40代の人間が海外営業に転職することは出来るのか?

 

これはその人の能力、経験値に大きく左右されます。厳しいことをいえば、20代・30代のサラリーマンと同じ仕事しか出来ないのであれば、当然のこと転職は無理です。企業からすれば、人件費を安く抑えられる若い年代の人間を採用するのは当然のことです。

 

40代の海外営業転職

 

ただし!!

 

今は良い意味で実力主義の時代です。高い給料を払っても、それに見合った業績を会社にもたらしてくれるのであれば、喜んで採用します。実際、40代・50代のサラリーマンでも、あちこちの企業から引っ張りだこの人はたくさんいます。

 

特に海外営業は、取引相手は外国企業なのでシビアな交渉を行うことになり、実力差が出やすい現場なので、能力がある人は年齢が高くても喜んで迎えられます。

 

これは違う見方をすれば、20代・30代と違って将来性を期待して、今現在の実力を多少甘めに評価してくれるといったことはないということです。野球の外国人助っ人のように即戦力としての働きが求められます。

 

そこが難しいということであれば、海外営業職の転職を成功させるのは厳しいかなと思います。

 

マネジメント能力が評価の分かれ目

 

もう一つ、これは35歳以上の人間が転職する時に言えることですが、マネジメント経験の有無が大きな差となります。

 

この年代だと、大企業でもマネジメントの経験を積んでいる人が少なくありません。中小企業だったら尚更です。

 

組織のリーダーとしての役割を担うことも期待される年代でもあるので、管理能力があるかどうかというのは、とても重要です。

 

派遣社員や臨時社員はNG!

 

40代で転職するのであれば、正社員というのは譲らないようにしてください。この年齢は下に流れるのは簡単ですが、上にあがるのは困難です。一度派遣社員になると、そこから正社員に戻るのは大変です。

 

これは冷徹な現実なので、本当に注意してください。

 

最悪のケース、希望する海外営業職でどうしても仕事がみつからない場合には、違う職種に切り替えたほうがいいです。それでサラリーマンとしての経験を積みながら、次のチャンスを待つという発想です。

 

いずれにしても、よっぽど大きな武器がない限り、40代の転職はシビアです。大手の転職会社に登録して、どんなふうに転職活動をしていけばいいのか、アドバイスを受けるようにしてください。

 

この年代は安易に仕事を決めると、あとあと後悔します。将来のキャリアということも考えながら、転職先を決めるようにしましょう。

 

40代のサラリーマンでも応募出来る海外営業の求人例

具体的に、どんな求人があるのか、幾つ過去の例をピックアップしてみます。

 

自動車メーカー

<海外事業計画の策定・評価、海外市場における契約交渉、マーケティング戦略立案>

勤務地

東京都港区

年収

能力・経験による

勤務時間

フレックスタイム(標準労働時間8時間)

語学力

TOEIC750

応募条件

大卒以上
海外ビジネスに関する経験があると尚良し
英語以外の言語が出来る人は優遇

その他備考

異業界・異業種からの転職もOK
試用期間6ヶ月

 

 

電子部品の海外営業

<法人向けの営業、定期的な海外出張が必須>

勤務地

岐阜県

年収

400~600万円

勤務時間

8:00~17:00

語学力

TOEIC730

応募条件

工業製品の営業経験があること
大卒以上

その他備考

資格手当、役職手当、家族手当などがアリ

 

旅行鞄メーカーの営業

<国内営業と海外取引先開拓営業を兼務>

勤務地

東京都、愛知県

年収

モデル例:560万円(40歳)

勤務時間

フレックスタイム制、標準労働時間8時間
(コアタイム9:00~14:00)

語学力

TOEIC600~

応募条件

大卒以上
小売業での営業経験

その他備考

将来的にリーダーとなれる人材を募集