【デパート関連】中国語のスキルが必要とされる求人

 

中国語のスキルを活かして働く仕事というのは、色々とありますが、デパートというのも、その一つです。ただし、デパートに直接的に採用されるというものは少なく、転職先をデパートに限定すると、仕事に就けるチャンスが狭まります。

 

その一方で、化粧品メーカーの美容部員として、デパートに派遣される、デパートに店舗を構えるアパレルショップや飲食店の社員として働くといったような、勤務地がデパートになるような仕事を、対象に加えると、求人の数が増えます。

 

また、デパートを主要取引先とする企業で、中国語を活かして働くといったような選択肢もあるので、こんなふうに、少し間口を広くして考えてみることをオススメします。(未経験者が応募出来る求人も多いです。)

 

下記に、デパート関連の求人案件を扱っている転職会社をリストアップしていますので、詳細については、直接問い合わせてみてください。

 

JACリクルートメント

日系グローバル企業、外資系企業専門の転職会社。語学な得意な人材を募集する様々な求人案件を扱っており、中国語のスキルを活かせる仕事を探す時にも、頼れる情報源です。

 

デパートを職場とする求人については、若干、間口が狭くなるのですが、老舗デパートや免税店、高級店での通訳・接客スタッフといった、中国語を存分に活用できる、専門性の高い求人を紹介してもらうことが、可能です。

 

そこで求められるのは、単なる通訳スタッフではなく、文化や習慣に合わせた対応ができる人材であり、顧客へのきめ細やかな気配りを、自然とこなせるような接客・会話力・対人力とマナーが重要視されています。

 

研修体制を整えている会社からの求人が多いのですが、そういった会社においては、積極的に学ぶ姿勢のある人だと、給与を上げてもらえるなど、優遇されるので、やり甲斐があります。

 

ただし、語学に関しては、入社してからというわけにはいかないので、最初から高いスキルが要求されます。中国語は必須条件であり、最低でも日常会話以上の能力がないと、職務に対応できません。

 

クライアントは日本各地にあり、大手百貨店、ブランドショップ、空港内免税店を対象としているので、勤務地で困ることはないでしょう。

 

年収については、人材のポテンシャルに大きく左右されるため、JACのコンサルタントに、一度相談してみてください。(給与交渉を代行してもらうことも可能ですし、そうすることで、より好条件で転職出来ることもあります。)

 

リクルートエージェント

10万件以上の求人案件を保有する、国内最大手の転職会社。語学が得意な人材の転職支援に力を入れており、中国語のスキルが必須となる求人に関しても、幅広く扱っています。

 

デパート関係の求人については、化粧品販売の仕事が挙げられます。化粧品メーカーにおいて、美容部員として採用、日本各地のデパートに出向して勤務するというものとなります。

 

具体的な職務内容としては、美容機器による肌測定、スキンケアやメイクアップ実習、売り場メンテナンスといったものとなります。

 

応募条件については、特に指定はなく、誰でも応募することが可能ですが、仕事がら、どうしても女性中心の職場となるため、男性が採用されるケースは、かなり低いです。(未経験でも大丈夫です。)

 

なお、中国語のスキルに関しては、それほど高いものが必要とされる仕事ではなく、高度な語学力を持つ人にとっては、物足りなさを感じてしまうかもしれないので、そこは注意してください。

 

想定年収については、業種・職種、及び、本人の経歴・実力によって異なりますが、300万円前後になるのが、一般的です。また、地域によっても、給与が違ってくるので、どこで働くのかというのも、重要な要素となります。

 

マイナビエージェント

国内有数の人材紹介会社、マイナビグループが運営する転職支援サービス。20代、30代前半の若手ビジネスマンの転職支援に力を入れているため、正社員採用という前提でも、応募条件のハードルが緩い求人が多いのが、大きな特徴です。

 

デパートが職場となる求人で、中国語のスキルが要求される求人としては、高級チョコレートの販売スタッフなど、高級食品・嗜好品の販促スタッフを募集する案件を扱っています。主に都内のデパートが勤務地となりますので、都内在住の人にオススメです。

 

未経験者が採用された実績があるため、接客業が初めてという人や、接客業にキャリアチェンジしたいという人にも、チャンスがあります。

 

条件面については、400万円前後となる求人が多いのですが、経験と能力に応じて変動するので、個々に確認する必要があります。実務経験があって、かつ、日常会話レベルで、中国語を運用出来るだけのスキルがあれば、優遇されるのは確実です。

 

マイナビに問い合わせれば、これまでの経験から、どれぐらいの給与が見込めるのか、算出してもらうことが出来ますし、状況によっては、給与交渉を行ってもらうことも出来るので、一度相談してみることをオススメします。

 

ALA!中国

中国に特化した転職支援サービス。高い中国語のスキルを持つ人材を募集する案件を数多く抱えており、日本全国各地の求人を紹介してもらうことが可能です。

 

デパートに関わる求人としては、キッチンアイテムメーカーでの企画・開発・営業、ECサイトでのネット決済システムの営業といった案件などがあり、いずれも、デパートがクライアント先となります。

 

デパートを対象としているため、国内・国外への出張が多く、入社初年度から海外業務を経験することになるので、一定の場所に留まらず、グローバルで働きたいと考えている人には、最適の仕事です。

 

応募条件については、未経験者でも応募可能な求人が多く、社会人経験がない人でも応募可能です。ただし、中国語に対しては、必須条件であるため、高い能力が求められます。(特に指定はありませんが、業務上で使用出来るレベルにあることは、最低限必要です。)

 

給与については、経験者で、おおよそ700万円程度の年収が見込めます。給与相場として、悪い条件ではないので、興味のある人は、ぜひ問い合わせてみてください。

 

Spring転職エージェント

スイスに本部を置く、世界有数の総合人材サービス企業、アデコグループが展開する、転職支援サービス。中国語のスキルが必要とされる求人案件の取り扱い数が多く、デパート関連の求人についても、常時、紹介してもらうことが出来ます。

 

一例を挙げると、消費財(主に化粧品)の購買といった案件があります。直接的にデパートに勤務するものではありませんが、化粧品はデパートなどで、ビューティーアドバイザーが消費者にカウンセリングしながら販売するのを主としているため、デパートは大きなクライアントとなります。

 

具体的な仕事内容は、新製品企画に対するOEM及び、資材等仕入れ取引先への調査・選定、企画時点から最終までの原価作成・確定、仕入れ取引先との品質・納期・見積等の折衝、支払管理など、多岐に渡ります。

 

応募条件に関しては、実務経験が必須となりますが、英語、もしくは中国語のスキルや業界知識があれば、経験面に関しては、考慮されるケースもあるので、経験が浅い人でも、採用される可能性があると考えてください。

 

年収については、400~500万円前後が見込めますが、このあたりの詳細については、Spring転職エージェントに、直接確認してください。(状況によっては、Spring転職エージェントが条件交渉を行ってくれます。)

 

転職ナビ

大手人材紹介会社、ジョブセンスが運営する転職支援サービス。中国語のスキルを活用出来るような仕事に関する求人案件を、多数取り扱っています。

 

デパートを勤務先となる求人については、デパートに店舗を構える飲食店からの、店長候補募集案件を扱っています。

 

スタッフの指導・育成・採用業務、売上・人件費などの計数管理業務、売上・集客ルート・客層などを分析したうえでのアクションプランの策定・実行業務、品質・食材管理業務、店舗オペレーション業務などを、担当することになります。

 

実務経験があること、中国語の日常会話能力があることが、応募条件となりますが、語学スキルよりも、実務能力のほうが重視されているので、中国語を武器に転職するというのは無理です。

 

また、業務のなかで、中国語を使用する頻度、及び、使用するレベルは、それほど高くはないので、語学を活かして働くという観点で見ると、それほど魅力的な仕事とは言えないです。

 

ただし、全国展開している大手チェーンからの求人ばかりなので、給与・待遇は悪くないですし、努力次第で、どんどんキャリアアップしていけます。雇用の安定性という点でも抜群なので、一つの職場として見た時には、転職を検討するだけの価値があります。