エステ関係の英語求人

 

エステ関係の仕事で、英語スキルが求められる求人案件は増えています。エスティシャンとしても、都市部の店舗だと外国人顧客を相手にするケースが多いので、語学スキルが求められますし(英語以外では中国語や韓国語を話せる人材に対する需要が高まっています)、外資化粧品メーカーからの求人だと、業務において英語でコミュニケーションを行うケースが普通に発生するので、英語は必須となります。

 

求められるレベルも高い水準になりがちで、TOEIC860以上といったケースも珍しくありません。英語を活かして働くチャンスが多い仕事です。その一方、英語については、最初は日常会話が出来るレベルでいいとする求人も出ているので、このあたりは幅があると考えてください。

 

下記にエステ関係の求人で、語学スキルが求められる案件に精通している転職エージェントをリストアップしていますので、詳細は直接確認するようにしてください。

 

ビズリーチ

ハイクラス求人専門の転職エージェント。専門性の高いプロフェッショナル職及び、管理職の求人案件を多数保有しています。エステ関係の求人としては、スタッフクラス、店長クラスの募集案件が数多く見受けられます。

 

具体的な業務内容は、スタッフクラスだと、美容施術の提供、カウンセリングなど、店長クラスになると、それらの業務に加えて、全スタッフのスキル育成を担当することになります。

 

そこに合わせて、様々な経験・スキルを有することが要求されることになりますし、外国人顧客が多いため、英語での顧客対応に支障がないだけの語学スキルを有することも、応募要件となってきます。

 

そのため、エステサロンの求人としては、応募条件のハードルがかなり高く、選考のプロセスは厳しいものとなりますが、それだけに好条件の求人が多いです。

 

即戦力として、入社直後から第一線で活躍出来るぐらいの職務経歴を持つ人であれば、面接の時に、給与交渉を行うことも可能なので、800万、1000万円といった年収も、十分に見込めます。

 

なお、ビズリーチに問い合わせれば、交渉の余地があるのか(給与アップの可能性があるのか)、確認してくれますし、その可能性がある時には、交渉を代行してくれるので、興味がある人は、一度コンタクトしてみてください。

 

リクルートエージェント

保有求人数が日本で最も多い国内最大手の転職エージェント。あらゆる業種・職種の求人案件を扱っています。英語が得意な人材の転職支援に力を入れているため、英語力を発揮して働くことが出来る職場の案件が多いのも大きな特徴の一つです。

 

エステ関係だと、お店で働くエスティションの求人に加えて、エステサロンの新規出店・マーケティングを担当するエリアマネージャーの案件を扱っています。海外への店舗展開も行うため、英語が出来る人材に対する採用ニーズが高くなっています。

 

また間接的にエステに携わる仕事として、エステサロン向けにレーザー装置や光線治療機器といった美容機器の販売を行う外資医療メーカーからの転職案件、エステサロン向けのマーケティングを支援する広告代理店からの転職案件が出ています。

 

いずれも海外出張を含めて、業務のなかで英語を使う機会があるため、語学力に長けている人材が求められています。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

JACリクルートメント

日系グローバル企業、外資系企業専門の転職エージェントなので、英語のスキルが必要とされる求人案件を、業種・職種を問わず、多数保有しています。

 

それほど多くはありませんが、エステ関連の求人についても、常時一定数の案件を確保しているので、一度、連絡を取ってみることをオススメします。

 

職種については、マーケティング、店頭販促物の企画・制作、プロモーション企画といったところが、主要どころとなりますが、実際に募集対象となっている職種は、かなり幅広くなっているので、自分が希望する職種で、募集がかかっているか、直接問い合わせてみるといいでしょう。

 

想定年収のレンジは500~700万と高く、その分、会社側からの要求度も高くなりますが、いずれの職種においても、該当業務に関する実務経験が必須となります。

 

英語力に対する要求度は、求人ごとにバラバラですが、他の業種と比較すると、やや低めなので、英語のスキルをフルに発揮して働きたいという人だと、エステという分野は、物足りなく感じてしまうかもしれません。

 

※JACに関する補足

  • JACは海外移住、海外転職を支援するサービスではありません。海外勤務、海外駐在などの求人を紹介してもらえます。
  • 年収600万円~2,000万円の方にオススメのサービスです。

 

マイナビ転職

大手求人情報サイトの一つ。他のエージェントが扱っている転職案件を紹介するとともに、独自案件の仲介を行っています。

 

エスティシャンや来院した顧客の接客・施術前カウンセリング、術後ケアを担当する美容カウンセラーの求人で、英語や中国語が出来る人材を募集する転職案件が出ています。美容カウンセラーの場合、未経験者でも応募出来る案件が多くなっています。

 

また、海外(主にアジア)に進出するエステサロンチェーンからの求人で、現地で新規顧客獲得のためのマーケティングを実行する担当者、現地店舗の責任者、運営スタッフを募集する案件が出ています。

 

アージスジャパン

外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。消費財業界の案件を得意としており、外資ラグジュアリブランド、化粧品メーカーからのエスティシャン、美容カウンセリング営業の募集案件を扱っています。

 

また、新規出店のための不動産情報や条件交渉、契約締結交渉を担当するリアルエステートマネージャーの募集案件も出ています。

 

マイケルペイジ

外資系企業専門の転職エージェント。様々な業界の案件を常時3000件以上扱っています。外資化粧品メーカーからのエスティションを募集する求人、及び新規顧客開拓のためのマーケティング・営業担当者の転職案件を扱っています。

 

クイック

元々は製造業界・建築業界の技術者派遣サービスを展開していた人材紹介会社ですが、取り扱い業界の幅を広げ、現在では外資企業の求人案件なども積極的に扱っています。

 

ヨーロッパの高級化粧品ブランドからの求人で、エスティシャンの募集案件が出ています。PRイベントにおいて、フェイシャルケアを行うことでスキンケアの販売促進につなげるといった役割の仕事となります。

 

また、エスティシャンの管理やイベント管理を行うマネージャーを募集する案件も出ています。

 

ハローワーク

エスティシャン、メイクアップアーティストの求人で、英語や韓国語、中国語が出来る人材を募集している転職案件が出ています。

 

語学に関しては必須というわけではなく、出来れば尚良しというレベルですが、語学が出来れば優先的に採用される可能性は大です。東京23区内や大阪、名古屋、福岡の中心部といった大きな街で求人が発生しています。