アイスランド大使館の求人情報

 

在日のアイスランド大使館というのは、規模が小さいので、大使館で働く人も少なく、現地スタッフを募集する求人というのは、めったに出てこないのですが、募集がかかる時には、ほぼ確実に、大使館の公式ツイッター、Facebookページで告知されます。

 

過去の事例だと、こんな感じです。

 

アイスランド大使館の求人情報
https://ja-jp.facebook.com/IcelandEmbTokyo/posts/1671911522871105

 

アイスランド大使館の求人情報
https://twitter.com/icelandembtokyo/status/948720311247151104

 

そのため、どちらか、もしくは両方をフォローしておくのがベストです。フォローしておけば、自分で調べる必要がなくなるので、そういった意味でもオススメです。

 

アイスランド大使館の場合、これで、ほぼ大丈夫なのですが、外部の情報源を利用するのであれば、海外関連の求人情報をまとめて掲載しているサイト、および、転職会社のサイトというのが、選択肢になってきます。

 

具体的には、次の4サイトがオススメです。

 

 

Daijob.com

Daijob.comは、外資系企業やグローバル企業の求人情報を扱っているサイトなのですが、官公庁や民間団体(NGOやNPOなど)の求人案件も掲載しており、大使館の求人が見つかることもあります。

 

過去には、こんなふうに、アイスランド大使館の求人が掲載されていたこともあります。

 

アイスランド大使館の求人情報

 

Japan Times Jobs

英字新聞のJapan Timesの求人広告欄は、昔から、大使館の求人を探す時には、鉄板の情報源でした。(インターネットがなかった時代には、唯一といっていいぐらいでした。)

 

求人広告欄は、今でもありますが、その情報をネット上で公開しているサイトが、Japan Times Jobsです。大使館、政府観光局など、公的機関の求人情報が載っているので、アイスランド以外の求人についても、確認することが出来ます。

 

リクルートエージェント、リクナビネクスト

リクルートエージェントとリクナビネクストは、両方とも、国内最大手の人材紹介会社、リクルートグループが運営するサイトで、両方とも情報サイトなのですが、リクルートエージェントのほうは、転職支援サービスが付いています。

 

リクルートエージェントは、正社員の求人に特化していて、経験豊富な社会人向け、リクナビネクストは、契約社員やアルバイトの求人も載っていて、リクルートエージェントよりも、間口が広く、初心者向けというイメージです。

 

アイスランド大使館の求人情報

 

両者とも、大使館関連の求人を扱っているですが(上記の画像はリクナビネクストのものです)、加えて、リクルートエージェントのほうが、下記のような、大使館が関係してくる仕事に関する求人も紹介してもらえるので、選択肢の幅を広げて、仕事を探したいという時には、最適です。

 

アイスランド大使館の求人情報

 

同じ系列のサイトなのですが、内容が異なるので、二つとも押さえておくといいです。

 

アイスランドに関係する民間企業という選択肢

アイスランド大使館の求人を入手出来るような情報源というのは、おおむね、こういったものとなりますが、スタッフの募集がかかる頻度自体が少ないので、こうやって求人情報をチェックしたとしても、いつ、実際に求人が見つかるかは分かりません。

 

次に、求人が見つかったのが、1年後ということになったとしても、正直、驚くことではないです。それぐらい、求人が少ないです。

 

そのため、あまり、アイスランド大使館にこだわり過ぎると、いつまでたっても、仕事に就けないということになってしまうので、少し幅を広くして、考えることをオススメします。

 

その一つが、アイスランド以外の国の大使館で、仕事を探してみるということです。どこかの大使館で、必ずスタッフを募集しているので、国を問わなければ、けっこうチャンスは多いです。

 

そして、もう一つの方向性として、アイスランドに関連する事業を展開する民間企業の求人をチェックするということです。

 

アイスランドと日本というのは、経済的には、それほど結びつきが強くはないのですが、水産品、農産物を扱う専門商社や食品メーカー、及び、鉄鋼、電気、金属、自動車、一般機械、光学機器といった分野のメーカーが、アイスランドに進出しているので、こういった企業からであれば、求人が出ることがあります。

 

また、オズール、マレル、コーリ、シックスティーシックスノースなど、日本に進出しているアイスランド資本の会社から、求人が出ることもあるので、このあたりも候補となってきます。

 

こういった企業に入ることで、アイスランドと関わりを持ちながら働くことが出来ますし、大使館で仕事を得るよりも、よほど現実的なので、関心があるようでしたら、真剣に検討してみてください。

 

なお、こういった求人については、上記で触れたリクルートエージェントであれば、扱っていますし、JACリクルートメントビズリーチといった転職会社も、この手の求人を押さえているので、情報源として利用出来ます。

 

※JACに関する補足

  • JACは海外移住、海外転職を支援するサービスではありません。海外勤務、海外駐在などの求人を紹介してもらえます。
  • 年収600万円~2,000万円の方にオススメのサービスです。

 

まとめ

アイスランド大使館で働くというのは、なかなか難しいのですが、視点を変えれば、自分が満足出来る仕事が見つかるかもしれないので、色々と考えてみてください。