外国人観光客、外国人VIP向けのタクシードライバー、ハイヤー乗務員の求人で、英語が出来る人材を募集する案件が近年、増加傾向にあります。特に東京では採用ニーズが高く、常に求人が発生している状況です。

 

英語が出来るタクシードライバー求人

 

給与や休暇等、雇用条件が良いものが多いので、英語を活かして働く仕事としては穴場的な存在です。接客・顧客対応に関する研修制度が充実しているので、サービス業界でキャリアアップしていきたいという人にとっては、最初のステップとしても最適です。

 

ただし、増加傾向にあるといっても、まだまだ特殊な仕事ではあるので、求人案件を扱っている転職エージェントは限られています。(ハローワークでも、まだ扱ってはいないようです。)

 

下記に取り扱い実績が豊富なエージェントを4社リストアップしていますので、興味がある人は直接、問い合わせてみてください。(最後のアルキタナビはオマケ的に紹介させて頂いているので、実質的には3社となります。)

 

リクルートエージェント

8万件以上の求人案件を保有する国内最大手転職エージェント。英語が得意な人材の転職支援に力を入れており、様々な業界からの語学スキルに堪能な人材を募集する求人案件を扱っています。

 

外国人観光客を相手にするタクシー乗務員、企業駐在員や外交官向けのハイヤードライバーの求人で、語学スキルを持つ人材を募集する転職案件を多数保有しています。英語だけではなく、中国語や韓国語、スペイン語、ドイツ語、様々な言語で募集がかかっているので、外国語が得意な人は、一度問い合わせてみることをオススメします。

 

接客業、サービス業経験者は優遇される案件が多くなっていますが、基本的に未経験者でも応募することが可能です。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

DODA

英語を活かして働くことが出来る仕事の紹介を得意としている転職エージェント。観光タクシードライバーの求人で高い英語スキル(TOEIC800以上)を持つ人材を募集する転職案件を扱っています。

 

経験を積むことでリムジンサービスのドライバーにステップアップ出来るといった案件も出ています。

 

@type

大手総合人材サービス会社、キャリアデザインセンターが運営する転職支援サービス。語学を活かして働くことが出来る仕事の取り扱いに積極的です。

 

国内外のVIPを送迎するハイヤー乗務員の求人案件で、英語が得意な人材を募集する転職案件を扱っています。研修制度が充実しているため、未経験者でも応募可(二種免許も入社後取得)、年齢不問とする案件が多いため、基本的に誰でも応募することが出来ます。

 

英語についても、語学研修制度が用意されているので、採用時に高いレベルを求められるケースはそれほど多くありません。

 

アルキタナビ

札幌市内・近郊の求人情報を配信しているサイト。タクシードライバーの募集案件で、英語もしくは中国語が出来る人材を優遇するといった内容の求人が出ています。(給与水準は高めです。)

 

2種免許を保有していることが応募条件となっているケースが多いので、未経験者には厳しい状況となっています。