小林製薬の中途採用事情~求人の傾向、社員年収、就労環境など~

小林製薬の中途採用事情

 

OTC医薬品、衛生雑貨の製造販売を主軸事業とする小林製薬。アイボン、熱さまシート、アンメルツなど、誰もが一度は聞いたことがあるであろう定番製品を数多く持つメーカーです。2000年代に入り、M&Aやブランド取得を繰り返すことで、急速に事業を拡大しています。

 

今現在においては、OTC医薬品・口腔衛生品・食品・衛生雑貨品・芳香消臭剤・家庭雑貨品・スキンケア・カイロなど、8つの分野に注力しており、保有製品数は140を超えるまでになっていますが、そこで満足することなく、新製品の開発に余念がないメーカーです。

 

こういった事情を背景して、人材登用の動きが活発であり、中途採用に関しても、様々な職種を対象に、多数の求人が発生しています。内資医薬品メーカーのなかでも、求人数は一二を争う多さなので、小林製薬への転職のチャンスは豊富に存在します。

 

このページでは、小林製薬の中途採用求人の傾向、及び、社員の年収、労働環境などについてまとめていますので、参考にしてください。

 

小林製薬の中途採用求人の傾向

中途採用で、募集がかかっているのは、研究開発系の職種が中心となっています。具体的には、基礎研究(シーズ探索・スクリーニング)、応用研究、技術開発、安全性情報管理、学術情報、生産管理、品質管理、国際薬事などです。

 

また、経理財務、人事、経営企画、海外事業企画など、管理部門関連の職種においても、求人が出ています。一方、営業、マーケティングといった職種については、新卒採用がメインとなっており、中途では、それほど募集がかからないので、転職のチャンスは限られています。

 

応募条件に関しては、どの職種に関しても、該当業務に関する3年以上の実務経験が必要とされており、求人によっては、必要年数が増えたり、特定の領域における経験・知識が求められたりすることがあります。また、語学が必要要件に入ってくるケースもあります。

 

全体的な傾向としては、求人需要が旺盛な会社であることもあり、比較的、応募の間口は広くなっているので、気になる求人があれば、トライしてみることをオススメします。

 

求人情報の入手方法について

小林製薬の公式サイト内にある、採用情報ページにおいて、募集職種の一覧が掲載されており、こちらから求人の詳細について、確認することが出来ます。
https://www.kobayashi.co.jp/recruit/careers/index.html

 

ただし、小林製薬の場合、転職会社を経由して応募をかけるケースが多く、転職会社は、公式サイトには掲載されていない求人も扱っているので、小林製薬の求人情報をチェックする時には、転職会社に問い合わせたほうが確実です。

 

このページの最後に、小林製薬の求人を扱っている代表的な転職会社をリストアップしておきますので、ぜひ一度連絡を取ってみてください。

 

小林製薬の社員の年収・給与制度について

小林製薬に勤務する社員の年収についてですが、幾つか具体的な数字を挙げると、以下のようになります。

 

  • 営業 27歳 年収450~500万円
  • 営業 33歳 年収550~650万円
  • 主任 30歳 年収約600万円
  • 係長 30代後半 年収800万円前後
  • 課長 年収1000万円前後

 

基本給に加えて、年2回賞与が支給されるというオーソドックスな給与体系となっていますが、小林製薬の場合、賞与のウエイトが大きく、勤務評価に応じて、賞与額が大きく変動するため、年収には、個人差が生じています。

 

ちなみに、基本給に関しては、年功序列型の会社であり、毎年、一定額、昇給するようになっています。(金額的には、それほど大きなものではないので、高給与を目指すのであれば、ボーナスが狙い目ということになります。)

 

残業代については、みなし残業として、基本給に含まれています。福利厚生については、住宅手当が手厚く、会社が家賃の6割相当を負担してくれますし、マイホーム購入用の資金を貸し付ける制度も用意されています。

 

ほかにも、家族手当、財形貯蓄制度、従業員持株会、退職年金など、かなり充実しており、このあたりの待遇面については、典型的な日系企業です。

 

小林製薬のモチベーション・評価制度について

小林製薬では、MBO評価制度が導入されており、期の始まりに、上司との面談を経て設定された目標の達成度合い、及び、目標達成に対する取り組み・行動が、期末に評価される仕組みとなっています。

 

評価は5段階となっており、1段階につき、賞与額が10万円程度、アップすることになります。また、小林製薬は創造力・発想力を重視する会社なので、アイデア提案に対する賞与や事業部賞などが用意されています。

 

優れたアイデアを出した社員に対しては、評価が上がることもあるので、自ら考えて発案出来る人というのは有利です。

 

現場での仕事の割り振りに関しても、本人のやる気や姿勢をベースにする企業なので、社歴が浅くても、自分の努力と向上心次第では、重要なポジションに就かせてもらえますし、そこで、実績をあげれば社内から評価されて、さらにチャンスがもらえるという、やり甲斐がある環境です。

 

なお、小林製薬の製品には知名度が高いものが多く、消費者からの信頼も得ていることから、取引先からも一目置かれており、毎日の仕事は進めやすいです。

 

小林製薬の成長・キャリア開発について

小林製薬は人を育てるという意識が高い会社なので、この会社で働いていると、年齢や経歴を問わず、早い段階で、重要度の高い仕事を、数多く任せられることになります。

 

そのため、速いペースで、自分を成長させることが出来る環境となっていますが、逆に言えば、仕事に対するスピード感が強く求められることになるので、そこは大変といえば大変です。

 

特に、研究開発、マーケティング(商品企画・開発)といった仕事に携わっていると、アイデア創出から発売にいたるまでの様々な業務に一通り、かかわることになるため、全体の流れを把握出来るようになり、これはビジネスマンとしては、どこでも通用する大きな武器となります。

 

それでいて、小林製薬で働いていると、多様なカテゴリーの製品を扱うことになるので、専門知識に関しても、幅広く身に付くことになりますし、様々な物事に対する対応力や行動力、提案力も磨かれます。

 

また、小林製薬は、研修プログラムも充実しており、年1回は何らかの研修に参加することが出来ます。研修内容は、ロジカルシンキング・マーケティング研修など、多岐に渡るので、自分の将来を見据えて、キャリアアップに必要なスキルを効率的に習得することが可能です。

 

ワークライフバランスについて

小林製薬の就労環境は、部署や職種によって大きく異なります。たとえば、営業職の場合、残業がそれほど多くはないうえ、週休2日がしっかり確保されており、かつ、有給休暇も取りやすいので、プライベートの充実が望める環境です。

 

営業という性質上、平日の有給休暇中でも、取引先との電話対応が必要となるといった場合がありますが、そういったことも考慮しても、製薬会社の営業としては、格段に良い状況です。

 

一方、研究開発職だと、製品化のスケジュールが最優先されるため、仕事にプライベートの時間が浸食されがちです。部署にもよりますが、基本的に残業が多いうえ、それでも、平日だけで仕事が終わることは少ないので、休日出勤を余儀なくされることになります。

 

会社としては、有給休暇の取得を促進していますし、毎週水曜日は定時退社デーとするなど、労働環境の改善に取り組んでいますが、忙しい部署は忙しいので、ワークライフバランスを重視する人は、自分が配属される部署の状況について、確認しておくことをオススメします。

 

女性の働きやすさについて

小林製薬は、管理部門、研究部門を中心に、女性社員の数が多く、男性と同じように活躍しています。女性を対象にした商品が多いこともあり、商品企画・開発、プロモーション企画・立案の段階においては、女性の声が重視されています。

 

そこで、結果を出すと、きちんと評価され、賞与増、昇進という形で報われることになります。小林製薬は、管理職に就いている女性も多いので、キャリア志向が強い人にとっては、モチベーションが湧く会社だと思います。

 

なお、小林製薬は育児支援体制もしっかりしており、結婚・出産後も働いている女性が多いです。時短勤務制度が利用出来るので、子育てに支障がない範囲内で勤務を続けることが出来ますし、周りの理解もあるので、サポートを受けられるなど、ストレスなく働ける環境です。

 

ちなみに、こういった状況のなかで、唯一、営業部門に関しては、女性社員が少なく、男性社会の色が強く残っているので、女性だと、やりづらい部分があると思います。(ただし、他社と比較すると、理解はあるほうです。)

 

小林製薬の転職先としての価値

ここまで、小林製薬の就労環境について、様々な角度から見てきましたが、実力がある人、努力する人が、正当に報われる会社なので、仕事に対する意欲が強い人には、オススメです。女性の働きやすさに対する配慮が厚いので、男性・女性を問わず、オススメ出来る会社でもあります。

 

ただし、これを裏返して言えば、仕事の成果に対するプレッシャーは強く、特に、研究開発部門だと、仕事量が多いので、スピード感を持って働ける人でないと、ついていけないと思います。(マイペースで働きたいという人には不向きな会社です。)

 

そういった意味では、相性がハッキリ分かれる会社とも言えるので、自分にとってどうなのか、自分自身の価値観と照らし合わせながら、考えてみてください。

 

最後に、小林製薬の中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、小林製薬は自分と合っているのかどうか、判断に迷うようであれば、相談してみるのもアリです。客観的な視点でアドバイスしてくれるので、参考になります。

 

また、転職会社は、様々な企業の求人情報を押さえているので、他社の求人を紹介してもらうことも出来ます。もしかしたら、小林製薬以上に、自分に合う企業が出てくるかもしれないので、興味がある人は、ぜひ、他社のことについても、話をしてみてください。

 

<小林製薬の中途採用求人を扱っている転職会社>

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ