デンソーの中途採用事情

 

日本を代表する自動車部品メーカー、デンソー。元々は、トヨタの開発部門であり、今でも、トヨタグループに属していますが、電装部品、電機機器、電子機器、エンジン用部品などを中心に、グローバル市場において、トップのシェアを誇るサプライヤーに成長しています。

 

2009年に、世界1位のサプライヤーになって以来、業績は順調に推移して、増収増益を維持していますが、そういった背景から、常に積極的に人材採用を行っており、中途採用に関しても、様々な求人が出ています。

 

海外展開に力を入れているため、海外拠点へ赴任することを、前提とした採用となる求人も多く、海外勤務に興味がある人にも、オススメです。

 

(デンソーは、トヨタに次いで、日本で二番目に海外勤務者が多い企業であり、総合総社よりも上です。)

 

このページでは、デンソーの中途採用求人の傾向、及び、社員の年収・給与水準、社内の労働環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

デンソーの中途採用求人の傾向

デンソーにおいて、中途採用の対象となっている、主な職種は、下記の通りとなります。(このなかでも、特に営業、及び、技術系の職種において、求人の発生頻度が高くなっています。)

 

  • 営業
  • 生産技術
  • 基礎研究/要素技術開発
  • 回路設計
  • 抑制ソフト設計
  • ソフトウェア開発
  • 機械機構設計
  • 半導体開発
  • センサー開発
  • 品質保証
  • 商品企画/マーケティング
  • 経理財務
  • 人事
  • 法務
  • 経営企画
  • 海外事業企画

 

技術系の職種については、このなかで、『エンジンコントローラー 開発設計』、『EPS用半導体部品開発』など、職務内容が細かく分かれているので、自分の経験やスキルと照らし合わせながら、選択するようにしてください。

 

なお、いずれの職種(業務)においても、該当業務に関する実務経験が必須となり、技術系の場合、特定の資格や知識が要求されるケースもあります。また、業務ごとに、勤務地が異なるので、そこは注意してください。

 

求人情報の入手方法

デンソーの求人情報は、下記のページにおいて、確認することが出来ます。(中途採用の求人情報は、このページに記載されることになります。)
https://www.denso.com/jp/ja/careers/your-opportunities/

 

また、デンソーは、中途採用に関しては、転職会社経由でも、募集をかけており、求人によっては、公式サイトでは告知せず、転職会社に採用を一任しているものもあります。

 

そのため、デンソーへの転職を狙っているのであれば、公式サイトと転職会社、双方を必ず、チェックするようにしてください。

 

デンソーの中途採用求人を扱っている転職会社については、このページの最後に、特に取り扱い頻度が高い会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

デンソーの社員の年収・給与制度について

デンソーに勤務する社員の給与水準ですが、職種別に幾つか、年収事例を挙げると、下記の通りとなります。

 

  • 設計 27歳 年収600万円
  • 設計 29歳 年収550万円
  • 設計 係長 31歳 年収850万円
  • 設計 課長 40歳 年収1200万円
  • 事業企画 27歳 年収550万円
  • 事業企画 係長補佐 30歳 年収750万円
  • 事業企画 課長 40歳 年収1300万円
  • 経理 26歳 年収350万円
  • 財務 30歳 年収700万円
  • 経理財務 係長 38歳 年収950万円
  • 営業 28歳 年収600万円
  • 営業 30歳 年収600万円
  • 海外営業 主任 32歳 年収670万円
  • 営業 係長 38歳 年収1000万円
  • 営業 課長 40歳 年収1200万円
  • 開発 28歳 年収600万円
  • 開発 35歳 年収800万円
  • 開発 課長 41歳 年収1100万円
  • 技術 31歳 年収700万円
  • 技術 係長 33歳 年収750万円
  • 技術 課長 40歳 年収1100万円
  • 物流管理 29歳 年収600万円
  • 生産技術 30歳 年収650万円
  • 生産技術 35歳 年収750万円
  • 生産技術 係長 37歳 年収980万円
  • 生産技術 係長 50歳 年収900万円
  • 製造 23歳 年収350万円
  • 製造 45歳 年収850万円

 

デンソーの給与体系は、月給にプラスして、各種手当、年2回(7月、12月)の賞与が支給されるオーソドックスなものとなります。昇給は、年1回4月に行われます。

 

世界有数もサプライヤーだけあって、デンソーの給与額は、業界トップクラスであり、同業他社と比較しても、圧倒的に高い水準を示しています。

 

年功序列を基本としつつ、成果報酬の要素も取り込んでおり、たとえば、賞与に関しては、等級よって、支給額の幅が決まっています。(等級ごとの額面は、社内で透明になっており、ボーナス前に等級ごとの額を掲載した一覧表が、配布されます。)

 

昇給に関しては、ある一定の等級(係長)までは、エスカレート式に上がっていきますが、それ以降は、実績によって昇給が決まります。

 

手当の内容としては、家族手当、役職手当、資格手当、時間外勤務手当、通勤手当などが、支給されています。

 

福利厚生については、各種保険が完備されているほか、選択型福利厚生制度(デンソーカフェテリアプラン) 住宅資金貸付制度、財形貯蓄制度、持株制度などが用意されています。

 

また、独身寮、社宅、保養所、D-スクエア(社員クラブ)、研修センター、各種文化体育施設などが、割安で利用出来るようになっています。

 

(知っている人が多いかもしれませんが、デンソーは、社会人クラブ活動が盛んに行われている企業であり、文化系、体育系、双方において、様々なクラブが存在します。)

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用の場合、前職までの経歴を加味して、給与額が算定されることになりますが、交渉次第で変わるという要素もあるので、デンソーからの提示額に納得がいかない時には、そこで諦めず、交渉するようにしてください。

 

先ほども触れたように、デンソーは給与水準が極めて高い会社なので、前職を上回る額が提示される可能性が高いのですが、それだけに、不満が残る状態で、転職を決めるのはもったいないです。(交渉することで、簡単に上がっても、おかしくありません。)

 

もし、こういった交渉が苦手ということであれば、前述した転職会社に交渉を代行してもらってください。彼らは転職のプロなので、この手の交渉経験を豊富に有しており、状況に合わせて、うまく話を進めてくれます。

 

交渉ベタな人が、自分で行うよりも、間違いなく良い結果に落ち着くので、苦手な人の場合、無理に自分でどうにかしようとせず、最初から任せてしまったほうが賢明です。

 

(条件アップの可能性がなければ、ないと言ってくれるので、無駄な交渉をしなくて済むという利点もあります。)

 

デンソーの評価制度について

繰り返しになりますが、デンソーは、年功序列と成果報酬の、両方の要素を組み合わせている会社であり、それは、人事評価制度にも、反映されています。

 

この会社で昇進するには、まず所定の勤務年数まで、勤め上げる必要があり、そこまでは、抜擢人事や異例なスピード出世などは、ありません。

 

職種ごとに、ある程度の違いはありますが、決まった年齢、勤務年数に到達しない限り、役職(係長・課長)には、なれません。逆に言えば、そこまでは、年数を重ねることで、順調に上がっていくということです。

 

その後は、実績重視となりますが、それまで蓄積された評価での話となるので、決して、実力で差がつかない段階で、サボっていても構わないということではありません。(出世競争で残っているのは、結局は若い時から、高い評価を受けていた人です。)

 

なお、デンソーでの具体的な評価の仕組みというのは、以前はプレゼンがメインとなっていましたが、今は、普段の仕事ぶりを、他部署の課長格以上の人間が、評価する制度になっています。

 

同じ部署ではないのが、ポイントです。(部下と上司の馴れ合いを防ぐとともに、より客観的な視点で、評価することを狙ってのことのようです。)

 

この年に一度の評価で、翌年の昇給額、賞与の支給額が決まりますが、正規分布になるように、評点ごとの人数が決められており、部内の同一等級の社員間で、調整されるようになっています。

 

要は、絶対評価ではなく、相対評価ということになり、そのため、同僚のパフォーマンスが、自分の評価に影響してくると考えてください。

 

デンソーの教育制度・成長環境について

デンソーは、『仕事を通じた成長』を、人材育成の基本としており、仕事における挑戦こそが最高の成長機会だと捉えているため、意欲がある社員には、よりレベルの高い業務を任せる社風となっています。

 

節目で、上司がコーチング・フィードバックを行うなど、長い目で社員の成長を後押しする仕組みとなっており、的確なフォローを受けながら、仕事にチャレンジすることが出来ます。(そのため、社員の安心感は高いです。)

 

また、デンソーは、法令遵守に対する社員の意識が高いうえ、少しでも良い製品を作ろうという風土が培われているため、社員一人一人が、真摯に仕事に取り組んでいます。

 

こういった環境のなかに身を置くことで、常に良い刺激を受けながら働けるので、必然的に、自分が成長するペースは高くなります。

 

改善提案など、有用な意見を出せば、積極的に取り入れてくれますし、内容に関係なく、報奨金が支給されるなど、見返りもあるため、自ら考える意識が、自然に育つことになり、これは、ビジネスマンとして、非常に大きいです。

 

また、デンソーは社内教育にも、力を入れており、下記のような教育体制を整えています。

 

  • 異なる文化や慣習・価値観を持つ多様な仲間との協業を通じて、多面的な考え方や異文化対応力など、グローバル人材として不可欠な能力を習得するための『出向・海外トレーニー制度』

 

  • 世界トップクラスの講師による、組織革新、事業ミッション、グローバル事業戦略などの講義・ディスカッションを通して、幹部としてのスキルを身につけることを目的とした、『リーダーシップ育成プログラム(GLDP・RLDP)』

 

  • 職位・資格に応じて期待される役割を認識したうえで、その役割遂行に必要な知識・スキルを修得するための『階層別教育』

 

デンソーの教育体制は、非常に練り込まれており、社員が特に意識しなくても、自然に成長していけるような環境が整備されています。

 

ビジネスマンとして、自分を高められるような職場を探している人には、デンソーはオススメです。(デンソーなみの環境を持っている会社は、ごく僅かと言えます。)

 

ワークライフバランスについて

デンソーは、就労環境が良好な会社です。まず、有休の消化率が非常に高く、全員が7割以上の有休を取得しています。お互いに取得出来るように、調整する風土が出来ているので、業務に支障を来すことなく、安心して休むことが出来ます。

 

残業については、毎月、30時間程度は発生しているので、定時に帰宅するのは難しいのですが、1日1~2時間程度で済んでいるので、それほど悪い状況ではありません。

 

ちなみに、デンソーでは、20時以降の残業は禁止されていることもあり、仕事に遅れをきたさないように、効率良く業務を遂行する意識が高くなっており、そのこともあって、残業時間は減少傾向にあります。

 

また、デンソーでは、休日に出勤する機会がありますが、頻度としては、かなり少ないですし、どんなに遅くても、数日前には、本人に知らされるようになっているので、プライベートの用事の調整はしやすいようです。

 

女性の働きやすさについて

デンソーの基本的な考え方の一つに、『仕事と生活の両立』があります。そのため、家庭を持つ女性でも無理なく働き続けられるように、労働環境を整備しています。

 

具体的には、法定以上に休暇期間を設定した育休・産休制度、短時間勤務制度、配偶者の転勤に伴う再雇用制度などです。また、トヨタグループ5社と共同して、会社近くに託児所を設置するといったことも行っています。

 

日々の仕事の進め方についても、本人の意志が尊重されており、出世を目指して、男性社員と同じように、ハードに働くことも出来ますし、家族を第一に考えて、残業をしないで働くという選択も出来ます。

 

なお、昇給・昇進の機会は男女平等ですし、仕事の割り振りなどにおいても、女性だからといって、不利な立場に置かれることはないので、その点は安心してください。

 

デンソーの転職先としての価値

待遇面、就労環境、教育体制、あらゆる面において、高いレベルを誇っているので、転職先候補として、デンソーは文句なしにオススメです。

 

敢えて、マイナス点を挙げるとすれば、基本的に年功序列型の会社なので、外資のように、実力勝負の世界で勝負したいという人にとっては、満足出来ない部分があるかもしれません。

 

(ただし、30代、40代となれば、実力主義の世界となるので、こういったタイプの人でも、十分にやり甲斐を感じられると思います。)

 

いずれにしても、最終的には、向き・不向き=自分との相性の問題となりますし、それは、自分自身の価値観と照らしあわせて、どうなのかということなので、そのあたりを考えながら、デンソーへの転職の判断を下すようにしてください。

 

最後に、デンソーの中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、このあたりの判断に迷うことがあれば、一度相談してみてください。プロの視点で、アドバイスしてくれるので、参考になるはずです。

 

また、転職会社は、様々な企業の求人情報を扱っているので、他社の求人を紹介してもらうのもオススメです。

 

もしかしたら、デンソー以上に、魅力を感じる求人が出てくるかもしれないので、関心があれば、ぜひ他社のことについても、話を聞いてみてください。

 

<デンソーの中途採用求人を扱う転職会社>