アメリカ系外資企業の求人案件に強い転職エージェント8選

アメリカ系の外資企業というのは、世界のなかで最も実力主義の傾向が強いと言えます。転職に関しても本人の実力優先であり、年齢や学歴にこだわることはありません。

 

アメリカの外資企業への転職

 

たとえば、ミドルマネジメントクラスの人材を募集していて、企業側が35歳くらいの人が欲しいと考えていたとしても、実力があれば50歳の人や25歳の人を雇うことも珍しくありません。

 

その場合、年齢にかかわらず給与はポジションによって決まるため、20代なのに年収2000万なんてことも普通です。

 

そういった意味では、夢があると言えますし、いつ辞めさせられるか分からない極めて厳しい環境とも言えます。

 

転職という観点からみると、どんなチャンスがあるのかというのは、その人のキャリアや実力によって大きく変わってきます。学歴や職歴、年齢でひとくくりにはできないので、アメリカ系の外資企業に転職する時には、プロの転職エージェントと相談しながら、自分に最適な企業を探っていくことが重要です。

 

下記に外資企業の求人に強い転職エージェントをリストアップしていますので、一度相談してみてください。思ってもみなかった可能性がみつかる可能性があります。

 

JACリクルートメント

外資系企業、日系グローバル企業の求人に特化している転職エージェント。保有する案件数自体は少ないのですが、高収入の案件が多くなっています。海外駐在、定期的な海外出張を見込んだ案件の割合が高くなっています。

 

ビズリーチ

ビズリーチは最後まで職務経歴書を記入しないと、求人案件を紹介してもらえません。登録作業は数分で済むので、最後までキチンと入力しておきましょう。僅か数分で有力な転職先がみつかるどうかが大きく違ってきます。特に現在の年収が750万円を超える人の場合、より好条件の求人を同時に複数紹介してもらえる可能性が大です。

 

年収800万以上のハイクラス案件のみを扱っている転職エージェント。外資の案件も多く、特に金融業界・IT業界の案件を豊富に保有しています。管理職、専門性の高いプロフェッショナル職の案件が多いのが特徴です。

 

リクルートエージェント

日系グローバル企業、外資企業の求人に力を入れている転職エージェント。保有する案件数は日本最大です。

 

他エージェントと比較すると、営業、経理、エンジニアといった職種のスタッフレベル(平社員)、エントリーレベル(未経験者)の求人が多いのが特徴です。業界は多岐に渡っています。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

アージスジャパン

外資系企業専門の転職エージェント。東京・大阪を拠点に活動しており、関東・関西エリアの案件を中心に扱っています。

 

業界としては、消費財・ラグジュアリー、自動車・機械・電気、メディカル、ITといった業種からの求人が多くなっています。職種は様々です。管理系の求人にも力を入れています。

 

マイケル・ペイジ

こちらも外資系企業専門の転職エージェント。常時、3000件以上の求人案件を保有しています。勤務地でみると関東、関西、東海の案件が中心となっています。

 

正社員の求人だけでなく、契約社員、派遣社員の案件も扱っていいます。

 

DODA

語学力に長けている人の転職支援に強みを持っている転職エージェント。どちらかといえば日系企業の案件のほうが得意なのですが、外資の案件も扱っています。全国展開しているエージェントなので、地方の案件にも精通しているのが特徴です。

 

リクナビ派遣

派遣社員の求人サイトですが、正社員登用を前提とした紹介予定派遣の案件も多数掲載されています。事務系の仕事だと、外資の場合、契約社員を雇用して、そのなかで優秀な人材を正社員として採用するというパターンが一般的になっているので、オフィスワークの仕事を求めている人は要チェックです。

 

ロバート・ウォルターズ

外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。他エージェントでは扱っていない案件を持っているので要チェックです。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業の求人に強い転職支援会社ベスト3

外資系企業の求人案件の取り扱い数が多い転職会社をリストアップしています。様々な業種・職種の求人をカバーしているので、詳細については、直接問い合わせてみてください。日系グローバル企業の求人にも強いです。

 

コメントを残す

このページの先頭へ