ニッポンハムの中途採用口コミ情報

 

ニッポンハムは、1942年(昭和17年)創業の大手食品加工メーカーです。

 

グループでは、ハム・ソーセージなどの食肉加工品だけではなく、水産事業・乳製品事業、更には健康食品事業など、幅広い事業展開をしています。

 

また、世界でも珍しいインテグレーションシステムを築き、牛・豚・鶏の生産飼育から販売までを一貫して行っています。

 

長らくカタカナ表記のニッポンハムを用いていましたが、2014年(平成26年)4月にコーポレートロゴを日本ハムの発足から英字表記の Nipponham に改め、『NHブランド』の展開を開始しています。

 

これまでの取り組みは、30年以上のヒットを続ける『シャウエッセン』、糖質をカットした『糖質ゼロ』、7大アレルゲンを除去した『みんなの食卓』、米粉を活用したベーカリー商品(特許申請中)など、業界に先駆けた商品を開発し、現在は海外にその販路を築こうとあらゆる展開を開始しています。

 

このような背景から、中途に関しても、様々な職種において、募集がかかっています。ニッポンハムの転職のチャンスは豊富に存在するので、関心がある人は、このタイミングで真剣に検討することをオススメします。

 

ニッポンハムの中途採用求人の傾向

ニッポンハムの公式ページでは新卒中心の募集が行われており、中途採用はありません。しかし、転職エージェント経由で、定期的に募集を行っています。職種は時期により異なります。現在確認できる職種を下記にまとめていますので、参考にして下さい。

 

お客様サポート・オペレーター

【仕事内容】

ニッポンハムの商品について、電話やインターネット・手紙を通じての顧客からの意見をヒヤリング、その後社内にフィードバックすることが主な業務になります。

 

【必要条件】

専門・短大卒以上が必須ですが、未経験も可能です。基本的なPCスキル(Excel・Word)は必須となり、歓迎資格として業界・年数不問ですが、営業経験のある人やIT業界経験のある人とされています。販売・サービス経験のある人も優遇されます。

 

営業アシスタント

※こちらは契約社員(パートナー社員)として従事した後、評価によって正社員受験資格が与えられる制度です。

 

【仕事内容】

グループ会社や大手スーパー、商社、飲食店などの伝票処理や電話対応が主な業務となります。

 

【必要条件】

専門・短大卒以上が必須ですが、未経験も可能です。歓迎資格として、基本的なPCスキル(Excel・Word)があります。

 

求人情報の入手方法

ニッポンハムの中途採用に関しては、転職エージェント経由で募集をかけており、コーポレートサイト内においては、募集要項の記載がありません。(新卒採用の記載のみとなっています。)

 

そのため、ニッポンハムの求人情報を入手する際には、転職エージェントにコンタクトする必要があります。このページの最後に、代表的な転職エージェントをリストアップしておきますので、一度連絡を取ってみてください。

 

ニッポンハムの社員の年収・給与制度について

ニッポンハムに勤務する社員の年収ですが、職種別に幾つか事例を挙げると、下記の通りとなります。

 

ニッポンハムの社員年収

  • 営業 23歳 年収440万円
  • 営業 27歳 年収600万円
  • 営業 30歳 年収350万円
  • 営業 37歳 年収640万円
  • 営業 44歳 年収510万円
  • 販売 25歳 年収420万円
  • 経理財務 26歳 年収420万円
  • 経営企画 30歳 年収600万円
  • 経営企画 30歳 年収640万円
  • 開発 26歳 年収500万円
  • 開発 32歳 年収700万円
  • 開発 主任 33歳 年収720万円
  • 製造 25歳 年収300万円
  • 製造 25歳 年収320万円
  • 技術 43歳 年収730万円

 

ニッポンハムの給与体制は月給制で、年2回の賞与と年1回の昇給からなります。基本的に年功序列型の給与体制で、賞与については、事業部および部署の成績、個人実績の反映が非常に大きくなっています。昇給に関しては、毎年組合の活動もあり、きちんとしたベースアップがあります。契約社員の意見も聞く姿勢があります。

 

手当として、時間外勤務・休日勤務給の支給、月27,000円までの通勤手当、家族手当、専門手当(電気工事士、公害防止管理者、危険物取扱者、衛生管理者など) があります。

 

社宅制度は、東京を例に挙げると単身では8万円、子供二人までは14万円までの社宅に入居できます。また管理職などは別物件に入居できます。また、子供が生まれたり、就学時の節目などに30万から50万程の次世代手当が支給されます。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途で入社する場合には、前職までの経歴・実績をベースにして、基本給が決まることになりますが、交渉次第で数字が変わってくるので、会社側からの提示額に納得がいかない時には、そこで諦めずに、自分の希望条件を伝えて、しっかりと話し合うようにしてください。

 

ここで妥協してしまうと、後々まで影響を受けることになるので、要注意です。もし、こういった金銭交渉を自分で行うのは、気が引けるということであれば、前述した転職エージェントに交渉の代行を依頼することを、オススメします。

 

彼らはプロなので、この手の交渉ごとに長けており、うまく話を進めてくれます。自分の希望条件を100%通すというのは難しいのですが、何らかの上積みが為される可能性は十分にあります。

 

代行してもらうことで、慣れない交渉を実行するストレスから解放されるというメリットもあるので、苦手な人は、最初から任せてしまったほうが賢明です。

 

ニッポンハムの評価制度について

昇進に関しては、管理職に上がるまでは、完全な年功序列型になっています。基本的には部署の業績によって判断されることが多く、筆記試験などもありますが、それほどの差はありません。

 

通常の評価は、上長の判断が大部分を占めており、その評価の妥当性については、話し合いやフィードバックの機会を持つことがルール化されており、納得や修正をすることが可能です。

 

また、管理職に成るためには、外部機関の試験制度を利用しており試験に合格しなければ管理職に昇給できないようになっています。管理職の登用はかなり厳しく設定されており、3回落ちれば管理職に成ることはできません。試験はインバスケット、グループ面談、個人面接に分かれています。

 

ニッポンハムの教育制度・成長環境について

ニッポンハムの環境は、若手の頃から徹底した予算管理、報連相、プライオリティマトリクスなどビジネスに関する様々な事を優秀な人材から学ぶことが出来ます。また、子会社の人材も優れており、営業、流通、商売哲学など成長するのに事欠きません。

 

ジョブローテーションも頻繁にあり、多くの部署を経験できます。そのため、仕事の視野が広がり色々な事にチャレンジできる環境が揃っています。場合によっては1~2年で担当や部署が変わるため、人によってはもどかしさも出てくるかもしれません。

 

社員研修などは手厚く、入社後の研修の機会は折に触れて開催されます。主任、係長、課長、その他人生の場面場面で役立てられる講義などを会社の経費で受けることが出来ます。

 

ワークライフバランスについて

働き方改革の影響もあり、年々労働時間は減ってきています。日々の残業時間は部署にもよりますが、月間45時間は超えないように設定してあります。パソコン等の持ち出しは出来ませんから持ちかえり残業は原則ありません。残業は1分単位で支給されます。ちなみに月の平均残業時間は26.6時間となっています。

 

休日休暇は、就業カレンダーに沿う年間休日113日と定められており、法定休日は原則毎週日曜日として4週に4日以上となっています。また会社側から連休は年に1回5連休をとるように推奨されており、全体的にワークワイフバランスは調整しやすい環境です。なお、年間の有給休暇取得率は48.6%となっています。

 

女性の働きやすさについて

元々、女性の従業員比率が低いので、男性女性という観点から見れば男性中心と言わざるを得ない環境です。その点で女性を大切にしていこうとう風土がりますから、男性よりも職種の希望や移動の希望は通り易くなっています。

 

現在では徐々にではありますが、女性比率を高めていこうという方向性に向かっていますが、女性管理職もまだ少なく、こうしたキャリアアップに関することは、ニッポンハムの大きな課題と言えます。

 

育児支援制度に関しては、産休・育休から復帰する女性は多く、時短勤務も多くの女性が利用しています。ニッポンハムは、キャリアアップというよりは、仕事と家庭を両立させたいと考える女性にとっては最適な環境と言えます。

 

ニッポンハムの転職先としての価値

ニッポンハムは不景気にあまり左右されない業界で、トップのシェアを誇ります。組織での食品の安全管理はしっかりしており、ニッポンハムの商品を好きな人は多くいます。社内の人間関係は風通しは良く、様々な優秀な人材がいます。

 

企業文化については、年功序列文化が強く、個人の業績よりは会社全体の利益を考える体制です。そのため周囲の協力関係が強く、お互いサポートし合いながら業務を推進していきます。

 

こうしたニッポンハムに向いている人は、やはりチームワークを重視する人ではないでしょうか? 一つの事だけをやり遂げる職人気質の人や収入や出世といった面に価値観を持っている人は少しベクトルが違うかもしれません。

 

このあたりは、個人の考え方次第となるので、自分自身の価値観と照らしあわせながら、ニッポンハムへの転職の判断を下すようにしてください。

 

ニッポンハムの中途採用求人を扱っている転職エージェント

最後に、ニッポンハムの中途採用求人を扱っている転職エージェントをリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、このあたりの判断に迷うことがあれば、一度相談してみてください。プロの視点で、アドバイスしてくれるので、参考になるはずです。

 

また、転職エージェントは、様々な企業の求人情報を扱っているので、他社の求人を紹介してもらうのもオススメです。ニッポンハム以上に、魅力を感じる求人が出てきてもおかしくないので、関心があれば、ぜひ他社のことについても、話をしてみてください。