このページは在日カンボジア大使館の求人情報を入手する方法についてまとめていますが、大前提として、カンボジア大使館で働くことはかなり難しいと考えてください。現地スタッフの採用枠が絶対的に少なく、滅多に求人が発生することがないためです。

 

カンボジア大使館の求人

 

ここを前提にして、それでも求人情報を探したいということであれば、チェックすべきなのはカンボジア大使館の公式サイトとJapan Times、ハローワークです。

 

カンボジア大使館公式サイト
ハローワーク

 

もし求人が発生した場合、公式サイト内の『お知らせ』ページにおいて、人材募集情報が掲載される可能性があるので要チェックです。

 

もう一つ、有効な情報源になるのがJapan Timesです。毎週月曜日に盛り込まれる求人広告欄において在日大使館の求人情報が掲載されることがあります。

 

最後に、東京、品川のハローワークは各国大使館の現地職員の募集案件を扱っています。調べてみると、けっこう色々な求人が出ています。管理人が知る限り、カンボジア大使館の求人が公開されていたケースは無かったと思うのですが、こちらも一度はチェックしてみる価値があると言えます。

 

民間の転職エージェントでカンボジア絡みの求人をチェック

もう一つ、これは補足的な情報源となりますが、民間の転職エージェントを利用するという方法もあります。外資企業やグローバルな仕事の転職案件を積極的に扱っているエージェントが、大使館や領事館の求人を保有しているケースがあります。

 

ただし、これまでの事例でみると、アメリカ大使館やドイツ大使館、イギリス大使館、オーストラリア大使館といった欧米各国の大使館の求人は比較的頻繁に出ていますが、カンボジア大使館の求人案件については、管理人は見たことがありません。

 

ただし、完全非公開で表には出てこないというケースもあるため、ダメ元で確認してみるのはアリです。リクルートエージェントDODAマイナビエージェントといった大手エージェントであれば扱っている可能性があります。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

 

現実的な選択肢

繰り返しになりますが、カンボジア大使館で働けるチャンスというのは、非常に少ないのが実情であり、他の選択肢についても検討してみるのが現実的に見て妥当な判断と言えます。

 

たとえば、大使館・領事館といった外国の公的機関で働いてみたいということであれば、カンボジア以外の国を狙ってみる、カンボジアという国に関わる形で働いてみたいということであれば、カンボジアに進出している日系企業に就職するといったことです。

 

先ほども少し触れましたが、アメリカやイギリス等、現地職員を募集している大使館はけっこう存在します。アジアでみても、韓国のように募集頻度が高い国があります。政府観光局も含めれば、働き口を得るチャンスはさらに増えます。

 

また、カンボジアは経済発展が著しい国であり、現地に進出している日系企業は年々増えているので、そういった企業で働くチャンスは幾らでもあります。特に現地滞在経験がある、カンボジア語が分かるといった人であれば、今はかなり重宝されると思います。

 

こうやってカンボジアと関係する形で働いているうちに、その経験を問われて政府機関において採用されるといったことは珍しくありません。ですから、将来的に大使館で働くための通過地点として民間企業で働くという考え方もあります。

 

こんなふうに発想を膨らませていけば、カンボジア大使館で働きたいという希望を実現するための手段は色々と出てきますので、ぜひこんなふうに考えてみてください。

 

具体的に、どんな仕事があるのかイメージ出来ないという人は、転職エージェントに相談してみてください。彼らは転職のプロなので、こういった仕事がしたいという要望を伝えれば、そこに合った求人案件を紹介してくれます。