レイスの中途採用事情

 

企業経営者が抱える様々な課題に対しての解決手段を企画・立案したり、 実行までサポートすることなどを事業の柱として展開している企業、それが『レイスグループ』 です。

 

主な事業は、元トヨタ自動車副社長、元ソニー副会長、元NTTドコモ社長といった『上場企業の役員経験者』と共に、顧客の業績向上や組織活性化の実現を支援する経営顧問事業。

 

新事業立ち上げ責任者や、新規上場(IPO)経験を持つCFO等、各業界に在籍する『経営幹部人材』の移籍を手掛けるスカウト事業などを展開しています。

 

その他、M&A事業、VC事業、アセット事業など、現在 21事業を展開しています。

 

このような背景から、中途に関しても、様々な職種において、募集がかかっています。レイスグループへの転職のチャンスは豊富に存在するので、関心がある人は、このタイミングで真剣に検討することをオススメします。

 

レイスの中途採用求人の傾向

現在、レイスグループの公式ホームページで確認できる募集は新卒を対象としたもので、中途採用は確認できません。

 

中途採用の募集に関して募集職種は確認できませんが、別途メールにても募集を受け付けていますので、希望者は問い合わせを行うようにしてください。なお、採用窓口はレイスグループにて一括で行いますが、採用、選考は各事業会社で行っています。

 

ここでは、過去のレイス株式会社で、中途採用の職種をまとめていますので、転職希望者は参考にされてください。なお、これは転職会社経由での募集をまとめています。

 

<コンサルティング営業>
業務内容としては、大手企業や中小・ベンチャー企業に対し、経営課題を解決するコンサルティング営業を行います。応募資格は大卒が必須となっており、その他は業界未経験でも可能で、営業経験者は優遇されます。

 

求人情報の入手方法

レイスでは、公式サイト内において、中途採用ページを開設しており、そちらのページにおいて、確認することが出来ます。
https://recruit.race.co.jp/point/

 

しかし、この募集要項は新卒に対してのもので、中途採用は記載しておりません。時期により変わってきますので、転職希望者の方は必ずチェックするようにしてくだい。

 

また、中途に関しては、レイスは、転職会社を利用して、募集をかけることも多いので、こちらも有力な情報源となります。このページの最後に、代表的な転職会社をリストアップしておきますので、押さえておくことをオススメします。

 

レイスの社員の年収・給与制度について

レイスに勤務する社員の年収ですが、職種別に幾つか事例を挙げると、下記の通りとなります。

 

  • 営業 25歳 年収360万円
  • 営業 26歳 年収350万円
  • 営業 30歳 年収500万円
  • 営業 課長代理 26歳 年収800万円
  • 営業 課長 30歳 年収1000万円
  • コンサルタント 28歳 年収600万円
  • コンサルタント 30歳 年収500万円
  • コンサルタント 部長クラス 35歳 年収1800万円
  • コンサルタント 課長クラス 37歳 年収1200万円
  • スカウト 29歳 年収700万円
  • スカウト 30歳 年収600万円
  • ソリューション課長代理 28歳 年収700万円
  • 経理 27歳 年収350万円
  • 人事 25歳 年収320万円
  • 経営企画 主任 28歳 年収800万円
  • 市場開発 25歳 年収300万円

 

レイスの給与体制は、中途採用では月給25万~125万とかなり幅がある年俸制です。賞与制度は取り入れていません。これは、昇進、昇給に関する査定を3か月ごと、年4間取り入れ、給与にダイレクトに反映する方法を採っています。年齢や経験に左右されない実力主義のため、入社9か月で年収が2倍になった方もいます。

 

手当として、交通費全額支給はありますが、家賃補助などはありません。保険は、健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金保険等の社会保険が完備してあります。

 

福利厚生として、子宝給制度というものがあり、第1子には1万円/月、3人以上になると7万円/月支給されます。 その他、社員持株会、ストックオプション制度、達成旅行補助金制度、契約保養所・スポーツ施設などが利用できます。各種社内イベント・サークル活動も活発です。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用の場合、前職までの経歴・実績を加味して、年俸が決まることになりますが、実質的には、交渉次第となっており、同じような実力を持つ人でも、会社側と、どんな話をするかによって、ベース給が変わってきます。

 

そのため、会社側からの提示額に納得がいかない時には、そこで妥協せず、自分の希望を伝えて、キチンと交渉することをオススメします。ここで、会社の意向を受け入れてしまうと、入社後、同僚との給与差が大きいことに気づき、後悔することになりかねないので、要注意です。特にレイスでは、中途採用時の給与の差が大きいので、この交渉は重要になってきます。

 

条件交渉が苦手という人は、前述した転職エージェントに代行を依頼してみてください。彼らはこの手の交渉経験が豊富なので、うまく話を進めてくれます。交渉ベタな人が、自分で強引に進めるよりも、よほどうまくいく可能性が高いので、最初から任せてしまったほうが賢明です。

 

レイスの評価制度について

上記でも述べた様に、レイスでは3カ月に一回の査定制度を設けています。 これは、『昇給、昇格のチャンスはたくさんあるべき』という考えの元、実績はもちろん、メンバーへの影響度、会社への貢献度等を的確に評価するために行われています。

 

その他、心得という社内の内心的な評価基準があり、成績による評価と合算して評価されます。単純に頑張れば頑張っただけ評価してもらえる環境ですので、何年目であろうと不満が挙がることはありません。仮に不服がある場合は、役員へ理由を尋ねることが出来るようになっています。

 

総じて標榜している実力主義の通りで、『結果』には最大限評価する会社で、20代でも相応の給与をもらうことも可能です。個人の目標が第一でありながら、メンバーでもチームや部門の目標への達成意欲が高く、意識が難いこともレイスの特徴です。

 

レイスの教育制度・成長環境について

レイスでの職場環境は、営業の場合、新規で電話営業からスタートします。そのため、早い段階で、アポ取りから受注まで総合的に仕事を覚えることが出来ます。また、相手が経営者の営業ということで、適当な知識ではトップと対等に話し合うことは出来ないということもあり常に勉強が必要になってきます。

 

総じてレイスでは、他社に比べて非常に速い速度で実力が付いていきます。会社に依存するという考え方ですと、まずレイスでは生き残っていけないでしょう。

 

会社側も各社員のやりたいこと、キャリア形成を実現させようと様々な施作を行っています。そのためレイスでは研修や教育といった面でも力を入れています。

 

レイス独特な制度として、RIG(レイスアイデアグランプリ)と言われる全社員が新規事業を提案できる制度があります。新規事業案が採用された場合、 プロジェクトリーダーとなり実際に事業を立ち上げ、グループ会社化するという制度で、新卒入社4年目で社長になった社員もいます。

 

その他、ビジネス基礎研修、ビジネスマインド育成研修、部門別専門研修、マネージャー育成研修など充実しています。

 

ワークライフバランスについて

先ず、レイスの残業に関してですが、レイスは月60時間のみなし残業制を取り入れています。月の平均残業時は52.3時間ですので、給与の範囲内と言えます。もちろん、それを越える場合はきちんと支払われます。最近ではノー残業デイの制定など、会社側もより良い環境を作ろうとしています。

 

ワークライフバランスという点では、会社は自己選択の尊重を強く行っており、志望するキャリアや給与に見合った働き方を推奨しています。したがって自分で働き方の調整が利くという点ではバランスは取れていると思われます。

 

休暇に関しても積極的にとり、それを楽しむようにと会社からの提案があり、多くの社員が休暇取得をしています。ちなみに月間の有給消化率が77.4%という数字と非常に高い数字になっています。

 

女性の働きやすさについて

女性でも実力次第では十分出世が可能で、実質、社内では女性の方が多く役職や業績ランキング上位を占めています。セクハラ、モラハラに関しても厳しく社内規定があり、女性を尊重した会社であることは間違いありません。社内における男性女性の比率も半々ほどで、とても働きやすい環境です。また社内恋愛を推奨している会社でもありますから、社内の男女の関係も非常に良好で、男女みんなで旅行に行くということも珍しくありません。

 

育児支援制度に関しては、仕事をしながら結婚、出産、子育てを両立している人は多く、育児休暇や時短勤務など積極的に取り入れています。しかし、そこで優遇されるには業績を上げなくてはなりませんから、良くも悪くも成果主義というのが大前提です。

 

レイスの転職先としての価値

完全実力主義のレイスでは、ビジネスマンとしてのスキルはもちろん、将来独立し、経営者を目指すと言った方々にも最適な職場環境ではないでしょうか?また男性も女性も等しく公平に評価されていることから、キャリアアップを考えている人も魅力的な会社だと言えます。

 

逆にモノづくりなどのメーカーにこだわる人や、結果だけではいものに価値観を持っている方は、レイスでの職場環境は少しベクトルが違います。このあたりは、個人の考え方次第となるので、自分自身の価値観と照らしあわせながら、レイスへの転職の判断を下すようにしてください。

 

最後に、レイスの中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、このあたりの判断に迷うことがあれば、一度相談してみてください。プロの視点で、アドバイスしてくれるので、参考になるはずです。

 

また、転職会社は、様々な企業の求人情報を扱っているので、他社の求人を紹介してもらうのもオススメです。レイス以上に、魅力を感じる求人が出てきてもおかしくないので、関心があれば、ぜひ他社のことについても、話をしてみてください。

 

<レイスの中途採用求人を扱っている転職会社>