アイシン精機の中途採用事情~転職者の年収、就労環境について~

日本を代表する自動車部品メーカー、アイシン精機。トヨタ系列の会社ですが、日産自動車など、ライバル会社へも部品を供給するようになり、今では国内外の複数のメーカーへ取引先を拡大しています。

 

アイシン精機の中途採用事情~転職者の年収、就労環境について~

 

また、近年では、住生活関連製品、エネルギー関連製品、福祉用品の開発・販売を手掛けるようにもなっており、順調に事業を拡大しています。

 

こういった背景があるため、アイシン精機では、人材採用を積極的に行っており、中途に関しても、通年で募集をかけています。このページでは、中途採用求人の概要や、社員の年収、就労環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

アイシン精機の中途採用求人の傾向

中途採用に関しては、営業、生産管理、調達購買、経理、人事、法務、広報、マーケティング、開発設計、生産技術、品質保証など、幅広い職種が募集対象となっています。傾向としては、技術職の求人のほうが、募集がかかる頻度が高いです。

 

中途に関しては、即戦力となる人材を採用するという方針を採っている会社なので、該当業務に関する実務経験が必須となります。職種によっては、英語スキルや何らかの公的資格(弁護士、会計士など)が求められることもあります。

 

なお、具体的に求人が発生した時には、公式サイト内のキャリア採用ページ、もしくは転職エージェントを経由して、募集がかかるようになっているので、こまめにチェックすることをオススメします。

 

転職会社については、知名度が高い大手エージェントであれば、まず間違いなく、アイシン精機の求人情報を押さえています。こういったエージェントに求職者登録(会員登録)をしておけば、新規求人が発生したタイミングで、連絡してもらえるので、自分で探す手間が省けて便利です。

 

このページの最後に、代表的なエージェントを数社リストアップしておきますので、参考にしてください。

 

アイシン精機の社員年収について

売上が3兆円に達するようなグローバル企業であるため、社員の年収水準は高めです。大手自動車メーカーのなかには、アイシン精機よりも、好条件の会社も存在しますが、日本の会社のなかでは、間違いなく、アイシン精機は高給与の部類に入る企業です。

 

社員の年収例を挙げると、下記のようになります。(手当、賞与込みの金額となります。)

 

  • 営業 23歳 年収350万
  • 営業 チーフ 30歳 年450万
  • 営業 主任 35歳 年収550万
  • 営業 主任 33歳 年収650万円
  • 営業 主任 35歳 年収500万円
  • 営業 課長 40歳 年収700万円
  • 営業 課長 37歳 年収950万円
  • 営業 部長 42歳 年収1500万円
  • 生産技術 28歳 年収650万円
  • 生産技術 30歳 年収600万円
  • 生産技術 31歳 年収700万円
  • 生産技術 主任 29歳 年収650万円
  • 生産技術 係長 33歳 年収700万円
  • 生産技術 係長 35歳 年収750万円
  • 生産技術 係長 38歳 年収800万円
  • 生産管理 26歳 年収380万円
  • 生産管理 26歳 年収550万円
  • 生産管理 主任 28歳 年収580万円
  • 生産管理 主任 28歳 年収600万円
  • 生産管理 30歳 年収550万円
  • 開発 30歳 年収700万円
  • 技術開発 28歳 年収550万円
  • 技術開発 28歳 年収600万円
  • 技術開発 31歳 年収700万円
  • 技術開発 32歳 年収660万円
  • 技術開発 30歳 年収700万円
  • 技術開発 主任 33歳 年収750万円
  • 総務 27歳 年収600万
  • 経理 主任 30歳 年収600万円
  • 経理 33歳 年収600万円
  • 品質管理 30歳 年収600万円
  • 設計 29歳 年収450万円
  • 製造 係長 32歳 年収700万円
  • 人事 係長 30歳 年収700万円

 

営業、生産技術など、複数の職種別にまとめていますが、アイシン精機では、職種間での給与差は、それほど大きくありません。また、年功序列型の給与体系となっているので、どの職種に関しても、一定のペースで昇給します。

 

役職についても、勤務年数に応じて、係長までは誰でも出世出来ます。(男女差もないので、総合職であれば、女性も係長までは昇格出来ます。)

 

係長になれるのが、40代前半となり、この時点で年収が800万。ここまでは、全員共通であり、この後は、競争となり、個人差が出てくることになります。

 

中途採用の場合、年齢や前職までの実績を加味して、入社時のポジションが決められ、そこに併せて、給与も設定されます。その後の昇給・昇格ペースについては、新卒入社組と一緒です。

 

手当に関しては、残業代は全額支給、また、食事補助、旅行補助、保険補助などに使えるポイントが毎年5万円分、支給されています。通勤手当、扶養手当、休日出勤手当、時差出勤手当など、どもあり、充実しています。

 

その反面、日本の大企業では一般的な、住宅手当については、それほど手厚くありません。住宅補助が出るようになっていますが、一定の条件をクリアする必要があるうえ、40歳という年齢制限があるため、実際に対象となるのは、一部の社員のみとなっています。

 

アイシン精機の人事評価制度について

先ほども触れたように、アイシン精機は年功序列の会社なので、人事評価に関しては、良い意味でも悪い意味でも曖昧です。半年に一度、上司が5段階で評価をする制度が導入されていますが、社員の大半が、真ん中の評価を受けています。

 

良い評価を受けている人は、全体のごく一部であり、また、高評価を得たとしても、ボーナスに数万円程度の上積みがされる程度なので、目に見える見返りが期待出来るというわけではありません。

 

主任までは、ほぼ無条件で昇進、係長になるには、TOEICのスコアが必要となりますが、500程度で十分なので、ここもほぼ問題なし、ただし、課長以上への昇進は、上司の推薦が必要となり、実績勝負となります。また、上司との関係性を良好に保つことも、重要な要素となってきます。

 

この仕組みをどう捉えるかは、人それぞれですが、現役社員の評価としては、仕事が出来る人が正当に報われないというデメリットはありつつも、一定レベルまでの昇給・昇格が約束されていることもあり、全体的には好評です。

 

なお、その裏には、アイシン精機は若いうちから、大きな仕事、重要度が高い仕事を任せてもらえること、世界を代表するメーカーなので、アイシンでしか扱えないような最新の技術・機械に触れられるということで、仕事に対するやり甲斐を持ちやすいという環境もあるようです。

 

特に、開発部門、製造部門では、こういった声が多いです。逆に、管理部門については、毎日、同じ仕事の繰り返しということもあり、仕事に対する満足度というのは、やや落ちるようです。

 

成長環境について

アイシン精機では、職位ごとの研修制度が充実しており、会社負担で受講出来る社外講習も用意されているので、学びの機会は豊富です。

 

また、生産部門・開発部門だと、高額な機械や最先端の技術に触れる機会が多いので、仕事を通じて、自分のスキルを磨くことが出来ます。

 

アイシン精機は、車両メーカーと町工場を含めた仕入れ先の間に位置する中間メーカーなので、納入先メーカーからの要求に応える立場であり、かつ、自社の下請けメーカーには、要望通りに動いてもらえるように指示する立場でもあります。

 

そのため、意思疎通を円滑にするためのコミュニケーション能力は必須ですし、相反する利害をうまく調整するためのアイデアを生み出す創造力、問題解決能力なども不可欠となり、業務を通じて、こういったスキルが磨かれたという声が多いです。

 

ワークライフバランスについて

アイシン精機は、ワークライフバランスが良好な会社です。部署によって忙しさが異なりますが、労働組合が強いこともあり、1ヶ月の残業時間は45時間までと決められており、この上限が破られることはありません。(残業代は全額支給、サービス残業は禁止です。)

 

開発設計、生産技術、営業など、一部の忙しい部署においては、平日だけでは業務をこなすことが出来ず、毎月1~2回の休日出勤を余儀なくされることがありますが、こういった例外を除けば、週休2日が確保されています。

 

全社員に対して、有給の全消化を義務づけているので、取得率が100%ですし、夏は長期休暇を取れるようになっています。(お盆休みという位置づけですが、日数が一般的な企業よりも多いです。)

 

なお、製造部門の場合、祝日も生産を行うため、出勤日となり、休日のスケジュールは、普通の会社と異なります。

 

そのため、他人が休んでいる時に、自分は働かなければいけないということはありますが、休日数については、年間で帳尻が合うようになっているので、休み自体は確保出来ます。

 

女性の働きやすさについて

基本的に、アイシン精機は女性にとって働きやすい会社です。製造部門や開発部門だと、業務内容がら、女性社員の比率が少なく、男性社会の風潮があり、管理職への出世のチャンスも狭まりますが、それ以外の部署においては、男女平等です。

 

昇給・昇格のペースは一緒ですし、仕事の割り振りについても、男女で区別されることはありません。

 

産休・育休・時短勤務といった子育て支援制度も充実しており、子育てと仕事を両立出来る体制が整っています。(社内保育所もあるので、子供を安心して預けられます。)

 

ちなみに、アイシンでは、時短勤務だからといって、評価に響くことはないので、時短勤務を選択しながら、働いている管理職の女性も存在します。

 

楽しく働いている女性社員が多いですし、会社の方針として、女性管理職の数を増やしていくことを表明しているので、今後、さらに社内環境は良くなると考えて間違いなしです。ちなみに、最近では、営業部門において、女性採用が活発化しています。

 

アイシン精機の転職先としての価値

ここまで、アイシン精機の就労環境について、様々な角度から見てきましたが、優良企業なので、転職先候補としては、申し分なしです。

 

中途採用の場合、自分が希望する職種で、いつ求人が出るのか分からないのがネックですが、これは対策のしようがないので、こまめに求人情報をチェックしながら、チャンスを待つようにしましょう。

 

なお、冒頭で、転職エージェントのことに触れましたが、彼らは当然、様々な企業の求人情報を扱っているので、今現在、募集がかかっている求人で、アイシン精機以上に、満足出来るものがあるかどうか、確認してみるのもアリです。

 

希望条件を伝えれば、その条件に合う求人を探してくれます。もしかしたら、思わぬ掘り出しモノがあるかもしれないので、興味がある人は、ぜひ問い合わせてみてください。

 

下記のエージェントは、メーカー系の求人に強いので、問い合わせ先として最適です。

 


転職を目指す会社が決まった場合、年収などの条件交渉を代行してもらうことも出来ます。年収アップに成功するケースが少なくないので、ぜひこういったサポートも受けてみてください。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ