国際機関への転職を考えている人が押さえておきたい求人サイト

国際機関の転職情報を探しているのであれば、下記のサイトは押さえておきましょう。

 

ちなみに国際機関の場合、日系企業のように新卒、中途採用といった区分けはしません。業務に関連する分野の実務経験が求められるのが基本なので、大半が中途採用と考えたほうがいいです。当然、新卒者よりも社会人経験が豊富な転職者のほうが有利です。

 

国際機関求人サイト

 

● PARTER http://partner.jica.go.jp/

JICA(ジャイカ)が運営する求人サイトです。JICAの公募案件を始め、国際協力に関連する求人情報が掲載されています。

 

国際機関だけでなく、政府関係機関、NPO・NGO、公益法人、法人コンサルタント、大学・学校法人などの求人情報が掲載されているので、一緒にチェックしてみるといいです。

 

UNjobs http://unjobs.org/

国際機関の求人情報を集めたスイスのサイトです。随時、1000単位の求人情報が掲載されており、情報量は世界一です。任地国別、機関別に募集案件を確認することが出来ます。

 

● 外務省 国際機関人事センター http://www.mofa-irc.go.jp/

国際機関で働く日本人は絶対数が少なく、人数を増やすことは海外からも求められています。そういった背景があるため、国際機関への就職を希望する人間を外務省は積極的に支援しています。

 

その支援業務を行うのが国際機関人事センターです。国連、世界銀行といった各種機関の求人情報が掲載されています。面接対策のアドバイス等もしてくれるので、気になるポストがあったら、問い合わせしてみてください。

 

● ILO日本事務所
http://ilo.org/public/japanese/region/asro/tokyo/pers/index.htm

国際労働機関(ILO)日本事務所の公式サイトです。求人情報も掲載されています。

 

● ITU https://erecruit.itu.int/public/index.asp?lng=en&vaclng=en
(英語)

電気通信に関する国際連合の専門機関ITUの求人情報ページです。

 

● ユネスコ https://recrutweb.unesco.org/postes/postes_visualisation.asp
(英語)

ユネスコの求人情報ページです。国際機関人事センターのページにも掲載されますが、公式サイトのほうが一足早いこともあるので要チェックです。

 

● NPO JOB http://www.npojob.com/index.php

日本のNPO団体の求人情報が掲載されているサイトです。国際協力関連のNGO団体の求人も掲載されています。ボランティアや非常勤スタッフ、バイトの募集案件もあります。常勤スタッフと比較すると、採用条件のハードルが下がるので、とりあえず国際協力分野での経験を積みたいという人にはオススメです。

 

● JREC IN http://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekTop

独立行政法人科学技術振興機構が運営する研究者の求人情報サイトです。大学・独立行政法人・国立研究機関・省庁・民間企業の案件に加えて、海外研究機関 、国際機関の求人情報も掲載されています。

 

サイトの探し方

ここまでご紹介したサイトは、ほんの一部です。『国際機関 求人』、『recruitment international organization』といったキーワードで検索すれば、様々なサイトが出てくるのでチェックしてみてください。

 

働きたいフィールド、職種が具体的に決まっているのであれば、そこに絞って検索したほうがいいです。たとえば、エコノミストとして働きたいのであれば、『recruitment international organization economist』といった感じです。

 

日本だけで調べると数に限りがありますが、英語で検索すると引っかかる情報量は一気に増えます。ぜひ調べてみてください。

 

※民間の転職エージェントを活用した求人の探すという裏技

最後に、これはあくまでも補足的なこととしてお伝えしますが、民間の転職エージェントを利用して、求人を探すという方法もあります。

 

下記の画像はビズリーチという極めて高い専門性が求められる求人案件の取り扱いに力を入れているエージェントが、過去に扱っていた求人です。

 

農業開発コンサルタント

 

民間のコンサルタント会社からの求人ですが、ODA絡みの開発プロジェクトに関わるといった内容の案件です。国際機関で働くことを考えている人にとっては、興味を抱くようなものだと思います。

 

こんなふうに、国際協力・国際開発といった分野に関わる仕事に関する求人案件を扱っている転職エージェントが存在するので、こういったエージェントに相談してみるのもアリです。なんといっても、彼らは膨大な求人情報を保有しています。

 

希望条件を伝えれば、その膨大な情報量のなかから、あなたに変わって条件に合う求人があるかどうかチェックしてくれるので、かなり便利です。正直なところ、見合う求人が存在しないという可能性も高いのですが、その時には求職者登録をしておけば、新規求人が発生した時に、すぐに教えてもらえるので、抜けがなくなります。

 

転職エージェントは無料で使える存在なので、有り難く活用してください。ただし、国際協力関連の求人を扱っているエージェントは、ごく一部に限られてます。上記のビズリーチ以外では、リクルートエージェントJACリクルートメントであれば、取り扱い実績があるので、相談先として頼りになると思います。

 

 

語学を活かした仕事に強い転職支援会社ベスト3

語学に堪能な人材を募集する求人情報に強い転職会社。国際交流に関わる仕事の求人情報を持っていることもありますので、是非問い合わせてみてください。

 

コメントを残す

このページの先頭へ