クラシエ製薬株式会社の中途採用事情

 

医薬品、食品、トイレタリー・コスメティックスの3分野において、事業を展開するクラシエ・グループ内で、OTC(Over The Counter)と呼ばれる薬局・薬店向け漢方薬と、医療機関向けの医療用漢方薬の製造販売事業を手掛ける、クラシエ製薬。

 

クラシエ・グループにおける薬品事業は、1934年の鐘紡武藤理化学研究所に始まり、1966年に山城製薬、1971年に中滝製薬の営業権を譲受することで、医薬品事業にも、本格的に参入。そのなかで、分社独立する形で、生まれたのがクラシエ製薬です。

 

近年では、「生活密着型支援企業」として、漢方のリーディングカンパニーを目指すとともに、韓国クラシエ薬品を設立するなど、海外市場への進出にも、力を入れています。

 

こういった背景から、人材採用の動きも活発であり、様々な職種において、募集がかかっています。クラシエ製薬への転職のチャンスは豊富に存在するので、関心がある人は、このタイミングで真剣に検討することをオススメします。

 

このページでは、クラシエ製薬の中途採用求人の傾向、及び、社員の年収・給与水準、社内の労働環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

クラシエ製薬の中途採用求人の傾向

中途採用の対象となる職種は幅広くなっていますが、そのなかにおいて、特に募集頻度が高い代表的な職種を挙げると、下記の通りとなります。

 

【事務系総合職】
医薬情報担当者のMR
ドラッグストア・薬店向け医薬品営業のHMR
薬品学術

 

【技術系総合職】
生産技術
研究開発

 

現在では、薬品学術、生産技術、研究開発については、新卒を中心とした採用になっているので、中途採用の求人が発生する頻度は少なくなっています。チャンスに乏しい状況ですが、ゼロではないので、こまめに求人情報をチェックするなどして、チャンスを模索してください。

 

なお、応募条件に関しては、どの職種に関しても、該当業務に関する実務経験が必須となりますが、具体的な年数など、要求度については、求人によっても異なります。

 

ただし、MRについては、それほど厳しくなく、営業もしくは販売の業務経験が、1年以上あれば、応募可能です。業種は不問とされているので、MR未経験という人でも大丈夫です。

 

また、上記の職種以外では、管理部門関連で求人が出ることもあります。経理財務、人事、法務、総務、経営企画といったものですが、こちらも新卒採用がメインとなるので、チャンスは限られたものとなります。

 

求人情報の入手方法

クラシエ製薬の公式サイトには、採用情報ページが設けられていますが、新卒に関する記載のみとなっており、キャリア採用のページがありません。
http://www.kracie.co.jp/recruit/index.html

 

クラシエ製薬は、中途に関しては、転職会社を経由する形で、告知することが多いので、転職会社に問い合わせることをオススメします。

 

このページの最後に、過去にクラシエ製薬の中途採用求人を取り扱っていた実績がある転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

ちなみに、タイミングによっては、転職会社にも紹介出来る求人が無いということがあります。それは、募集自体がゼロということを意味するので、新規求人が発生することを、待つしかありませんが、その時には、転職会社に求職者登録(会員登録)をしておくことをオススメします。

 

一度、登録しておけば、新規求人が発生するたびに、その都度、メールで通知してもらえるようになるからです。自分で探す手間が省けて便利なので、情報源として活用してみてください。

 

クラシエ製薬の社員の年収・給与制度について

クラシエ製薬に勤務する社員の年収ですが、職種別に幾つか事例を挙げると、下記の通りとなります。

 

  • MR 27歳 年収500万円
  • MR 29歳 年収500万円
  • MR 32歳 年収450万円
  • MR 35歳 年収500万円
  • MR主任 26歳 年収630万円
  • MR主任 28歳 年収700万円
  • MR主任 29歳 年収720万円
  • MR主任 33歳 年収700万円
  • MR課長 40歳 年収880万円
  • 研究開発 25歳 年収400万円
  • 研究開発 28歳 年収420万円
  • 研究開発 33歳 年収500万円
  • 研究開発 41歳 年収600万円
  • 研究開発 53歳 年収590万円

 

クラシエ製薬の給与体系は月給に加え、年2回のボーナスが支給されるといったものとなります。ボーナスは夏冬合わせて基本給5か月分以上になりますが、具体的な金額は人事評価次第となります。

 

ちなみに、賞与については、2016年頃から、増額されています。それまでに、70万円ぐらいが上限値でしたが、今は100万以上になることもあります。上記の年収例には、2016年以前のものも含まれているので、プラスαが見込めると考えても、大丈夫です。

 

また、MRの場合、営業成績によっては、インセンティブも支給されます。エリアによって、支給額に差がありますが、好成績を挙げた時には、100万円を超える金額になることもあります。

 

また、それとは別に、報奨旅行(1回30万円分)などももらえるので、実績を出せば、それなりの見返りを与えてくれる会社です。

 

諸手当については、通勤手当、住宅手当、世帯手当、単身赴任手当、食事補助手当等がありますが、このなかで、注目すべきものは、住宅手当です。特に、家賃補助制度が充実しており、借り上げ制で、月額数百円~2万円ほどで賄えることが出来ます。

 

また、MRに対しては、1日6時間以上の営業で2000円~2200円の日当が支給されるようになっています。今現在、クラシエ製薬で働いているMRがもらっている営業手当は、月平均で3万円、年間36万円となっているので、けっこう大きいです。

 

福利厚生に関しては、財形貯蓄制度、各種団体保険、社宅・独身寮、契約保養所、永年勤続表彰などがあります。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途で入社する場合には、前職までの経歴・実績をベースにして、年俸額が決まることになりますが、交渉次第で数字が変わってくるので、会社側からの提示額に納得がいかない時には、そこで諦めずに、自分の希望条件を伝えて、しっかりと話し合うようにしてください。

 

ここで妥協してしまうと、後々まで影響を受けることになるので、要注意です。もし、こういった金銭交渉を自分で行うのは、気が引けるということであれば、前述した転職会社に交渉の代行を依頼してください。

 

彼らは転職のプロなので、この手の交渉経験を豊富に有しており、交渉のコツを把握しているので、うまく話を進めてくれます。自分の希望条件を100%通すというのは、さすがに難しいのですが、何らかの上積みが為される可能性は十分にあります。

 

代行してもらうことで、慣れない交渉を実行するストレスから解放されるというメリットもあるので、苦手な人は、最初から任せてしまったほうが賢明です。

 

クラシエ製薬の評価制度について

クラシエ製薬の評価制度ですが、MRに関しては、四半期ごとに売上目標を設定して、その達成度をベースに人事査定が行われる仕組みとなります。

 

その都度、個人ごとに、注力する商品が割り当てられますが、既存商品の拡売より、新商品の売上のほうが、高く評価される仕組みとなっています。このため、新規開拓において、成績を残す人ほど、インセンティブ給が高くなりますし、昇給のスピードも速いです。

 

一方、MR以外の職種については、直属の上司、部門長から査定を受けるという、ごくオーソドックスなものとなりますが、明確な評価基準が設定されていないこともあり、MRと違って、個人差が生じにくい状態です。

 

そのため、結果的に、年功序列的なものとなっていますが、そのなかにおいても、誰もが分かるような目覚ましい成果を出せば、やはり評価は高くなるので、自分の努力次第で、どうにかなるという要素はあります。

 

ただし、成果主義の外資と比較すれば、微々たる範囲内の話なので、実力勝負の世界を好む人にとっては、不向きな環境でしょう。

 

クラシエ製薬の教育制度・成長環境について

クラシエ製薬は、会社と現場とのコミュニケーションを円滑にすることが、仕事の流れを良くするという考えのもとに、社員全員が、同じベクトルを向いて、仕事を行うことを徹底させています。

 

そのため、仕事の進め方に問題が生じた場合、また、システムエラーなど、不具合が起こった場合には、所属部署を問わず、その事柄に関連した人間が集まって、問題解決に取り組むことになります。

 

そういった意味では、部署間の風通しは良く、同時に、上司、人事とも、現場の声を拾い上げ、それを、業務にフィードバックしていくという風土が出来ているので、非常に仕事が進めやすい職場です。

 

(大きなメーカーでよくあるような、意見が通らないというストレスは、クラシエ製薬においては、無縁です。)

 

こういった環境なので、一つの仕事から得られる経験値というのは大きいですし、違う部署の人間の意見を聞くことが出来るので、多角的な視点を持てるようにもなります。

 

結果として、物事を総合的に捉えるセンスが身に付きますが、これはどんな仕事をするにしても、武器になるので、そういった意味では、クラシエ製薬は、一人のビジネスマンとして、実力を磨ける環境と言えるでしょう。

 

さらに、クラシエ製薬では、ジョブローテーションを取り入れており、数年単位で、部署を異動することになるので、様々な業務を経験することが出来ます。

 

これも、物事を大きな視点で捉えるセンスを磨くことにつながりますし、こうやって、色々なことを経験することで、自分の将来のビジョンが明確になるので、そこから、自分が今やるべきことがハッキリとして、仕事がやりやすくなるという声が多いです。

 

クラシエ製薬は、社内教育に力を入れている会社でもあり、階層別研修、職種別研修、各種自己啓発制度、リーダー研修、アシスタントマネージャー研修(対象:係長)、マネージャー研修(対象:課長昇進者)など、様々な機会が設けられています。

 

また、これらの研修とは別に、部署ごとに毎月1回、視点会議と呼ばれるものが開催されており、日々の仕事の進め方について、細かい指導が受けられるので、効率良く、業務をこなしていけるようになります。

 

ワークライフバランスについて

所属部署にもよるので、一概には言えないのですが、クラシエ製薬の就労環境は、それほど悪いものではありません。

 

業務量が多い部署だと、毎日のように残業が発生することになりますが、残業が発生する場合には、前もっての連絡・相談があるので、プライベートの計画が立てやすい職場です。

 

また、本当に忙しい時だと、平日は、かなり遅くなることがありますが、その場合においても、土日は完全に休みにしたり、別の週で、残業を入れないようにしたりするなど、出来る限り、オフの時間を取れるように配慮されています。

 

また、MRなど、一部の部署においては、直行直帰が認められているので、仕事は忙しいとしても、自分の裁量でスケジュールを組めるので、自由度は高いです。

 

ちなみに、MRだと、日によっては、拘束時間が長い時もありますが、その分、待ち時間もあるので、そこを休みに充てるなど、有効的に使っている人が多いです。

 

有給の消化率については、こちらも部署によって、状況が異なりますが、毎年、半分近くは消化出来ているという人が多いので、まずまずといったところです。

 

なお、MRの場合、営業成績を挙げれば、それだけ年収が上がることもあり、敢えて休みを取らずに、仕事に専念するという人も多く、会社としても認めているので、休みはそれほど重視しないという人は、こういった仕事最優先の働き方も可能です。

 

女性の働きやすさについて

クラシエ製薬は、女性だからといって差別されるような会社ではなく、平等に仕事のチャンスが与えられています。ただし、比率から言えば、男性が多い職場なので、男性中心の会社組織となっているのは、否定出来ず、女性だと、やりづらさを感じることもあると思います。

 

ただし、育児支援に対する理解は、男性社員も含めて持ち合わせている会社なので、産休・育休の取得については、問題なしですし、復帰後は、時短勤務を利用することも出来ます。

 

子供の体調不良など、家族の都合を理由として、どうしても休まざるを得ないという時にも、周囲がフォローする態勢が出来ているので、子育てと仕事の両立という点については、あまりやりづらさを感じることはないでしょう。

 

キャリアに関しては、会社として、女性の管理職への登用に力を入れるようになっており、現状としては、まだまだ少ないのですが、それでも、少しずつ、管理職に昇進する女性が増えてきているので、チャンスは十分にあります。

 

今後、この傾向が強まることは間違いないので、キャリア志向が強い女性にとっても、やり甲斐が持てる会社だと思います。

 

クラシエ製薬の転職先としての価値

ここまで、クラシエ製薬の就労環境について、様々な角度から見てきましたが、いかがだったでしょうか。給与額などの待遇面については、医薬品メーカーとしては、一歩劣るというのが正直なところですが、働きやすさという点では抜群です。

 

部署間、上下間(上司と部下)の風通しが良いので、仕事をスムーズに進められますし、会社として、社員を尊重する意識が高いので、ストレスなく働けると思います。

 

仕事を頑張る人、成長したいと考えている人を、しっかりバックアップする会社でもあるので、自分を磨く場としても最適です。

 

あとは、待遇面ということになりますが、福利厚生がしっかりして、そこで給与の低さをカバーするという面がありますし、そもそも、給与が低いというのも、製薬会社としての話であり、他業種の会社と比較すれば、高い部類に入るので、決して悪いわけではありません。

 

ただし、製薬会社への転職を考えた場合、クラシエ製薬よりも、高収入を狙える企業があるのも事実なので、このあたりをどう判断するかということになります。

 

ここは、会社を選ぶ際に、何を重視するのかによっても、答えが変わってくるので、自分自身の価値観と照らしあわせながら、考えてみてください。

 

下記に、クラシエ製薬の中途採用求人を扱う転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、判断に迷うようでしたら、相談してみるのもアリです。プロの視点で、客観的にアドバイスしてくれるので、参考になります。

 

また、転職会社は、様々な企業の求人案件を保有しているので、他社の求人について、聞いてみるのもオススメです。(もしかしたら、クラシエ製薬以上に、自分にピッタリの会社が見つかるかもしれません。)

 

転職先に求める条件等を伝えれば、それらの条件を満たす会社を探し出して紹介してくれるので、興味がある人は、ぜひ、探してもらってみてください。

 

<クラシエ製薬の中途採用求人を扱う転職会社>