シンガポール大使館の求人情報をリアルタイムに入手する方法

シンガポール大使館で求人が発生した場合には、公式サイト内でニュースとして告知されます。(英語です。)

 

募集がかかるのは不定期なので、定期的にサイトをチェックしないと、なかなか見つけることが出来ませんが、それは面倒なので、最新情報のメール配信サービスを利用することをオススメします。

 

メールアドレスさえ登録しておけば、新着記事が配信されるたびにメールで通知してくれます。『一般声明』、『報道発表とスピーチ』、『写し』、『声明』、『旅行注意事項』の5つのカテゴリーから、自分が好きなカテゴリーのニュースだけ通知してもらうことが出来ます。

 

シンガポール大使館の求人

 

採用情報は『一般声明』、『声明』のどちらかで配信されるので、この2つに登録しておけば確実です。

 

公式サイト以外には、求人情報が掲載されている媒体はないので、公式サイトのアナウンスを見逃さないようにしてください。

 

在シンガポール日本大使館でも求人が発生しています

 

これは補足情報ですが、シンガポールの日本大使館の求人情報を探すのであれば、公式サイト内に人材募集ページがあります。

http://www.sg.emb-japan.go.jp/about_join_involved_j.htm

 

インターンやボランティアの募集情報も掲載されているので、気になる人はチェックしてみてください。

 

在シンガポール日本大使館の求人

 

一般企業で仕事を探してみよう

 

現実的にはシンガポールの大使館で職を得るというのは、かなり狭き門です。そもそも、募集がめったにかからないのですから、本人の能力や努力以前の問題です。

 

もし、シンガポールで働きたいということであれば、一般企業を相手に職探しをしたほうが賢明です。

 

シンガポールはアジアのハブセンターなので、日系企業がどんどん進出しています。現地への出張や駐在を前提とした求人案件も少なくないので、どっぶりシンガポールに浸って働くことが出来ます。

 

業種もIT・金融から、運送(海運)、製造業、小売業まで様々です。幅が広いですし、求人数も多いので、自分に合った仕事が見つかる可能性は大です。

 

グローバル企業、外資系企業の転職案件に強いエージェントに相談すれば、幾らでも仕事を紹介してくれます。(もちろん、語学力など一定の条件をクリアしていることが前提です。)

 

下記のページで語学を活かした仕事に強いエージェントを紹介しているので、参考にしてみてください。

英語のバイリンガルが転職する時に、一度は相談しておきたいエージェント7選

 

最後にプチ情報ですが、現地で働いている人に話を聞くと、一時のブームは去ってシンガポールの経済は成熟しつつあるそうです。成長著しい元気な国で働きたいというのであれば、タイやインドネシア、マレーシア、ベトナムといった国々のほうが向いているようです。参考情報としてお伝えしておきます。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

語学を活かした仕事に強い転職支援会社ベスト3

外資系企業、グローバル企業の求人案件を豊富に抱えている転職エージェントなので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

コメントを残す

このページの先頭へ