エムスリーキャリアの中途採用事情

 

医師・薬剤師を対象とした総合的なキャリアサービスとして、『人材紹介/求人広告サービス』、『キャリア情報提供サービス』、『医療コンサルティングサービス』の3事業を展開している人材サービス会社、エムスリーキャリア。

 

そのなかでも、主軸事業と位置付けられている人材紹介サービスは、医療従事者を対象とした医療ポータルサイト『m3.com』をベースに、多種多様な情報サービスを展開、業界関係者から、高い評価を得ています。

 

医療関係者向けの情報サービスと聞くと、一般人には、あまり馴染みがない業態かもしれませんが、情報ポータルサイトの運営と、転職支援サービスが合わさったような事業と考えると、イメージしやすいかもしれません。

 

いずれにしても、エムスリーキャリアは、成長著しいベンチャー企業であり、今も事業拡大のペースが速く、そういった背景から、人材採用の動きは、活発です。

 

様々な職種において、募集がかかっており、エムスリーキャリアへの転職のチャンスは豊富に存在するので、関心がある人は、このタイミングで真剣に検討することをオススメします。

 

このページでは、エムスリーキャリアの中途採用求人の傾向、及び、社員の年収・給与水準、社内の労働環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

エムスリーキャリアの中途採用求人の傾向

現在、エムスリーキャリアの中途採用枠は、下記の通りとなっています。

 

<コンサルタント(医師/その他)>

  • [経験者限定]医師コンサルタント
  • 医師コンサルタント
  • 非常勤医師コンサルタント

 

<コンサルタント(薬剤師)>

  • 薬剤師コンサルタント
  • 薬剤師コンサルタント(チームマネージャー候補)
  • 薬剤師コンサルタント(営業経験者応募可能枠)

 

<ビジネスディレクター>

  • ソリューション営業(在宅クリニック事業)
  • 新規事業推進担当
  • 事業責任者候補
  • 企画営業

 

<システムエンジニア>

  • Webアプリケーションエンジニア
  • 社内システム開発エンジニア(Salesforce、AI)
  • クオリティアシュアランス(QA)

 

<マーケティング>

  • マーケティング責任者候補
  • Webマーケティング担当(経験者メンバークラス)
  • Webマーケティング担当(未経験者メンバークラス)
  • Webディレクター担当_医師キャリア事業部
  • コンテンツ制作担当(ライター)

 

<コーポレート>

  • 社内SE(インフラシステム企画)
  • 人事企画担当

 

様々な職種を対象に、募集がかかっていますが、どの職種に応募すべきか、自分では判断がつかないということであれば、エムスリーキャリアの人事担当者から、適切な職種を提案してもらう『カジュアル面談』というサービスを利用することも可能です。

 

(面談を行って、本人の適性をチェックしたうえで、適応する職種を判断するという流れです。)

 

これは、転職会社ならではのサービスですが、職種を決めずに応募することが出来るので、職種選びに迷っている人にとっては、かなり有り難いサービスです。

 

ちなみに、このサービスは、今すぐ、転職することは考えていないという人でも、利用出来るので、今後の参考までに、とりあえず、話を聞いておくといった使い方もオススメです。(他社への転職を検討する際には、役立ちます。)

 

なお、エムスリーキャリアには、店舗での接客販売経験者、医療従事者、コンサルティングファーム出身者、個人事業主、ベンチャー企業の企画担当者など、様々な職歴を持つ人材が集まっています。

 

中途入社者の9割以上が、業界未経験で入社していますが、入社後は、座学研修やOJTを通じて、短期間で、業務を遂行するうえで必要な予備知識・スキルを習得出来るので、スムーズに、仕事に取りかかれています。

 

この業界のことが全く分からないということでも、心配は不要なので、安心して応募してください。

 

おおまかな傾向としては、こういったものとなりますが、求人によっては、応募資格として、細かい条件が指定されているケースもあるので、詳細については、個々に確認するようにしてください。

 

求人情報の入手方法

エムスリーキャリアの公式サイト内に、採用情報ページが開設されており、そちらのページにおいて、中途採用求人の募集要項、及び、募集がかかっている求人の一覧について、確認することが出来ます。
https://career.m3career.com/recruitment/entry/

 

また、エムスリーキャリアは、転職エージェント経由でも、人材を募集しており、そちらから、求人情報を入手することも出来ます。

 

公式サイト、転職エージェント、どちらでも、入手出来る情報は一緒ですが、エージェントの場合、様々な企業の求人情報を押さえているので、エムスリーキャリアを他社の求人と比較してみたいといった時には、まとめて情報を入手出来るので、便利です。

 

(エージェントは、各企業の社内事情を把握しているので、内部のことについて、より細かい情報を入手出来るというのも、大きなメリットです。)

 

このページの最後に、エムスリーキャリアの中途採用求人を扱う、代表的な転職エージェントをリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

エムスリーキャリアの社員の年収・給与制度について

エムスリーキャリアに勤務する社員の年収ですが、職種別に幾つか給与事例を挙げると、下記の通りとなります。

 

  • 営業 28歳 年収500万円
  • 営業 29歳 年収550万円
  • 営業 30歳 年収590万円
  • 営業 31歳 年収500万円
  • キャリアコンサルタント 28歳 年収460万円
  • キャリアコンサルタント 30歳 年収450万円
  • キャリアコンサルタント 33歳 年収500万円
  • キャリアコンサルタント 38歳 年収650万円
  • キャリアコンサルタント プレイングリーダー 32歳 年収600万円
  • 新規事業・事業開発 27歳 年収520万円
  • 経営企画 28歳 年収450万円
  • 経営企画 31歳 年収500万円

 

エムスリーキャリアの給与体制としては、毎月の基本給に各種手当、賞与(最大2か月)が支給されるといったものとなります。

 

諸手当については、通勤手当(上限3.5万円/月)、慶弔手当、時間外手当があります。残業に関しては、20時間の見なし残業手当として、一定額を毎月支給しつつ、20時間を超過した分については、別途、実費を支給するという形になります。

 

ちなみに、エムスリーキャリアにおける、月間平均残業時間は、36時間となっています。

 

福利厚生に関しては、社会保険(雇用・労災・健康・厚生年金)が完備されているほか、ビジネス図書購入制度(1万円未満の図書を、会社負担で何冊でも購入可能)、勉強応援制度(資格取得等の費用を、6万円を上限として、半額負担)といったものがあります。

 

社員の自己啓蒙・スキルアップを支援するような制度が多く、ここはベンチャー企業ならではと言えますが、その反面、住宅手当、扶養手当といったものはないので、注意してください。

 

(独身者に優しい制度設計とも言えますが、ここは社員の平均年齢が若い会社であることも、影響しているかもしれません。)

 

昇給については、基本的に、毎年4月に、給与見直しの機会がありますが、それとは別に、エムスリーキャリアでは、月次単位で、役職等の見直があります。ポジションが変わった時には、それに伴い、給与も変わるので、実質的には、常に給与アップのチャンスがあると言えます。

 

なお、具体的な昇給額については、一律ではなく、本人の実績を加味して、算出されることになります。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途入社の場合、初年度の年収は、前職までの経歴・実績をベースに算定されることになりますが、ここは交渉次第で金額が変わってくるという要素もあります。

 

そのため、エムスリーキャリアからの提示額に納得がいかない時には、そこで妥協せず、自分の希望額を伝えて、しっかりと交渉することをオススメします。

 

もし、こういった条件交渉を行うのは苦手ということであれば、前述した転職エージェントに、交渉の代行を依頼してください。

 

彼らは転職のプロなので、この手の交渉事に長けており、うまく話を進めてくれます。その結果として、上積みを勝ち取ったという実績を豊富に持っているので、ぜひ一度相談してみてください。

 

※補足
エムスリーキャリア自体が、転職支援を手掛ける会社ということもあり、自社に入社する人に対しても、本人の要望を汲み取って善処してくれる傾向があるので、何かあれば、遠慮無く伝えておいたほうがいいです。

 

エムスリーキャリアの評価制度について

エムスリーキャリアでは、グレード制が導入されていますが、評価指標が明快で、かつ、その基準が公開されているので、人事評価の透明性は、高いものとなっています。(定性・定量の二面評価となります。)

 

具体的には、半期に上げた成果(営業であれば受注件数など、職種ごとに、指標が設定されています)、及び、自分自身で設定した目標の達成度合いを、考課者であるチームリーダーが評価するというものとなります。

 

ちなみに、成果というのは、営業であれば、受注額といった単純な数字ではなく、会社が規定する数値によって管理されることになります。

 

これは、案件によって、受注額の規模が異なること、また、受注する頻度も変わってくるので、単純に数字だけで比較すると、どんな案件を扱うかで、有利不利が発生してしまうためです。

 

このように、エムスリーキャリアの人事評価制度は、公平さを担保出来るように、工夫されているので、社員からみても納得度が高いものとなっています。

 

エムスリーキャリアの教育制度・成長環境について

エムスリーキャリアは、各社員に対して、自ら考えて行動すること、PDCAのサイクルを速く回すことを、強く要求する会社なので、毎日のように、このことを意識させられます。

 

その結果として、次のアクションを考え、素早く実行する力が養われることになり、実際、エムスリーキャリアでは、行動が速い社員が多いです。

 

1人の社員が担当する案件の数が多いため、優先順位を判断して、重要度の高い業務から、処理していく判断能力も必要ですし、異なるフェーズにある、複数の案件を同時に処理していく能力も、必要不可欠です。

 

こういった環境で、働くことになるので、嫌でも、マルチタスクのスキルが磨かれることになります。この能力は、業種を問わず、どんな職場においても通用するスキルであり、将来のキャリアを考えても、この会社で働くことは、プラスになると断言出来ます。

 

ちなみに、エムスリーキャリアは、役職者に対して、プレイングマネージャーとして、自らも現場で働くことを要求する会社なので、部下をマネジメントする立場にあったとしても、悠長に構えているような姿勢では、通用しないので、そこは厳しいです。

 

その反面、実績を出せば、幾らでも給与が上がりますし、年齢や職務年数を問わず、早い段階で、マネジメントする側に立つことも出来るので、やり甲斐があります。(新規事業の開発責任者になることも出来ます。)

 

教育面に関しては、仕事に必要なことが何かあれば、それは自己責任で学ぶべきというのが、基本的な姿勢であり、会社として、教育制度を用意しているということはありません。

 

そのかわり、上記でも触れたように、仕事に対する成果を厳しく求めることで、社員の成長を促しています。

 

なお、社員同士で集まって、勉強会を開催するといったことは行われているので、こういった場に参加することで、学習の機会を得ることは可能です。

 

ワークライフバランスについて

エムスリーキャリアの就労環境は、部署によって変わってきます。たとえば、転職コンサルトだと、求職者によっては、週末にしか連絡が付かない人もいるため、週末出勤が常態化しています。

 

ただし、会社としては、土日は原則、休みとしており、休日出勤が発生した時には、必ず振替休日を取得出来るので、休みが少なくなるという心配は不要です。

 

なお、注意点としては、エムスリーキャリアは、実働8時間、休憩90分を基本とするため、会社にいる拘束時間が、9時間30分となります。残業の対象となるのも、出勤してから、9時間30分が経過した後となります。

 

なお、始業時間は、8:00~9:30の間で、選べるようになっていますが、大半の社員が9:30出勤を選択しています。

 

長期休暇に関しては、有休に加えて、夏期休暇、年末年始休暇、特別休暇(体調不良/通院等の事情により、休む必要がある社員を対象に、最大2日付与)が、用意されています。

 

また、年に1回、リフレッシュ休暇として、有休を連続5日以上取得することが、認められています。このリフレッシュ休暇は、管理職も取得しているぐらいなので、基本的に、誰でも自由に利用出来ます。

 

こういったこともあって、エムスリーキャリアにおける有休の消化率は7割近くに達しており、非常に高いものとなっています。

 

なお、これは、今現在においては、一部の職種に限定されていますが、在宅勤務が認められるようになってきており、今後、対象となる職種が広がるのは確実なので、近い将来、働き方の自由度が、一気に高くなる可能性が高いです。

 

女性の働きやすさについて

エムスリーキャリアでは男性、女性という意味での区分は無く、全員平等の立場で、仕事が出来る環境です。昇給・昇進の機会についても、男女平等であり、女性でも実績を出している人は、どんどん昇進しているので、キャリア志向が強い人にとっては、充実した環境と言えるでしょう。

 

一方、育児支援体制については、産休や育休といった制度が、だんだん整備されてきており、年々、取得する社員が増えてきています。

 

復職後には、時短勤務、在宅勤務を選択することが出来るので、小さな子供がいる人でも、無理なく働き続けることが出来ます。

 

(なお、介護などを理由に、在宅勤務を利用することも認められており、実際に申請して、働いている人もいます。)

 

エムスリーキャリアの転職先としての価値

エムスリーキャリアは、外資系のような、ロジック・数字をベースにした考えと、ベンチャー企業のようなガツガツした雰囲気を兼ね備えている、エネルギッシュな会社です。

 

能力がある人、実績を残す人を、適正に評価する会社なので、自分の実力で勝負したいというタイプの人に向いている会社です。

 

ただし、待遇面については、ベンチャーということもあり、大企業と比較すると、一歩劣る部分があるというのが、正直なところです。

 

そして、エムスリーキャリアで求めるような、自立した人というのは、どこの会社でも通用するので、もしかしたら、エムスリーキャリア以上の好条件の会社に転職出来るかもしれません。

 

そのため、他社の求人情報もチェックして、エムスリーキャリアと比較したうえで、転職の判断を下すことをオススメします。

 

下記に、エムスリーキャリアの中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、彼らは、様々な企業の求人情報を扱っているので、ぜひ、他社のことについても、色々と話を聞いてみてください。

 

<エムスリーキャリアの中途採用求人を扱っている転職エージェント>