アテネフランセを使ってフランス語が必要な仕事を探してみる

日本国内において、フランス語が必要となる仕事を探すのは、なかなか大変なのですが、そんななかで有力な情報源となるのがアテネ・フランセです。アテネ・フランセは1913年に設立された語学学校ですが、日本におけるフランス語教育の第一人者といえる存在です。

 

アテネフランスを使った要フランス語求人

 

アテネ・フランセの公式サイトのなかには、求人情報ページが設けられており、フランス語に精通する人材を募集する企業からの求人案件が掲載されています。通訳・翻訳の求人が多いのですが、海外営業、美容スタイリスト、雑誌編集企画等、募集がかかっている職種は多岐に渡ります。

 

1ヶ月に数件の頻度で、新規求人が掲載されているので、こまめに確認することをオススメします。

http://www.athenee.jp/kyujin/kyujin.html

 

また、アテネ・フランセ同様、有効な求人情報源となるのが、日仏文化協会です。フランス語教育やフランス留学に力を入れている協会ですが、アテネ・フランセと同じように、公式サイト内に求人情報ページを設置、フランス語が出来る人材を募集する企業からの求人案件を掲載しています。

 

欧州系航空会社でのハンドリング業務、フランス語学校の教員・事務スタッフ、フランスオーガニック化粧品輸入販売会社での商品管理スタッフ等、こちらも募集内容が多岐に渡っています。

 

なかには、国際協力関連のNGO団体の正規職員の募集案件といった、他の媒体では見つけるのが難しい求人も出ています。

 

日仏文化協会の求人情報ページも不定期ではありますが、月に数回、新規求人がアップされているので、アテネ・フランセと合わせて、定期的に確認することをオススメします。

 

フランス語が必要とされる求人を扱う転職エージェント

アテネ・フランセ、日仏文化協会は、かなり貴重な求人情報源なのですが、それでも両者を合わせても、出てくる求人は月に10件あるかどうかです。そのなかにはアルバイト・期間契約社員の求人も少なくないので、正規雇用の仕事を探す場合には、さらに選択肢が絞りこまれることになります。

 

そのため、この2媒体のみで仕事を見つけるというのは、なかなか厳しいので、やはり本気で職探しに取り組むのであれば、民間の転職エージェントを利用する必要があります。

 

語学関連の求人を得意とするエージェントのなかには、英語以外の言語が絡む求人の取り扱いに力を入れているところもあるので、そういったエージェントに相談すれば、何らかの仕事を紹介してもらえる可能性があります。

 

また、エージェントの良いところは、求職者登録をしておけば、自分が希望する条件に合った求人が出てくるたびにリアルタイムで教えてくれるところです。そのため、一度登録しておけば、後は自分から探す必要はなく、連絡が来るまで待っていればいいということになります。これは、かなり楽ですし、抜けもなくなるので安心です。

 

また、正社員としての採用となる求人の場合、一般的には公募されないタイプの求人も少なくありません。これは、企業側が採用に関連する人物選考の手間を押さえるために実行していることですが、転職エージェントが登録者のなかから、これはと思う人物にのみ声をかけるという仕組みになっています。

 

求職者登録をすれば、こういった求人も紹介してもらえるので、より一層チャンスが広がります。(こういった求人ほど、内容的には魅力的だったりします。)

 

求職者の登録作業は5~10分ほどかかるので手間なのですが、それだけの価値はあるので、フランス語関連の求人に強いエージェントを幾つか選択して、登録してみてください。

 

リクルートエージェントJACリクルートメントビズリーチクライス&カンパニーen転職コンサルタントあたりであれば、紹介してもらえる頻度が高いと思います。(エージェントごとに保有する求人が違ってくるので、4社全部に登録することをオススメします。)

 

このように、アテネ・フランセ、日仏文化協会と合わせて、民間のエージェントも活用すれば、チャンスが広がりますので、是非活用してください。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

フランス語が必須の求人に強い転職支援会社ベスト3

語学に堪能な人材を募集する企業からの求人に強い転職会社。英語に加えて、中国語やフランス語のスキルが必須となる案件を持っていることもあるので、是非問い合わせてみてください。

 

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。語学に堪能な人材の転職支援に力を入れており、フランス語に精通している人材を求める企業からの求人についても常時扱っています。

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資企業の求人も多数。金融、IT業界の求人に強い。

  • DODA

    Doda

    転職支援サービスが充実している会社。8大都市圏を中心に日本全国の求人をカバーしている。

コメントを残す

このページの先頭へ