シャネルの中途採用口コミ情報

画像出典:mandarin.girl

 

このページでは、シャネルで働いている現役社員、もしくは、過去に働いていた人の口コミ情報をベースに、シャネルの給与体系や福利厚生などの待遇、および、働きやすさはどうかといった就労環境についてまとめています。

 

結論から言えば、シャネルは社員に優しい会社で、オススメと断言できる職場なのですが、残念なことに、求人数が、それほど多いわけではありません。

 

その背景には、社員の定着率が高く、人員体制に余裕があるという事情がありますが、それだけ社員の満足度が高いということです。

 

シャネルへ転職できる機会は限られていますが、かといって諦めるのはモッタイないので、もし、チャンスがあったら、逃さずにチャレンジしてみてください。

 

そのためには、最新の求人情報を常に押さえておく必要があります。公式サイトの採用ページを、こまめにチェックするというのが、最も確実な方法ですが、いつ、新しい求人が出てくるのか分からないので、大変です。

 

 

もう一つの方法としては、ラグジュアリーブランドへの転職支援を得意とする、転職エージェントに登録して、新しい求人が発生したタイミングで、すぐに教えてもらうようにしておくことです。一度登録しておけば、あとは連絡を待つだけなので、手間がかからず便利です。

 

また、転職エージェントは、様々な企業の求人情報を扱っています。シャネルにこだわっていると、いつチャンスが出てくるか分からないので、シャネル以外の会社の求人を紹介してもらうというのもアリです。

 

いずれにしても、転職先を探す時には、頼りになる存在なので、一度連絡を取ってみることをオススメします。

 

ラグジュアリーブランドに強い転職エージェント

 

※補足
ビズリーチ、JACリクルートメント、リクルートエージェントは、様々な業種の企業の求人案件を扱う総合系のエージェントなので、アパレル以外の業種の求人についても、紹介してもらうことができます。

 

元々、外資系企業への転職支援に力を入れているエージェントであり、そういった背景で、シャネルの求人も扱っているので、業種を問わず、外資への転職に興味がある人にオススメです。

 

一方、クリーデンス、ファッショーネはアパレル専門なので、日系・外資を問わず、アパレルでの転職を頭に入れている人に向いています。

 

シャネルの中途採用求人の傾向

シャネルの中途採用は、販売職を中心に募集がかかっており、契約社員、もしくはアルバイトとしての採用となる求人が大半を占めています。

 

補足

シャネルは、正社員登用制度を設けており、入社後の勤務実績によっては、正社員に就くことが可能です。

 

応募条件については、契約社員だと、2年以上の実務経験が必要となりますが、アルバイトだと、学歴・経験不問で、誰でも応募できる求人ばかりなので、アパレルの経験がない人にも、採用されるチャンスがあります。

 

その一方で、シャネルは、サービスレベルの高い接客を行っていることもあって、ラグジュアリーブランド経験者や海外の一流ホテルなどの接客経験者を歓迎しており、かなりの好条件で雇ってもらえるケースもあるので、該当する人は、ぜひ応募してみてください。

 

また、外国人に対して接客販売が日常的に発生するショップもあるため、英語や中国語など、語学に堪能な人にも、チャンスありです。

 

なお、総合職に関しては、シャネルは社員の定着率が高いこともあって、なかなか中途で募集がかかることがないので、エルメスなど、ほかのブランドも候補に入れて、仕事を探すことをオススメします。

 

求人情報の入手方法

シャネルでは、新卒・中途のどちらにおいても、公式サイト内にある採用情報ページに募集要項が掲載されているので、そちらのページから求人情報を確認することが出来ます。

 

 

また、シャネルは転職エージェント経由でも募集をかけており、そちらに問い合わせることでも、求人情報を入手することが出来ます。

 

求人によっては、公式サイト上では告知をせず、エージェントを通して、ひっそりと募集するケースもあり、公式サイトを確認するだけでは、求人を見落としてしまう危険性があるので、両者を押さえておいたほうが無難です。

 

なお、転職エージェントは、様々なブランドの求人案件を扱っているので、シャネル以外の求人のことについても知りたいという時には、まとめて教えてもらえるので、オススメです。

 

繰り返しになりますが、下記のエージェントであれば、ラグジュアリーブランドに強いので、情報源としてオススメです。

 

ラグジュアリーブランドに強い転職エージェント

 

※補足
冒頭でもふれたように、エージェントに登録しておけば、希望条件に合う求人が新規で発生した時に、メールなどで通知してもらえるので、自分で探す手間が省けます。

 

総合職のような、発生頻度が少ない求人を狙う時には、『連絡待ち』 という状態にしておくと楽なので、とりあえず登録しておくといいです。

 

どのエージェント経由で募集がかかるか、分からないので、2~3社に登録しておくと確実です。

 

シャネルの中途採用口コミ情報

 

シャネルの給与制度、社員年収について

シャネルに勤務する正社員の給与水準ですが、職種別に、年収事例をいくつか挙げると、下記の通りとなります。

 

シャネルに勤務する正社員の年収事例

  • 販売 23歳 年収320万円
  • 販売 27歳 年収360万円
  • 販売 20代 年収380万円
  • 販売 40歳 年収480万円
  • 販売マネージャー 年収570万円
  • マーケティング 35歳 年収600万円
  • マーケティングマネージャー 年収850万円
  • 営業 年収500万円
  • 営業マネージャー 年収800万円

 

シャネルでは、年俸制が採用されており、毎月、年俸額を14分割されたものが支給されています。かつ、夏と冬に1ヶ月分が、賞与として上乗せされるという仕組みです。

 

補足

派遣、アルバイトは時給制で、賞与はなしです。

 

インセンティブ制度のようなものは設定されていませんが、毎年3月に決算賞与があり、会社の業績と、個人の目標達成率を加味する形で、支給額が決定するので、能力給の要素があります。

 

なお、シャネルの給与水準は、アパレル業界のなかでは高めですが、エルメス、ヴィトンといった、外資のラグジュアリーブランドと比較すると劣ります。

 

残業代については、職種によって、多少の違いがありますが、基本的に、実働分が全額支給されており、サービス残業の心配はなしです。

 

ただし、会社として、残業を減らす方向で動いているので、残業代を稼いで、収入を上げるというのは難しいです。

 

昇給に関しては、正社員を対象として、毎年1回4月に、給与見直しの機会が用意されていますが、昇給額は少額にとどまることが多いです。

 

そのため、長期間勤務している社員よりも、ある程度のキャリアを持って、中途で入社した人のほうが、年収が高くなる傾向にあります。

 

ちなみに、シャネルの特長として、管理職に就けば、給与が大幅に上がるケースが多くなっており、特に総合職であれば、年収1000万円超も珍しくないので、そういった意味では、収入を重視する人にとっても、やり甲斐のある会社と言えます。

 

シャネルの福利厚生について

福利厚生については、各種社会保険(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)が完備されているほか、提携している保養施設を安く利用できるようになっています。

 

また、シャネルの特長として、退職金制度や企業年金制度が充実しています。10年間、勤務した社員には、退職金が100万円増額されるといった長期雇用者向けの優遇措置もあり、外資としては、かなり手厚い内容となっています。

 

なお、シャネルには、販売スタッフに対する制服貸与制度があるため、自腹で自社製品を購入する必要はありません。高級ブランドのシャネルの製品を、自由に使えるということで、スタッフからは好評を得ています。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用の場合、前職までの経歴・実績をもとに、基本給が算出されることになりますが、ここは交渉次第という要素もあるので、シャネルから提示された金額に納得がいかない時には、そのまま受け入れるのではなく、希望条件を伝えて、交渉することをオススメします。

 

先ほどもふれましたが、シャネルは、管理職に就かない限り、給与の大幅アップが見込めない会社なので、入社時に設定された給与額というのは、後々まで付いて回ることになります。

 

そのため、ここで下手に妥協すると、入社後、後悔することになりかねないので、しっかりと要望を伝えるようにしてください。

 

もし、こういった交渉の進め方が分からない、もしくは苦手ということであれば、前述した転職エージェントに、交渉の代行を依頼してください。

 

彼らはプロなので、この手の交渉ごとに慣れており、うまく話を進めてくれますし、実際に、条件アップに成功するケースが多々あるので、交渉が苦手という人は、自力で解決しようとするよりも、転職エージェントのサポートを受けたほうが賢明です。

 

シャネルの中途採用口コミ情報

 

シャネルの評価制度について

シャネルの評価制度ですが、年に1回、前年度に提出したMBOシートによって決定した目標の達成度合いをベースに、ある程度の年功序列を加味する形で、直属の上司が査定を行う仕組みとなっています。

 

シャネルの査定基準はシビアで、目標をギリギリ達成したくらいでは、平均的な評価しか得られません。高評価を得るには、誰から見てもハッキリ分かるほどの好成績を残さないとダメです。

 

(目標を決める時点で、どうやってもクリアできそうにないような、高い水準を設定されるケースもあります。)

 

かつ、所属部署・店舗の業績が、個人評価に反映されるため、自分自身が成績を残すだけでなく、周囲も実績を上げられるように、サポートする姿勢が必要不可欠です。

 

こういった状況のため、結果的に、シャネルで高い評価を得る人というのは、コミュニケーションに長けていて、協調性がある人、周りの人間を引っ張っていけるような、リーダシップがある人となっています。

 

シャネルで人事評価を上げるためのもう一つのポイント

シャネルにおいては、人事査定における上司の権限が強くなっており、彼らの意向が、そのまま反映されています。

 

そのため、日頃から上司と良好な関係性を構築して、彼らが自分に期待する役割を適切に理解したうえで、その期待に沿う実績を出すこと、かつ、その実績を自ら強くPRすることが、高評価を得るためには、必要不可欠です。

 

ちなみに、管理職の多くは、フランス本社から派遣、もしくは、社外から採用される傾向にあるので、一般職にある人が管理職に昇進するというのは、かなり難易度が高いです。実際、10年以上勤めている人でも、平社員のままというケースが、珍しくはありません。

 

その一方で、転職市場においては、シャネル出身者に対する評価は高く、シャネルで働いていたという経歴は大きな武器となります。

 

キャリアアップを目的として、転職活動を始めたら、あっさり管理職ポジションで採用されたという事例もあるので、この会社では先が見えないと感じたら、一度、転職エージェントに相談してみるのもアリです。

 

ちなみに、販売職に関して補足ですが、通常、販売員というのは、どのブランドでも、売上の成果を厳しく求められる仕事ですが、シャネルは、その傾向とは無縁で、売上の結果に対して、上司や先輩スタッフから、きつく言われることは、ほとんどありません。

 

ただし、個人売上の数字が目に付きやすい場所に貼ってあったり、優秀な社員が、定期的に表彰される制度があるので、人によっては、そういった部分が、成果に対するプレッシャーにつながることがあると思います。

 

正社員登用制度について

販売職の場合、入社して3年以上が経過したアルバイト・契約社員を対象に、正社員として再雇用する制度が設けられています。

 

正社員になりたい人は無条件で、雇用形態の変更を希望することができますが、実際に正社員として再雇用されるのは、かなり優秀な実績を残した人だけなので、スタッフの大半が契約社員のままというのが実情です。

 

一方、総合職については、正社員になる人が多く、契約社員→正社員というキャリアパスが確立されています。

 

あくまでも本人の人事評価次第となりますが、入社後、わずか6ヶ月で正社員になった人も存在するので、正社員の仕事を探している人にとっても、まずは契約社員としてシャネルに入るというのは、現実的な選択肢と言えます。

 

教育制度・成長環境について

シャネルは、業界未経験者でも安心してキャリアをスタートできるように、仕事に必要な基礎的なスキルや、商品・業界の知識を習得することを目的とした、基礎研修制度を用意しており、ここで必要最低限の知識を学ぶことができます。

 

シャネルというブランドについても、研修時に細かく教えてもらえるので、しっかりと理解できますし、トレンドを学ぶ機会が数多くあり、ファッション業界の流行に敏感になれるので、業界知識が乏しい人でも、安心です。

 

その後も、本人の実力、ポジションに応じて、適切なスキルを学べるように、様々な研修プログラムが設けられています。

 

そのなかには、かなり高度な内容となっているプログラムもあり、これらの制度を利用することで、多くの人が、各分野のスペシャリストとして活躍できるだけの実力を身につけることに成功しています。

 

語学研修、フランス本社で開催されるセミナーへ参加する海外研修などもあるなど、学びの機会は豊富です。

 

こういった研修制度にくわえて、シャネルは、OJTの仕組みが整っている会社なので、仕事を通じて、効率良く、スキルアップすることが可能です。

 

特に、販売職の場合、シャネルはラグジュアリーブランドだけあって、社員に要求するサービス水準が高く、高度な技術を習得できるように、厳しく指導しているので、接客スキルを磨きたい人には、このうえない環境です。

 

また、シャネルは、年齢や経験、ポジションを問わず、一人一人の社員に、仕事に対する裁量を与える会社であり、やる気があれば、様々なことへチャレンジできるので、成長意欲が高い人には、オススメの会社です。

 

シャネルの中途採用口コミ情報

 

ワークライフバランスについて

年収の話のところでも触れましたが、シャネルは、残業を削減する方針を打ち出しており、特に、役職なしの一般社員については、残業ゼロを基本としていて、残業が発生することがほとんどありません。

 

かつ、アパレル企業としては珍しいぐらい、休日が多い会社なので、プライベートを重視する人にとっては、十分に満足できる職場環境と言えます。

 

ちなみに、有休についても、前月までに申請しておけば、そのまま認められるケースがほとんどですし、やむを得ず急に休まなければいけなくなった時には、周りのスタッフがフォローしてくれる風土がある職場なので、このあたりは安心です。

 

Check!

元々、シャネルは有休消化率が100%という社員が少なからず存在していた会社でしたが、ここ最近は、そういった人が急増しています。

 

管理職でもワークライフバランスは良好

ほかの企業と同じように、シャネルでも管理職に就くと、業務量が増える傾向にありますが、それでも、残業ゼロで、毎日、定時に帰宅している人が多いです。

 

夜遅くまで仕事をしている人がいますが、これは自ら望んで働いているというのが実情なので、管理職であっても、充実したプライベートを送ることが可能です。

 

定期的に長期休暇をとって、バカンスを楽しんでいる人も多く、仕事だけでなく余暇を大切するあたりは、さすがフランス企業といったところです。

 

補足)一部、ワークライフバランスが悪い店舗もある

ここまで見てきたように、シャネルはワークライフバランスが良好な会社ですが、販売職に関しては、注意すべきことがあります。

 

ローテーション勤務で、月10日ほどの休みがあるというのが、基本的なパターンで、3日ほどまとめて休みを取ったり、暇な時期を見計らって、土日に休んだりといったこともできるので、ほかのブランドと比較しても、自分の時間が作りやすい会社です。

 

ただし、小規模な店舗のなかには、人手が足りていないショップもあり、そういったショップで働くことになると、仕事の量が多すぎて、残業が増える、休日にも仕事の電話がかかってくるなど、仕事に追われることになります。

 

こういった店舗は、ごく一部であり、かつ、シャネルは就労環境の整備に対する意識が高い会社ので、今後解消されると思いますが、現時点では、こういったケースもあるというのも事実なので、気になる人は、自分が応募する店舗の状況について、事前に確認しておくことをオススメします。

 

Check!

売上高が多い大型店舗だと、逆に、人員確保の動きがしっかりしており、突発的に退職する社員が出ても、すぐにスタッフを補充してもらえます。

シャネルは女性にとって働きやすい会社

シャネルは、仕事内容について、男女で違いはないですし、昇給・昇進に関しても、男女平等であり、実際、管理職に就いて活躍している女性が多数存在します。

役員となると、男性社員ばかりとなっていますが、会社として、積極的に女性の登用に力を入れることを表明しており、今後は、状況が変わる可能性が高いので、キャリアアップに意欲的な女性にとっては、シャネルは、やり甲斐がある会社と言えます。

シャネルの中途採用口コミ情報

シャネルは子どもを持つ人に優しい会社

シャネルは社員の育児支援に力を入れている会社であり、産休・育休といった子育て支援制度が、しっかりと整備されており、多くの社員が休みを取っています。

数年前までは、取得が難しかったのですが、近年は、状況が改善されたため、産休・育休を取る人が増えていますし、さらなる改善を図っているので、今後は、ますます休みを取りやすくなる可能性が高いです。

復帰後には、子供が小学校に上がるまで、時短勤務を利用することも出来ますし、社員も子育てに理解がある人が大半なので、困った時にサポートしてもらえる環境が整っており、育児と仕事を両立させることが可能です。

 

育休を取っても、キャリアには支障がない

産休・育休を利用することが、今後のキャリアに影響することなく、休暇取得者が管理職に昇進した事例も多々あるので、安心してください。

 

管理職と子育て

ちなみに、現在、管理職で働いている人のなかにも、現在、妊娠中、子育て中という人が普通にいるのが、シャネルという会社です。

 

先ほどもふれたように、管理職になると、業務量が増えますが、それでも、多く人が、時短勤務内で業務を終わらせています。

 

それは、自分自身で時間管理をしっかり行い、かつ、部下を含む周りの社員と綿密な連携を取ることによって、スムーズに仕事を回しているためです。

 

こういったことに注意しておけば、シャネルは管理職というポジションと育児を両立させられる会社なので、自分のキャリアを諦めることなく、働き続けることができます。

 

結婚・出産を原因で辞める人が少ない

シャネルは、育児を支援する制度が整っており、女性にとって働きやすい職場環境なので、長く働き続ける人が多い会社です。

 

特に、販売職に関しては、全体の9割近くが女性ということもあり、会社の制度に加えて、スタッフ同士が女性特有の悩みを理解しあっているので、働きやすいようです。

 

その結果として、結婚、妊娠、出産といったライフイベントにおいて、退職する人は少ないですし、それどころか、販売スタッフとして、定年まで働き続ける人もいるぐらいです。

 

(マタニティ向けの制服も用意されており、妊婦の社員からは、好評です。)

 

シャネルの転職先としての価値

ここまで、シャネルの就労環境について、様々な角度から見てきましたが、結論から言えば、女性にとっては、これほど働きやすい職場はないというぐらい、環境が整っている会社です。

 

完全に男女平等なので、昇進・昇給で男性に差を付けられることはないので、キャリアアップを目指すことができますし、その一方で、育児支援制度が充実しているので、仕事と家庭・育児を両立させることができます。

 

様々な研修制度が用意されており、スキルアップを図ることもできる、残業が少なく、休みが多いので、プライベートも充実させられるなど、ほかにも様々な利点があります。

 

敢えて、デメリットにふれると、シャネルの給与水準は、ライバルのラグジュアリーブランドと比較すると劣る部分があり、シャネルで働けるぐらいの能力がある人であれば、他社で最も良い条件で採用してもらえる可能性があります。

 

ただし、そういった会社の就労環境が、シャネルほど良いとは限らないので、お金だけで選ぶと、後悔してしまうかもしれません。

 

このあたりは、何を重視するのかという、あなた自身の価値観次第となるので、ここをしっかり整理したうえで判断するようにしてください。

 

最初のほうで、転職エージェントの話をしましたが、どの会社を選択すべきか、決断に迷うようであれば、彼らに相談してみることをオススメします。

 

彼らは、転職のプロであり、転職者のこういった悩みに数多く向き合ってきているので、あなたの状況を分析して、適切な判断をしてくれるはずです。