ゴールドマン・サックス証券の中途採用事情

 

株式・債券・通貨・不動産取引のブローカーであり、貸付・保険・投資銀行業務に加え、プライベート・バンキングも行う、世界有数の金融グループ、ゴールドマン・サックス。モルガン・スタンレーやJPモルガン、メリルリンチ等と共に、投資銀行業務の幅広い分野において、業界上位に位置しています。

 

社員の平均ボーナスが6500万円を超えるという報道でも、有名な会社であり、テナント経営をしたり、レストランを開いたりと、副業をする社員が多いのも、この会社のユニークな特徴です。

 

その日本法人にあたるのが、ゴールドマン・サックス証券。1974年に東京駐在員事務所を開設して以来、投資銀行業務、セールス&トレーディング業務を中心に、幅広い金融サービスを提供してきています。

 

アメリカ本社同様、日本法人にも、優秀な人材が集まっており、社内での経験を活かして、独立して、自分の事業を立ち上げる人も多く、独立心の高い人にとっては、何かと刺激的な職場といえます。(こういった人達との人脈を作れるというのも、大きな魅力のようです。)

 

ゴールドマン・サックス証券は、常に有能な人材を追い求めており、中途採用の求人についても、常時、多数の案件が見つかります。

 

このページでは、ゴールドマン・サックス証券の中途採用求人の傾向、及び、社員の年収・給与水準、社内の就労環境等についてまとめていますので、参考にしてください。

 

中途採用求人の傾向

ゴールドマン・サックス証券は、新卒採用も行っていますが、主軸は中途採用に置いており、MBAやCFAホルダー、もしくは、大手邦銀・証券会社、他の外資系金融機関等で、秀でた実績を残していている人材を、積極的に採用しています。

 

ゴールドマン・サックス証券は、完全な実力主義の会社なので、社員が自分の能力を最大限に発揮することが出来るような、環境や制度が整えてられており、実力がある人にとっては、このうえなく、やり甲斐を感じることが出来るはずです。

 

なお、ゴールドマン・サックス證券において、中途採用の対象となる職種は、多岐に渡りますが、主なものをリストアップすると、下記の通りとなります。

 

人事、財務、内部監査、法務、契約管理、トレーディング、リスク管理、カスタマーサービス、オペレーション、アナリスト、投資調査

 

企業投資部門、投資銀行部門、アセットマネジメント部門、リアリティ・マネジメント部門など、部署単位での採用となり、いずれの職種においても、即戦力として活躍出来るだけの経験、見識を有することが、必須応募条件となります。

 

求人ごとに、具体的に必要とされる経験、スキル、技術の内容が異なるので、詳細については、個々に確認するようにしてください。

 

求人情報の入手方法

ゴールドマン・サックス証券においては、求人情報ページは開設されておらず、ゴールドマンサックスグループ本体のサイト内にある『Career』ページにおいて、確認することになります。
http://www.goldmansachs.com/careers/index.html

 

このページは、全世界の求人情報を一括管理しているものですが、日本法人から出ている求人全てが網羅されているとは限りません。

 

その一方で、ゴールドマン・サックス証券は、中途採用に関しては、国内の転職会社にも、人材採用を一任しており、転職会社からも、求人の告知が行なわれているため、そちらに問い合わせたほうが、より確実です。

 

このページの最後に、代表的な転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

社員の年収・給与制度について

ゴールドマン・サックス証券に勤務する社員の給与水準ですが、幾つか具体的な年収事例を挙げると、下記の通りとなります。(職種別にまとめています。)

 

  • リスク管理アナリスト 25歳 年収700万円
  • 経理財務 25歳 年収900万円
  • 社内SE 33歳 年収1300万円
  • 社内SE 34歳 年収1800万円
  • 社内SE 37歳 年収1500万円
  • ITシニアエンジニア 30歳 年収1200万円
  • 営業 25歳 年収1100万円
  • 営業 31歳 年収2000万円
  • オペレーション 26歳 年収650万円
  • 契約管理 24歳 年収700万円
  • 経営企画 29歳 年収1400万円
  • 投資銀行アナリスト 32歳 年収4800万円
  • 投資銀行アソシエイト 30歳 年収3000万円
  • プロジェクトマネージャー 30歳 年収1220万円
  • トレーダー 25歳 年収7936万円
  • トレーダー 26歳 年収1200万円
  • トレーダー 32歳 年収3600万円
  • 金融商品開発 42歳 年収2780万円
  • 事務管理 31歳 年収1728万円
  • 事務管理 33歳 年収1477万円
  • 事務管理 36歳 年収2067万円

 

ゴールドマン・サックス証券の報酬水準は、ほかの外資系金融機関と同じように、世界水準であり、日系企業では有り得ないぐらいの高額となっています。特に、フロントオフィスは、その傾向が強く、一応の目安を挙げると、下記のような感じとなります。

 

  • アナリスト(新卒~3年目) 1500万円~2000万円前半
  • アソシエイト(4年~7、8年目) 1000万円後半~4000万円前後
  • VP(Vice President, 国内企業では課長相当、8年目以降~) 3000万円~1億円程度
  • MD(Managing Director, 国内企業では部長相当)で5000万~10数億円程度

 

ただし、完全な実力主義で、実績次第で具体的な収入額が変わってくるので、上記の数字は、あくまでも参考値と考えてください。(たとえば、MDでも、グローバルでの役員クラス、トップトレーダーともなれば、50億円を超えるケースが、ザラです。)

 

2004年度には、生え抜きの30代の日本人社員が、所得税額3億6000万円で、推定所得10億円以上で高額納税者番付全国74位に入るくらい、一般的なサラリーマンとは全く別の給与水準となっています。

 

バックオフィス、ミドルオフィスとなると、もっと常識的な数字となってきますが、それでも、30歳前後で1000万円を超えるのが普通なので、同業他社と比較しても、好待遇と言えます。

 

中途採用で入社する時の注意点

ゴールドマン・サックス証券は、完全実力主義の会社なので、中途で入社する時には、それまでの実績を考慮する形で、給与額が算定されることになりますが、ここは交渉次第でもあるので、会社側から提示された金額に納得がいかない時には、希望条件を伝えて交渉するようにしてください。

 

適切にアピールすることで、幾らでも数字が上がる可能性がある会社だけに、妥協してしまうのはもったいないです。もし、こういった条件交渉が苦手ということであれば、前述した転職会社に、交渉の代行を依頼してください。

 

彼らは、転職のプロなので、この手の交渉に慣れており、うまく話を進めてくれます。条件アップに成功するケースが珍しくないので、ぜひ一度、相談してみてください。

 

人事評価・昇給制度について

ゴールドマン・サックス証券では、360度の人事評価制度が導入されています。上司からの視点だけではなく、幅広い社員からのフィードバックが、評価に取り入れられるようになっており、これにより、自分の長所や改善点を、多面的に理解することが出来ます。

 

実力主義の会社なので、結果を残せば、それに見合う見返り(昇進・昇給)が得られますし、社内公募制度があるため、国内外の他のポジションに、ジョブチェンジすることも可能です。

 

国際金融の最前線を走る会社だけあり、正直、仕事自体はとてもハードです。プロジェクトによっては深夜まで仕事が続くことがありますが、それを上回る報酬を手にすることが出来るので、納得して働いている人ばかりです。

 

なお、ゴールドマン・サックス証券は、外資系ですが、日本的な表現をすると、「体育会系」の組織でもあり、上司や同僚との関係性というのも、人事評価に響いてきます。

 

日本企業でよくあるゴマすりや、上司へのコミュニケーションを高めるだけで自分の評価が上がるといったことは、さすがに無いのですが、かといって、周囲との人間関係をおざなりにしていると、それは、マイナスの評価につながると考えておいたほうがいいです。

 

成長環境について

ゴールドマン・サックス証券は、ハードワークが当たり前の金融業界のなかでも、1、2を争う圧倒的な仕事量で知られています。そのため、日常業務に取り組むなかで、仕事を効率的にこなす力、マルチタスクで仕事を進める力が、嫌でも伸びることになります。

 

また、様々な国籍の人間が、お互いに対等な立場で、自由にモノを言いながら、仕事を進めていく、真にグローバルな環境なので、自分の意見を主張しつつも、多様な意見を聞き入れ、最善の策を導き出して実行する力といったものも、実務を通じて、養われることになります。

 

とてつもなく大きな金額を若いうちから動かすことになりますし、フロントオフィスであれば、自分が背負う売上のノルマも、かなり巨大な額となるなど、日々、大きな責任とプレッシャーのなかで、仕事に取り組むことになるので、精神的なタフさも、磨かれます。

 

仕事をするうえで、最も重要な部分である考え方についても、改善の余地のある事柄については、不満として吐き出すのではなく、自分もその状況を形成する一部として、主体性を持って、改善方法を模索して実行するという発想が、自然となります。

 

この考え方は、ゴールドマン・サックス証券でのキャリアということだけではなく、今後の人生を前向きで主体的に進めるうえでも、極めて大きな基盤になってきます。

 

こうやって見ていくと、この会社で働く機会というのは、ビジネスマンとして、どうということではなく、より良い人生を過ごすという観点で見ても、将来につながる環境と言えます。

 

(仮に、将来的に、別の会社に移ることになったとしても、5年以上、ゴールドマン・サックス証券で働いていれば、それは、転職市場においては、ビジネスマンとしての有能性を証明するものとなり、非常に有利となります。)

 

色々と長くなりましたが、自己成長に対する関心が高い人にとっては、間違いなく、やりがいを感じられる会社と言えます。

 

ワークライフバランスについて

先ほども触れたように、ゴールドマン・サックス証券は、ハードワークが当たり前の会社なので、ワークライフバランスについては、期待しないほうがいいです。

 

その場で対応しなければいけないような、緊急性の高い事柄、突発性の高い事柄が、毎日起こるので、予定通り仕事を済ませて、定時に退社するというのは、基本的に無理です。

 

かつ、部署によっては、海外とのコールが頻繁にあり、主要拠点(ニューヨーク、ロンドン、インド、香港、日本)のメンバーが集まれる時間ということで、ミーティングが、必然的に夜20時~22時に設定されることになりますが、週に複数回そのようなことがあるのが、珍しくない環境です。

 

バックオフィスだと、ほかの部署よりは、負担が軽くなりますが、それでも、帰宅時間は20時くらいです。(これで、ずいぶん早いと感じるようなレベルです。)

 

投資銀行部門や証券部門だと、「最初の一年間は一日たりとも休みがなかった」というケースが珍しくないので、この状況に納得出来る人でないと、ゴールドマン・サックスで働き続けることは、まず出来ないでしょう。

 

ちなみに、こういった生活でも、数年間続けていくと、仕事に慣れてきて、効率性が高まるので、それなりに、自分の時間が出来てきます。また、そういった激務のなかでも、効果的にリフレッシュする術が身に付いてくるので、実は、楽しそうに仕事をしている社員が多いです。

 

(どこに、そんな時間があるのかというくらい、自分の趣味を満喫したり、遊び回っていたりする人もいます。)

 

女性の働きやすさについて

ゴールドマン・サックス証券は、良い意味で、男性だから、女性だからという違いがなく、完全実力勝負の公平な世界です。

 

その反面、日本では、保活問題が深刻になっているなか、2010年ごろから託児所を設置しており、子どもを持つ人でも、安心して第一線で働くことが出来るようになっています。

 

仕事はハードですが、リモートワークなど、フレキシブルに働ける環境が整っているため、自分の工夫次第で、仕事と家庭の両立は十分に可能です。現に、ゴールドマン・サックス証券では、多くの女性が活躍しています。

 

ちなみに、マネージャーを目指してガツガツ働く人もいれば、ワーキングマザーとしてタフに働く人、マネージャーではないけれど、専門職としてコツコツ働く人もいるなど、様々なタイプの女性が働いており、これは、多様な働き方が出来るということを意味しています。

 

女性だからといって、働きにくいと感じることはないですし、自分の生活環境などを加味して、納得が出来る働き方を追求することが出来ます。

 

※補足
育休から戻った女性社員が早く帰ることで、独身社員、子どもがいない社員への負担が大きくなり、両者の間で、軋轢が発生するというケースが見られることがあります。

 

子育てを優先して、仕事をセーブしながら働くには、職場の同僚や上司と、日頃から、コミュニケーションを取って、協力を得られるような人間関係を維持することが、必須事項です。

 

ゴールドマン・サックス証券の転職先としての価値

ここまで、ゴールドマン・サックス証券の就労環境について、様々な角度から見てきましたが、高収入が代名詞の外資金融のなかでも、トップクラスの給与水準ですし、ハードワークではありますが、労働環境自体は、整備されているので、転職先として見た場合には、申し分がない企業です。

 

ただし、成果に対するプレッシャーは強いので、実力主義の世界で、勝負したいという人でないと、この会社で働き続けることは難しいでしょう。

 

また、当然ですが、上司が外国人になるケースも多いので、外国人相手とのコミュニケーションには、気が引けるという人も、ゴールドマン・サックス証券で働くのは難しいでしょう。

 

逆にいえば、こういったことが苦にならなければ、世界規模で見ても、トップクラスの会社なので、毎日、仕事をこなすことが、自分を成長させることにつながり、世界で通用する能力を身につけたいという人には、最良の環境です。

 

こういったことを加味すれば、ゴールドマン・サックス証券に合うタイプ、合わないタイプというのは、ハッキリ見えてくると思います。自分はどちらになるのか、冷静に見極めたうえで、ゴールドマン・サックス証券への転職を目指すかどうか、判断するようにしてください。

 

最後に、ゴールドマン・サックス証券の中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、判断に迷うようでしたら、ぜひ一度相談してみてください。客観的な視点でアドバイスしてくれるので、参考になります。

 

また、転職会社は様々な企業の求人情報を押さえているので、他社のことについて聞いてみるのもアリです。もしかしたら、ゴールドマン・サックス証券以上に、自分に合う会社が見つかるかもしれません。

 

転職先を決める際に、選択肢が多いに越したことはないので、ぜひ、他社の求人についても、紹介してもらってください。

 

<ゴールドマン・サックス証券の中途採用求人を扱う転職会社>