【正社員】中国語の翻訳業務の求人

 

中国語と日本語の翻訳という仕事は、中国語のスキルを活かせる仕事のなかでも、最も多くなります。雇用形態別に見ると、契約社員、派遣社員というのが、割合としては高くなるのですが、正社員ということで考えても、選択肢が豊富に存在します。

 

仕事の内容としては、翻訳業務のなかでも、一段階、難易度が高いものが多く、だからこそ正社員という扱いになっているのですが、給与は高めですし、中国語が堪能であれば、実務経験・職歴といったことについては、大目に見てくれる部分もあるので、未経験者にもチャンスがあります。

 

その一方で、経験豊富な人材を募集する求人、管理職候補を募集する求人もあり、こちらだと、800~1000万円といった年収も見込める、より好待遇となっています。

 

職務の内容としても、条件的なものでも、やり甲斐がある仕事ばかりなので、ぜひ、チェックしてみてください。

 

なお、その際には、下記にリストアップしている転職会社を情報源として活用してください。中国語の翻訳業務に関連する、正社員採用の求人案件の取り扱いに力を入れている転職会社なので、仕事を探す時には、何かと頼りになります。

 

JACリクルートメント

外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。高い中国語運用スキルを有する人材が募集されている正社員採用案件を、常時保有しています。

 

翻訳業務に関連する求人についても、仮想通貨を取り扱う企業での中国語→日本語翻訳(Webサイトの翻訳、商談時の通訳)、通信メーカーでの翻訳・通訳(社内外ビジネス会議の日中通訳、大型展示会・製品発表会などの同時通訳)など、様々な案件を紹介してもらうことが可能です。

 

また、翻訳という枠を超えて、様々な職種に挑戦したいということであれば、経営企画、事業企画といった職種において、中国語の資料を使ったデータ分析、及び、マーケティング施策の立案を行うといったものもあります。

 

(求人元となる企業の業種は様々ですが、最近の傾向としては、IT企業からの求人で、この手の案件が多くなっています。)

 

いずれの求人に関しても、該当業務に関する実務経験が不可欠となり、職種未経験者は応募不可です。また、中国語のスキルについては、ネイティブレベルが必須となり、翻訳という職務上、日本語の運用力に関しても、かなりのレベルが要求されると考えてください。

 

(日本人だから、日本語は問題なしということにはならないので、注意してください。)

 

勤務地は、ほぼ東京に限定されますが、中国支社の立ち上げなどで、中国への赴任が想定されている求人もあるので、海外勤務に興味がある人にも、チャンスありです。

 

条件面に関しては、かなり厚遇されており、採用が決まれば、最低でも年収600万円、実績次第では、1000万円以上になる可能性もあります。

 

中国語のスキルが必要とされている求人のなかでも、翻訳絡みの求人は、高収入案件が多いので、年収アップに向けて転職活動をしている人は、要チェックです。

 

ビズリーチ

年収1000万円レベルのハイクラス求人専門の転職会社。日系グローバル企業・外資企業への転職支援を強化していることもあり、中国語が出来る人材を募集する正社員採用案件を、幅広く保有しています。

 

翻訳業務を主体とした求人としては、メーカー(輸送機器、自動車、機械、通信機器、電子部品など)におけるマニュアル、カタログ、パンフレットの翻訳コーディネート、及びディレクションといった業務内容の案件を扱っています。

 

自分が一プレイヤーとして翻訳業務を遂行するだけではなく、業務全体のマネジメントを兼務するといった内容の案件が中心となるので、管理業務に取り組みたい人に向いています。

 

また、純粋な翻訳業務を超えた仕事としては、社内プロジェクトに関連する各種資料の作成、翻訳を行うとともに、プロジェクト全体を管理するといった、プロジェクトマネージャー的なポジションの求人も出ています。

 

どの求人案件においても、高いスキルと実績を併せ持った、即戦力の人材が募集されており、同業種における実務経験、及び、ネイティブレベルでの中国語の使用経験が必須となります。

 

年収800~1000万円と、高額な給与が提示される求人が多く、採用が決まれば、高収入は確実なので、年収アップを目的に、転職先を探している人は、要チェックです。

 

リクルートエージェント

10万件以上の求人案件を保有する、国内有数の大手転職エージェント。グローバル人材の転職支援に力を入れており、高いレベルで、中国語を運用出来るスキルを持つ人材を募集する求人についても、様々な業種の企業からの正社員採用案件を幅広くカバーしています。

 

海外向けカジノマシンメーカーでの翻訳業務、海外拠点を10か所以上持つ医療メーカーでの翻訳業務、グローバル専門商社での調達、国際物流、翻訳業務、中国語翻訳関連の求人についても、様々な案件を扱っています。

 

翻訳スタッフからスタートして、ゆくゆくはスタッフの管理業務へ、さらに上を目指すのであれば、別職種へのジョブチェンジというふうに、複数のキャリアパスが用意されている会社からの求人が多いので、キャリアアップ志向が強い人に、ピッタリです。

 

(昇進するにつれて、給与も上がるので、着実に収入を増やしていきたいという考えを持つ人にも合っています。)

 

ちなみに、即戦力としてみなされるだけの実務経験・中国語のスキルを持つ人の場合、最初から高収入が提示される可能性もあるので、詳細については、リクルートエージェントに直接、問い合わせてみてください。

 

なお、応募条件については、同業種での職務経歴以上に、語学力が重視される求人が多いのですが、企業によっては、中国語だけではなく、英語、日本語についても、高いレベルを要求してくるので、注意してください。

 

※補足
勤務地については、東京となる求人が過半数を占めますが、滋賀、大分など、地方勤務の求人もあるので、希望勤務地がどこであれ、仕事を紹介してもらえる可能性があります。

 

ミドルの転職

30代後半、40代のミドル層の転職支援を専門とする転職会社。中国語の運用力において、高いスキルを持つ、ビジネスパーソンを募集する求人案件を、常に一定数、保有しています。

 

中国3大仮想通貨取引所での通訳・翻訳業務、ゴルフクラブ製造企業での通訳スタッフ、通信事業での社内コミュニケーションを補助する社内翻訳担当など、中国語翻訳に関連する求人についても、様々な案件を幅広く扱っています。

 

東京や神奈川など、首都圏の企業からの求人が多くなっているので、これらの地域で、仕事を探している人は、特に要チェックです。

 

いずれの職種においても、通訳・翻訳業務の経験者であること、中国語・日本語において、高いスキルを有すること(資格で言えば、中国語でHSK資格保有者、日本語で日本語検定N1レベルが目安)が、必要となります。

 

また、これは必須要件ではありませんが、同一業種における実務経験を持っていれば、さらに高い評価を受けることにつながります。

 

年収は、本人の能力、実績次第となるので、何とも言えないのですが、800万、900万といった高収入で転職出来た事例が多々あります。

 

総じて、ミドルの転職が保有する求人には、高額年収の案件が揃っているので、収入アップを目指す人には、必見の転職エージェントです。

 

ALA!中国

中国に特化した転職支援サービス。ビジネスレベルの中国語スキルを持つ人材を募集する案件を数多く抱え、勤務地は日本全国に及ぶので、希望勤務地がどこであれば、仕事を紹介してもらうことが可能です。

 

中国語と日本語の翻訳に関連する求人についても、常時、紹介してもらうことが出来ますし、不動産会社において、通訳翻訳業務と営業業務を兼務するといった、普通の翻訳業務よりも、幅が広い仕事もあります。

 

ちなみに、上記に挙げた、不動産会社での通訳翻訳と別業務との兼務といったケースだと、入社した後、しばらくは、中国語の通訳・翻訳スタッフとして働いて、その会社の業務に慣れたころを見計らって、別業務も担当するといった流れになるのが、一般的です。

 

最初は、自分が得意とする語学スキルを活かして働いて、少しずつ、未知の業務にもチャレンジするということになるので、無理なく取り組めます。

 

また、こういった企業だと、全く異なる部署への異動を奨励しているところが多く、自分が希望する仕事にチャレンジさせてもらえるので、様々な職種の仕事を経験してみたいという人、キャリアチェンジを視野に入れて、転職先を探しているという人に、最適です。

 

応募条件については、未経験者でも応募可能な求人が多く、社会人経験がない人にも、チャンスがあります。

 

ただし、中国語に対しては、翻訳という仕事の特性上、高いレベルが求められることになり、ここは妥協してもらえないので、注意してください。

 

給与について、実務経験者で、おおよそ600万円程度の年収が見込めます。未経験者に関しては、中国語の運用力次第となりますが、高い能力があれば、最初から、それなりの給与をもらえると考えて大丈夫です。

 

マイナビエージェント

国内有数の人材紹介会社、マイナビグループが運営する転職支援サービス。日系グローバル企業や外資系企業からの求人案件の取り扱いに力を入れており、勤務地を問わず、中国語のスキルが必須となる、正社員採用案件を紹介してもらうことが出来ます。

 

翻訳関連の求人については、メーカー、商社からの、大型展示会や製品発表会などにおける同時通訳業務や、マニュアル及び商品取扱説明書の日中翻訳業務を担当するスタッフを募集する求人案件を扱っています。

 

また、IT企業からの求人で、ゲームソフト、Webサイト、業務システムの翻訳スタッフを募集する案件も保有しています。

 

日系企業だけでなく、中国資本の会社からの求人もあり、条件は日本の会社よりも良いので、狙い目です。(勤務地は都内です。)

 

応募する際には、通訳・翻訳、いずれかの業務における実務経験が求められることになりますが、3年程度の経験を要求する企業が多い一方で、1年程度での経験でもOKとする企業も存在するので、経験が浅い人にもチャンスはあります。

 

ただし、その前提として、中国語については、ネイティブレベルの運用力が求められることになるので、その点は注意してください。

 

想定年収については、案件によって、様々ですが、未経験者で400万円前後、経験者で450~600万円程度というのが、一つの目安となります。