ラッシュジャパンの中途採用事情~年収、就労環境、etc~

イギリスのドーセットに本社を置く化粧品・バス用品メーカー、ラッシュ。自然素材を多用した色彩豊かな製品が特徴で、世界43ヶ国にて事業を展開、650の店舗を持っています。そのラッシュとフランチャイズライセンス契約を結び、1998年に設立されたのが、ラッシュジャパンです。

 

ラッシュジャパンの中途採用事情~年収、就労環境、etc~

 

ラッシュジャパンは、旧来の販売手法に加えて、店内で製品を実演販売する日本独自のサービスを取り入れることで、国内での商品認知度を、急速に向上させることに、成功した会社です。

 

2007年に日経リサーチによって、小売・サービス業500社を対象に行われたブランド調査においては、BMW、エルメスといったブランドに次ぐ11位の評価を受けるなど、ブランド名は全国的に浸透しており、現在、日本国内の店舗数は約140店にのぼります。

 

ラッシュジャパンの中途採用事情

ラッシュジャパンでは、積極的に中途採用募集を実施しています。募集職種はショップスタッフ、キッチンスタッフ、オフィススタッフの3種類です。以下、それぞれの職種ごとの詳しい求人状況について説明します。

 

ショップスタッフ

各店舗にて勤務することになる職種です。(分かりやすくいえば、店舗販売員ですね。)正社員の募集もありますが、数は限定されており、ほとんどがアルバイト、もしくは契約社員の求人となります。

 

ポジションについては、正社員求人のほぼすべてが、副店長としての採用となる求人となっています。また、その場合の想定年俸は、280万~となります。(前職までの職歴・実績を加味して、年俸が決定されるので、店舗販売員の経験年数が長ければ、400万円以上は確実に見込めます。)

 

まれに、店長を募集する求人もあり、(見つかったとして、1~2件程度)、その場合の年俸は350万~となっています。(店舗運営の経験があれば、副店長同様、100万円以上の上積みが期待出来ます。)

 

ショップスタッフの正社員採用求人に関する応募必須資格は、以下の通りとなります。

  • 高校卒業以上、社会人経験2年以上
  • 1年以上のショップマネジメント経験、もしくはチームを率いて結果を生み出すマネジメント経験があること
  • PC基本スキル(Word,Excel,Outlook)があること
  • 業界未経験者、応募可

 

キッチンスタッフ

キッチンスタッフの中途採用求人は、製造・ラッピングスタッフ、カスタマーケアスタッフの2職種に分かれており、それぞれで募集がかかっています。どちらも本社勤務となりますが、製造・ラッピングは本社内のフレッシュキッチン勤務となります。

 

キッチンスタッフの応募必須資格については、以下の通りとなります。

  • 社会人経験3年以上
  • 基本的なPCスキルを有していること(Word, Excel, PPT)
  • シフト制のため、土日勤務が可能なこと
  • 顧客対応の経験があること
  • 明るくコミュニケーション力が高いこと

 

また、必須条件ではありませんが、チームでのリーダー経験・部下指導の経験があったり、英語力がある人は、優先的に採用される傾向にあります。(他スタッフより、高給与になることが多いです。)

 

オフィススタッフ

オフィススタッフというのは、事務職ではなく、PR、マーケティング、商品企画開発(バイイング)といった販促・営業系の専門職を意味しています。

 

少数精鋭主義で運営されている部署なので、ショップスタッフ、キッチンスタッフよりも、求人数は少なく、時期によっては募集数がゼロということもあります。(中途だと、人員不足を補うための緊急募集といったケースが多いです。)

 

このページの内容をまとめている時には、募集数がゼロだったので、応募資格などを確認することは出来なかったのですが、中途採用については即戦力の人材を求めての募集となるケースが大半なので、該当業務に関する経験を豊富に有することが採用条件になると考えてください。

 

以上の3種類の区分において、中途採用が実施されていますが、現在募集されていない職種に関する情報を入手する方法は、二つあります。一つは公式サイト内の登録制度を利用する、もう一つは転職エージェントを利用する方法です。

 

登録制度とは、希望の勤務地・職種と自分の情報をラッシュジャパンに登録することにより、希望にマッチした新着求人を案内してもらえる仕組みです。下記ページから登録することが可能なので、興味がある人はアクセスしてみてください。
https://lushjapan-job.net/jobfind-pc/

 

また、外資企業の求人に強い転職エージェントに登録しておけば、新規求人が発生した時に、同じように通知してもらうことが可能です。

 

エージェントの場合、ラッシュジャパンだけでなく、他社の情報についても教えてもらえるので、色々な会社の求人を比較しながら、転職先を見つけていきたいと考えている人に最適です。

 

このページの最後に、代表的なエージェントを数社、リストアップしておきますので、参考にしてください。

 

ラッシュジャパンの社員年収について

ラッシュジャパンの社員年収ですが、具体例を挙げると、下記のようになります。

  • 28歳  製造管理  年収300万円
  • 37歳 製造マネージャー 年収600万円
  • 24歳 ショップスタッフ 年収300万円
  • 27歳 ショップスタッフ 年収400万円
  • 26歳 副店長 年収450万円
  • 29歳 店長 年収550万円
  • 24歳 営業 年収450万円
  • 27歳 営業課長 年収680万円
  • 35歳 スーパーバイザー 年収500万円
  • 30歳 マーケティング 年収600万円
  • 34歳 マーケティングマネージャー 年収750万円
  • 40歳 マーケティングマネージャー 年収880万円
  • 38歳 広報 年収700万円

 

昇給は年に一回、賞与は夏と冬に、各一回支給されます。これに加え、小売部門では、各月の予算達成により、インセンティブが発生する仕組みとなっています。(金額的には、数千~数万円程度です。)

 

福利厚生については、日系大手企業とほぼ同等のレベルにあり、基本的なものは、おおむねカバーされていますが、退職金制度は存在しません。

 

なお、ラッシュジャパンならではの福利厚生としては、社員割引制度があるため、かなりの頻度で自社製品を購入する社員が多いようです。

 

就業環境、ワークライフバランスについて

ラッシュジャパンは総じてワークライフバランスに優れた企業であると言えます。残業は少なく、有給休暇の申請に関しても、融通が利くため、長期休暇を取ることも可能です。また、所属部門別に以下のような特徴があります。

 

小売部門

大型店は、ほぼ全ての店舗において、毎日1時間ほどの残業が発生します。残業代は全額支給されるため、その分、給与が高くなります。小型店は大型店より業務量が少ないので、仕事は楽ですが、残業がないため、その分、大型店舗に勤務する社員より、給与は低くなります。

 

製造部門

操業時間がほぼ固定されているので、時間管理がしやすい環境にあります。年内に繁忙期となる時期が数度あるため、その際は忙しくなりますが、それ以外は、ほぼ定時での帰宅となります。

 

管理部門

基本的には小売、製造部門と同様ですが、有給取得のタイミングなどは、直属の上司の意向に影響されやすい傾向があります。

 

成長環境について

ラッシュジャパンは自分を成長させる機会に恵まれている会社です。買い付けから販売まで自社で行っているため、キャリアパスが充実しており、部門間の行き来に関しても、障壁が低いので、本人が希望すれば、複数の職種を渡り歩いて、様々な経験を積むことが出来ます。

 

研修については、ベテラン社員を講師役にした、社内トレーニングが提供されているほか、必要があれば、各種社外セミナーの受講も認められています。また、業務上、英語が必要となるスタッフ向けに、英会話教室が開催されています。

 

ラッシュジャパンへの中途入社を考えている人が知っておくべきこと

ラッシュジャパンはワークライフバランスに優れ、自己成長の機会が豊富な企業であり、社員の満足度は非常に高いです。

 

しかし、外資系企業にありがちなことですが、パワーバランスが本社のイギリスに偏っているため、本国からのトップダウンが強い傾向があり、日本の社員には自由度がないため、それが嫌になって退職したという社員が、一定数存在します。

 

また、ライバル企業が増え、競争が激化しており、今は業績を維持していますが、今後は社内体制が、どうなるか分かりません。万が一、収益が悪化するようなことがあれば、事業戦略の見直しを含めた大きなリストラが行われる可能性もあります。

 

こういったことは、どの会社にも起こりうることなので、あまりネガティブに捉える必要はありませんが、絶対的に安泰ということでもないので、転職先を決める過程では、一つのリスクとして頭に入れおくことをオススメします。

 

下記に、外資系企業に強い転職エージェントをリストアップしておきますので、このあたりの動向について、確認してみるのもアリです。

 

彼らは転職のプロなので、常に実情を押さえていますし、もし、ラッシュジャパンの状況が思わしくない時には、代替となるような転職先候補を紹介してもらうことも出来ます。

 

転職を目指す会社が固まったら、面接を通過するためのアドバイスを受けたり、年俸などの条件交渉を行ってもらうことも可能なので、ぜひうまく活用してください。

 

<外資系企業に強い転職エージェント>

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ