大気社の中途採用事情

 

空調システムと塗装システムを主軸に事業を展開するエンジニアリング企業、それが『株式会社大気社』です。

 

空調システム事業では、クリーンルームなど工場向けの産業空調システム事業とオフィスビルなどのビル空調システム事業を展開し、 塗装システム事業では、国内外の自動車メーカーを主要クライアントとして自動車塗装プラントの設計・施工を行っています。

 

高層ビルや商業施設、病院、学校、空港ターミナル、美術館、スタジアムなどの生活空間だけでなく、半導体などの電気電子部品や医薬品の工場や自動車の塗装プラントにも、大気社の技術が生かされています。

 

現在は、自動車塗装システム事業では、世界トップクラスのシェアを誇り、空調システムの分野では、培ってきた技術を生かし、これまで不可能と言われてきた完全人工光型植物工場での結球レタスの安定量産化技術を確立、『大気グリーンファーム』という製品名で提供を始めました。業績も拡大しています。

 

このような背景から、中途に関しても、様々な職種において、募集がかかっています。株式会社大気社への転職のチャンスは豊富に存在するので、関心がある人は、このタイミングで真剣に検討することをオススメします。

 

大気社の中途採用求人の傾向

現在、大気社の公式ページで確認できる中途採用職種は、募集期間が終了しているので確認できませんが、定期的に募集をかけていますので、転職希望者の方は細目にチェックするようにしてください。下記は転職会社経由での現在の募集をまとめています。

 

  • 空調・衛生設備の施工管理
  • 安全監理(PM/機械器具設置)
  • 海外駐在予定の電気設備施工管理
  • 法人営業職
  • 安全管理担当

 

<空調・衛生設備の施工管理>
空調・衛生設備の施工管理の募集は地域ごとの募集になり、それぞれ、滋賀/東近江、滋賀/野洲、岡山/瀬戸、島根/出雲での募集となります。

 

業身内容は、請け負っている案件先に常駐する形で、工場空調設備の施工管理業務と計画・見積もり作成等がメインとなります。

 

学歴は不問ですが、必須条件として、施工図がわかり設備工事の経験がある人が対象となります。なお、契約社員からの採用になります。

 

<安全監理(PM/機械器具設置)>
神奈川県の座間技術センターでの募集になり、塗装事業において、プロジェクトマネージャーの仕事がメイン業務となります。

 

学歴は不問ですが、必須条件として、機械器具設置監理技術者資格者証保持者の方となっています。こちらも契約社員からの採用になり、1早期社員化を目標としています。

 

<海外駐在予定の電気設備施工管理>
タイもしくはインドネシアにて受注した案件に専属で施工管理としての勤務となります。高層ビルや商業施設、工場、博物館などのあらゆる大型建築物の電気設備の施工管理業務となります。

 

学歴は不問ですが、必須条件として、海外にて設備施工管理の仕事の経験、電気設備施工管理の経験、電気に関する国家資格を有することが条件となっています。その他、必要条件として、日常会話レベル以上の英語力が要ります。

 

雇用形態は、正社員/契約社員とあり、年齢によっては契約社員からの採用となる可能性があります。

 

<法人営業職>
こちらは、名古屋、東京での募集となり、法人営業職としてご勤務となります。将来的な管理職候補としての採用で、業界未経験でも可能になります。

 

学歴は大学院、大学卒以上となっており、必須条件として法人営業経験が必要です。雇用形態は正社員の採用になります。

 

<安全管理担当>
こちらは東京、大阪の募集となり、建築物、設備、作業場所または作業方法に危険がある場合における応急措置または適当な防止の措置等が業務となります。

 

学歴は不問ですが、必須条件として、大手ゼネコン・サブコンでの安全管理のご経験が必要です。雇用形態は正社員の採用になります。

 

求人情報の入手方法

大気社では、公式サイト内において、中途採用ページを開設しており、そちらのページにおいて、現在、募集がかかっている職種の一覧について、確認することが出来ます。
https://www.taikisha.co.jp/jrecruit/index.html

 

また、中途に関しては、大気社は、転職会社を利用して、募集をかけることも多いので、こちらも有力な情報源となります。このページの最後に、代表的な転職会社をリストアップしておきますので、押さえておくことをオススメします。

 

大気社の社員の年収・給与制度について

大気社に勤務する社員の年収ですが、職種別に幾つか事例を挙げると、下記の通りとなります。

 

  • 技術開発 25歳 年収580万円
  • 技術開発 26歳 年収700万円
  • 技術開発 30歳 年収600万円
  • 技術開発 30歳 年収1000万円
  • 研究開発 24歳 年収500万円
  • 研究開発 27歳 年収650万円
  • 営業 25歳 年収600万円
  • 施工管理 22歳 年収550万円
  • 施工管理 25歳 年収600万円
  • 施工管理 26歳 年収400万円
  • 施工管理 30歳 年収700万円
  • 施工管理課長 37歳 年収1300万円
  • 施工管理部長 41歳 年収1600万円
  • 施工管理統括部長 55歳 年収2000万円

 

大気社の給与制度は毎月の給与にプラスして賞与年2回と昇給年1回からなります。賞与は合計すると基本給の7~8か月分まで支給され、昇給に関しては、毎年9000円程度上がります。成績によっては12000円にまで上がります。

 

福利厚生は、2割補助の持ち株制度、家賃補助(若手は9000円のみ自己負担、若手以外は3割会社負担、転勤した場合、7割会社負担)、住宅割引、車両割引、全国の宿泊施設を格安利用や、デイスイートなどの割引が受けられます。

 

手当として、現場手当は毎日500~3000円支給され、支社から距離のある現場に配属される場合、7~10万円支給されます。その他、交通費、出張手当、代休未取得手当、夜勤手当、子供手当が支給されます。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用の場合、前職までの経歴・実績を加味して、年収が決まることになりますが、実質的には、交渉次第となっており、同じような実力を持つ人でも、会社側と、どんな話をするかによって、ベース給が変わってきます。

 

そのため、会社側からの提示額に納得がいかない時には、そこで妥協せず、自分の希望を伝えて、キチンと交渉することをオススメします。ここで、会社の意向を受け入れてしまうと、入社後、同僚との給与差が大きいことに気づき、後悔することになりかねないので、要注意です。

 

大気社の中途採用は、職種によって年収の幅があり、雇用条件等も変わってきますので、この交渉は極めて重要になってきます。

 

条件交渉が苦手という人は、前述した転職エージェントに代行を依頼してみてください。彼らはこの手の交渉経験が豊富なので、うまく話を進めてくれます。交渉ベタな人が、自分で強引に進めるよりも、よほどうまくいく可能性が高いので、最初から任せてしまったほうが賢明です。

 

大気社の評価制度について

大気社では、各社員に必要とされる能力や熱意・行動、業績への貢献度で評価し、人材育成につなげるため、評価結果を本人にフィードバックしています。具体的には初期段階で、上司との面談により目標設定を行い、月ごとにその目標が達成されたかどうかの月次対話が行われています。

 

若手の場合、実績と行動が半々といったところで、結果を出せなくとも行動良ければ、ある程度評価されます。しかし、上になるにつれ、実績の比重が高まります。

 

新人の場合、1年目は全員一律の評価になり、2年目から個人別に評価され、3年目から昇給やボーナスに差が出ます。30歳以降では中途を含めて、昇給には社内試験があり、それに合格すると給与が上がる仕組みです。

 

大気社の教育制度・成長環境について

大気社では、若手のうちから仕事を任せてもらえるので、責任感とともに就業意欲の高まりを感じることが出来ます。関係部署を巻き込み、共通のゴールに向かう力、一人で営業するのではなく、チームとなって目標に向かっていく経験が身に付く環境です。

 

若手の段階では、現場系の資格を大量に取得でき、資格以外にもビジネスマナーやプレゼン講習などプロの講師を雇った講義があり教育への投資意欲はかなり高いと言えます。それぞれの配属先、特に現場では設計や施工管理の経験を積んで成長が出来ます。

 

また、大気社では、最大の財産を“人”と位置づけ、人材の育成に力を注いでいます。 具体的には、人材開発プログラムとして、・OJT制度 ・OJT指導員研修 ・グローバル化教育 ・新任基幹職研修 ・新任管理職研修 ・新任執行役員研修 ・信任拠点長研修 ・コンプライアンス教育 ・ライフプラン研修などがあります。

 

専門教育として、・設計ジョブリーダー研修 ・CAD教育 ・資格取得研修 ・安全教育 などがあります。その他 ・資格取得支援 ・eラーニング、オンデマンド教育 ・語学教室、社外セミナー受講支援などを行っています。

 

ワークライフバランスについて

部署にもよりますが、プロジェクト部署に配属された場合、残業時間が設計で50時間はあり、施工でも60時間はあります。特に繁忙期では残業時間が100時間以上になる場合もあり、プライベートの確保は難しい環境です。残業代に関しては、毎月100時間までは支給されますが、申請次第では月120時間までは支給されます。

 

本社内勤は比較的休みがカレンダー通りで取得でき、残業時間も多くならないため、プライベートの確保は取りやすい環境です。ただし、本社内勤になるためには10年ほどプロジェクトをこなす必要があります。ちなみに月平均残業時間は51.5時間となっています。

 

女性の働きやすさについて

大気社では男性中心の会社ですので、女性の場合、現場ではなく各地都心部で設計の仕事を任せられることがほとんどです。もちろん現場で働きたいという希望を出せば現場勤務も可能です。しかし、管理職などはほとんどいないという現実があります。

 

昨今、大気社ではダイバーシティの取り組みも重視しており、人種、性別関係なく採用しています。その一つとして、女性社員の活躍を推進しています。2019年までには女性管理職を今の3倍に増やすことを目標にしています。

 

育児支援制度に関しても女性活躍推進法に基づく行動計画を起こしており、2016年4月より育児時間の改定を行っています。例えば、育児時短勤務を小学校に入学する前から小学校3年まで、その他育児関連や介護関連の拡充と見直しを常に行っており。女性の働く環境を良いものにしようと取り組んでいます。

 

大気社の転職先としての価値

大気社は、空調事業、塗装プラントの2つの事業を展開しています。特に業界では異色の塗装に関しては日本ではトップです。そのどちらも収益を生み続けていますので、安定性は抜群です。

 

企業文化は年功序列ですが、ある程度経験を積んだ頃にはっきりと評価が分かれてくるような会社です。むろん、仕事はハードですから、全体的に体育会系の人が多く、そういう人でないと長く勤務できないという環境です。

 

大気社に向いている人と考えると、専門性を活かし、仕事は大変でも収入が欲しいと思う人ならば最適な環境ですが、ライフワークを第一に考えるならば、向いていないと言えます。

 

このあたりは、個人の考え方次第となるので、自分自身の価値観と照らしあわせながら、大気社への転職の判断を下すようにしてください。

 

最後に、大気社の中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、このあたりの判断に迷うことがあれば、一度相談してみてください。プロの視点で、アドバイスしてくれるので、参考になるはずです。

 

また、転職会社は、様々な企業の求人情報を扱っているので、他社の求人を紹介してもらうのもオススメです。大気社以上に、魅力を感じる求人が出てきてもおかしくないので、関心があれば、ぜひ他社のことについても、話をしてみてください。

 

<大気社の中途採用求人を扱っている転職会社>