タニタの中途採用事情

 

シガレットケースや貴金属宝飾品などの製造販売を手がける金属加工メーカーとして、1944年に設立された『株式会社谷田製作所』を前身とする株式会社タニタ。(1986年に現在の社名に変更されています。)

 

日本で初めて、家庭用体重計の製造・販売を手掛けたことを皮切りに、健康機器の開発に重点を置くようになり、世界で初めて、体脂肪計や体組成計の販売をスタートさせています。

 

1992年に『乗るだけで計測出来る体脂肪計』、1994年には世界初となる『家庭用体脂肪計付ヘルスメーター』を発売したことをキッカケに、自社ブランドを確立することに成功しました。

 

2007年には、体組成計の累計生産台数2000万台を突破、2010年には、世界初となるSDカード搭載体組成計の開発に成功するなど、現在も常に先進の健康機器を提供しています。

 

人材登用の動きに関しては、タニタは新卒採用を主軸としており、中途採用に関しては、フィールドスタッフ(営業)の募集がかかる程度なので、転職のチャンスというのは、限られたものとなっています。

 

ただし、過去には、技術職や管理部門系統の職種においても、中途で募集がかかった実績が多々あるので、タニタへの転職を狙っている人は、こまめに求人情報を確認することをオススメします。

 

このページでは、株式会社タニタの中途採用求人の傾向、及び、社員の年収・給与水準、社内の労働環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

タニタの中途採用求人の傾向

タニタにおいて、中途採用の対象となる職種は、下記の通りとなります。現在は、営業職がメインとなっていますが、時期によって、募集がかかる職種が違ってくるので、繰り返しになりますが、情報収集は、こまめに行ってください。

 

<技術職>

  • 電気・電子回路の開発設計
  • 機械開発設計
  • ソフトウェア開発設計
  • 生体工学

<営業職>

  • 家庭用・業務用機器の販売

<その他>

  • 管理部門(総務、経理財務、人事、法務等)
  • 企画部門

 

どの職種に関しても、基本的に、該当業務に関する実務経験があることが応募条件となりますが、稀に、経験不問の求人が出てくることもあるので、未経験者であっても、転職出来る可能性はアリです。

 

求人情報の入手方法

タニタの採用情報は、下記のURLにてチェックが出来ます。中途採用の募集が始まったら、こちらのURLに募集要項が記載されるので、こまめにチェックするようにしてください。
http://www.tanita.co.jp/company/recruit/index.html

 

また、タニタでは、転職会社経由でも、募集をかけることがあり、会社の公式サイトにおいて、告知されていない求人を、転職会社が扱っていることもあるので、タニタへの転職を目指すのであれば、公式サイト、転職会社、双方を押さえておくようにしてください。

 

なお、転職会社に求職者登録(会員登録)をすると、自分の希望条件に合った求人が新規で発生した時には、メールなどで通知してもらえるようになるので、一度登録しておけば、その後は、自分で探す必要がなくなります。

 

そのため、もし、自分が満足出来る求人が見つからなかった時には、とりあえず、会員登録だけしておくことをオススメします。

 

このページの最後に、タニタの中途採用求人の取り扱い実績がある、代表的な転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

※補足
系列会社である、タニタ食堂、タニタヘルスリンクや、タニタがプロデュースする女性専用30分フィットネスの『フィッツミー(FITS ME)』からも、求人が出ているので、興味がある人は、あわせてチェックしてみてください。

 

タニタの社員の年収・給与制度について

タニタに勤務する社員の年収ですが、職種別に幾つか事例を挙げると、下記の通りとなります。

 

  • マーケティング 27歳 年収560万円
  • 電気・電子回路設計 29歳 年収500万円
  • 営業 24歳 年収400万円
  • 営業 課長クラス 36歳 年収1200万円

 

基本給に賞与が年2回 (6月、11月)、支給されるといった給与体系となり、給与改定は年1回 (4月)、行われています。

 

福利厚生については、社会保険(労災、雇用、健康、厚生年金)が完備されているほか、各種手当(住宅手当、家族手当、営業手当等)、祝い金制度(結婚祝い金、出産祝い金)、退職金制度(一時金、確定拠出年金)などが用意されています。

 

また、ヘルスケアメーカーらしく、定期健康診断、インフルエンザ予防接種、メンタルヘルスチェック、社内健康プログラムといった、社員の健康面に寄与する福利厚生が充実しています。

 

ちなみに、タニタでは、従業員の歩数をチェックするなど、健康管理には、かなり気を遣っているので、社員の健康意識も高く、メタボのような生活習慣病に悩むというようなことは、ありません。

 

また、働き過ぎで、体調を悪くするといったことも、タニタでは一切ないので、このあたりは、この会社の大きな魅力と言えます。

 

健康食品や健康器具などに頼るのではなく、自分の生活習慣を整えることで、健康を維持するとう発想なので、健康的なライフスタイルを送りたいという人にとっては、理想的な職場です。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用の場合、これまでのキャリアを加味する形で、年収や役職が決定されることになりますが、ここは交渉次第でもあるので、タニタから提示された条件に、納得がいかない時には、そこで妥協せず、会社側と交渉するようにしてください。

 

もし、お金のことで話をするのは、気が引けるということであれば、前述した転職会社に交渉を代行してもらってください。彼らはプロなので、この手の交渉事に慣れており、うまく話を進めてくれます。何らかの上積みを勝ち取ってくれるケースが多いので、ぜひ一度相談してみてください。

 

タニタの教育制度・成長環境・評価制度について

タニタは、規模的には中小企業の範疇に入るメーカーなので、一人が担当する仕事の範囲が広くなっており、モノづくりの上流から下流まで、一通りの業務を経験することが出来ます。

 

また、タニタではチームワークを重視しており、部署ごとの一体感は、他社では経験出来ないほど優れています。

 

さらに、タニタの社風は、社員の自主性を重んじるものなので、若手社員でも、仕事を覚えた段階から、ある程度好きなように働かせてもらえますし、年齢や役職に関係なく、良い意見を出せば、採用されるので、やり甲斐を持って仕事に取り組むことが出来ます。

 

その一方で、顧客満足度を高めるため、ユーザーからの声を、素早く取り入れるなど、商品の改良に余念がない会社ですし、期限を守ること、品質を保つことに対する意識が、かなり高い会社でもあります。

 

そのため、適当な仕事は許されず、適度な緊張感を持って働くことになり、結果として、速いペースで、自分を成長させることが出来るので、成長意欲が高い人には、最適な環境です。

 

なお、タニタではリストラということはありませんが、能力がないと判断された場合には、降格処分を受けることになるので、このあたりは厳しいです。

 

そのなかでも、最も厳しいのは、営業部門であり、売上目標が毎年定められていて、年度末には、一人一人、達成率がチェックされることになります。

 

数値だけが、評価の対象ということではないのですが、何年も結果が出ないと、売上に直接影響のない部署へ異動させられることもあるので、注意してください。

 

社内の教育体制については、健康や栄養のことについて、学ぶことが出来る社内セミナーが定期的に開催されており、自分が希望するものを自由に受講することが出来ます。

 

ワークライフバランスについて

タニタは、先ほども触れたように、社員の健康管理に努めている会社ですが、それは就労環境にも反映されており、長時間の残業や休日出勤というのは少なく、オンとオフの切り分けがしっかり出来る会社です。

 

人間関係が良好な会社なので、変なストレスを感じることもないですし、少数精鋭の会社で、一人一人に与えられた権限も多く、やればやっただけ報われるといった風土があるので、前向きに働けます。

 

休暇体制については、有給に加えて、夏季・年末年始の計画休暇、リフレッシュ休暇が用意されており、想定される年間休日の総数は、124日となっているので、まずまずです。

 

女性の働きやすさについて

タニタは社員一人一人を尊重する意識が高い会社なので、男性・女性を問わず、活躍する場が与えられていますし、そこで結果を出せば、昇進・昇給という見返りを得ることも出来ます。

 

元々、女性ユーザーが多い会社でもあるので、商品開発やマーケティングに関して、女性社員が主軸となるケースも多く、仕事に全力投球したいというキャリア志向の強い人にとっても、十分にやり甲斐が得られる職場です。

 

また、タニタは、育児支援制度が充実している会社でもあり、産前産後休暇、育児休暇は自由に取得出来ますし、復帰後には、時短勤務、フレックス勤務を選択することも出来ます。

 

そのため、タニタには、復職者が多く、第二児を出産する人も増えてきています。社内結婚が多いため、男性社員の理解もあり、会社側も、現在の環境を、さらに良いものにしていこうという姿勢があるので、女性にはオススメの職場です。

 

タニタの転職先としての価値

タニタは、社員にチャレンジする機会を積極的に与える会社なので、バリバリ働きたい人には最適ですし、その一方で、社員の個性を大切にする会社でもあるので、堅実にコツコツ仕事をしたいということであれば、そういった働き方も出来ます。

 

その人に合わせた働き方を尊重する社風があるので、このあたりの自由度は高いです。

 

待遇面、就労環境についても、かなり良好なので、転職先候補として、十分にオススメ出来る企業です。もちろん、善し悪しの判断というのは、個人の考え方次第でもあるので、自分自身の価値観と照らしあわせながら、タニタへの転職を目指すのかどうか、決めるようにしてください。

 

最後に、タニタの中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、このあたりの判断に迷うことがあれば、一度相談してみてください。プロの視点で、アドバイスしてくれるので、参考になるはずです。

 

また、転職会社は、様々な企業の求人情報を扱っているので、他社の求人を紹介してもらうのもオススメです。タニタ以上に、魅力を感じる求人が出てきてもおかしくないので、関心があれば、ぜひ他社のことについても、話をしてみてください。

 

<タニタの中途採用求人の取り扱い実績が豊富な転職会社>