【仙台】国際交流に関連する仕事の求人情報を入手する方法

仙台において、国際交流活動に従事するような仕事に就く場合、選択肢は複数存在します。どれも、求人数自体は限られたものとなるので、思うように求人を探し出すのは難しいかもしれませんが、最初から諦める必要はありません。

 

仙台市の国際交流関連の求人

 

下記に、仙台で見つかる国際交流関連の求人の内容、及び、求人情報を入手する方法について、まとめていますので、参考にしてください。

 

選択肢1:国際交流事業を展開する財団法人

仙台には、宮城県国際化協会、仙台国際交流協会、仙台観光国際協会など、国際交流・協力分野において、事業を展開する財団法人が複数存在しており、正規職員を募集する求人が、不定期で発生しています。

 

国際交流事業の企画・実施、観光客誘致・物産販売宣伝事業等の企画・実施、コンベンション誘致事業の企画・実施、国際交流促進のための情報提供活動・相談対応といった業務を担当することになります。

 

スキルや経験については不問とする求人が多いのですが、経験者や語学(英語)が得意な人が、優先的に採用される傾向にあるので、ただ単純に国際交流に興味があるというだけでは、採用される可能性は低いと考えてください。

 

(求人が少ないため、新規で募集がかかった時には、応募者が殺到することが多く、そのなかには、経験豊富な優秀な人も含まれるため、結果的には、こういった人が採用されることになります。)

 

また、一般事務・庶務・経理や広報、通訳などを兼務するといった内容の求人が出ていることもあり、その場合、これらの業務に関する知識・経験が必須となり、さらにハードルが高くなります。

 

狭き門とはなりますが、こういった財団法人の職員というのは、長期雇用を前提としているので、安定して働き続けたい人には最適です。なお、財団法人が職員を募集する時には、ハローワークを利用することが多いので、求人を探す時には、ハローワークをチェックするようにしてください。

 

選択肢2:留学生支援事業を展開する財団法人

仙台には、日本国際協力センターの東北支所など、留学生支援を主軸とする財団法人も存在します。来日留学生の住宅手配、行政手続き、ブリーフィング、モニタリング、トラブル対応といった業務を担当することになります。

 

月給が27万円前後の基本給に残業代が別途支給されるなど、給与が安い傾向がある国際交流分野においては、かなりの好条件となっているのが、特徴です。雇用形態は契約社員となるのが、一般的ですが、長期勤務が可能なので、安定した仕事と言えます。

 

ただし、応募資格のハードルは高く、社会人としての勤務経験(おおむね3年以上が要求されるケースが多いです)、及び、ビジネスレベルの英語力(TOEIC730以上)を有することが必須条件となります。

 

また、仙台には、海外からの技能実習生を受け入れている企業が多く、受け入れ事業を統括する国際労務管理財団からの求人で、仙台勤務となる案件が出ていることもあります。実習生の生活サポート業務、通訳・翻訳業務がメインとなります。

 

中国、ベトナム、フィリピン、タイ、モンゴル、ペルーといった国々からの受け入れがメインとなるため、こういった国の母国語が出来る人が募集されることになります。

 

国際労務管理財団の公式サイト内に、採用情報ページが開設されており、こちらで求人の内容を確認することが出来るので、興味がある人はチェックしてみてください。

 

選択肢3:仙台市内のNPO法人

宮城県内のNPO団体からの有給スタッフ募集情報を集めた、『みやぎNPO情報ネット』において、仙台市内にある団体からの求人が掲載されていることがあります。

 

仙台の場合、教育や高齢者支援、障害者支援といった分野の団体からの求人が多く、国際交流分野の求人は、かなり少なくなるのですが、貴重な勤務先候補の一つなので、仙台で仕事を探す時には、こまめにチェックすることをオススメします。

 

選択肢4:日本語教師

仙台市内にある日本語学校から、日本語講師を募集する求人が出ていることがあります。資格を取得していれば、未経験者でも応募可とする求人が多いので、資格を持っている人は要チェックです。ちなみに、3年以上の教師経験があれば、主任教員として採用される可能性もあります。

 

補足)民間企業で働くという選択肢

このように、仙台において、国際交流分野の仕事に従事するための選択肢というのは、幾つか存在します。冒頭で数が少ないとお伝えしましたが、仙台は東北地方のなかでは、ダントツでチャンスが多い地域であるのも事実なので、是非探してみてください。

 

ただし、タイミングによっては、幾ら探しても、まったく見つからない、チャンスが出てこないというケースもあり得ます。その時には、諦めずに探し続けるという考え方もありますが、貴重な時間を無為にしてしまうというリスクもあります。

 

そこで、代替の選択肢として、民間企業で働きながら、国際交流活動にも従事するというやり方を検討することをオススメします。

 

仙台市内のなかには、海外市場に積極的に進出して、現地の人達と密接に関わりながら、事業を展開している企業が存在します。また、建築・農業など、業種は限られてきますが、JICAの国際開発プロジェクトに参加して、現地における事業を請け負っている企業も存在します。

 

こういった企業に就職すれば、日頃の業務をこなすことが、国際交流を推進することにもつながります。

 

また、法人ボランティアとして、国際交流活動に取り組んでいる企業もあり、こういった企業で働けば、より直接的に、交流活動に従事することが出来ます。途上国における子供の教育支援といった活動が多いので、教育分野に興味がある人には最適です。

 

(社員がボランティアスタッフとして、実務を推進しているので、国際交流団体の職員として働くのと、同じような活動が出来ます。)

 

もちろん、こういった企業は、全体のなかのごく一部なので、求人も限られたものとなりますが、それでも、1年間に数十という数の求人が出てきます。

 

上記でお伝えした財団法人やNPO団体からの求人というのは、年間で10件も出てくればラッキーなので、民間企業の求人を狙うほうが、よほど現実的な選択肢となります。

 

海外展開を進めるグローバル企業の求人に強い転職エージェントに相談すれば、こういった求人を紹介してもらえるので、ぜひ一度、連絡を取ってみてください。

 

<グローバル企業の求人に強い転職エージェント>

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

語学を活かした仕事に強い転職支援会社ベスト3

語学に堪能な人材を募集する求人情報に強い転職会社。国際交流に関わる仕事の求人情報を持っていることもありますので、是非問い合わせてみてください。

 

コメントを残す

このページの先頭へ