ニュートン・フィナンシャル・コンサルティングの中途採用事情

1999年設立以来、保険サービス事業、派遣事業、ITサービス事業、ウォーターサーバー事業、モバイル通信サービス事業を主たる業務を展開している会社、それが『ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング』です。

 

最大の特徴として、『テレマーケティング』『訪問営業』『WEB』『来店型ショップ』『法人営業』と全方位型チャネルを用いて、幅広い世代の顧客へとアプローチを行っています。

 

2014年にはJASDAQへ株式を上場し、さらなる飛躍を遂げるため、これまでの事業に加え、2017年からは新規事業を展開しています。

 

このような背景から、中途に関しても、様々な職種において、募集がかかっています。ニュートン・フィナンシャル・コンサルティングへの転職のチャンスは豊富に存在するので、関心がある人は、このタイミングで真剣に検討することをオススメします。

 

ニュートン・フィナンシャル・コンサルティングの中途採用求人の傾向

現在、ニュートン・フィナンシャル・コンサルティングで確認できる中途採用枠は、内勤営業と外勤営業の職種の募集が確認できます。

 

<内勤営業>
業務内容は、電話による顧客のライフプランに合わせた保険商品のコンサルティング業務がメインとなっています。

 

募集職種は、総合職(営業)、一般職(地域限定)、一般職(エリア営業職)からの募集になり、東京、札幌、仙台、横浜、名古屋、大阪、福岡、 その他(全17営業所)が対象となります。

 

対象者は、保険営業経験者、未経験者・第二新卒・フリーター・アルバイター・リベンジ就活生などです。

 

<外勤営業>
業務内容は、訪問による顧客のライフプランに合わせた保険商品のコンサルティング業務がメインになります。

 

募集職種は、総合職(営業)、一般職(地域限定)からの募集になり、東京、札幌、仙台、横浜、名古屋、大阪、福岡、 その他(全17営業所)が対象となります。対象者は、内勤営業と同様です。

 

求人情報の入手方法

ニュートン・フィナンシャル・コンサルティングの公式サイト内に、キャリア採用ページが開設されており、そちらから、現在、募集がかかっている中途採用求人の内容について、確認することが出来ます。
http://newton-recruit.com/guideline/career/

 

また、転職会社経由でも、募集がかかっているので、そちらからでも、求人情報を入手することが可能です。このページの最後に、ニュートン・フィナンシャル・コンサルティングの中途採用求人を取り扱う代表的な転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

ニュートン・フィナンシャル・コンサルティングの社員の年収・給与制度について

ニュートン・フィナンシャル・コンサルティングに勤務する社員の年収ですが、職種別に幾つか事例を挙げると、下記の通りとなります。

  • 営業 31歳 年収300万円
  • 営業 33歳 年収300万円
  • 営業 27歳 年収320万円
  • 営業 36歳 年収330万円
  • 営業 課長 27歳 年収600万円
  • 営業管理 25歳 年収270万円
  • 営業管理 係長 35歳 年収650万円
  • 経理 25歳 年収270万円
  • 経理 30歳 年収370万円
  • 法務 27歳 年収300万円
  • テレマーケティング 25歳 年収280万円
  • テレマーケティング 30歳 年収350万円
  • テレマーケティング サブマネージャー 24歳 年収500万円
  • 直販 25歳 年収300万円
  • 直販 28歳 年収500万円
  • 事業開発 33歳 年収660万円

 

ニュートン・フィナンシャル・コンサルティングの給与体制は、毎月の給与にプラスして、年2回の賞与と同じく年2回の昇給から成ります。

 

給与は同世代に比べると手取り額が高く設定されていますが、成績が伴わないと降給もありうる厳しい制度です。賞与も成績によって変わり最低1万円の支給から100万円までの支給と完全実力主義を採っています。またキャンペーンなどで最大で5万円支給されるインセンティブもあります。

 

諸手当としては、通勤交通費、住宅手当、単身赴任手当、赴任手当があります。その他、FP等の資格修得に対しての手当がありますが、受給年月がきまっており、取得しても手当が出るのは1年のみというものもあります。

 

健康保険・雇用保険・厚生年金保険・労災保険などの各種社会保険は完備してあります。その他、福利厚生は有給休暇計画的付与制度、各種資格取得支援制度、慶弔金制度、紹介入社報奨金制度、従業員持株会、FA制度(異動希望自己申請制度)などがあります。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用の場合、前職までの経歴や実績を加味して、基本給が決まることになりますが、交渉次第で数字が変わってくるので、ニュートン・フィナンシャル・コンサルティングから提示された金額に納得がいかない時には、そこで妥協せず、会社側と交渉するようにしてください。

 

もし、お金のことで話をするのは気が引けるということであれば、前述した転職会社に交渉を代行してもらってください。彼らはプロなので、この手の交渉事に慣れており、うまく話を進めてくれます。何らかの上積みを勝ち取ってくれるケースが多いので、安心して任せてみてください。

 

ニュートン・フィナンシャル・コンサルティングの評価制度について

評価制度は、完全成果主義になっていますので、頑張れば頑張った分、結果に対して評価されます。特に賞与に関しては完全歩合なので、成績が良い人は多く貰える制度です。

 

また上司との連携で仕事を進めることが多く、契約を取る際には上司も一緒になって成果を称える風土がありますから、若手社員には大きなモチベーションに繋がっているようです。こうしたことが人材育成にも繋がっています。

 

具体的な人事評価は単純な営業成績以外にも受けたクレーム数や契約者からもらった高評価の数など営業の質も数値化されます。一目で成績が分かる状態にどこの部署でもなっており、朝昼晩、基本営業成績について話しているので必然と上を目指すことになります。出来る人には褒め言葉、出来ない人にはある程度プレッシャーをかけられ、営業方法など懇切丁寧に教えてもらえます。

 

ニュートン・フィナンシャル・コンサルティングの教育制度・成長環境について

職場環境という面では、若いうちから営業力が付きますから、将来独立を視野に入れた人にも、ここで身に付けた営業力は精神的な部分も含めて役立つものばかりです。それだけ、仕事に関してなんでも自分で考え責任を持つ習慣が身に付きます。

 

基本的に、先ず間でもチャレンジしてみなさいという感じで実践を積んでいく社風です。自分で仕事を切り開いてみたいという人も満足できるのではないでしょうか?

 

教育制度は、考え方の基盤の構築、能力・知識習得を実現し、研修カリキュラムに沿って年次ごとに研修を実施します。

 

将来的なビジョンを考える『ライフプラン』『キャリアビジョン』の作成や、上長によるマネジメント(責任者面談)を並行して実施し、スキルだけではなく、自身のビジョンが実現できるよう、サポート体制を整えています。

 

研修制度は、Eラーニング、内定者研修、入社後研修、配属後研修、社内・社外研修、役職別研修、責任者育成研修、資格別研修など豊富に用意されています。

 

また、保険商品の基礎を身に付け、商品取扱資格の取得を支援する自己啓発支援制度など、生命保険協会が実施するより専門的な資格試験にチャレンジできます。

 

ワークライフバランスについて

配属部署により変わりますが、勤務時間が9:00~18:00/9:30~18:30/10:00~19:00/10:30~19:30/11:00~20:00(実働8時間)と定められています。

 

残業に関しては、みなし残業制を採用しており、月20時間分の残業代は支給されません.
また業務上、土日のうちどちらかが出勤になる場合があります。ちなみに月間の平均残業時間は22時間ですので、ほぼ給与内の基準です。

 

休暇に関しては、自分の業務の管理次第で有給は取りやすい環境になっています。会社としても3年目以降の社員に関しては、有給を何日消化するようにと社内で規定を定めています。しかし、実際には、年間の有給取得率は36%となっています。これは、時間のある限り、営業をかけようとする風土があるため、こういった結果になっているものと思われます。

 

女性の働きやすさについて

男女問わず平等に評価されます。女性の役職も多く、特に女性だからどうこうということはありません。その代り数字を求めてきますので、それをクリアできれば、やる気次第では十分キャリアアップは可能です。

 

育児支援制度に関しては、出産育児一時金、出産手当金、出産後復職支援助成金制度などが利用できます。産休は健康保険、育休は雇用保険に加入していると利用できる制度で、休暇中に給与の約半分~三分の二までが支給されます。

 

産休・育休期間中は社会保険料も免除されます。復職後の研修などのフォロー体制も整っており、スムーズな復職が可能です。産休・育休の際は、夫婦ともに育休を取得してもらうことが可能で、復職後も就業時間や休日、仕事と育児の両立の相談など気軽にうけることが出来ます。

 

ニュートン・フィナンシャル・コンサルティングの転職先としての価値

設立以来、年次やキャリアに関係なく若手社員に仕事を任せる企業文化を持つニュートン・フィナンシャル・コンサルティングは、前向きで主体的に働きたいという人にとって、まさに打って付けの社風ではないでしょうか?

 

給与面も完全実力主義を掲げているため、不公平さは無く、常にやれば結果が返ってくるという好循環の元、仕事が出来ます。お金やキャリアを第一に考えている人にとっても最高のステージと言えるでしょう。

 

逆に言えば、ひたすら安定性を求める人や、職人気質の仕事を求める人ならば、プレシャーから抜け出すことが出来ないかもしれません。

 

このあたりは、個人の考え方次第となるので、自分自身の価値観と照らしあわせながら、ニュートン・フィナンシャル・コンサルティングへの転職の判断を下すようにしてください。

 

最後に、ニュートン・フィナンシャル・コンサルティングの中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、このあたりの判断に迷うことがあれば、一度相談してみてください。プロの視点で、アドバイスしてくれるので、参考になるはずです。

 

また、転職会社は、様々な企業の求人情報を扱っているので、他社の求人を紹介してもらうのもオススメです。ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング以上に、魅力を感じる求人が出てきてもおかしくないので、関心があれば、ぜひ他社のことについても、話をしてみてください。

 

<ニュートン・フィナンシャル・コンサルティングの中途採用求人を扱っている転職会社>