ポルトガル大使館の求人

 

このページにアクセスされたということは、ポルトガル大使館で働きたくて、どうすれば求人情報を入手できるか知りたいということだと思いますが、結論から言うと、かなり厳しいです。そもそも、ポルトガル大使館が現地スタッフを募集することは、滅多にないからです。

 

このサイトでは、各国大使館の求人情報の入手方法を国別にまとめていますが、ポルトガル大使館については、有力な情報源=過去5年間で求人情報が掲載されていた実績を持つサイトが、一つも見つかりません。

 

そのため、このサイトを見ればいいと断言することはできないのですが、大使館関連の求人情報を探す時の、鉄板の方法があるので、そのやりかたをお伝えします。

 

Check!

ポルトガル語つながりでいえば、駐日ブラジル大使館であれば、たびたび、現地スタッフを募集していますし、日本各地にある領事館でも、求人が発生することがあります。

 

ブラジル大使館は、ポルトガル大使館とは比べものにならないくらい、組織規模が大きいので、求人数も段違いです。もし、興味があるようでしたら、ブラジル大使館の求人情報も、探してみてください。(下記でお伝えする方法で、確認できます。)

 

ポルトガル大使館の求人情報を探す時に、要チェックの情報源

ハローワーク

各国の駐日大使館は、スタッフを募集する時に、ハローワークを利用することが多いです。ポルトガル大使館がある千代田区を管轄する、飯田橋のハローワークに確認してみてください。
https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-hellowork/list.html

 

なお、ハローワークが保有する求人情報は、https://www.hellowork.go.jp/index.htmlから検索することもできるのですが、必ずしもリアルタイムに更新されているわけではなく、漏れが出ることもあるようなので、窓口で相談してみるほうが、より確実です。

 

ポルトガル大使館のソーシャルメディア

どの国の大使館も、情報発信の手段として、Facebook、ツイッターといったソーシャルメディアを活用して、情報発信を行うようになっており、ポルトガル大使館も、そこは一緒です。

 

採用情報が掲載される可能性もあるので、フォローしておくことをオススメします。

 

 

大使館に直接問い合わせる

ポルトガル大使館の公式サイトには、連絡先の電話番号・メールアドレスが記載されているので、スタッフの募集枠があるのかどうか、直接問い合わせてみるのもアリです。
http://embaixadadeportugal.jp/jp/contacto_jp/

 

ただ、いきなり電話をしても、対応してもらえるかどうか分からないですし、迷惑がられるかもしれないので、まずはメールで連絡を取ってみるのが無難かなと思います。

 

その時には、ポルトガル大使館で働きたいという熱意を、しっかりとPRしてください。

 

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、民間企業への転職支援を行っている転職エージェントですが、外国語が得意な人材の転職支援に力を入れていることもあって、政府関係機関との太いコネクションを持っており、大使館、政府観光局などからの求人情報を扱っています。

 

残念ながら、ポルトガル大使館の求人案件の取り扱い実績については、確認できなかったのですが、アメリカ、オーストラリア、韓国など、常時、複数の大使館の求人情報を押さえているので、今後、ポルトガル大使館から募集がかかった時には、リクルートが扱う可能性があります。

 

リクルートエージェントの場合、求職者登録(会員登録)をしておくと、自分が希望する条件で、新規で求人が発生した時に、メールなどで通知してもらえます。

 

つまり、リクルートに登録しておけば、その後は自分で探す手間が省けるということです。ポルトガル大使館のように、いつ出てくるか分からない求人を探し続けるのは大変なので、リクルートを情報ツールとして活用することをオススメします。

 

補足)どうしても求人が見つからない時の代替の選択肢

ポルトガル大使館の求人情報の探し方としては、この3つの媒体をチェックするということになりますが、最初にお伝えしたように、そもそも、現地スタッフの募集枠自体が少ないので、いくら待っても、新規の求人が出てこないかもしれません。

 

・・・というより、むしろ、求人が発生しないという可能性のほうが高いぐらいなので、あまり、ポルトガル大使館にこだわり続けると、働く機会そのものを失ってしまうかもしれません。

 

そのため、大使館の求人情報はウォッチしつつも、代わりとなるような仕事を探すことをオススメします。

 

もし、大使館で働いてみたいということであれば、国を選ばなければ、常時、どこかの大使館から求人が出ているので、チェックしてみることです。(先ほどもふれましたが、ブラジル大使館だと、チャンスは多いです。)

 

あるいは、ポルトガルに関連する形で、事業を展開している民間企業に転職するという考え方もありますが、ポルトガルに進出している日系企業は70社ほどと、かなり少ないので、こちらも可能性としては薄いです。(ゼロではないのですが・・・)

 

少し幅を広げて、EUというくくりで考えれば、関連する仕事に就ける可能性は高くなりますし、ポルトガル語つながりであれば、ブラジルは経済成長が著しく、日系企業がどんどん進出しているので、こちらであれば、いくらでも仕事があります。

 

あとは、アルバイト、派遣社員でもよければ、レストランや携帯ショップなど、飲食・サービス業で、ポルトガル語が話せる人材を募集する求人が、地域を問わず、けっこうでています。

 

こういった状況なので、あなたが理想とする仕事に就けるかどうかは分からないのですが、いずれにしても、情報を収集して、どんな選択肢があるのか、可能性を明らかにするのが、最優先です。

 

情報を集めれば、先が見えてくるかもしれません。先ほど、取り上げたリクルートエージェントは、グローバルで事業を展開している日系企業への転職支援を得意としているので、民間企業でどんな求人があるのか聞いてみるといいです。

 

また、ビズリーチ、JACリクルートメントといった転職エージェントも、グローバル企業とのコネクションが強いので、問い合わせてみると、色々な求人を紹介してもらえると思います。

 

 

一方、飲食業やサービス業で仕事を探したいということであれば、リクナビネクスト、タウンワークといった求人情報サイトをチェックするのがいいかなと思います。

 

 

まとめ

ポルトガル大使館で働くチャンスを得るというのは難しいですし、ポルトガルという国と関係がある仕事に就くのも、日本では難しい状況です。

 

そのため、方向転換も含めて、色々と考えなければいけませんが、探し続けていけば、満足できる仕事が見つかるはずです。

 

今は、人手不足で、どの会社も積極的に人を募集しているので、思わぬ好条件の仕事と出会えるかもしれないですし、『ポルトガル大使館に採用してもらえた!』ということも、決してゼロではありません。

 

ぜひ、可能性を模索してください。