スイス領事館・大使館の求人情報は少ない

スイス領事館・大使館の求人情報

 

スイス領事館や大使館の求人というのは、数が少ないように思えます。アメリカ、ドイツ、韓国といった国だと、けっこう頻繁に求人広告が公開されていたりするのですが、スイスの場合、あまり目にする機会がありません。

 

たまたま、私の目にとまらないだけかもしれませんが、他国の領事館、大使館の場合には、そうではないので、もともとの募集数が少ないのかもしれません。

 

どうしてもスイスの公的機関で働きたいということであれば、公式サイトは頻繁にチェックするようにしましょう。

 

・スイス大使館

http://www.eda.admin.ch/eda/ja/home/reps/asia/vjpn/embjpn.html

 

・スイス政府観光局

http://www.myswiss.jp/jp.cfm/home/

 

また、定番のJapan Timesも欠かせません。

 

もう一つは、転職支援会社を利用することです。リクルートエージェントDODAtypeなどであれば語学関連の求人に強く、たまに各国政府の公的機関の求人情報が入る時もあります。

 

面接で希望を伝えておけば、募集が出た時にいち早く教えてもらえます。

 

転職支援会社を利用する、もう一つのメリットは自分の希望に合った職種を色々と教えてもらえることです。正直なところ、スイス領事館・大使館で働くというのは、採用枠を考えるとなかなか大変です。

 

でも、語学を活かしたい、ユニークな環境で働きたいということであれば、他にも選択肢はあります。それはスイスの民間企業の日本支社で働くことかもしれませんし、ドイツの領事館で働くことかもしれません。

 

あるいはスイス政府観光局の観光ガイドなんて選択肢もあるかもしれません。

 

転職支援会社であれば、様々な業種・職種の求人情報を持っているので、あなたの希望に合った仕事が思いもよらぬ形で出てくるかもしれません。

 

理想の仕事を得る可能性を広げるという意味で、登録しておくことをお勧めします。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

スイス大使館、領事館連絡先情報

■東京大使館
港区南麻布5-9-12
TEL:03-5449-8400

 

■大阪総領事館
大阪府大阪市北区梅田3-3-20 明治安田生命大阪梅田ビル14階
TEL: 06-4797-2399

 

■大阪総領事館(事務所)
大阪府大阪市中央区博労町3-5-1 エプソン大阪ビル18階
TEL:06-4704-9100

 

※大阪総領事館の事務所では、通常の領事業務は行われていません。パスポートやビザの手続きを行う時には梅田にある領事館に行ってください。

 

大使館・領事館の求人に強い転職支援会社ベスト3

語学を活かした仕事に関する求人情報が多い会社でもあるので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

2 Responses to “スイス領事館・大使館の求人情報は少ない”

  1. 萩本礼美 より:

    私は18歳のスイスと日本のハーフで、2013年5月からスイスに来てフランス語の勉強をしています。語学勉強終了後はスイスで働きたいと考えています。日本語が活かせる仕事はスイスにありますか?

    • admin より:

      日本語が活かせるとなると、日本人相手の仕事になるので、飲食店や旅行関係の仕事が最も可能性が高いのではと思います。

      あとはスイスにオフィスを持つ日系企業ですが、大卒でないと厳しいかなという気がします。

コメントを残す

このページの先頭へ