ドイツのメルズンゲン市に本部を持ち、医療関連製品の製造・販売を行っている、ビー・ブラウン。64ヶ国を超える国に支社・支店を持ち、全従業員は5万6千人、年間総売上高は61.3億ユーロに上る、ヨーロッパを代表する、世界有数の製薬会社です。

 

ビー・ブラウンエースクラップの中途採用事情

 

その日本法人にあたるのが、ビー・ブラウンエースクラップ株式会社。資本金2億円、従業員500名規模で、ドイツで作成された医療用具を日本で販売するほか、栃木にある自社工場において、医療用特殊針を生産、海外のグループ会社に輸出しています。

 

取り扱っている製品には、鉗子などの外科治療用具や縫合糸、外科治療材料、人工股関節などの整形外科治療材料や、硬膜外麻酔セットなどの麻酔科関連製品があります。

 

このページでは、ビー・ブラウンエースクラップの中途採用求人の傾向、及び、社員の年収、就労環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

※補足
ビー・ブラウンは、過去に大きな薬害訴訟を起こしています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3

 

2002年に和解が成立しており、一応の決着はついていますが、こういった事実があったということは、過去のことであったとしても、知っておくべきことなので、お伝えしておきます。
https://www.min-iren.gr.jp/?p=204
http://www.kogai-net.com/archives2013/sokai/sokai32/jacobotsu.html

 

なお、2011年には、カテーテルに関して、海外の事情報告をもとに、素早く自主回収を行っており、この件については、安全管理に対する姿勢が評価されているということも併せて、お伝え致します。
http://medicallaw.exblog.jp/16526691/

 

このサイトでは、あくまでも、その企業の就労環境について、お話するものなので、こういった事例をもとに、その会社自体の評価を行うことは避けさせて頂きます。(こういった判断を行えるだけの立場にはないというのが、当サイトのスタンスです。)

 

こういった事実が気にならないという人はいないと思いますが、この点については、面接の時などに会社側に直接確認したうえで、自分で判断を下すことをオススメします。

 

また、ビー・ブラウンエースクラップの中途採用求人を扱っている転職エージェントに問い合わせれば、このあたりの社内事情については、今現在の最新の状況を教えてくれるので、連絡を取ってみてください。

 

(センシティブな問題なので、会社側に尋ねるのはリスキーな部分もあるので、最終的には、直接話をするとしても、その前段階で、転職エージェントに確認しておくほうが無難かもしれません。)

 

このページの最後に、代表的な転職会社を数社リストアップしておきますので、参考にしてください。

 

ビー・ブラウンエースクラップの中途採用求人の傾向

ビー・ブラウンエースクラップでは、公式サイト内に中途採用情報ページを設けていますが、詳しい職種や条件面などは、掲載されておらず、応募・問い合わせフォームに記入して、確認する形になっており、少し面倒です。
http://www.bbraun.jp/cps/rde/xchg/cw-bbraun-ja-jp/hs.xsl/7805.html

 

先ほども触れたように、中途採用に関しては、転職エージェントでも、求人を扱っており、その場合、募集条件などの詳細が事前に確認出来るので、最初からエージェントに問い合わせたほうが速いです。

 

なお、ビー・ブラウンエースクラップにおいて、求人が発生する代表的な職種としては、営業、薬事・品質保証、生産技術・製造工程管理、品質管理などがあります。

 

いずれの職種に関しても、即戦力として、入社直後から第一線で働くことが求められるため、該当業務に関する実務経験が必須です。また、求人によっては、メールや電話でコミュニケーションを取れるだけの英語力も要求されると考えてください。

 

ビー・ブラウンエースクラップの社員の年収・給与制度について

ビー・ブラウンエースクラップに勤務する社員の年収ですが、職種別に幾つか代表例を挙げると、下記の通りとなります。

 

  • 管理 20代後半 男性 年収 約400万円
  • 営業 30歳 男性 年収 600~700万円
  • 管理 30代 女性 年収 300万円台
  • 物流 30代 男性 年収 500万円
  • 営業 30代後半 課長クラス 年収 800万円
  • 営業 39歳 係長 男性 年収 600万円
  • 営業 40代前半 主任クラス 男性 年収 630万円
  • 営業 40代後半 課長クラス 男性 年収 900万円

 

給与体制は年俸制で、年俸を16か月で割ったうちの4か月分が、年2回のボーナスとして支給されています。また、個人目標を達成した社員に対しては、年1回のインセンティブ(最大、基本給3ヶ月分)が、別途支給されます。

 

外資系企業としては、平均的な給与レベルです。昇級はあまり見込めない一方、よほどのことがない限り、減給もないため、安定性は高いと言えます。

 

外資なので、福利厚生については殆ど期待出来ませんが、住居手当に関して、最初の転勤時のみ、6年間、社宅を利用出来るという制度が設けられています。この場合、家賃の9割を会社が負担してくるので、かなり手厚いです。

 

ただし、これ以外には、めぼしいものはありません。転勤がなければ、住居手当も関係ないので、基本的にゼロと考えておいたほうがいいです。

 

中途採用の場合、給与額は、前職までの状況を考慮して、算出されることになりますが、交渉次第という要素が強いので、納得がいくまで交渉することをオススメします。中途半端に妥協すると、そう簡単に給与が上がらないだけに、後々まで、後悔することになります。

 

こういった交渉が苦手ということであれば、転職エージェントに代行してもらうことをオススメします。彼らは、転職のプロなので、こういった交渉に長けています。うまく話を進めてもらえるので、一度相談してみてください。

 

ビー・ブラウンエースクラップの評価制度について

ビー・ブラウンエースクラップでは、人事評価における直属の上司の権限が大きいということもあり、上司の意向に沿う成果を出している人が、高い評価を得る傾向にあります。(これは昇進についても同様です。)

 

そのため、この会社で高評価を得ることを目指すのであれば、日頃から、上司とコミュニケーションを取って、上司が自分に期待する役割を正確に把握したうえで、その役割を果たすことを、心がけてください。

 

なお、成果主義を取り入れていないビー・ブラウンエースクラップにおいても、営業に関しては、売上の数字が重要な評価指標となりますが、ブランド力のある商品が多いため、それほど営業努力をしなくても、売れていきます。

 

そのようなこともあり、社員間で実績の差がつきにくいため、結果として、上司の判断に委ねられることになり、前述したように、上司の意向に沿って成果を出している人間が、高い評価を得るというような状況になっています。

 

ちなみに、こうやって見ていくと、硬直した会社のように、感じる人もいるかもしれませんが、それは間違いです。

 

確かに、一般的な外資のように、ガツガツした成果主義ではありませんが、だからと言って、年齢や社歴で全てが決まる会社ではありません。そこは外資だけあって、仕事の結果というのも、キチンと求められます。

 

古い日系企業でよくあるよな、上司におべんちゃらを使うことで、出世出来るという甘い会社ではないので、その点は勘違いしないようにしてください。

 

成長環境について

ビー・ブラウンエースクラップは、社員教育に力を入れている会社ではなく、入社時の新人研修を除けば、際だった研修制度は存在しません。

 

(新卒社員向けの研修は充実していますが、中途採用に関しては、2~3週間程度の製品トレーニングがある程度です。これは、即戦力とみなされる人材だけを採用しているので、トレーニングは必要最低限で済むという発想からです。)

 

そのため、業務に必要な知識は、文献を読んだり、外部研修に参加したりするなどして、自分自身で学ぶ必要があります。こういった姿勢がないと、自己成長を図ることは出来ない会社と捉えてください。

 

なお、ビー・ブラウンエースクラップは、事業が安定している反面、新製品のリリースなどは、あまり無いため、基本的に同じ業務の繰り返しとなり、仕事を通しての成長ということに関しても、それほど大きなものは見込めないと思ったほうがいいです。

 

そのため、継続的に、自分を成長させることを望むのであれば、どこかの時点で、再転職を検討することも必要になると、考えておいたほうがいいです。

 

ワークライフバランスについて

営業部門については、基本的には直行直帰スタイルで、自分自身で業務スケジュールをコントロールすることが可能です。休日に呼び出されることもないので、オフの時間をしっかりと確保することが出来ます。

 

なお、学会への参加などで、年に数回、休日に出勤することもありますが、その際には、代休を取得出来るようになっているので、他社のMRと比較しても、ワークライフバランスは良好です。

 

一方、営業以外の部署においては、MR以上に恵まれており、1日1時間ほど残業が発生する程度で、かつ、休日出勤もゼロなので、就労環境は良好です。有給休暇についても、基本的に希望通り、取得出来ます。

 

会社によってはありがちな、強制的な飲み会などはほとんどなく、会社主催の行事などもほぼないので、プライベートの時間を重視する人にとっては、良い環境です。

 

女性の働きやすさについて

ビー・ブラウンエースクラップは、日本法人の立ち上げに関わった重役が女性であったこともあり、女性社員を尊重する意識が高く、仕事の内容などで、差別されることはありません。女性であっても、責任ある仕事に就いて、働くことが出来ます。

 

人事評価に関しても、もちろん男女差別はなく、女性でも結果を残す人間に対しては、昇進の機会が提供されます。(次長級・課長級に昇進して活躍している女性社員もいます。)

 

そういった状況があるためか、ビー・ブラウンエースクラップは、女性の社員比率が高い会社です。営業に関しては、女性は少数ですが、逆に内勤者は、ほぼ大半が女性で占められています。

 

育児支援体制が確立されているので、産休、育休は、ともに取りやすいですし、休暇明けには、元のポジションに戻るのが基本です。

 

また、これはちょっと珍しい現象とも言えますが、ビー・ブラウンエースクラップの場合、仕事と家庭を両立している人が高く評価される風土があり、周囲からもサポートを受けられるので、そういった意味でも、小さな子供を持つ女性が活躍出来る会社であるといえます。

 

(ちなみに、産休・育休については、何度でも繰り返し利用することが可能であり、実際、複数回の取得実績がある社員も、複数存在します。)

 

ビー・ブラウンエースクラップの転職先としての価値

ここまで、ビー・ブラウンエースクラップの就労環境について、様々な角度から見てきましたが、世界を代表する医療機器メーカーということもあり、事業基盤は安定しており、そのため、労働環境も整備されています。

 

非常に働きやすい会社なので、この業界で、転職を目指すのであれば、転職先候補の一つとして、オススメ出来る会社です。

 

その一方で、敢えてマイナス点を挙げるとすれば、結果を出した社員に対する見返りが、同業他社と比べると低いので、成果主義の間隔が好きな人にとっては、つまらなく感じてしまうかもしれません。

 

ただし、これを裏返してみれば、高額なインセンティブがない分、成果に対する追求度は緩く、厳しいプレッシャーにさらされることはないので、安定性を求める人にとっては、働き続けやすい環境と言えます。

 

このあたりは、個人の特性・考え方次第ということになるので、自分の価値観と照らしあわせながら、ビー・ブラウンエースクラップへの転職を目指すかどうか、判断するようにしてください。

 

最後に、ビー・ブラウンエースクラップの中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、このあたりの判断に迷うようでしたら、ぜひ一度相談してみてください。客観的な視点でアドバイスしてくれるので、参考になります。

 

また、冒頭のほうでも触れましたが、転職会社は、様々な企業の求人情報を保有しているので、他社のことについて聞いてみるのもアリです。

 

転職先に希望する条件を伝えれば、それらの条件を満たす求人案件を選んでくれるので、興味がある人は、ぜひ他社のことについても聞いてみてください。

 

<ビー・ブラウンエースクラップの中途採用求人を扱う転職会社>