BASFジャパンの中途採用事情と年収について知っておくべきこと

創業150年を超え、現在では80ヶ国以上に事業拠点を持つ、世界最大の化学メーカーBASF。その日本法人に当たるのがBASFジャパンです。三重、神奈川、茨城など、24カ所に製造拠点、研究拠点を構え、従業員数は1200名を超えています。

 

BASFジャパンの中途採用事情と年収

 

BASFジャパンの中途採用事情と採用プロセスについて

BASFジャパンでは、人材採用に積極的な企業であり、中途採用の求人についても、下記のような職種を中心に、常時発生している状況です。

  • 研究開発
  • エンジニアリング
  • PR・コミュニケーションズ
  • 総務(ファシリティーマネージメント)
  • マネジメント・コンサルティング
  • セールス・マーケティング
  • 人事
  • 情報サービス
  • 環境・健康・安全管理
  • 製造・技術サービス
  • 財務・法務・コントローリング
  • 購買・物流

 

求人に応募する方法としては、BASFジャパンの公式サイトから直接応募する、もしくは転職エージェント経由で応募するといった方法のいずれかとなります。直接応募する場合には、募集ページから必要事項を入力して、プロフィールを作成します。

https://www.basf.com/jp/ja/company/career/jobs.html

 

その際には、履歴書とカバーレターのほか、信用照会や学歴関連の証明などが必要となります。自分が希望する職種に関する求人が見つからない場合には、プロフィールを登録しておけば、条件に合う求人が見つかった時点で、メールで通知してもらうように設定することも可能です。

 

一方、転職エージェント経由で応募する時には、エージェントに登録した後、担当スタッフから指示された書類を提出することになります。

 

基本的な流れは、どちらでも一緒ですが、エージェント経由の場合、会社が求めている人物像など、予備情報を教えてもらえるので、書類選考、面接を通過するための準備を入念に進めることが出来ます。

 

また、転職時の年収など、条件交渉を代行してもらえるので、直接応募するよりも、より好条件で転職出来る可能性が高くなります。そのため、直接応募するよりも、エージェント経由で応募することを選ぶ人が多いのが実情です。

 

このページの最後に、BASFジャパンへの転職支援実績を有するエージェントを幾つかリストアップしておきますので、興味がある人は、是非一度問い合わせてみてください。

 

BASFジャパンの年収・給与制度、昇給制度などについて

BASFジャパンの給与制度ですが、業務内容に紐付く年俸制となっており、日本の一般企業のような年功序列や社内等級別給与はありません。基本給に業績賞与(インセンティブ)がプラスされたものが年収となり、業績賞与は職位標準額×個人の評価指数×業績指数で算出されます。

 

大手ではあるものの、同業他社と比べ、それほど高い水準にあるとはいえないようです。中途入社組の年収事例としては、下記の通りとなります。

  • 管理部門 中途入社 38歳 シニアマネージャー 女性 年収900~1,000万円
  • 管理部門 中途入社3年目 31歳 シニアスペシャリスト 年収650~750万円
  • ファイナンス 中途入社3年目 男性 31歳 年収700万円
  • 営業 中途入社 38歳 年収800万円
  • 営業 中途入社 30歳 年収530~550万円
  • エンジニア 中途採用 年収500~550万円(各種手当込)

 

基本給与は昇給しない限り、大幅に上がることはありません。そのため、高年収を取ろうとするのであれば、管理職へステップアップすることが必要不可欠となります。

 

ただし、中途採用の場合、入社時に年収について交渉することが可能です。ここで設定された給与額が、今後にも大きく影響してくるので、ここでの給与交渉が本当に重要です。幸い、転職者に対しては、要望に耳を傾けてくれる会社なので、妥協せずに話し合うことをオススメします。

 

(自分で交渉するのは気が引けるという人は、先ほども触れましたが、エージェントに交渉を代行してもらうようにしてください。エージェントは交渉慣れしているので、任せてしまっても大丈夫ですし、このほうが、後腐れがないというメリットもあります。)

 

なお、インセンティブについては、年初に設定した目標が評価基準となりますが、厳しく設定してしまうと未達となり、評価が下がってしまうため、余裕を持って設定するというのが賢い選択と言えるようです。

 

BASFジャパンの社風、求められるスキルについて

BASFジャパンはグローバル企業であるため、年功序列という風潮はなく、若手でもやる気と積極性があれば、どんどん仕事を任せてもらえるという社風です。

 

研修制度も充実しており、希望すれば、幾らでも受講することが出来ます。一方、会社から受講を強制されるようなことはないため、スキルアップの意識が高い人と、そうでない人では、大きな差が開くことになります。

 

これは研修だけに言えることではありませんが、全てにおいて自分から積極的に動いていく姿勢が重んじられる社風なので、仕事に意欲的な人ほど、充実感を覚えながら、業務に取り組むことが出来る会社と考えてください。

 

なお、実務知識以外では、英語が重視されています。実際に使用する機会も多いので、語学力は必須となります。ただし、それほど高いスキルが要求されることはありません。簡単な会話が出来ればそれで大丈夫です。

 

語学に関しては、社内研修制度などが用意されていることはなく、現場で鍛えられながら習得していくといったイメージです。

 

ワークライフバランス、女性の働きやすさについて

BASFジャパンは、有休完全消化を推奨しているので、有給はとりやすく、年末年始やゴールデンウィークなどの大型連休時には、有休を合わせて長期休暇を取るという人も多いようです。

 

フレックスタイム制となっているので、自分の責任を果たしていれば、出社時間・退社時間は自由であり、時間の融通をつけやすい会社でもあります。

 

残業についても、一部の部署では残業時間が多いうえに、残業申請もしづらいという意見もありますが、会社全体としてみれば、残業時間は極めて少なく、ワークライフバランスは取れている会社といえるでしょう。

 

また、BASFジャパンは社員に占める男性比率が高いものの、昇進面で男女の差はなく、管理職層の女性比率も高めです。産休育休なども問題なく取得出来ますし、産休明けも育児のために4時に帰宅出来るなど、結婚している女性にとっても働きやすい会社といえます。

 

BASFジャパンへの転職支援実績がある転職エージェント

総合的にみて、BASFジャパンは転職先としては十分に魅力的な会社と言えます。自分が転職を希望する職種で求人があれば、是非積極的に応募してみてください。

 

なお、先ほども触れましたが、その時には、転職エージェント経由で応募したほうが、何かとサポートを受けられるので便利です。下記のエージェントであれば、BASFジャパンへの転職支援実績があるので、オススメです。

 

なお、希望する求人が見つからない場合には、求職者登録(会員登録)をしておけば、新規求人が発生した時に、その都度メールで通知してもらえます。自分で探す手間が省けて便利なので、活用してください。

 

※補足
このところ、JACは現職者の転職支援に力を入れており、離職中の人の場合、よほどの経験・スキルがないと、有望な求人を紹介してもらうのは難しくなっています。

 

(経験・スキルの定義が難しいのですが、前職の給与が年収600万を超えるぐらいであれば、まず大丈夫です。)

 

この条件に当てはまらない人は、上記でも触れているリクルートエージェント、もしくはマイナビエージェントといった転職会社のほうがオススメです。

 

 

特に、マイナビは若手層の転職支援に力を入れているので、35歳ぐらいまでの人であれば、職歴などを問わず、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。

 

(この年代のビジネスマンであれば、経歴不問で募集をかけている企業の求人を多数扱っており、そのなかには大手も含まれているので、なかなか悪くないです。)

 

 

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ