【京都の求人事情】中国語を活かして、正社員として働くことはできる?

 

このページでは、京都において、中国語を活かして働けるような仕事(正社員という前提です)に就きたいと考えている人を対象に、京都府内における、求人事情についてまとめています。具体的には、こんな感じです。

 

  • どんな仕事があるのか?
  • どれぐらい稼げるのか?
  • 仕事に就くためには、どんな資格や経験が必要なのか? 未経験でも大丈夫なのか?
  • 求人情報を得るには、どうすればいいのか?

 

下記に、目次を置いていますので、参考にしてください。(あなたが知りたい情報に関する目次をクリックすれば、ダイレクトにアクセス出来ます。)

 

京都で求人需要が高い代表的な8つの仕事

中国語を活かせる仕事と言うと、通訳や翻訳、観光ガイド、中国語講師などを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、これは、実情とは違います。たしかに、京都にもこういった仕事は多いのですが、雇用形態としてはパートや契約社員です。

 

あるいは、派遣会社に登録して、そこから仕事を斡旋してもらうというパターンとなり、正社員として採用されるケースは、極めて稀です。

 

正社員という前提で考えた場合、最も多いのは、中国に進出している日系企業で(特にメーカー、商社、IT系企業)です。京都にも、そういったグローバル企業が多いので、代表的な選択肢となります。次いで、中国人観光客を相手にした仕事ということになります。

 

ここから、京都で、求人数が多い代表的な仕事を挙げてみます。

 

海外営業

海外営業というのは、正社員という条件で、京都で求人を探した時に、中国語を活かせる仕事としては、最も数が多い職種なのですが、『営業』とひとくくりにするのには、無理があるぐらい、その内容は千差万別です。

 

たとえば、営業経験がない人でも、応募出来る求人もあれば、海外営業経験が必須という求人もありますし、前職の業種が指定されている求人、中国勤務の経験や、海外営業チームのマネジメント経験が要求される求人もあります。

 

また、中国語のスキルに関する要求レベルについても、日常会話が出来ればOKという求人から、交渉・折衝が出来ることを条件とする求人まで、様々です。なお、中国語検定1級、HSK5級以上と、資格の保有が義務づけられている求人もあります。

 

なお、京都の場合、半導体、電子部品、産業機械、消費財、情報機器、ITといった分野の企業からの求人が多いので、これらの業種における、営業経験があると有利です。(国内営業の経験だけでも、評価される傾向があり、立派な武器になります。)

 

調達購買

中国国内における、購買業務を担当するという仕事であり、一部上場メーカー、専門商社などが求人元となるので、給与は高めです。(30歳独身者で600万、35歳既婚者で700万ぐらいの年収が見込めます。)

 

国内外を問わず、調達購買業務に従事した経験を持つ人が、募集されており、最低でも3~5年程度の就労経験は、要求されることになります。

 

また、メーカーの場合、生産管理・品質保証といった業務を兼務するケースもあり、この場合、生産管理業務の経験があれば、調達購買業務の経験がなくても、応募可能です。

 

なお、中国語のスキルに対する要求度は、打ち合わせ・交渉に支障がないレベルとされるのが、一般的です。

 

生産管理

日系メーカーの生産管理責任者として、中国にある現地工場の生産計画の管理業務、及び、品質保証業務を担当するといったものです。現地の中国人スタッフと、密に連絡を取ることになるので、意思疎通が出来るだけの語学力が必要となります。

 

また、日本に進出している中国のメーカーからも、生産管理の求人が出ていることがあります。この場合には、京都にある日本事務所が勤務先となり、日本市場での売上動向を見ながら、中国にある自社工場に、生産の指示を出すといった業務内容となります。

 

配送の手配、通関手続きといった物流に関する業務も担当するケースが多いですし、メーカーによっては、日本市場においてリリースする新商品の企画にも関与することになるなど、責任範囲が広くなる傾向があります。

 

IT系エンジニア

京都には、IT関連の企業で、グローバルで活躍している会社が多数、存在することもあり、IT系エンジニアを募集する求人で、中国語のスキルが要求されるものが、けっこう出ています。

 

そのなかでも、アプリケーションエンジニア、サーバー・ネットワークエンジニア、セールスエンジニアというのが、求人の発生頻度が高い職種となっており、これらの職種での就労経験がある人だと、簡単に転職が決まる可能性が高いです。

 

また、京都には、ゲーム開発会社も多く、ゲームディレクター、プロジェクトマネージャーを募集する求人も、頻繁に見受けられます。

 

正社員となると、未経験者は応募不可となり、最低でも3年程度の実務経験が必要となりますが、稀に、実務経験1年でOKといった、緩い求人も見つかります。

 

法務、内部監査

法務担当というのは、実は京都においては、けっこう募集がかかっている職種です。契約書の作成・審査、コンプライアンス推進、商事法務(株主総会事務局、取締役会事務局等)を担当するというのが、一般的な業務内容となりますが、将来的には、内部統制、訴訟対応、法改正に対する対応なども担当することになります。

 

(法務業務の経験が豊富な人の場合、入社時から、これらの業務も担うことになり、そういった人の給与は、高額に設定されることになります。)

 

また、企業によっては、中国企業とのM&A、合併、事業提携に関するプロジェクトのメンバーとして、法務の責任を負うというケースもあります。

 

かなり、重要度の高い職種であるため、応募条件は厳しく、企業内法務の経験(2~5年、企業によっては10年以上)が必須となりますし、法学部出身者に限定されることもあります。

 

また、語学に関しては、ビジネスレベルで、中国語を運用出来るのは、もちろんのこと、英語においても、TOEIC800程度のスキルが求められるケースが多いです。

 

その分、給与は高く、採用が決まれば、最低でも年収600万は確実、実績によっては1000万円近い数字も見込めます。

 

美容部員、販売員

資生堂のような、中国人に人気の日系化粧品メーカーだと、美容部員を募集する時に、中国語での接客が出来る人材を募集するケースが増えています。

 

この場合、メーカーの正社員として採用された後、デパートなど、日本各地の販売店に派遣されることになりますが、京都というのは、中国人観光客が多い地域ということもあり、有力な派遣先となっています。

 

(募集数が多いですし、優秀な人が派遣される傾向にあるので、給与も高めです。)

 

同じように、中国人に人気のある日系ファッションブランド、海外のラグジュアリーブランドからも、ショップ店員を募集する求人が出ており、通常は契約社員として採用されるケースが多いのですが、英語・中国語など、外国語が堪能な人は、正社員として雇ってもらえます。

 

ちなみに、接客業務だけでなく、店舗のメンテナンスやディスプレイなど、VMD的な役割も担うことになることも多いです。

 

応募条件に関しては、基本的に接客業務の経験が必須となりますが、中国語が堪能であれば、未経験者でも採用されることもあるようです。

 

観光ガイド

観光名所が多い京都において、観光ガイドというのは、中国語を活かせる代表的な仕事の一つと言えますが、正社員という前提で考えると、数はかなり少なくなります。観光ガイドというのは、契約社員・派遣社員というのが、一般的だからです。

 

正社員というのは、ガイドのなかでも、かなり特殊な分野に限られます。たとえば、京都の日本庭園の案内を、専門とするガイドといった感じです。

 

高い関心を持つ、外国人観光客を相手にするため、日本庭園に精通している人でなければ、勤まらない仕事であり、中国語が出来るだけでは、無理です。

 

また、富裕層など、VIP客をメインにしているため、接客スキルに長けていることも、必須とされており、ツアーコーディネート業務の経験者や、高級ホテルやエアライン、ラグジュアリーブランドなどでの接客業務経験者が、優先的に採用されています。

 

そのため、ハードルは高くなりますが、中国人を相手に、仕事をした経験があれば、評価してもらえる可能性があるので、こういった経験があるようであれば、大丈夫です。

 

タクシードライバー

外国人観光客専門のタクシードライバーというのは、全国的に需要が伸びている仕事ですが、日本を代表する観光地である京都でも、多数の求人が出ています。

 

1台をチャーターして、京都の名所を回るというのが、一般的なパターンであり、観光ガイド、アテンド的な役割も担うことになります。

 

こんなところに連れていって欲しいというリクエストにも、応じなければいけないので、オイシイお店の情報など、京都のことに精通している必要もあります。

 

そのため、京都検定の資格を持っていたり、京都の地理に精通していたりするような人が、強く求められていますが、このあたりは、入社後、勉強することでもOKとしているので、中国語が出来れば、採用される可能性は十分にあります。

 

ちなみに、タクシーの運転手だと、第2種免許が必要となるので、免許がない人は、入社後、教習所に通って、取得することになりますが、講習費用は会社負担ですし、講習も勤務とみなされて、給与が支払われるので、その点は安心です。

 

ちなみに、タクシードライバーの給与というのは、20~25万円ぐらいの固定給に、歩合が付く形になりますが、中国人旅行者が急増していることもあり、中国語が出来るドライバーだと、かなりの額になるようです。600万、700万といった年収を取っている人もいるので、夢があります。

 

(BMW、アルファード、クラウンといった高級車をタクシーとして使う会社が多いので、車好きの人にとっては、ここも大きな魅力になると思います。)

 

60歳未満であれば、正社員として採用してもらえるので、年齢が高い人にも、オススメの仕事です。ちなみに、定年(おおむね65歳)を迎えた後も、健康状態や勤務態度に問題がなければ、嘱託社員として、雇用を継続してもらえるので、老後の働き口として、考えることも出来ます。

 

カスタマーサポート・オペレーター

在日外国人相手のカスタマーサポートというのも、求人需要が高くなっている職種です。在日ビジネスマン、留学生や、訪日外国人をサポートする業務となり、当然、中国人顧客の割合が高くなるため、中国語が出来る人材を募集する求人は、非常に多いです。

 

また、タクシー会社でのオペレーター(お客さんからの電話を受けて、タクシーを手配するスタッフ)というのも、タクシードライバー同様、多数の求人が出ています。

 

ちなみに、カスタマーサポート、オペレーターの場合、様々な言語に対応出来る人のほうが、企業からは有り難がられます。

 

英語や中国語がメインですが、ベトナム語、マレー語、韓国語、ロシア語、スペイン語など、必要とされる言語は、多岐に渡ります。

 

複数の言語が出来れば、同じ正社員でも、より高い給与で採用してもらえるので、何か出来る言葉があれば、その言語が活かせるかどうか、問い合わせてみることをオススメします。(京都には、世界各国から人が集まってくる地域なので、ニーズは多彩です。)

 

中国語を活かす仕事

 

中国語で、どれぐらい稼げる? 京都の年収事情

年収というのは、業種・職種によっても異なりますし、その人の経歴や実力も関係してくるので、一概にこうと、具体的な数字を挙げるのは難しいのですが、全体的な傾向として、中国語が必要とされる仕事の場合、通常の正社員の給与相場よりは、1~3割ぐらいは上増しされています。

 

そのため、どんな仕事に就くとしても、中国語が出来ない人と比較すると、より良い条件で採用してもらえると考えていいと思います。

 

あくまでも現時点(2018年)での話なのですが、英語よりも中国語のほうが、武器になるのは確実です。(英語が必要な仕事だと、話せるのが当たり前で、英語が出来るからといって、優遇してもらえることは、少ないです。)

 

中国というのは、どんな業種においても、今後、ますます重要性が高くなる国になってくるのは確実ですが、その反面、日本人で中国語を操れる人が、急激に増えることは考えにくいので、売り手市場という傾向は、しばらく続くでしょう。

 

特に、京都の場合、中国人観光客相手のビジネスが大きいので、ここは仕事として狙い目です。

 

京都における年収事情

 

私は仕事に就けるの? ~京都で発生している求人の応募条件~

京都では、中国語のスキルが必要とされる求人が、多数発生していますが、中国語さえ出来れば、それで応募出来るというほど、単純なわけではなく、ほかにも、色々と条件が付くことがあり、仕事に就くのは、それなりに大変です。

 

そこで、ここからは、仕事を探す時に、気にする人が多い、応募条件にまつわる疑問について、見ていきます。

 

未経験者の私にもチャンスがある?

ここまで、読んで頂いた人だと分かると思いますが、メーカーや商社だと、応募者に対して、実務経験を要求するケースが一般的であり、未経験者が応募出来る求人というのは、ごく少数です。

 

中国語のスキルだけでは採用されないので、こういった業種においては、既に、その業界で働いていることが、仕事に就くための必要条件となってきます。(未経験者が採用されることも、稀にあるので、興味がある仕事が見つかったら、ダメ元でチャレンジしてみるのはアリです。)

 

一方、販売員、観光ガイド、タクシードライバー、ホテルスタッフなど、サービス・小売業に関連する求人だと、未経験者が応募出来る求人の割合が高くなるので、働いた経験がない人にも、チャンスが出てきます。

 

ちなみに、サービス・小売業の場合、正社員よりも、契約社員やアルバイトの求人のほうが、圧倒的に数が多く、こちらだと、さらに応募条件が緩くなるので、未経験者にはオススメです。

 

これで、経験を積めば、今度は経験者ということで、正社員の仕事に就けます。(正社員への昇格制度を設けて、勤務態度が真面目な人を、再雇用している会社も多いので、新たに仕事を探さなくて済むケースも多いです。)

 

京都は、サービス・小売業の求人が多いですし、中国語が出来れば、給与が優遇される傾向があるので、未経験者にとっては、狙い目の仕事です。

 

中国語関連の資格は、武器になる?

英語の場合、TOEICのスコアが、指標の一つとなっており、一定以上のスコアを持つことが、応募資格の一つになるケースが多いのですが、中国語に関しては、英語ほど、資格は重視されていません。

 

これは、雇う側の企業に、中国語の資格に対する知識がないということもありますが、英語と比較しても、より実用的なスキルとして、捉えているからという背景もあります。

 

そのため、中国語でのビジネス経験があるということのほうが、資格うんぬんよりも、大きなPR材料となります。

 

ですから、『中国関連の資格は、武器になる?』という問いに対しては、Noという答えになります。これが、中国語講師ということであれば、必須となってくると思いますが、民間企業においては、必要性は高くないです。

 

ちなみに、企業によっては、語学力の目安として、中国語検定やHSKを挙げていることもありますが、京都の会社から出ている求人だと、こういったケースは、かなり限定的です。

 

年齢はネックになる?

これは、職種によって大きく異なります。先ほども触れましたが、タクシードライバーというのは、シニア層でも採用されるため、年齢がネックになることはありません。京都だと、求人が非常に多いので、年齢が高い人には、オススメです。

 

また、京都で求人数が多い職種で言えば、観光ガイドも、年齢が問題になることがない仕事と言えますが、それ以外の職種だと、中国語ということに関係なく、やはり一定の年齢を超えると、正社員として仕事に就くのは、難しくなってきます。

 

一般的によく言われる、35歳の壁、30歳の壁というのは、中国語に関連する仕事においても、同じように当てはまります。

 

この年齢を超える人の場合、管理職として働けるだけの力量がないと、転職というのは、かなり難しいです。

 

ただし、例外としては、生産管理、製造技術、品質保証など、技術系の職種だと、高度な専門スキルを持つ、シニア層の技術者を歓迎している企業もあります。

 

(現地工場の中国人スタッフに技術指導が出来るぐらいの、語学スキルがあれば、まず確実ですし、普通の人よりも、高額の給与を得られる可能性もあります。)

 

求人への応募条件

 

求人情報を入手するには、どうすればいい? 

中国語に関連する仕事を探し出す方法というのは、幾つかありますが、正社員という前提で考えると、転職会社を利用するのが、最も確実です。

 

これがフリーランスの仕事や、中国国内で働くということであれば、中国に関連するコミュニティサイトを活用したり、政府関連の公的機関に相談したりという選択肢もありますが、京都で正社員の仕事に就くことを目指しているのであれば、こういったところは不向きです。

 

(満足出来る情報を入手することは、まず不可能でしょう。)

 

下記のページに、代表的な転職会社をリストアップしていますので、参考にしてください。

【京都】中国語のスキルが必須となる正社員採用の求人案件に強い転職会社6選

 

京都の求人情報の入手方法

 

補足:正社員の仕事に就くのが難しい人に、オススメのキャリアプラン

ここまで、正社員として働くことを前提に、話を進めてきましたが、社会人経験がないなど、人にとっては、正規雇用の仕事を望んでいるけど、なかなか採用してもらえないということもあるかもしれません。

 

中国語というスキルがあれば、何らかの仕事が見つかる可能性はあるのですが、同時に、正社員にこだわり続けていると、時期を逃してしまうことにもなりかねないので、正社員の仕事を探しつつ、代わりとなるようなことも、模索しておいたほうがいいです。

 

それが、まずはアルバイトや契約社員など、非正規雇用の仕事に就くということです。京都であれば、ホテル、旅行会社など、観光業関連で、数多くの求人が出ていますし、通訳・翻訳といった仕事に就けるチャンスもあります。

 

そして、ここが重要なのですが、仮に非正規雇用であっても、仕事を始めて、職務経験を積んでいけば、その経歴を活かして、正社員の仕事に就ける可能性が出てきます。

 

アルバイトや契約社員として働いている人のなかで、能力が高い人、真面目に働く人を、正社員として再雇用するという会社も少なくないので、そのまま、正規雇用に変われるかもしれないですし、中国語を使って、仕事をしたという実績を評価して、最初から正社員として雇ってくれる会社が見つかるかもしれません。

 

中国語で仕事が出来る人というのは、まだまだ少数で、企業側からすると、希少価値が高い人材です。特に、京都は中国語関連の求人が多いため、より一層、その傾向が強くなります。

 

もちろん、これは実際にやってみなければ分からないのですが、インバウンド需要が高く、かつ、中国経済が好調で、重要視している日系企業が多い現状においては、試してみるだけの価値があります。

 

この状態が、将来も続くとは限らないので、中国語が武器になる今のうちに、動くことをオススメします。

 

なお、先ほど、京都で正社員の仕事を探すのには、転職会社を利用するのがベストという話をしましたが、将来的に、正社員を目指すということで、こういったことを相談してみるのもアリです。

 

数年単位のキャリアプランという観点で、貴重なアドバイスをもらえると思いますので、ぜひ一度連絡を取ってみてください。