ビジネスブレイン太田昭和の中途採用事情~社員年収、就労環境など~

ビジネスブレイン太田昭和の中途採用事情

 

コンサルティングとシステム開発を両輪に、企業の経営課題の解決に取り組むコンサルティングファーム、ビジネスブレイン太田昭和。経営課題の抽出からシステムの具体化、成果の検証までをワンストップで提供する、フルサポートサービス体制を特徴としています。

 

クライアントが業務改善という結果を出すことを、ビジネスブレイン太田昭和の使命と考え、戦略を描くだけではなく、その戦略をどう実行していくか、手段の提供を最優先課題としている会社です。

 

現在では、内部統制に関するコンサルティングサービス事業、及び、一括請負のシステム開発事業が順調に推移しています。

 

社内の生産性向上に伴い、利益率が向上する一方で、研究開発費・教育訓練費などの販管費を最適化することで、支出の減少に成功するなど、業績が格段に上がっています。

 

この傾向は、今後も続くことが予想されており、それに伴い、ビジネスブレイン太田昭和では、人材確保の動きが活発化しており、中途に関しても、様々な職種において、募集がかかっています。

 

ビジネスブレイン太田昭和への転職のチャンスは豊富に存在するので、関心がある人は、このタイミングで真剣に検討することをオススメします。

 

このページでは、ビジネスブレイン太田昭和の中途採用求人の傾向、及び、社員の年収・給与水準、就労環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

ビジネスブレイン太田昭和の中途採用求人の傾向

中途採用に関しては、経営コンサルタント、ITコンサルタント、ERPコンサルタント、システムエンジニア、ソリューション営業といった職種を中心に募集がかかっており、該当業務に関する3年以上の実務経験を有することが応募条件となります。

 

また、上記の職種と比較すると、求人の発生頻度は低くなりますが、公認会計士、プログラマー、ブリッジSEを募集する求人、経理財務、人事、法務、経営企画、総務といった管理部門系の職種における求人が出てくることもあります。こちらも、実務経験が必須となります。

 

求人情報の入手方法

ビジネスブレイン太田昭和の公式サイト内に、採用情報ページが開設されており、そちらのページにおいて、中途採用求人の募集要項、及び、募集がかかっている求人の一覧について、確認することが出来ます。
http://www.bbs.co.jp/recruit/index.html

 

また、ビジネスブレイン太田昭和は、転職エージェント経由でも、人材を募集しているので、コンサルティング業界に強い転職会社に問い合わせることでも、求人情報を入手することが出来ます。

 

公式サイト、転職エージェント、どちらでも、入手出来る情報は一緒ですが、エージェントの場合、様々な企業の求人情報を押さえているので、ビジネスブレイン太田昭和を他社の求人と比較してみたいといった時には、まとめて情報を入手出来るので、便利です。

 

また、エージェントは各社の社内事情を把握しているので、内部のことについて、より細かい情報を入手出来るのも、大きなメリットです。

 

このページの最後に、ビジネスブレイン太田昭和の中途採用求人を扱う代表的な転職エージェントをリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

ビジネスブレイン太田昭和の社員の年収・給与制度について

ビジネスブレイン太田昭和に勤務する社員の年収ですが、職種別に幾つか事例を挙げると、下記の通りとなります。

 

  • コンサルタント 30歳 年収550万円
  • コンサルタント 38歳 年収750万円
  • シニアコンサルタント 35歳 年収800万円
  • SE 主任 26歳 年収500万円
  • SE 係長 30歳 年収550万円
  • SE 課長 36歳 年収800万円
  • 営業 27歳 年収450万円
  • 営業 35歳 年収650万円

 

ビジネスブレイン太田昭和では、等級と号俸に応じて、基本給が算出される給与体系となっています。それにプラスして、年2回、賞与(4月、10月)が支給されるようになっています。

 

(全社業績及び、部門業績を加味して、賞与額が決まるようになっており、個人業績は、それほど重視されていません。)

 

昇給は年1回4月に行われ、職級ごとに昇給額が予め決められており、4月時点の等級に応じて、アップすることになります。ちなみに、太田昭和は、監査法人との関係が深いこともあり、公認会計士の資格を持っている人のほうが、昇給幅が大きくなります。

 

残業代に関しては、30歳ぐらいまでは、実数分が支払われますが、それ以降は、専門業務型裁量労働制となり、残業代がなくなります。(その分、給与額が増えることになります。)

 

福利厚生については、各種保険・年金のほか、厚生年金基金制度、退職金制度、財形貯蓄制度、社員持株制度が用意されているなど、かなり充実しています。

 

また、法人契約の保養施設、スポーツクラブ、健保組合施設などが利用出来るようにも、なっています。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用の場合、前職までの経歴・実績を加味して、年俸額が決まることになりますが、実質的には、交渉次第となっており、同じような実力を持つ人でも、会社側と、どんな話をするかによって、ベース給が変わってきます。

 

そのため、会社側からの提示額に納得がいかない時には、そこで妥協せず、自分の希望を伝えて、キチンと交渉することをオススメします。ここで、会社の意向を受け入れてしまうと、入社後、同僚との給与差が大きいことに気づき、後悔することになりかねないので、要注意です。

 

なお、ビジネスブレイン太田昭和では、通常の中途採用枠以外に、公認会計士専用の採用枠を設けており、有資格者を優遇しているので、公認会計士の資格を持っている人は、それを武器にして、交渉してみてください。(大幅に上積みしてもらえるケースが少なくないです。)

 

なお、こういった条件交渉が苦手ということであれば、前述した転職エージェントに代行を依頼することを、オススメします。彼らはこの手の交渉経験が豊富なので、うまく話を進めてくれます。

 

交渉ベタな人が、自分で強引に進めるよりも、よほどうまくいく可能性が高いので、最初から任せてしまったほうが賢明です。

 

ビジネスブレイン太田昭和の評価制度について

ビジネスブレイン太田昭和では、目標管理制度が導入されており、個々人が計数を用いた目標設定(コミットメント)を行ったうえで、その達成度合いに応じて、人事査定が行われる仕組みとなっています。

 

具体的な査定は、直属の部門長によって行われることになり、その評価が翌年の給与に反映されることになります。しかし、あくまでも会社の業績ありきなので、業績自体が悪ければ、個人評価がいかに高くても、給与のベースアップは期待出来ません。

 

なお、先ほども触れましたが、中途採用者の場合、交渉次第では高額な年俸を勝ち取ることが出来ますが、その分、仕事への要求はプロパー社員よりも、高くなることになるので、評価基準は別物と捉えておいたほうがいいです。

 

ビジネスブレイン太田昭和の成長環境について

ビジネスブレイン太田昭和は、成長意欲が高い人にとっては、このうえない環境と言えます。社員の自主性が何よりも尊重されているので、自分からアピールすれば、どんどんチャレンジングなアサインをしてもらえます。

 

その分、仕事を通じて得られる経験値というのは、非常に高いものとなりますし、クライアントは大手の会社が多く、様々なプロジェクトを通じて、各企業の文化や仕事のやり方を学ぶことが出来るというのも、大きなメリットです。

 

こういった職場環境なので、自己成長のペースは、自然に速くなり、短期間で自分自身の実力を急激に向上させることが出来ます。

 

また、会計士の場合、ビジネスブレイン太田昭和は、監査法人と比較しても、クライアントとの距離が近いところで業務を遂行するため、プロジェクトの一員として一体感や充実感を味わうことが出来る点が、他社と違うところです。

 

ビジネスブレイン太田昭和の教育制度について

ビジネスブレイン太田昭和は、社内教育に力を入れている会社であり、中途入社時研修、技術研修、階層別研修、専門分野研修、海外研修、勉強会など、様々な教育プログラムが用意されています。

 

また、資格取得支援制度や日々の業務から得た知識・経験を論文として発表する社内論文コンテストなどもあり、こういった機会を利用して、効率良く、スキルアップを図ることが出来ます。

 

(資格取得者には、報奨金が支給されるなど、向上心が高い人間が、見返りを得られるようになっているため、これが、さらに社員のモチベーションを高めることにつながっています。)

 

なお、ビジネスブレイン太田昭和は、学んだ成果が、即座に実務に役立つように、これらの教育プログラムとOJTを連動させるようにしているので、他社と比較しても、学習する意義がある会社と言えます。

 

ワークライフバランスについて

ワークライフバランスの取れやすさという点については、ビジネスブレイン太田昭和の場合、全ては自分次第です。与えられた責任を果たしている限りは、何も言われないので、毎日、定時に退社して、アフター5を楽しむといったことも出来ます。

 

実際には、仕事量が多い会社なので、毎月30~40時間程度の残業は避けられないですし、本当に忙しい時には、夜遅くまでの残業や休日出勤も余儀なくされます。

 

ただし、プロジェクトの合間などに、まとまった休みを取ることが出来ますし、プロジェクトの内容によっては、アサイン中も、それほど時間に追われることなく、働くことが出来ます。

 

オフの時間をこれだけ確保出来るコンサルティングファームというのは、なかなかないので、ビジネスブレイン太田昭和の就労環境は、業界トップクラスと言えるでしょう。

 

女性の働きやすさについて

ビジネスブレイン太田昭和では、男女に関係なく仕事が割り振られます。やる気があればどんどん仕事が与えられる環境ですし、そこで結果を出せば、さらに重要度が高い役割を担えるので、女性であっても、男性と同じように、キャリアを築いていくことが可能です。

 

ちなみに、ビジネスブレイン太田昭和で働く女性社員というのは、数としては少ないのですが、語学が堪能であったり、システムに関する知識が豊富であったりなど、特定の領域において、突出した能力を持つ優秀な女性ばかりです。

 

高い自立心を持って、男性よりも大きな成果を上げて、高額報酬を得ている人も多いです。

 

また、ビジネスブレイン太田昭和は、産休・育休といった育児支援制度が整備されている会社でもあり、復帰後には、時短勤務を利用しながら、休暇前と同じポジションで働けます。

 

実際、産休後に復職して、その後、長期に渡り、働き続けている女性が多いので、仕事と育児の両立に関しても問題なしです。

 

ビジネスブレイン太田昭和の転職先としての価値

コンサルティング会社としては、決して給与水準が高い会社ではありませんが、福利厚生が充実していることもあり、それも加味すると、待遇面は、それほど悪くはありません。かつ、就労環境が良好なので、総合的に見れば、バランスが取れている会社と言えます。

 

様々な業務に挑戦させてもらえますし、社内教育体制も整っているので、自分自身を鍛えるには良い環境です。

 

逆に、敢えてデメリット的なことを言えば、コンサルティング業界で優秀な実績を残している人が、それに見合う収入を得られるかというと、難しい部分もあり、同業大手のほうが、より確実という結論になります。

 

そういった意味では、ビジネスブレイン太田昭和は、経験が浅い人や若い人が、実力を付けるために働くのに、向いている会社と言えます。

 

そこで、結果を出して昇進すれば、収入も上がりますし、その金額に不満があれば、より好条件を提示してくれる他社に再転職するという選択肢もあります。

 

これは、あくまでも一つの見方に過ぎませんが、いずれにしても、ビジネスブレイン太田昭和は転職先候補として検討するだけの価値が十分にある会社なので、将来のキャリアのことも踏まえながら、転職を目指すのかどうか、じっくりと考えてみてください。

 

下記に、ビジネスブレイン太田昭和の中途採用求人を扱っている転職エージェントをリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、このあたりの判断に迷うようであれば、ぜひ一度相談してみてください。プロの視点でアドバイスしてくれるので、参考になります。

 

もしかしたら、別の会社のほうが良いということになるかもしれませんが、その時には、より自分に合う企業を紹介してもらうことも出来ます。転職先候補を絞りこむ際には、転職エージェントは何かと頼りになる存在なので、うまく活用してください。

 

<ビジネスブレイン太田昭和の中途採用求人を扱っている転職エージェント>

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ