スズケンの中途採用事情~求人の傾向、社員の年収、労働環境など~

スズケンの中途採用事情

 

クラヤ三星堂、アルフレッサ、東邦薬品と並んで、国内医薬品卸大手4社の一角を占めるスズケン。全国47都道府県すべてに、営業拠点を置き、顧客のニーズを的確に汲み取る、地域密着型の営業を武器に、業績を伸ばしています。

 

同時に、自社オリジナルブランドの展開にも力を入れており、従来の商社機能に加えて、メーカーとしての機能を確立することを目指すなど、卸売事業からの脱却を図っています。

 

業績は好調を維持しているので、転職先として見た場合には、有力候補と言えます。ただし、中途に関しては、それほど求人数が多くはないので、スズケンへの転職を目指すのであれば、少ないチャンスを的確にモノにすることが重要です。

 

このページでは、スズケンの中途採用求人の傾向、及び、勤務する社員の年収・給与水準、社内の就労環境についてまとめていますので、転職活動の際に参考にしてください。

 

スズケンの中途採用求人の傾向

中途に関しては、MS(医薬品卸販売担当営業)の求人が中心となります。また、タイミングによっては、管理薬剤師、治験モニター、治験業務担当事務、ホルスター心電図解析業務など、医療系専門スタッフの募集案件が出ていることもあります。

 

応募条件に関しては、MSの場合、医療機器や医薬品に関する営業経験があること、医療系専門スタッフについては、該当業務に関する実務経験があることに加えて、薬剤師、臨床検査技師など、特定の資格保有が求められることになります。

 

注意点としては、スズケンの場合、正社員ではなく、契約社員としての採用となるケースが多いということです。福利厚生などの待遇面については、正社員同等となることもあれば、制限されることもあるので、その都度、確認することをオススメします。

 

求人情報の入手方法

スズケンの公式サイト内にある、採用情報ページにおいて、現在、募集がかかっている求人の一覧について、確認することが出来ます。
http://www.suzuken.co.jp/recruit/career/

 

また、民間の転職会社経由でも、募集をかけているので、そちらから、スズケンの求人情報を入手することも出来ます。

 

転職会社の場合、様々な企業の求人案件を扱っているので、スズケンの求人を、他社と比較してみたいといった時には、まとめて教えてもらえるので、便利です。

 

スズケンは業界大手ではありますが、待遇面については、中途の場合、抜群に良いというわけではないので、同業他社も含めて、他社の求人と比較しておいたほうが賢明です。

 

そういった意味では、転職会社は情報源として、かなり使えます。このページの最後に、代表的な転職会社をリストアップしておきますので、うまく活用してください。

 

スズケンの社員の年収・給与制度について

スズケンに勤務する社員の年収についてですが、幾つか具体的な数字を挙げると、以下のようになります。

 

  • 営業 27歳 年収350万円
  • 営業係長 38歳 年収400万円
  • 営業係長 57歳 年収550万円
  • MS 27歳 年収470万円
  • MS 40歳 年収650万円
  • MS係長 29歳 年収500万円
  • 経理財務 25歳 年収400万円
  • 経理財務 30歳 年収500万円
  • 人事 25歳 年収450万円
  • 物流 35歳 年収650万円
  • 物流 課長 46歳 年収850万円
  • 物流 部長 55歳 年収1100万円

 

基本給に加えて、年2回賞与が支給されるというオーソドックスな給与体系となっています。スズケンは、業界内では比較的給与が高いほうですが、先ほども触れたように、飛び抜けて高いというわけでもありません。

 

ただし、管理職に就くと、年収1000万も見えてくるので、そこは流石に業界大手という水準となっています。なお、賞与は個人業績、会社業績(支店業績)をベースに算出されますが、毎年、基本給5~6か月分にはなるので、恵まれた状況にあると言えます。

 

基本給に関しては、成果主義が取り入れられつつありますが、まだまだ年功序列型の要素が色濃く残っています。特に30歳くらいまでの若手層に関しては、おおむね一律の待遇となり、たとえば、昇給に関して言えば、毎年6000~12000円の金額におさまります。

 

残業代については、みなし残業として、基本給に含まれる形となります。福利厚生に関しては、スズケンはしっかりしており、独身者の場合、30歳までは借り上げ社宅が利用出来ますし、扶養手当・家族手当・住宅手当や、転勤の際には、引っ越し準備金が支給される制度もあります。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途入社の場合、前職までの経歴・実績をもとに、給与を含む待遇面が決められることになりますが、ここは交渉次第で大きく変わってくるので、スズケンからの提示内容に納得がいかない時には、そこで妥協するのではなく、しっかりと自分の希望を伝えて、交渉するようにしてください。

 

中途半端に受け入れてしまうと、その条件が後々まで、自分の待遇に影響を与え続けることになるので、要注意です。

 

こういった条件交渉が苦手ということであれば、前述した転職会社に代行を依頼することを、オススメします。彼らは転職のプロなので、この手の交渉事に慣れており、うまく話を進めてくれます。

 

交渉ベタな人が自分で何とかしようとするよりも、良い結果に落ち着く可能性が高いので、無理に自分で何とかしようとせず、最初から任せてしまったほうが賢明です。

 

スズケンのモチベーション・評価制度について

スズケンでは、人事評価が年2回、行われており、営業職に関しては、個人ごとに与えられたノルマの達成度合いが、評価のベースとなります。目標額は対前年比で設定されますが、決して無理な数字が設定されることはなく、個人の努力次第で達成出来るものとなっています。

 

一方、内勤職に関しては、ノルマを具体的に数字で表現することが難しいため、努力目標に近いものとなります。

 

結果として、査定者である上司の印象が、評価に直結することになるため、スズケンで高評価を得るためには、仕事にしっかり取り組むのはもちろんのこと、それに加えて、上司との関係性や、所属部署(支店)内における人間関係にも、配慮する必要があります。

 

(人間関係が良好な人のほうが、評価が高くなる傾向があります。)

 

スズケンの成長・キャリア開発について

スズケンでは、昇進試験があり、ポジションを上げるためには、試験を受けて、好成績を残す必要があります。ただし、主任・係長クラスぐらいまでだと、それほど難しくはないので、真面目に仕事に取り組んで、業務に関する知識を増やしていけば、何とかなります。

 

ただし、課長職以上になると、難易度が一気に上がるので、それ相応の努力が必要です。また、上司の評価も、昇進に影響を与えるようになるので、社内営業的な活動も必要になってくると考えてください。

 

仕事を通じての成長という意味では、医療業界全般に関しての知識や動向に詳しくなるということはありますが、スズケンは卸ということもあり、扱える情報には、限度があります。そのため、メーカーと比較すると、吸収出来る専門知識の量は少ないと考えてください。

 

(薬剤師だと、病院や薬局で触れられる情報のほうが遙かに多いなど、医療系専門スタッフの場合、特に、こういった傾向があります。)

 

ただし、スズケンは個人に大きな裁量を与える会社なので、自分から手を挙げれば、色々な仕事に挑戦出来るというメリットがあります。意欲が高い人の場合、同業他社よりも、短期間で、より多くのことを経験出来るので、そういった意味では、自分を成長させられる環境とも言えます。

 

ワークライフバランスについて

スズケンでは働き方改革が進んでおり、遅くまで仕事をしている人が、頑張っていると評価されるというような雰囲気はありません。むしろ、勤務時間内に、効率良く仕事を終わらせる人のほうが、優秀とみなされるので、結果的に、残業・休日出勤の機会が年々、減少しています。

 

仕事をしっかりと回していれば、自分の時間を十分に確保出来るので、仕事だけでなく、プライベートも充実させたいという人には、スズケンは、オススメの会社です。有給休暇についても、会社として積極的に消化することを奨励しており、取得しやすい職場です。

 

ただし、営業職の場合、クライアントを獲得するためのイベントや、接待ゴルフなどの行事などで、土日に出勤することもあります。勤務地によっては、当番制で土曜日を出勤日としている営業所も存在します。

 

営業であっても、土日祝休みが基本となるので、土日が必ず潰れるということではないのですが、多かれ少なかれ、週末に仕事をする機会が生じるということは、覚悟しておいたほうがいいです。

 

女性の働きやすさについて

男社会という雰囲気が強い業種であるので、女性だと、働きにくさを感じる部分があるかもしれませんが、スズケンの場合、ここ数年、女性活用の意識が高くなっており、少しずつ、職場環境を改善していっています。

 

近年では、営業職においても、女性が増えてきていますし、管理職に就く女性も出てきており、今後は、その方向性を、さらに加速させると、明言しているので、時間が経つに連れ、スズケンは女性にとって、働きやすい会社になっていくでしょう。

 

なお、現時点においても、スズケンは育児支援体制が確立している会社であり、産休、育休、時短勤務といった制度を活用することが可能です。周囲の理解もあり、出産・育児に関して協力的なので、復帰した後も、問題なく仕事を続けることが出来ます。

 

スズケンの転職先としての価値

ここまで、スズケンの就労環境について、様々な角度から見てきましたが、どうだったでしょうか。他社と比較して、ずば抜けて良いというわけではありませんが、業界を代表する会社だけあって、日系企業のなかでは、間違いなく、『良い』と言える部類に入る会社です。

 

転職を検討するだけの価値は十分にありますが、同時に、『絶対に、この会社にすべき!』と断言出来るほどではないので、他社と比較したうえで、最終判断を下すのがベストです。このあたりは慎重に進めてください。

 

下記に、スズケンの中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、彼らは、様々な企業の求人情報を押さえているので、ぜひ、色々な会社の求人を、紹介してもらってみてください。(同一業種、異業種、どちらでも大丈夫です。)

 

希望条件を伝えて、それに見合う求人を選び出してもらう、また、それらの求人を比較したうえで、どの会社が、自分にとって最良なのか、分析してもらうといったことも可能です。転職先候補を絞りこむうえでは、転職会社は頼りになる存在なので、上手に活用してください。

 

<スズケンの中途採用求人を扱っている転職会社>

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ