東レの中途採用口コミ情報

 

東レ株式会社は、旧社名、東洋レーヨンとして、1926年に創業しました。現在は、三井グループの中核企業の一つとしてその名を知られており、合成繊維・合成樹脂をはじめとする化学製品や情報関連素材を取り扱う大手化学企業になっています。

 

現在の主要製品は、ナイロン、ポリエステル(テトロン)、アクリル繊維(トレロン)の3大合成繊維他、フィルム製品、合成樹脂、炭素繊維(トレカ)などがあります。

 

中でも、炭素繊維複合材料はボーイング787の一次構造材に採用され、PAN系炭素繊維メーカーとしては、世界最大手になっています。

 

直近の動向は、高い遮光性およびUVカット性を兼ね備えたサマーシールドを使った晴雨兼用折りたたみ傘を埼玉県と共同開発することや、使い勝手を向上させた蛇口直結型浄水器『トレビーノ® スーパースリム705T』発売するなど精力的に業務展開しています。

 

このような背景から、中途に関しても、様々な職種において、募集がかかっています。東レ株式会社の転職のチャンスは豊富に存在するので、関心がある人は、このタイミングで真剣に検討することをオススメします。

 

東レの中途採用求人の傾向

現在、東レ株式会社の公式ページで確認できる中途採用の職種は、下記の通りとなっています。このページでは、代表的な職種をまとめていますので、東レ株式会社に転職希望の人は参考にして下さい。

 

  • 営業職
  • スタッフ職
  • 研究・技術開発職
  • 工務・エンジニアリング職
  • システムエンジニアリング職

 

営業職

産業用途繊維・繊維製品の営業

【職務内容】
産業用ポリエステル・ナイロン繊維・その他高機能繊維及び高次品のゴム資材メーカー、自動車部品メーカー向けの営業がメインとなります。

 

【応募資格】 
メーカーの営業経験者で、コミュニケーション力が高く、フットワークの良い人、また、計数処理能力のある人となっています。その他、日常会話レベルの英語力 TOEIC650点以上が必要です。

 

勤務地は、大阪市北区中之島になります。

 

スタッフ職

財務経理部門連結決算業務

【職務内容】
東レ本体の経理部門にて、連結決算業務がメインとなります。

 

【応募資格】
大卒以上で、メーカーや商社にて財務経理もしくは事業管理業務の経験がある人になりますが、必ずしも連結決算業務経験が必要ではなくても可能です。

 

勤務地は、東京になります。

 

研究・技術開発職

【職務内容】
要素技術開発または、基礎研究のいづれかの業務となります。

 

【応募資格】
大卒以上で、オレフィン重合やアロイ・ブレンドに関する研究や技術開発経験者、化学原料メーカー等で上記の技術に携わった経験のある人となっています。

 

勤務地は、滋賀、那須のいずれかの工場または研究所となります。

 

求人情報の入手方法

東レ株式会社では、公式サイト内において、キャリア採用ページを開設しており、そちらのページにおいて、現在、募集がかかっている職種の一覧について、確認することが出来ます。
https://www.toray.co.jp/saiyou/career/index.html

 

また、中途に関しては、東レ株式会社は、転職エージェントを利用して、募集をかけることも多いので、こちらも有力な情報源となります。このページの最後に、代表的な転職エージェントをリストアップしておきますので、押さえておくことをオススメします。

 

東レの社員の年収・給与制度について

東レに勤務する社員の年収ですが、職種別に幾つか事例を挙げると、下記の通りとなります。

 

東レの社員年収

  • 営業 26歳 年収550万円
  • 営業 28歳 年収650万円
  • 営業 30歳 年収700万円
  • 生産技術 28歳 年収570万円
  • 生産技術 30歳 年収600万円
  • 生産技術 31歳 年収600万円
  • 生産技術 35歳 年収700万円
  • 生産技術 40歳 年収1000万円
  • 研究開発 25歳 年収420万円
  • 研究開発 27歳 年収600万円
  • 研究開発 30歳 年収500万円
  • 研究開発 30歳 年収600万円
  • 研究開発 32歳 年収650万円
  • 研究開発 36歳 年収750万円
  • 研究開発 主任 38歳 年収800万円
  • 製造監理 30歳 年収650万円
  • 製造管理 32歳 年収650万円
  • 製造監理 40歳 年収650万円
  • 製造管理 主任クラス 30歳 年収600万円
  • 製造管理 課長 40歳 年収900万円
  • 経理 25歳 年収550万円

 

東レ株式会社の給与体制は、毎月の月給と年2回の賞与と年1回の昇給からなります。同業他社と比較しても平均的な年収となっています。賞与は、業績変動型で合計6か月分が支給され、昇給に関しては、年功序列型の給与体制で、35歳あたりから大きく伸びる印象です。

 

諸手当としては、通勤手当、時間外手当等の支給があり、保険に関しては、健康・厚生・雇用・労災保険の各種保険が完備されています。

 

福利厚生に関しては、独身寮・社宅、体育施設、契約保養所などの利用、確定拠出型企業年金、財形貯蓄制度、住宅融資制度、従業員持株会、グループ生命保険、東レ福祉会、東レスマイルサポートプランなどがあります。その他の行事として、夏祭り、職場対抗スポーツ大会、各種クラブ活動があります。

 

中途採用で入社する時の注意点

東レ株式会社は、年功序列型の給与体系となっており、中途採用の場合にも、同年代の現役社員の給与額を軸に、初任給が決まることになりますが、前職までの経歴・実績も加味されるので、交渉次第では、上積みが期待出来ます。

 

そのため、会社側からの提示額に満足出来ない時には、納得がいくまで、話し合うことをオススメします。転職時というのは、ある意味、最も、自分の希望を通しやすいタイミングなので、ぜひ、活かしてください。

 

もし、条件交渉が苦手ということであれば、前述した転職エージェントに代行してもらうことをオススメします。彼らはプロなので、この手の交渉事に慣れており、うまく話を進めてくれます。実際、ベースアップに成功するケースが多いので、安心して任せてしまって大丈夫です。

 

東レの評価制度について

評価制度は、能力級というものを取り入れており、s、a、b、cに分けられます。具体的には、年に2回面談にて評価のすり合わせが行われます。そこで、半期ごとの自分の業績と、それに対する評価内容を聞くことが出来ます。

 

また、そこで次の評価目標を定め、その達成度に応じて評価を行うような仕組みです。しかし、相対評価となっており、根本が年功序列になっていますので、同級の場合、年次が上の人が評価される場合があります。

 

東レの教育制度・成長環境について

東レ株式会社では、最先端の技術や大きなプロジェクトに関われる仕事や、各個人が主体的に進ませる規模の小さい仕事まで、様々なスタイルの仕事を経験できます。どちらのスタイルも将来的には大変役立つものばかりで、若手の段階から様々な仕事を経験できます。

 

また、グローバルメーカーであり、技術開発も積極的に行っており、会社全体で技術開発を進めて、新製品を送り出そうという思いが感じられ、モノづくりビジネスを望んでいる場合、かなり勉強になる環境です。

 

海外関連会社が多く、チャレンジ機会も多く用意されているので、働いていくうえで一度は海外出張や駐在を経験することが出来るのではないでしょうか。

 

教育面に関しては、全体として、終身雇用を前提に制度設計がなされているため、年次ごとに研修や試験(東レではアセスメントと言います)があります。若手の段階では、画一的な内容の研修、試験が用意されています。

 

社内研修は必須と選択があり、選択の場合は、年に一度募集がかかり、そこに応募することで参加することが出来ます。専門的な知識はもちろん、人材交流も目的としており、普段は交流のない人とも交流できるようになっています。

 

現場では、基本的にOJTによる業務ですが、定期的に三島の教育センターで実施される研修会が用意されていますので、普段業務が忙しい人でも、勉強できる環境が整えられています。

 

ワークライフバランスについて

残業時間は、部署によってよりけりですが、忙しい部署はそれなりに忙しいです。過去はサービス残業が横行していた時期がありますが、最近はコンプライアンスもしっかりしており、働いた分だけきっちり支給されます。ちなみに月間の平均残業時間は、34.7時間となっています。

 

休暇に関しては、基本的に完全週休二日制で、週末および祝日はしっかり休むことが出来ます。また、事業場で決められる年休奨励日は、基本的に全員休むため、連休が取りやすい環境です。特に年末年始やお盆などは長く取れます。年休申請で断られることはなく、チームの業務に支障をきたさなければ、好きな時に休むことが出来ます。なお、年間の有給休暇取得率は67.7%となっています。

 

女性の働きやすさについて

東レ株式会社では、男女に区別はなく、一人一人がワークライフを両立させていけるように会社全体として取り組んでいます。女性の役員はまだ少数ですが、部長クラスは数年前に比べて確実に数を増やし、女性管理職は右肩上がりに増えています。海外支社での女性の活躍も目立ってきていますので、キャリアアップを望む人にとっても安心して働くことが出来ます。

 

育児支援制度に関しては、出産、育児、介護などに関する諸制度が整っており、各制度を気兼ねなく活用する風土があります。多くの女性が、結婚、出産、育児などのイベントがあっても、かわらず活躍しています。各制度の利用の仕方、働き方は多様であり、それを許容する風土、助け合う風土が熟成されている企業です。

 

東レの転職先としての価値

企業として非常に真面目であり、特に安全性にはとても力を入れています。過剰かと思える場合もありますが、製造業としては当然であり、本気で従業員の無災害を鑑みてくれています。

 

また、元々商社を発端とした会社であり、効率性、公平性を求めています。オーナー企業とは違い、偏った思想に重きを置くことはなく、変なストレスが少なく、純粋にスキルを身に付けていくことが出来る会社です。

 

こうした東レ株式会社に向いている人と言えば、化学繊維分野で安定して働きたいと思っているひとではないでしょうか? また、チームとして行動することが好きな人も向いていると感じます。

 

このあたりは、個人の考え方次第となるので、自分自身の価値観と照らしあわせながら、東レ株式会社への転職の判断を下すようにしてください。

 

東レの中途採用求人を扱っている転職エージェント

最後に、東レ株式会社の中途採用求人を扱っている転職エージェントをリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、このあたりの判断に迷うことがあれば、一度相談してみてください。プロの視点で、アドバイスしてくれるので、参考になるはずです。

 

また、転職エージェントは、様々な企業の求人情報を扱っているので、他社の求人を紹介してもらうのもオススメです。東レ株式会社以上に、魅力を感じる求人が出てきてもおかしくないので、関心があれば、ぜひ他社のことについても、話をしてみてください。