アポプラスステーションの中途採用事情~社員年収、就労環境など~

アポプラスステーションの中途採用事情

 

1993年創業、日本で初めてCSO事業を手がけた企業であり、業界第二位の実力を持つ、アポプラスステーション。薬剤師の教育と職業紹介から事業をスタート、現在はCSO事業、医療・医薬専門職業紹介事業、医療・医薬専門人材派遣事業を3つの柱として、事業を展開しています。

 

一時期、ライバル企業との競争激化により、業績が低迷していましたが、2012年に、日本全国で調剤事業、BPO受託事業を展開するクオールグループに株式を売却する形で参画、以降、売上・利益が、ともにV字回復、その後も、安定的に成長を続けています。

 

そのため、今現在、アポプラスステーションは、人材登用を積極的に進めていますので、転職を目指すには、良いタイミングです。このページでは、アポプラスステーションの中途採用求人の傾向、及び、社員の年収、就労環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

アポプラスステーションの中途採用求人の傾向

アポプラスステーションは、新卒よりも中途採用に力を入れており、MR、営業コンサルタント、ジョブコーディネーター、営業アシスタントといった営業関連職を中心に、様々な職種において、募集をかけています。

 

公式サイト内には、中途採用希望者向けのページが用意されており、募集がかかっている求人の一覧・詳細について、確認することが出来ます。
http://www.apoplus.co.jp/work/recruit.html

 

基本的には、各職種における業務経験者が募集されていますが、募集のタイミングやポジションによっては、未経験者の応募が可能な求人が出てくることもあるので、こまめに求人情報をチェックすることをオススメします。

 

もしくは、アポプラスステーションは、転職エージェント経由でも募集をかけるケースが多いので、医療業界に強い転職エージェントに、問い合わせてみるのもアリです。

 

職種によっては、自社サイト内では告知をせず、転職エージェントに登録している人材のなかから、有望な人材をリクルートするということもあるので、そういった意味でも、エージェントにも、連絡を取っておいたほうが、賢明です。

 

特に、公式サイトを見て、良い求人がないと思った人は、一度エージェントに相談してみることをオススメします。

 

このページの最後に、アポプラスステーションの中途採用求人の取扱実績がある転職エージェントをリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

アポプラスステーションの社員の年収・給与制度について

アポプラスステーションに勤務する社員の年収例ですが、代表的な事例を、下記にまとめてありますので、参考にしてください。(35~40歳のマネージャークラスで、年収 600~850万円程度というのが、一つの目安となります。)

 

  • 営業 25歳 男性 年収 540万円
  • MR 27歳 男性 年収 450万円
  • 営業 28歳 男性 年収 500~550万円
  • 経営企画部 30歳 男性 年収 400万円
  • MR 31歳 男性 年収 500万円
  • MR 32歳 男性 年収 500万円
  • CSO事業部 34歳 男性 年収 600万円
  • MR 34歳 男性 年収 650万円
  • 営業 35歳 男性 年収 700万円
  • 営業 38歳 男性 年収 500~550万円

 

給与は年俸制となっており、ボーナスはなく、年収に組み込まれている形です。また、退職金制度もないので、こういったことを含めると、医療業界のなかでは、低めと言える年収水準と言わざるを得ない状況となっています。

ただし、MRの場合、基本給のほかに、営業手当やMRの資格手当がもらえるので、他職種よりも、条件は良くなります。(営業日当は2500円~3000円となっており、他のCSO企業より、若干高めです。)

 

また、プロジェクトを終了して、他のプロジェクトへ異動する際には、異動手当が支給されるようになっています。

 

福利厚生に関しては、特筆することは、それほどないのですが、月15000円まで、旅行や趣味など、様々な用途に使用出来るカフェテリアプランが用意されています。

 

アポプラスステーションの評価制度について

アポプラスステーションでは、人事評価に関して、等級制が採用されています。等級と給与額が連動する形となりますが、等級ごとの年収がオープンになっているため、人事評価の透明性は高いと言えます。

 

加えて、クオールグループになってからは、実力主義の傾向が強くなり、努力が評価に反映されるようになっているので、やり甲斐を感じることが出来る環境です。ただし、稀ではありますが、評価次第では、降格となるケースもあるので、要注意です。

 

MRについては、半年に一度、派遣先企業と自社内の評価に基づいて、人事考課が行われることになります。自社内評価は、あくまで相対評価となるため、他のプロジェクトで良い結果を出している人が多いと、成績が良くても、昇給がゼロということもあります。

 

また、業務の特性として、仕方がないことではあるのですが、前任者の実績を引き継ぐ形になることが多いため、担当する企業とエリアによって、人事考課に、大きな差が生じるという状況も起こっています。(この点では、不公平感が強い評価体制と言わざるを得ません。)

 

成長環境について

MRの場合、MR認定試験に関する教育体制は非常にしっかりしており、メーカーなどを含めて、他社でMRになれなかったレベルの人でも、手厚くフォローをしてくれるため、他のCSO企業より、試験の合格率は高いです。

 

また、初期研修時に、プレゼントレーニングを、みっちり行ってくれるため、実際に医師の前で自社製品のプレゼンを行う際に、大いに役に立ちます。

 

MR認定試験合格後も、半期に一度は社内研修があり、担当領域ごとの学習が出来るほか、Eラーニングなどもあり、教育に関しては充実していると言えます。

 

ただし、社内研修は、あくまで、概要的な内容にとどまるため、出向先のメーカーの事業領域に関する専門知識を深めたい場合には、自分自身で学ぶ必要があります。

 

一方、キャリアパスに関しては、表向き、希望があれば、様々なキャリアを経験出来るとしていますが、現実にはMRの場合、SVへのキャリアパス程度しかありません。

 

そのため、MRの場合は、派遣先企業で実績を出して、そのまま転籍するというのが、一番のキャリアアップと言えるでしょう。

 

ワークライフバランスについて

アポプラスステーション自体には、休日出勤はないですし、残業も少なめです。有給の取得についても、会社側が積極的に推奨してくれるので、ワークライフバランスについては、良好な会社と言えます。

 

MRなどで、他社に派遣された場合には、派遣先の社内規定に準じることになりますが、新薬発売のタイミングなどを除き、それほど仕事に追われることはないので、プライベートとのバランスは取りやすいです。

 

女性の働きやすさについて

内勤業務には女性が多く、基本的には男女差別はありません。女性が社長である時期もあり、現在も役員に、女性が在籍しているなど、女性の地位が高い会社なので、女性であっても、活躍出来る機会が十分にあります。

 

また、家族の転勤などに合わせて、異動を申請することも出来ます。(その時期のプロジェクトの展開状況にもよるので、全て受理されるとは限りませんが、可能な限り、対応してくれます。)

 

一方、育児・出産に関する支援制度に関しては、それほどではなく、出産後に働き続けている社員はいるものの、数としては限られており、いまだに発展途上であるというのが現状です。

 

子供を育てながら働くのは、決して楽ではない環境なので、子育てと仕事の両立を視野に入れている人は、よくよく考えたほうがいいです。

 

アポプラスステーションの転職先としての価値

ここまで、アポプラスステーションの就労環境について、様々な角度から見てきましたが、長所もあれば、短所もある会社なので、自分が会社に何を求めるのかによって、アポプラスステーションの転職先としての価値は、大きく変わってくると思います。

 

そのため、自分の価値観・志向と照らし合わせながら、アポプラスステーションへ転職すべきかどうか、じっくり考えるようにしてください。

 

下記に、アポプラスステーションの中途採用求人の取り扱い実績がある転職エージェントをリストアップしてありますが、彼らは社内事情に精通しているので、このあたりの判断に迷うという人は、相談してみるのもアリです。(客観的な視点で、アドバイスしてくれます。)

 

また、彼らは、様々な企業の求人情報を押さえているので、他社のことについて、聞いてみるのもオススメです。アポプラスステーション以上に自分に合う会社が見つかるかもしれないので、興味がある人は、併せて確認してみてください。

 

<アポプラスステーションの中途採用求人の取り扱い実績がある転職会社>


転職を目指す会社が決まった場合、年収などの条件交渉を代行してもらうことも出来ます。年収アップに成功するケースが少なくないので、ぜひこういったサポートも受けてみてください。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • JACリクルートメント

    Doda

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

コメントを残す

このページの先頭へ