ザイマックスの中途採用事情

 

ザイマックスは、2000年の1月にリクルートから独立した不動産投資を中心とした新しい会社です。不動産投資マーケットにおいて、プロパティマネジメントという分野の『草分け的存在』として、一定の評価をされています。

 

ザイマックスの特徴として、通常の売買、管理、賃貸といった不動産業務の他に、顧客が所有している不動産をどう利用するかということ事業の一つとしていることが挙げられます。

 

こうした結果、全国受託物件は、不動産マネジメントにおいて実績数797棟、延べ床面積350万坪、店舗施設マネジメントにおいて、13500店舗、顧客社159社という規模の実績を誇っています。

 

最近の動向としては、自社で提供するオフィス内にキッズスペースを設置し、『子育て支援型のサテライトオフィスを複数企業でシェアする仕組み』という事業展開を行っています。

 

これは、ワーキングマザー・ファザーが仕事を休まずに仕事と子育ての両立を可能とする、セーフティネット型の施設のことで、ザイマックスが設置する施設を多数の企業でシェアして頂く仕組みを構築するといったものです。今後は、首都圏にて合計15拠点程度出店していく予定になっています。

 

このような背景から、人材採用の動きが活発化しており、中途に関しても、様々な職種において、募集がかかっています。ザイマックスへの転職のチャンスは豊富に存在するので、関心がある人は、このタイミングで真剣に検討することをオススメします。

 

このページでは、ザイマックスの中途採用求人の傾向、及び、社員の年収・給与水準、社内の労働環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

ザイマックスの中途採用求人の傾向

ザイマックスの中途採用は、ザイマックス・グループでの募集となり、ここでは各グループ企業の職種をまとめています。なお時期により職種は変更になる場合がありますので、公式ホームページまたは転職会社を確認するようにしてください。

 

●ザイマックスアルファ/プロパティマネジャー
テナント対応、建物管理全般、コンサルティングが主な業務となり、首都園と中部地方の募集です。

 

応募資格としては、大卒以上の社会人経験2年以上、かつ何らかの営業または対人折衝業務経験者となっています。

 

●ザイマックスアルファ/営業所長候補
商業施設やオフィスビル一棟の管理全般が中心の業務となり、こちらも首都園と中部地方の募集からなります。

 

応募資格としては、高校卒業または高専卒以上となっていますが、高校卒業の方は、建築物環境衛生管理技術者、第三種電気主任技術者、エネルギー管理士、1級管/電気工事施工管理技士のいずれかの資格が必要になります。

 

●ザイマックスアルファ/施工管理
工務部門にて、施工管理が主な業になります。こちらも首都園と中部地方の募集からなります。

 

応募資格としては、高校卒業以上となっていますが、電気系統、または設備系の工事経験が3年以上の方を優遇しています。

 

●ザイマックス関西/不動産経営代行コンサルティング
大卒・大学院卒以上で、事業会社での業務経験(法人営業、対人交渉、折衝業務経験)がある方を対象としています。

 

求人情報の入手方法

ザイマックスから発生している中途採用者向けの求人情報の入手方法ですが、会社の公式サイト内において、採用情報ページが設けられており、そのなかで、『キャリア採用』として、中途採用求人の一覧が表示されています。
https://xymax-recruit.snar.jp/index.aspx?id=q7xzdUxm9T4

 

ザイマックスの求人は、公式ホームページ、転職会社、両方とも可能です。 転職会社の場合、様々なデーターを取り揃えていますので、同業他社に関しても情報を知ることが出来ます。ザイマックス以上の条件の会社も見つけることが出来るかもしれません。

 

ザイマックスの社員の年収・給与制度について

ザイマックスに勤務する社員の年収ですが、職種別に幾つか事例を挙げると、下記の通りとなります。

 

  • 投資部門 28歳 年収700万円
  • 投資部門 30歳 年収400万円
  • 投資部門 リーダー 33歳 年収700万円
  • 投資部門 マネージャー 32歳 年収800万円
  • 投資部門 マネージャー 35歳 年収850万円
  • 投資部門 マネージャー 38歳 年収1000万円
  • 情報システム 27歳 年収400万円
  • 情報システム 29歳 年収500万円
  • 営業 26歳 年収600万円
  • 営業 30歳 年収600万円
  • 営業 30歳 年収570万円
  • 営業 マネージャー 31歳 年収750万円
  • 営業 マネージャー 33歳 年収700万円
  • 営業 マネージャー 36歳 年収1000万円
  • 法務 27歳 年収450万円
  • 総務 マネージャー 30歳 年収850万円
  • 経理財務 30歳 年収700万円
  • 経理財務 マネージャー 37歳 年収850万円

 

ザイマックスの給与体制は、月々の給与にプラスして年2回の賞与からの固定給制になります。ただし、マネージャーなどの役職に昇給すると年俸制の給与体制にシフトします。

 

基本的に給与の上がり幅は査定によって決定され、2期連続の評価アップが必要になり、勤続年数による年功序列型の給与体制ではありません。賞与に関しても同様で、昇給した役職毎に基準が決まっています。その他、会社業績にも賞与は左右されます。

 

手当として、残業手当、通勤手当(全額支給されます。)、単身赴任手当等がありますが、家族手当、住宅手当はありません。

 

社会保険は、健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険が完備され、福利厚生に関しては、健保契約保養所、契約スポーツ施設利用などが利用できます。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用の場合、前職までの経歴を加味して、給与額が算定されることになりますが、交渉次第で変わるという要素もあるので、ザイマックスからの提示額に納得がいかない時には、そこで諦めず、交渉するようにしてください。ザイマックスの場合、入社後は査定によって給与の上げ幅が決まってきますので、交渉の段階である程度の額を提示しておいた方が良いでしょう。

 

こういった交渉が苦手ということであれば、前述した転職会社に交渉を代行してもらってください。彼らはプロなので、うまく話を進めてくれます。交渉ベタな人が、自分で行うよりも、間違いなく良い結果に落ち着くので、最初から任せてしまったほうが賢明です。

 

ザイマックスの評価制度について

ザイマックスの評価制度は、具体的には、半年に一度、上長との面談で、目標の設定と査定のフィードバックを数値化し、それを達成するためのプラン等を練り上げます。

 

おおよそ、30代中盤までは年功序列型に近い体制ですが、マネージャークラスからは、ある程度の基準を満たすまで厳しい評価をされます。評価されるためには尋常ではないレベルの実績が必要となり、そうでないなら横並びになります。

 

これは会社が全体のバランスを見ていると考えられ、最高評価が付きにくいが最低評価もつかないといった評価判断を持っているということです。また上記とは別に、年に一度経営への提言という論文があり、論文が評価されると人事にも大きく影響する制度もあります。

 

ザイマックスの教育制度・成長環境について

ザイマックスでは、各社員の主体性を重視しており、自信がやりたいことを伝え、仕事を推進していく形を採っています。そのため結果は別として最後まで仕事をやりきるという文化が根付いています。

 

自分だったらどうするのか、自分だったらこうしたいといった『当事者意識』が若いうちから育成されますので、他社と比較しても責任感は育ちやすい環境です。 仕事に求められる質というものも高く、丁寧に妥協なく仕事を仕上げなければならないので、必要なタスクを漏れなくリストアップし、取りこぼしがないように実行する知識や経験が身に付きます。

 

またグループ全体で多角的な事業体制を持っているので、不動産業と言えども、幅広い経験を積むことが可能で、自分の目的に合った仕事を出来るチャンスは多く、自分の望む仕事環境は整いやすいと言えます。

 

その他、ザイマックスでは、『社内公募』という形で、新たなビジネスを募集したりします。これは社員全員が経営参加の意識と新しいリーダーを作り上げることが目的で、常に強い組織作りを念頭に置いているためです。教育制度に関しては、役職ごとに各種研修が用意してあり常に社員教育も考えられています。その他、資格報奨金制度等により社員の自己学習を高めるための制度もあります。

 

ワークライフバランスについて

以前は会社の規模が小さかったので、かなりの残業がありましたが、現在では全体的に残業時間はかなり少なくなってきています。年次にもよりますが、定時退社も珍しくないようになりました。残業代はきちんと支払われ、会社の取り組みも年々しっかりしてきています。ちなみに直近の平均残業時間は33.8時間とそう多くはありません。

 

休日休暇に関しては、個人裁量に任せられているところが大きいので、自由に有給休暇の取得が可能です。上司、同僚とも休みたいときに休むといった環境ですが、与えられたミッションをきちんとこなせることは最低限の事です。それを踏まえたうえで、自分を持ち、そしてそれを周囲に認められるように働きかける人ならば、なんの問題もなくライフワークバランスを保てるでしょう。ちなみに全体の有給消化率は48.6%となっています。

 

女性の働きやすさについて

ザイマックスでの男女間の仕事環境は、与えられた仕事に男女差は無く、やる気を見せればどんどんチャンスを得ることは出来ます。現に、女性マネージャー、課長レベルといった女性管理職も多くいます。ただし、部長以上は少なく、これは今後の女性の活躍次第でしょう。

 

産前産後の休暇・育児休暇の取得や復職後の時間短縮勤務や配置換え・職種の選択は、比較的手厚く、実績も積み上げられています。産休・育休に伴うブランク期間による要素を除けば、昇進や評価については、男女間では分け隔てはほぼありません。

 

グループ会社の中には、女性がほとんどの会社もあり、特に女性が働きやすく活躍できる環境が整えられています。

 

ザイマックスの転職先としての価値

上記でも述べていますが、ザイマックスでは若手の段階で裁量権を与えられますので、どんどん吸収したい人には抜群の環境です。しかし、チームプレイやきちんとした定石の上で仕事を行いたいと考えている人ですと、少しベクトルが違ってきます。同じ不動産でもそういった戦略をもつ会社も多いですから、合わないと感じたら他社を調べることもありです。

 

また不動産に特化して吸収したいと考えている人は、仕事遂行など別に考えても、ザイマックスは最高の環境だと言えます。その他、経営者としての目線を育てたいと考えている人も最高のステージではないでしょうか?

 

このあたりは、個人の考え方次第となるので、自分自身の価値観と照らしあわせながら、ザイマックスへの転職の判断を下すようにしてください。

 

最後に、ザイマックスの中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、このあたりの判断に迷うことがあれば、一度相談してみてください。プロの視点で、アドバイスしてくれるので、参考になるはずです。

 

また、転職会社は、様々な企業の求人情報を扱っているので、他社の求人を紹介してもらうのもオススメです。ザイマックス以上に、魅力を感じる求人が出てきてもおかしくないので、関心があれば、ぜひ他社のことについても、話をしてみてください。

 

<ザイマックスの中途採用求人を扱っている転職会社>