シミックの中途採用事情~年収、評価制度、就労環境、etc~

シミックの中途採用事情

 

1985年に設立され、1992年より医薬品開発受託機関(CRO)としての業務を開始したシミック。日本で最初にCRO事業を開始した業界のパイオニアとして、国内トップクラスの売上を上げ続けています。

 

設立以来、業績は順調に推移しており、近年では、CMO・CSO・ヘルスケア・IPD・グローバル対応など、様々な事業を展開しており、グループ全体での従業員数が5000名を超える巨大企業となっています。

 

そういった背景もあり、シミックでは、中途採用が積極的に行われています。このページではシミックの中途採用求人の傾向や社員の年収、就労などについてまとめていますので、シミックへの転職を検討している人は参考にしてください。

 

シミックの中途採用求人の傾向

シミックは中途採用に積極的な会社であり、常時、様々な職種において、求人がかかっています。また、募集職種はかなり細分化されており、これまでの経験に応じて、最適な職種を選択出来るようになっています。

 

カテゴライズされた”これまでの経験”というのは、具体的な指標を挙げると、下記のようなものとなります。

 

  • 製薬メーカーの研究開発経験
  • CRO業界経験
  • CMO業界経験
  • 看護師としての臨床経験
  • MR・営業経験
  • 管理職経験
  • 間接部門経験
  • その他(未経験もしくは前職に拘らずに就職を希望する人)

 

この指標ごとに、応募可能な職種が指定されています。たとえば、前職が「製薬メーカーの研究開発系」だった場合、下記のような職種に応募可能となっています。

 

  • 臨床開発モニター
  • データマネジメント
  • メディカルライター
  • 安全性情報担当者
  • 統計解析
  • 医薬品薬事スペシャリスト

 

それぞれの指標ごとに、複数の職種のポジションが用意されており、前職に応じて適した職種が選択出来るようになっています。

 

仮に、前職にこだわらずにポジションを選びたい場合や、業界・職種ともに未経験の場合は、キャリア登録を行い、マッチングされるまで待つことも可能です。

 

(ただし、そう簡単に、自分が希望する条件に合う求人が出てくるとは限らず、長期戦になるのは確実ですし、職種によっては、幾ら待っても求人が出てこないという可能性もあり、ギャンブルに近い要素があります。)

 

応募条件に関しては、募集ポジションが多いため、非常に多様です。基本的には職種経験は必須であり(1~3年程度の経験年数を要求する求人が大半です。)、医療業界における就労経験についても、求められるケースが多いです。

 

一方、CROやMR、管理部門では、医療業界未経験者が採用されるケースもあります。また、管理部門系の職種になると、英語力が要求される求人が多く、TOEICスコア700~800程度が目安となります。

 

求人情報の入手方法ですが、公式サイト内に中途採用希望者向けの専用ページがあり、そのページにおいて、募集要項の詳細について、確認することが出来ます。
http://www.recruit.cmicgroup.com/recruit/carrier/

 

また、シミックは、転職エージェント経由でも、募集をかけているので、エージェントに問い合わせるというのも、一つの方法となります。このページの最後に、代表的なエージェントをリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

シミックの社員年収について

シミックに勤務する社員の年収について、幾つか具体的な数字を挙げると、下記のようになります。

 

  • 28歳 臨床開発 年収450万円
  • 33歳 臨床開発 年収500万円
  • 30歳 臨床開発 年収530万円
  • 34歳 臨床開発 リーダー 年収650万円
  • 28歳 営業 年収510万円
  • 39歳 データマネジメント 年収600万円
  • 33歳 統計解析 年収500万円

 

賞与は年に二回、夏と冬に支給されます。夏は二か月分、冬は二か月分に加えて、個人業績を加味したインセンティブが加算されます。みなし残業制を採用しているため、給与にはあらかじめ残業見込み手当が20時間分含まれています。

 

同業他社と比べると、シミックの給与水準は低くなっており、それを理由に退職する人もいます。ただし、会社側も、その状況を把握しており、改善を図るため、2017年度より、新人事制度へ移行、これまでよりは昇給しやすくなっているので、今後は変わってくる可能性があります。

 

そのため、シミックへの転職を考えるときには、最新の給与体系について、確認しておくことをオススメします。

 

シミックの人事評価・昇給制度について

シミックでは、期首(9月)に年間目標を立てて、中間地点(半年後)に結果のレビューを行い(状況に応じて見直しをかけることもアリ)、期末に上長との面談を通して、目標達成度を確認、その結果を踏まえて、査定が決まる人事評価制度を導入しています。

 

評価面談は、自己評価⇒一次評価(上長評価)⇒二次評価(部門長評価)⇒最終評価の順に行われるなど、かなり綿密なものとなっています。

 

評価指標として用いられるなかで、重視される項目は、担当施設数や症例登録数など、職種ごとに決まっており、それ以外は、あまり評価の対象とはならない傾向があるので、重点項目で成果を出すことに集中するのが、シミックで高評価を得るためのポイントとなります。

 

透明性の高い評価制度ですが、あまりにも良い評価を得た場合、最後にキャリブレーションと呼ばれる調整が入り、平均的な評価に落とされるケースが多々あります。

 

結果的に、横並びになるため、パフォーマンスが高い社員ほど、不満を持ちやすいという、あまりよろしくない状況となってしまっています。

 

昇給は評価に応じて年に一回行われますが、ポジションを上げない限り、ほとんど上昇しません。また、年功序列ではなく、成果主義であるため、評価によっては、降格や減給もあります。

 

シミックの成長環境について

シミックは社員教育に力を入れている企業です。部署内で毎月一回の研修があるほか、任意で参加可能な研修が、たびたび開催されています。また、英語学習補助として、TOEICの受験を毎年一回無料で行うことが出来ます。

 

また、シミックは研修以外でも学びの機会が多い会社です。CRO大手のため、受託案件が多く、待機時間なく様々なプロジェクトにアサインされることになり、実務を通して、大きく成長する機会が豊富にあります。

 

『未経験からの入社でも、問題なく業務に取り組めて、専門性を身に付けることも出来た』という社員の声もあり、成長意欲が高い人にとっては、申し分のない職場と言えます。

 

ワーク・ライフ・バランスについて

繁忙期には、月80~90時間程度の残業となることもありますが、その時期を抜かせば、残業時間は、月20時間未満と、時間外労働は少ないです。また、土日祝日に出勤している人、持ち帰り残業をしている人も殆どいません。

 

2015年からはフレックス制度も導入され、形骸化することなく、利用されています。さらに在宅勤務制度も存在するため、働き方に関する自由度は、かなり高いです。有給休暇も取りやすく、まとめて取得して、旅行に行くなど、リフレッシュのために、うまく活用している社員が大勢います。

 

女性の働きやすさについて

シミックは社員の半数以上が女性であり、女性が働きやすい環境づくりを積極的に行っている会社です。男性と女性で、仕事の内容に差がつくことはなく、女性でも重要なプロジェクトにアサインして、バリバリ働くことが出来ます。

 

昇進の機会についても、男女平等です。実際、シミックには、管理職に就いている女性が多く、キャリアアップを目指す女性にとっては、働き甲斐がある会社と言えます。

 

育児支援態勢も充実しており、産休・育休制度を活用している社員は非常に多く、ほとんどの社員が出産後に職場復帰しています。

 

また、外勤が発生する職種で働いていた人の場合、復帰後には、外勤のない他部署へ異動するといったことも可能です。

 

時短勤務を選択することも可能となっているので、フレックス、在宅勤務と合わせて活用することによって、無理のないペースで、長期間働き続けることが可能です。

 

シミックの転職先としての価値

ここまで、シミックの就労環境について、様々な角度から見てきましたが、業界最大手企業だけあって、社員が働きやすいように、手厚い配慮がされており、ストレスなく働けます。特に、仕事だけでなく、プライベートも重要という人にとっては、何かと魅力を感じる環境でしょう。

 

ただし、残念なことに、シミックの給与は安いです。CRO業界は、メディカル系の業種としては、決して、それほど高収入というわけではないのですが、そのなかでも、シミックは低い部類に入ります。働きやすいといっても、収入が低いというのは、大きなネックです。

 

ただし、それでも、シミックで働くことに価値を感じる人は多く、だからこそ、社員数が5000名を超えるような大組織になっていると言えます。

 

今年度(2017年度)からは、給与制度の改定にも踏み切っているので、今後は、改善される可能性が高いので、このあたりも踏まえて、シミックへ転職するかどうか、検討するようにしてください。

 

最後に、シミックの中途採用求人を扱っている転職エージェントをリストアップしておきますが、彼らは、社内事情に精通しているので、一人では判断がつかないということであれば、相談してみるのもアリです。客観的な視点でアドバイスしてくれるので、参考になります。

 

また、エージェントは、様々な企業の求人案件を保有しており、転職先に希望する条件を伝えれば、シミック以外に、希望条件に合う企業が存在するかどうか調べてくれます。思わぬところから、魅力的な会社が出てくることもあるので、興味がある人は、ぜひ調べてもらってみてください。

 

<シミックの中途採用求人を扱っている転職エージェント>


転職を目指す会社が決まった場合、年収などの条件交渉を代行してもらうことも出来ます。年収アップに成功するケースが少なくないので、ぜひこういったサポートも受けてみてください。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ