・研究者が住む大学寮の管理・運営業務、外国人留学生向けのシェアハウスの管理・運営業務といった不動産関係の仕事が中心となります。

 

日本に来たばかりで、日本語や日本文化が分からない外国人のサポート役としての役割が求められるため、英語はもちろんのこと、異文化理解やコミュニケーション能力についても高いレベルのものが要求されます。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

ホテル採用ドットコム

ホテル業界専門の転職情報サイト。日本全国各地の正社員、派遣社員の求人案件が掲載されています。

 

外国人旅行者の接客対応のため、支障なく英語でのコミュニケーションに対応出来るだけの語学力を持つ人材を募集する求人案件が多数掲載されており、そのなかには寮が用意されているため、住み込みで働くことが出来るホテルもあります。地方のリゾートホテルで住み込み可の求人が多いです。

 

リゾートジョブ

日本全国のリゾート地の求人情報サイト。アルバイトだけではなく、正社員採用の転職案件も掲載されています。

 

ホテルや旅館のスタッフ、別荘・リゾートマンションの管理人といった職種で、外国人客対応のために、英語力に長けた人材を募集する求人が常時掲載されています。そのなかには、住み込みで働くことが出来る案件も含まれています。寮費が無料といったケースもあるので、要チェックです。

 

ハローワーク

住み込み可の仕事を探すのであれば、ハローワークに相談してみるのもアリです。地元企業からの求人で、英語が出来る人材を募集する案件が多数出ています。ホテルや旅館、レストランといったサービス業の仕事だと、住み込み可の求人が常時発生しているので、確認してみてください。

 

住み込み求人ナビ

寮・社宅完備の仕事の求人情報のみが掲載されている住み込み求人専門サイト。多数の求人案件が掲載されていますが、建築業や工場、農業関連の求人が多く、英語が活かすことが出来る仕事については、殆ど募集がかかっていません。

 

ただし、リゾート地のホテルや旅館、販売店からの求人で、英語力が求められる案件が掲載されていることもありますので、一度は目を通してみてください。