エルメスジャポンの中途採用事情と転職者の年収について

画像出典:Callum Styan

 

世界的に有名なフランスのラグジュアリーブランド、エルメス。日本法人名はエルメスジャポンで、1983年に設立されました。

 

その人気・ステイタスは圧倒的で、代表作であるレザートートバッグ「バーキン」をはじめとした数多くの作品は、日本においても熱狂的な支持を受け続けています。

 

就職先としても人気の会社ですが、待遇、就労環境が良好なため、離職率が極めて低く、そのため、新しい人材を募集することが、あまりありません。

 

ポジションに空きが発生した時に、不定期に募集をかける形になりますが、人気が高いので、すぐに埋まってしまうのが実情です。

 

補足

エルメスは人員が足りているので、新卒採用は何年もおこなっておらず、中途採用のみとなっています。

 

エルメスジャポンが人材を募集する時には、必ず転職エージェントを通して告知するので、あらかじめエージェントに登録しておいて、新規求人が発生した時に、連絡してもらえるようにしておくことをオススメします。

 

なお、エージェントにも守備範囲があり、販売スタッフの求人は、アパレル業界を専門とするエージェント、本社勤務の総合職の求人については、外資とのコネクションを持つ総合系の転職エージェントが扱うのが、通常のパターンなので、希望する職種に応じて、登録先を変えてください。

 

<エルメスジャポンの求人を扱う転職エージェント>

転職会社名対象職種備考
JACリクルートメント総合職マネージャークラスの求人もカバー
リクルートエージェント総合職
ビズリーチ総合職マネージャークラスの求人もカバー
クリーデンス販売職
ファッショーネ販売職


※JACに関する補足

  • JACは海外移住、海外転職を支援するサービスではありません。海外勤務、海外駐在などの求人を紹介してもらえます。
  • 年収600万円~2,000万円の方にオススメのサービスです。

 

 

エルメスジャポンへの転職を目指す時に注意すべきこと

繰り返しになりますが、エルメスは常時、求人が存在するわけではありません。タイミングによっては、応募できる求人が一つもないということも十分にあり得るので、その点を考慮したうえで、転職活動を行う必要があります。

 

まず、今現在、どこかの会社で働いているのであれば、絶対に辞めないことです。離職中だと、それだけで企業からの評価が落ちてしまい、決まる仕事も決まりません。

 

エルメスのように、競争度が激しい会社であれば、なおさらです。現役の人が優先されることは間違いないので、今の仕事を続けた状態で、転職エージェントに登録しつつ、気長に求人が出るのを待つようにしてください。

 

エージェントに他社の求人を紹介してもらうのもアリ

もし、なるべく早く転職したいということであれば、エージェントにエルメス以外の求人についても、相談してみるのもアリです。

 

エージェントは、様々な企業の求人を扱っており、転職先に希望する条件を伝えれば、それらの条件に見合う求人が、ほかの会社からでているか、チェックしてくれますし、そこで求人があれば紹介してもらえます。

 

もし、エルメス以外に、意中の会社があれば、名指しで指名するのもOKです。

 

思いのほか、魅力的な求人を紹介してもらえるケースも多いので、関心があるようでしたら、ぜひ、他社のことについても、話を聞いてみてください。

 

エルメスジャポンの年収・給与制度:販売職

エルメスジャポンの給与水準は、同業他社以上となっているため、満足している社員の割合が高くなっています。

 

インセンティブはほとんどありませんが、多額のボーナスがもらえるため、ストアスタッフでも、30歳前後で、年収500万円を超えるのが普通です。

 

店長に昇進すれば、600~700万円、エリアマネージャークラスになると、700~800万円といった高収入を手にすることも十分に可能です。

 

エルメスジャポンで働く社員の年収事例:販売職

  • 販売 27歳 年収550万円
  • 販売 28歳 年収500万円
  • 販売 30歳 年収500万円
  • 販売 32歳 年収530万円
  • 販売 33歳 年収530万円
  • 販売 34歳 年収420万円
  • 販売 39歳 年収550万円
  • 店長 30歳 年収570万円
  • 店長 32歳 年収600万円
  • 店長 36歳 年収650万円

 

エルメスジャポンの年収・給与制度:総合職

総合職は、販売職以上に給与水準が高く、役職に就いている人だと、年収が1000万円を超えることも珍しくありません。

 

ただし、景気の良い時期に入社した社員は、収入が高い傾向があり、能力に応じた所得ではないため、その部分を不満に思う従業員は存在するのも事実です。

 

なお、総合職に関しては、中途で適任者を外部から採用することを、エルメスは基本方針としています。

 

社内転職という形で、販売員が本社勤めに切り替わるという事例もありますが、ハードルは高く、ほかのスタッフを大きく上回るような売上実績を出さないと、厳しいです。

 

エルメスジャポンで働く社員の年収事例:総合職

  • マーケティング 29歳 年収670万円
  • 営業アシスタント 31歳 年収400万円
  • 営業 28歳 年収600万円
  • 営業 課長クラス 33歳 年収750万円
  • 営業 課長クラス 46歳 年収1060万円
  • 経理財務 30歳 年収500万円
  • 経理 課長クラス 38歳 年収1000万円
  • 購買 28歳 年収530万円
  • 購買 課長クラス 41歳 年収940万円

 

中途採用で入社する時は、交渉次第で年収が大きく変わる

これは、外資であれば、どの会社でも一緒ですが、中途採用の場合、給与は会社側との話し合いで決まるので、交渉次第で、年収が変わることになります。

 

実際、同じタイミングで入った、同じような経歴を持つ人同士でも、年収で50~100万円ぐらいの給与差が付いていたというケースが多々あります。

 

流れとしては、採用が確定した段階で、エルメスから給与額が提示されますが、その額に納得がいかなければ、自分の希望条件を伝えて、交渉するようにしてください。ここで、妥協してしまうと、入社後、後悔することになりかねないので、注意してください。

 

もし、こういった条件交渉をどう進めていいか分からない、あるいは、この手の交渉は苦手という人は、転職エージェントに交渉を代行してもらうようにしてください。

 

彼らは、年収交渉の経験が豊富なので、エルメス側の事情を加味しながら、うまく進めてくれるので、条件アップに成功するケースは多いです。

 

しこりが残るような強引な交渉はしないので、ぜひ、一度相談してみてください。

 

エルメスジャポンの就業環境、ワークライフバランスについて

原則、毎月10日間の休みが保障されており、残業も基本的には発生しません。そのため、自分の時間を確保しやすい環境です。有給休暇についても、ほぼ自由に取得することが可能な状況となっています。

 

ブランド本社はフランスですが、日本法人は伝統や文化を大切にする傾向があり、良くも悪くも保守的で日本的な企業風土を持ち合わせているので、外資の自由な雰囲気を求めて転職すると、イメージと違うという結果になってしまうかもしれません。

 

エルメスジャポンの福利厚生について

エルメスジャポンでは、一般的な福利厚生が用意されており、それに付帯して、エルメス製品の社員割引を受けることが出来ます。外資なので、福利厚生については日系企業ほどの恩恵を受けることは出来ないと考えてください。

 

エルメスジャポンは、自分の思うキャリアを切り開ける会社

エルメスは、様々な社内研修、トレーニングプログラムが頻繁に開催されており、意欲さえあれば、スキル・知識をどんどん向上させられる環境です。

 

特に販売職に関しては、現役社員には、VIP層相手に、接客スキルを磨いてきた有能なスタッフが多く、日常業務をこなすなかで、上司・先輩スタッフから、日常的にアドバイスを受けられるので、普通に仕事をこなすことが、自分の成長につながります。

 

エルメスジャポンには、社内公募制度があるので、こういった制度を活用することで、自分が望むキャリアを追求していくことができます。

 

Check!

待遇が良いということもあり、エルメスジャポンの社員は、それほどキャリアの追求に積極的ではないので、社内の競争が緩いというメリットもあります。

 

エルメスジャポンの社員は、どこでも通用する

エルメスで働く社員の能力の高さは有名であり、ネームバリューが高いので、ほかの会社に転職するのも楽です。特に、外資のラグジュアリーブランド、高級ホテルなどであれば、好条件を提示されることが多いです。

 

そのため、敢えて、ほかの会社へ転職するという選択をする人も多いです。ちなみに、こういった人は、自分のキャリアに対する意識が高い人なので、先ほどの話にも通じますが、エルメスジャポンの現役社員には、キャリアという点に関しては、ノンビリした人が多く残っているということです。

 

子どもがいる女性が働きやすい会社

エルメスジャポンは、女性の社員比率が高い会社ということもあり、女性にとっては働きやすい環境となっています

 

産休や育休制度も整っており、取得実績も多々あります。職場復帰も容易ですし、時短勤務も可能なので、結婚・出産後も働き続けている社員が多いです。

 

現役の社員に、こういった人が多いため、子育てに対する理解があり、あなたが休みを取る立場になった時にも、理解を得られやすいです。子どもの病気で急に休まなければいけないといった時にも、フォローしてくれます。

 

Check!

女性特有の休みや病気についても、相談しやすいという声が多いです。

 

その反面、エルメスジャポンは、女性が多いことから、女性社会特有の派閥や好き嫌いが目立ち、変に注目されると、怒られる、昇進できないなど、理不尽な目にあうこともあるので、人間関係には注意を払う必要があります。

 

一部の部署での出来事なので、それほどナーバスになることはありませんが、実際にこういった部署に配属されてしまっては大変なので、転職する時には、事前に、このあたりの裏事情を確認しておくことをオススメします。

 

補足

転職エージェントであれば、こういった情報も掴んでいるので、教えてくれるはずです。

 

転職先としてのエルメスジャポンの総合評価

マイナスと言えることもありますが、総合的にみれば、エルメスジャポンは、働く側からすれば、非常に価値が高い会社と言えます。給与が高いうえ、残業が少ない、休みが多いなど、労働環境にも恵まれています。

 

消費財業界で転職を考えるのであれば、候補として検討しない理由がない会社です。ただし、残念ながら、冒頭でも触れましたが、優良企業だけに転職のチャンスは少ないので、そのチャンスをいかにモノにするかということになります。

 

このあたりは、転職エージェントの助けが必要となるので、一度相談してみてください。

 

<エルメスジャポンの求人を扱う転職エージェント>

転職会社名対象職種備考
JACリクルートメント総合職マネージャークラスの求人もカバー
リクルートエージェント総合職
ビズリーチ総合職マネージャークラスの求人もカバー
クリーデンス販売職
ファッショーネ販売職


※JACに関する補足

  • JACは海外移住、海外転職を支援するサービスではありません。海外勤務、海外駐在などの求人を紹介してもらえます。
  • 年収600万円~2,000万円の方にオススメのサービスです。