ハーゲンダッツジャパンの中途採用事情と転職者の年収について

1920年代にアメリカにおいて創業したアイスクリームブランドである、ハーゲンダッツの日本法人がハーゲンダッツジャパンです。1984年に設立され、今では誰もが知る大人気ブランドとなっています。

 

ハーゲンダッツジャパンの中途採用事情と転職者の年収について

 

高級感のあるイメージを打ち出すためのCM戦略や、作り上げたブランド力を維持するための高価格販売によって、日本におけるプレミアムアイスクリーム市場における絶対的な地位を確保して、好業績を続けており、それに伴い、積極的に人材採用を行っています。

 

ハーゲンダッツジャパンの中途採用事情

ハーゲンダッツジャパンの中途採用情報は公式サイト上においては、オープンにはされていません。選考情報を入手する方法としては、次の二つのやりかたがあります。

  • 公式サイト上にて自身のキャリアを登録し、適した職種の募集が発生した場合に会社から連絡を受ける
  • 転職エージェントに登録し、キャリアコンサルタント経由で求人情報を手に入れる

 

1のやりかたでは、どちらかと言えば受け身であり、ハーゲンダッツジャパンが適性に合うと判断した人間のみにしか、情報が送られてこないので、そういった意味では制限があります。

 

2のやりかたであれば、求人情報は全て知ることが出来ますし、気になる仕事があれば、自分から応募出来るので、より積極的に転職活動を行いたいという人にオススです。

 

参考までに、中途採用で募集がかかっている職種は下記の通りとなります。

  • 営業
  • マーケティング・商品開発
  • 品質管理・生産管理
  • 物流
  • 管理部門(総務・人事・経理・法務・情報システムなど)

 

年収について

ハーゲンダッツジャパンの給与は基本給と年二回の業績連動賞与から構成されています。昇給に関しては、ある時期までは横並びで上がっていきますが、やがて頭打ちとなり、それ以降はポジションアップによる昇給を目指すことになります。

 

具体的な年収額の例としては、以下のようになっています。

<営業部門>

  • 営業主任 35歳 750万
  • 営業主任 35歳 900万"

<管理部門>

  • 20代前半 ?400万程度
  • 20代後半 ?650万程度
  • 30代前半 ?700万程度
  • 課長クラス 800~1,000万

 

ハーゲンダッツジャパンの就業環境、ワークライフバランスについて

残業を不当に強要されることはなく、土日祝の出勤も少ないです。また、休日出勤が発生した場合には、会社に申請すれば出勤手当てが支給されます。平均残業時間は1ヶ月20~30時間ほどであり、プライベートとのバランスがとりやすい環境です。

 

ハーゲンダッツジャパンの福利厚生について

健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、退職金、財形貯蓄、リフレッシュ休暇などの基本的な福利厚生に加えて、契約保養所のサービス提供や、アイスクリームギフト券支給・アイスクリーム社内販売といったハーゲンダッツジャパンならではの特徴的な福利厚生を受けることが出来ます。

 

その他、ハーゲンダッツジャパンへの中途入社を考えている人が知っておくべきこと

ハーゲンダッツジャパンは、プレミアムアイスクリーム市場において一人勝ちと言ってもいいほどのブランド力の高さを誇っています。そのため高い収益性を誇り、それが給与となって社員にも還元されるため、平均年収は高めです。

 

しかし一方で、ブランド力の高さゆえに、特に工夫をせずとも一定の売上を上げることができるため、自己成長の機会損失に繋がるといった意見もあります。

 

また、長年値引きをせず販売を行い、ブランド力を保ってきた同社ですが、昨今はスーパーなどの量販店にて割引販売されるようになっており、ブランド力が低下してきているのでは?との声もあり、今後の事業展開については、注意が必要です。(事業形態の変化に伴い、社員の労働環境が変わる可能性があります。)

 

このように、不安材料もありますが、値引きが行われるようになってからもブランド力は衰えず市場では一強状態ですし、新商品が発売となる度に注目が集まり売上も好調です。

 

トップランナーでありながら、新商品の開発にも精力的に取り組むハーゲンダッツジャパンは、やりがい・待遇ともに高い水準であり、就業環境としては恵まれている企業であると考えて間違いありません。

 

転職エージェント活用のススメ

はじめにも書いたように、ハーゲンダッツジャパンは中途採用に関する情報を、自社サイト上では公開していません。キャリア登録をしたとしても、その都度、必ず採用情報を連絡してもらえるとは限らず、最悪の場合、ポジションの空きが発生したにも関わらず、エントリーをし損ねてしまうというケースもありえます。

 

このような事態を避けるためにも、ハーゲンダッツジャパンへの転職を目指す時には、転職エージェントを利用することをオススメします。そうすることで、求人が発生した時に、いち早く情報を得ることが出来ます。

 

また、転職エージェントはハーゲンダッツジャパンの社内事情を常に押さえており、中途採用者に求める人物像についての情報を具体的に得ることが出来るので、転職活動を優位に進めることが出来ます。

 

年収などの条件交渉についても代行してもらえるので、直接応募するよりも、好条件で転職出来る可能性が高く、そういった意味でもエージェント経由で応募したほうが賢明です。

 

下記にも触れていますが、ビズリーチJACリクルートメントリクルートエージェントクライス&カンパニーマイナビエージェントDODAといった外資系企業に強いエージェントであれば、ハーゲンダッツジャパンの求人も押さえているので、利用するには最適です。

 

また、この5社以外では、マイケルペイジヘイズインターナショナルも外資に強いので、オススメです。

 

※補足
このところ、JACは現職者の転職支援に力を入れており、離職中の人の場合、よほどの経験・スキルがないと、有望な求人を紹介してもらうのは難しくなっています。

 

(経験・スキルの定義が難しいのですが、前職の給与が年収600万を超えるぐらいであれば、まず大丈夫です。)

 

この条件に当てはまらない人は、上記でも触れているリクルートエージェント、もしくはマイナビエージェントといった転職会社のほうがオススメです。

 

 

特に、マイナビは若手層の転職支援に力を入れているので、35歳ぐらいまでの人であれば、職歴などを問わず、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。

 

(この年代のビジネスマンであれば、経歴不問で募集をかけている企業の求人を多数扱っており、そのなかには大手も含まれているので、なかなか悪くないです。)

 

 

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ