東京は数えきれないほどの外資企業が存在するので、求人も豊富です。外資企業への転職支援を行っているエージェントも多いのですが、そのなかでも特に実力が高いエージェントをリストアップしてみます。

 

東京の外資系企業求人

 

ビズリーチ

ビズリーチは最後まで職務経歴書を記入しないと、求人案件を紹介してもらえません。登録作業は数分で済むので、最後までキチンと入力しておきましょう。僅か数分で有力な転職先がみつかるどうかが大きく違ってきます。特に現在の年収が750万円を超える人の場合、より好条件の求人を同時に複数紹介してもらえる可能性が大です。

 

最低でも年収800万、大半が1000万円以上というハイクラスの求人案件を専門に扱っている転職エージェント。外資系企業の専門職、管理職の求人が多い。特に金融・IT業界の案件が多くなっています。

 

 

JACリクルートメント

グローバル展開する企業の求人案件を専門に扱っている転職エージェント。外資系企業の求人案件も多い。アジア各国に支社があり、海外駐在、海外転職の案件も積極的に扱っています。

 

リクルートエージェント

約9万件の求人情報を扱っている国内最大手の転職エージェント。語学力が必要とされる仕事の紹介に力を入れており、英語が出来る人(特にTOEIC700以上のスコアを持つ人)であれば、好待遇の案件を紹介してもらえるケースが多くなっています。 日本企業、外資系企業、どちらの求人もまんべんなく扱っています。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

 

マイケルペイジ

イギリスで設立され、現在35ヶ国にオフィスを持つ人材紹介会社。日本では外資系企業の求人案件を専門に扱っています。正社員、派遣社員、契約社員というふうに、様々な契約条件の案件を扱っているのが大きな特徴です。 東京を中心に3000社以上の外資系企業の求人案件を抱えています。

 

マイナビエージェント

20代・30代の若手ビジネスマンの転職支援に力を入れているエージェント。主に扱っているのは、どちらかといえば日系企業の求人となりますが、外資の案件も少なくないので、この年代の人であれば、良い案件を紹介してもらえると思います。

 

DODA

大手転職エージェントの一つ。外資系企業への転職サポートにも力を入れている。特に営業・マーケティング関連の求人に強い。

 

アージスジャパン

外資系への転職支援を行っている人材紹介会社。エレクトロニクス・機械・製造・消費財・サービス・メディカルといった業界の企業とのコネクションが強いので、こういった業界において転職活動を行うのであれば、一度は相談しておきたい会社。

 

キャリアクロス

日系グローバル企業、外資系企業の転職案件を専門に扱っているサイト。アジア各国への転職支援サービスも展開しています。

 

ロバート・ウォルターズ

1985年にロンドンで設立された人材紹介会社。バイリンガル・スペシャリストの転職支援に力をいれているので、語学堪能な人は要チェック。正社員だけではなく、派遣社員・契約社員の案件も扱っています。