エーピーコミュニケーションズの中途採用事情

 

株式会社エーピーコミュニケーションズは、エンジニア中心の会社であり、システムを自らの手で開発するエンジニアだからこそ見える世界があるとの信条の元、サービス・ソリューションの開発・提供体制を整えています。

 

感動クオリティのCS(カスタマーサービス)と、最高のES(エンジニアサービス)を目指し、エンジニアが直接顧客にサービスを提供することで、よりよい形で課題を解決するだけでなく、エンジニアにとって最も働きやすい環境を作ることも目標としています。

 

元々はインフラエンジニアで構成される会社でしたが、その強固な収益基盤を軸として、『新規事業、自社サービスへの挑戦』に挑み続けています。マルチエンジニアの育成、自社サービスの開発、海外進出を推進し、 9期連続増収と成長を続けています。

 

このような背景から、中途に関しても、様々な職種において、募集がかかっています。エーピーコミュニケーションズへの転職のチャンスは豊富に存在するので、関心がある人は、このタイミングで真剣に検討することをオススメします。

 

エーピーコミュニケーションズの中途採用求人の傾向

現在、公式ページで確認されている募集職種は『インフラエンジニア』の1種のみとなっております。こちらは。経験者と未経験者に分かれ、それぞれ募集内容が違ってきます。なお、開発エンジニアに関しては、現在のところ募集はありませんが、次期によって募集を開始するときがありますから、希望者は公式ページをチェックするようにしてください。

 

<インフラエンジニア 経験者>
雇用形態は、無期雇用契約の正社員になり、大規模NW/SVの要件定義、基本設計といった上流工程から、構築・運用まで幅広い業務になります。

 

必須条件としては、NWまたはSVの設計・構築・運用・保守のいずれかの業務経験が必要になり、即戦力としての募集です。その他、歓迎条件として、リーダー経験、顧客折衝経験が求められます。

 

<インフラエンジニア 未経験者>
雇用形態、業務内容は経験者と同じですが、独学でもネットワーク、サーバの勉強をされている(CCNA、LPIC等の資格保有、自宅でネットワークやサーバ環境構築等)ことが必須条件ということなので、全く知識がない人は対象外です。異業種でも知識が豊富な人は可能性はあります。

 

エーピーコミュニケーションズの中途採用の特徴として、中途採用が93%、新卒採用が7%となっており、中途採用を重要視している点が挙げられます。また未経験でも過去の業界、職種は問われず、エンジニアとしての知識があれば、積極採用されています。

 

エーピーコミュニケーションズの社員の年収・給与制度について

エーピーコミュニケーションズに勤務する社員の年収ですが、職種別に幾つか事例を挙げると、下記の通りとなります。

 

エーピーコミュニケーションズの社員年収

  • 営業 28歳 年収450万円
  • 営業 37歳 年収520万円
  • ネットワーク監視 24歳 年収300万円
  • ネットワーク運用 31歳 年収540万円
  • エンジニア 22歳 年収320万円
  • エンジニア 25歳 年収300~350万円
  • エンジニア 26歳 年収260万円
  • エンジニア 29歳 年収350万円
  • エンジニア 30歳 年収430万円
  • エンジニア 31歳 年収480万円
  • エンジニア 35歳 年収420万円
  • SIer_常駐 25歳 年収350万円
  • サーバー運用 24歳 年収380万円
  • サーバー運用 25歳 年収300万円
  • サーバー運用 30歳 年収420万円
  • 事業企画 30歳 年収400万円
  • 事業企画 40歳 年収580万円
  • オペレーター 28歳 年収350万円

 

エーピーコミュニケーションズの給与体制は、日給月給制の完全年俸制を採用しており、12分割で支給されます。なお、基本給の下限と上限が決まっており、下限は210,000円から、上限は965,000円となっており、自分の給与帯がどれ位か把握しやすいようになっています。基本給へ、年齢によって決定されず、自身の持つ経験・スキルによって変わる実力主義の世界です。

 

賞与に関しては基本的に無く、年に一度決算賞与があります。決算賞与は年ごとに金額が変動します。昇給は年1回査定によって決まります。

 

手当として、家族手当として月額15,000円が、所得税法上の扶養対象配偶者に限り支給され、子1人につき月額5,000円、3人目以降については1人につき月額10,000円が支給されます。

 

午後10時から翌日5時を含む勤務をした場合、夜勤手当が一回当たり、4,500円支給されます。その他、通勤手当が上限35,000円まで支払われます。

 

福利厚生としては、各種社会保険完備や契約保養施設、福利厚生倶楽部の利用が可能で、
部活動支援制度「apclub」を利用し、フットサル、スキー、スノボ、バドミントンなどに参加出来ます。その他イベントとして、社員一同が集まる新年会・忘年会や社員や家族が集まるバーベキュー、ゴルフコンペも開催しています。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用の場合、前職までの経歴・実績を加味して、年俸が決まることになりますが、実質的には、交渉次第となっており、同じような実力を持つ人でも、会社側と、どんな話をするかによって、ベース給が変わってきます。

 

特にエーピーコミュニケーションズの場合は、社員の中途採用者がほとんどですので、この交渉が非常に重要になっていきます。そのため、会社側からの提示額に納得がいかない時には、そこで妥協せず、自分の希望を伝えて、キチンと交渉することをオススメします。

 

ここで、会社の意向を受け入れてしまうと、入社後、同僚との給与差が大きいことに気づき、後悔することになりかねないので、要注意です。

 

条件交渉が苦手という人は、前述した転職エージェントに代行を依頼してみてください。彼らはこの手の交渉経験が豊富なので、うまく話を進めてくれます。交渉ベタな人が、自分で強引に進めるよりも、よほどうまくいく可能性が高いので、最初から任せてしまったほうが賢明です。

 

エーピーコミュニケーションズの評価制度について

エーピーコミュニケーションズは評価制度に透明性を持たせるために、評価制度のガイドラインとして、評価のルール、運用方法をまとめたマニュアルを全社員に配布しています。これにより具体的な仕事のやり方、工夫などが分かり、効率よく仕事が出来る仕組みです。

 

具体的な評価方法は、業績や成績といった達成度とその過程にどういったことがやれたのかというポイントも評価の対象にしています。年に数回の自己評価及び上席の評価があり、そこで昇給などが決まります。評価は等級/号ごとに細かく20段階前後に分かれており、成果によっては何段階か一気に昇給し、給与アップすることが出来ます。

 

<評価面談スケジュール>
1月に年間目標設定を上長と行い、6月に目標の到達状況の確認、11月、12月に最終的な実績の確認、翌年の12月に評価審査、2月に給与やインセンティブの結果報告という流れになっています。

 

その他、半期に一度、実績を残した社員とチームに対し、表彰する制度『APCファクトリーアワード』があります。これは、売り上げなどの実績の他、社内の業身改善など会社への貢献度を行った社員も受賞することが出来ます。

 

エーピーコミュニケーションズの教育制度・成長環境について

エーピーコミュニケーションズは教育に非常に力を入れています。これはエーピーコミュニケーションズが中途採用を中心に行っており、未経験者を含めて資格を土台に技術を習得してもらい、現場で働いてもらうという流れを行っているからです。内容も必須資格が予め決まっており、短い期間で必須資格を取得することが可能になっています。

 

このように教育面に力を入れているため、成長したいと思う人にとっては、非常にやり易い会社ではないでしょうか? ただし、自身での行動が求められる部分が多く、受け身の人には成長の機会は少なく、向いていません。

 

キャリア開発といった面でもエーピーコミュニケーションズは力を入れています。キャリアシートを作成し、将来のキャリアをキャリア相談員といった専門職の人に相談が出来ます。したがって、迷うことなく仕事に向かう環境が整えられています。

 

エーピーコミュニケーションズの職場環境という面では、全体的に個人に裁量を任せようという文化です。したがって自己責任の度合いが高くなりますが、結果的には成長することが可能です。また、手を挙げれば、どんどん仕事を任せられますので、やる気のある人は、それに比例して経験値を積むことが出来ます。

 

ワークライフバランスについて

エーピーコミュニケーションズの残業に関しては、一定の等級までは全額支給ですが、それ以降は、月間40時間のみなし残業制を採用しており、それを越えた分は全額支給されます。固定残業金額は、等級、役職によって異なります。ちなみに月間の平均残業時間は27.3時間となっており、給与の範囲内となっています。

 

休日・休暇に関しては、日曜, 土曜, 祝日, 夏季, 年末年始, 慶弔, リフレッシュ等、年間休日120日以上あり、申請して業務調整を出来れば問題なく取得できます。有給休暇に関しては年間の有給休暇取得率は60.7%とまずまずの数字となっています。

 

エーピーコミュニケーションズでは、わりと仲間内で何か活動することが多い会社ですので、プライベートというよりも仲間内の活動が盛んといった社風です。強制的に何かに参加させられるということはありませんが、入社希望の人は、こういった社風を理解する必要があります。

 

女性の働きやすさについて

男性と女性の比率は8:2位で、バックオフィスと現場に常駐している女性では全然違うので一概には言えませんが、女性エンジニアとして設計気候をバリバリやっている女性は限られています。管理職に関しては男女比率なみには存在していますので、性別による優位性は特にありません。

 

社内結婚後に夫婦共に働く方も何組かいらっしゃいますし、育児支援制度に関しては、産休、育休休暇などを挟み時短勤務で働いている方もいます。女性にとっては働きやすい環境と言えるでしょう。

 

エーピーコミュニケーションズの転職先としての価値

エーピーコミュニケーションズは、まさにエンジニアのための会社と言えます。このジャンルを極めたいと考えている技術者にとっては、またとない機会を手に入れることが出来る環境です。しかし、エンジニアといえども、ジョブローテーションで組織人としての仕事は万遍なく経験できますから、非常にバランスがよい労働環境とも言えるでしょう。

 

社員の構成が中途採用を中心として行われていますから、必然的にハイレベルな業務が要求されます。したがって常に新しいものを吸収しようとする心構えが必要です。同じ技術者でも伝統に重んじた技術を追求する職人肌のタイプや、キャリアアップを中心とした考えの人でしたら、少しベクトルが違うかもしれません。

 

このあたりは、個人の考え方次第となるので、自分自身の価値観と照らしあわせながら、エーピーコミュニケーションズへの転職の判断を下すようにしてください。

エーピーコミュニケーションズの中途採用求人を扱っている転職会社

最後に、エーピーコミュニケーションズの中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、このあたりの判断に迷うことがあれば、一度相談してみてください。プロの視点で、アドバイスしてくれるので、参考になるはずです。

 

また、転職会社は、様々な企業の求人情報を扱っているので、他社の求人を紹介してもらうのもオススメです。エーピーコミュニケーションズ以上に、魅力を感じる求人が出てきてもおかしくないので、関心があれば、ぜひ他社のことについても、話をしてみてください。