バイエルホールディングの中途採用事情

バイエル ホールディングは、世界で150年以上、日本でも既に100年以上もの歴史を持つ、ヘルスケアと農業関連領域を中心に展開する企業です。

 

日本でバイエルといえば、解熱鎮痛薬の代名詞になっている『アスピリン』を発明した企業として広く知られています。

 

現在の中核事業のライフサイエンス事業は、医療用医薬品、コンシューマーヘルス、クロップサイエンスの3部門です。

 

バイエル ホールディングは、何よりも人材育成を大切にしており、世界に通用する人材を育てるために『グローバル・タレント・マネジメント・ストラテジー』というポリシーを掲げ、社員一人一人の成長のためのサポートを積極的に行っています。

 

このような背景から、中途に関しても、様々な職種において、募集がかかっています。バイエル ホールディングへの転職のチャンスは豊富に存在するので、関心がある人は、このタイミングで真剣に検討することをオススメします。

 

バイエル ホールディングの中途採用求人の傾向

現在、バイエル ホールディングの公式ページで確認できる中途採用職種の一部をまとめています。公式ページにはこの他いくつかありますので、下記職種以外を確認されたい方は、公式ページをチェックするようにしてください。

  • 製剤・包装プロセスにおける設備導入及びメンテナンス課長
  • リージョナル コンプライアンス担当(医療用医薬品)  
  • フィールドサービスエンジニア
  • メディカルエキスパート
  • 営業職(Sales Representative )

 

製剤・包装プロセスにおける設備導入及びメンテナンス課長

  • 職務内容
    • 滋賀工場における製剤(経口剤)および包装プロセス(一部、外装滅菌工程含む)における生産設備の新規導入/更新、メンテナンス業務を遂行するグループのマネジメントを行います。

 

  • 応募要件
    • 大卒以上で理工学系の機械工学、電気工学、化学工学を修学したもの(或いはそれと同等レベルの教育を受けていること)

 

リージョナル コンプライアンス担当(医療用医薬品)

  • 職務内容
    • Field Ethics Manager(FEM)と協働し、社内のコンプライアンスプログラムを導入し、定着させる。または、全国の東/西の営業支店・オフィスを定期的に訪問し、コンプライアンス研修、コンプライアンス監査、コンサルティングを実施します。

 

  • 応募要件
    • 大学卒業以上(法律学部歓迎)で、3-5年以上のコンプライアンス担当経験者、コンプライアンス監査、研修実施経験があれば尚可
    • その他、製薬業界、ライフサイエンス、医療機器会社における職務経験、法律、規制、製薬業界ルールに関する総合的な知識が必要です。

 

フィールドサービスエンジニア

  • 職務内容
    • 主に北海道エリアの医療機関(主に病院やクリニック)を訪問し、特定保守管理医療機器である造影剤自動注入器をはじめとした医療機器の設置、点検、メンテナンスを担当します。

 

  • 応募要件
    • 大卒・高専卒以上(電気・機械系)が望ましいが、高卒以上も可
    • 2年以上の機器のメンテナンス経験と医療機器業界の経験(医療業界経験は営業職等でも可)

 

メディカルエキスパート

  • 職務内容
    • 臨床開発ストラテジーの立案、臨床開発プログラムの策定、臨床試験における臨床的な質の確保、承認申請・当局折衝における臨床パートの議論を主導し、当局申請資料を作成するなどの業務になります。

 

  • 応募要件
    • MD必須
    • 3年以上の臨床経験必須(循環器、腎臓、婦人科領域が望ましい)
    • 企業経験は不問
    • 医師免許を有すること
    • 博士号を有すること(尚可)

 

  • スキル等
    • 中~上級の英語力(医学文献読解、e-mailでのコミュニケーション、グローバルとの会議でのディスカッション、が可能なこと。TOEIC800点相当程度)

 

求人情報の入手方法

バイエル ホールディングの公式サイト内に、経験者採用ページが開設されており、そちらのページから、求人情報を入手することが出来ます。
https://www.career.bayer.jp/ja/job-search/

 

また、バイエル ホールディングは、転職エージェント経由でも募集をかけているので、転職エージェントに問い合わせることでも、求人情報を入手することが可能です。

 

どちらのルートでも、入手出来る情報は一緒ですが、転職エージェントの場合、様々な企業の求人情報を押さえているので、バイエル ホールディングを含めた、複数の企業の求人を見比べてみたいといった時には、まとめて紹介してもらえるので、便利です。(自分で探す手間が省けます。)

 

また、一度、転職エージェントに登録しておけば、自分が希望する条件に合う求人が発生するたびに、メールで通知してもらえるので、募集頻度が少ない職種での転職を狙う時には、情報源として活用することをオススメします。(連絡を待つだけなので楽です。)

 

求人情報を入手する際には、転職エージェントは何かと役立つ貴重な存在なので、うまく活用してください。(このページの最後に、バイエル ホールディングの中途採用求人を扱っている代表的な転職エージェントをリストアップしておきます。)

 

バイエルホールディングの社員の年収・給与制度について

バイエルホールディングに勤務する社員の年収ですが、職種別に幾つか事例を挙げると、下記の通りとなります。

 

バイエルホールディングの社員年収例

  • 営業 30歳 年収620万円
  • 営業 36歳 年収600万円
  • 営業 課長 29歳 年収900万円
  • 経営企画 30歳 年収850万円
  • 人事 39歳 年収1000万円
  • 人事 48歳 年収880万円

 

バイエル ホールディングの給与体制は、年俸制となっており、年2回の賞与と年1回の昇給からなります。

 

年齢や中途採用の年度、会社の業績によって大きく変動することがありますが、大まかな平均値として30歳で月給40万円、賞与144万円と言ったところです。

 

2015年度においては年1回の定期昇給が管理職は無し、管理職以外においては、業績評価が良かった者のみに対して支給されました。2016年度に関しては、会社全体の業績が良かったため、賞与は標準評価でも1.2~1.6倍と、過去稀に見る賞与額となっています。

 

保険は、健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険の各種保険が完備されており、諸手当は、営業手当、赴任手当、単身赴任手当、通勤手当があります。

 

福利厚生に関しては、社宅制度、会員制福利厚生サービス(WELBOX)、災害補償制度、財形貯蓄、住宅融資、永年勤続表彰、慶弔贈与金、転勤・引越支援、退職年金制度など充実しています。その他、年間、2万円程度の医薬品・衛生用品が無料で支給されます。(ポイント制で選択できる)

 

中途採用で入社する時の注意点

中途で入社する場合には、前職までの経歴・実績をベースにして、年俸額が決まることになりますが、交渉次第で数字が変わってくるので、会社側からの提示額に納得がいかない時には、そこで諦めずに、自分の希望条件を伝えて、しっかりと話し合うようにしてください。

 

ここで妥協してしまうと、後々まで影響を受けることになるので、要注意です。もし、こういった金銭交渉を自分で行うのは、気が引けるということであれば、前述した転職エージェントに交渉の代行を依頼することを、オススメします。

 

彼らはプロなので、この手の交渉ごとに長けており、うまく話を進めてくれます。自分の希望条件を100%通すというのは難しいのですが、何らかの上積みが為される可能性は十分にあります。

 

代行してもらうことで、慣れない交渉を実行するストレスから解放されるというメリットもあるので、苦手な人は、最初から任せてしまったほうが賢明です。

 

バイエルホールディングの評価制度について

昇級に関しては、基本的にインフレーションのベースでの昇給になります。したがって役職の変更などが無い限り、年収アップは少しずつしかありません。中途採用の年収が比較的高いようです。

 

評価方法としては、評価に偏りが出ないように部門間で調整も行われ、部署にもよりますが、部署間での調整は国内だけではなく、海外の部署とも調整が行われます。人事評価システムは透明性があり、目標設定も明確になっています。評価者との中間レビューも確実に行われており、制度としては問題ありません。

 

バイエルホールディングの教育制度・成長環境について

バイエル ホールディングは、グローバル企業ですので、全体で投資をしていき、将来有益なポイントを見出していくスタイルです。そういった環境に身を置くこと自体、個人の成長に繋がって行きます。

 

またドイツ主体ということで、外資の働き方、世界規模での最先端技術を見られることも他社にはない環境です。従来の日本企業が持つ精神論や不透明な部分から解放され、自らが主体的に何をどうやって進めていくか、よく学ぶことが出来ます。

 

やる気と実力があれば、若くても大きな仕事を任せられる会社です。また英語の力は必要な環境ですから、転職する前に英語力を鍛える必要があります。

 

教育面に関しては、各職務に必要な導入研修や専門教育、製品研修等の受講や、業務遂行に必要なスキル・知識をさらに向上するための研修や、 リーダーシップや英語等のコア能力を開発する研修を提供しています。

 

ワークライフバランスについて

残業に関しては、申告制になっており、上司の承認で行われます。全額支払いで、当月締めの翌月払いになっています。会社全体の取り組みとしては、ITソリューションを利用した業務の最適化を継続的に行っており、業務時間削減に向けた取り組みを真剣にやっています。月の平均残業時間は23.4時間となっています。

 

休暇に関しては、ドイツ本社ということで、海外との業務の関係で、日本のカレンダー通りの休みは出来ませんが、12月に関しては、クリスマス休暇で海外が休みになるため仕事量は減ります。この時期は、有給休暇は取りやすい時期です。

 

長期休暇を取得する場合は、休む間の影響があります。それを出来るだけなくすように、同僚への協力などありますが、その辺はお互い様という部分ですので問題はありません。
基本的にドイツ企業ですから長期休暇は推奨しています。ちなみに年間の有給休暇取得率は76.8%と大変高いものになっています。

 

女性の働きやすさについて

バイエル ホールディングでは男女間に差は全くなく、女性管理職の登用は積極過ぎるくらい実施しています。部署にもよりますが、半数以上女性という部署もあり、常に女性の働きやすさを考えている企業と言えます。

 

育児支援制度に関しては、出産・育児、介護支援制度など充実しており、バイエルホールディング、バイエル薬品は子育てサポート企業の認定を受けています。こちらも問題なく働ける環境が整えられています。

 

バイエル ホールディングの転職先としての価値

典型的な外資系企業で、改善、声を上げることを推奨しており、無駄な仕事は排除されていきます。また同時にフィードバックも必要とされているため、やり方に不満がある場合には肩書に関係なく意見交換を行い、より良い関係を築くことが出来ます。

 

しかし、100年という長い間日本にある会社であるため、国内企業のような雰囲気もあります。こうしたバイエルホールディングに向いている人は、内資、外資関係なく、自ら目標達成に向けて邁進できる人ではないでしょうか?

 

逆に、年功序列型の考え方や、一つに固執する職人気質の人ですと、少しベクトルが違うように思われます。

 

このあたりは、個人の考え方次第となるので、自分自身の価値観と照らしあわせながら、バイエル ホールディングへの転職の判断を下すようにしてください。

 

バイエルホールディングの中途採用求人を扱っている転職エージェント

最後に、バイエル ホールディングの中途採用求人を扱っている転職エージェントをリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、このあたりの判断に迷うことがあれば、一度相談してみてください。プロの視点で、アドバイスしてくれるので、参考になるはずです。

 

また、転職エージェントは、様々な企業の求人情報を扱っているので、他社の求人を紹介してもらうのもオススメです。バイエルホールディング以上に、魅力を感じる求人が出てきてもおかしくないので、関心があれば、ぜひ他社のことについても、話をしてみてください。

 

バイエルホールディングの中途採用求人を扱っている転職エージェント