ナイキジャパンの中途採用事情~募集職種、年収、求人動向、etc

スポーツ、アパレルといった分野で働くことを興味がある人にとっては、ナイキジャパンは有力な転職先候補となると思いますが、残念ながら、中途採用事情はあまりよろしくありません。ナイキジャパンにおいて、大々的に人材募集がかかることはないためです。

 

店舗スタッフのアルバイト求人であれば、常時発生していますが、本社務めの正規雇用求人は、頻繁には出てきません。新規採用も含めて、定期的に募集をかけるということはなく、必要に応じて、不定期で求人が出されるといった状況です。

 

そのため、ナイキジャパンへの転職を目指すというのは、新卒・中途採用、いずれにしても厳しいです。候補としては頭に入れつつ、他の会社の求人もチェックしながら、転職先を探すというのが現実的な選択肢となります。

 

ナイキジャパンから出てくる中途採用の求人を確実に押さえるためには

こういった状況を踏まえたうえで、それでもナイキジャパンへの転職を目指すという場合には、数が少ない求人を確実に押さえる必要があります。そのための具体的な方法は二つです。一つはアメリカのナイキ本社の採用ページを定期的にチェックすることです。

http://jobs.nike.com/article/corporate

 

IT、デザイン、マーケティング・セールス等、部門別に求人情報が掲載されています。アメリカ本社だけでなく、世界各地に展開する現地法人の求人も含まれており、ナイキジャパンの求人が出ていることもあります。

 

2015年10月にチェックした時には、下記のようにマーケティング関係の求人が3件掲載されていました。他の部門でも求人が出ていたので、こまめにチェックすれば、自分が希望する仕事が出てくるかもしれません。

 

ナイキジャパン中途採用事情

 

応募したいと思う求人が見つかった時には、公式サイトから申し込むことになります。管理人自身はここまでしか確認していないので、その後の流れについては分からないのですが、日本法人から連絡を受けることになると思います。

 

ただし、ある程度まではアメリカ本社が対応する可能性もあり、その時には当然、全てのやりとりが英語となるので、この時点で語学力がないとアウトということになります。(実際の面接などは東京で行われるはずなので、読み書きが出来る程度の語学力があれば、なんとか対応出来るのではと思います。)

 

これが最も確実ではありますが、ハードルが高いという人には、日本の転職エージェントに登録しておくことをオススメします。ナイキジャパンの公式サイトでも記載がありますが、求人が出た時には、新卒・中途採用、ともに求人媒体で告知されることになります。

 

そのため、主要な大手エージェントに登録したうえで、ナイキジャパンへの転職を狙っていることを担当者に伝えておけば、新規求人が発生した時には、リアルタイムで連絡をもらうことが出来ます。エージェント経由でのやりとりなので、アメリカ本社から応募するよりも楽です。

 

エージェントのサポートも受けられるので、年収等、待遇面でより好条件を引き出せる可能性もあり、そういった意味でもエージェントを利用するのはオススメです。

 

過去の実績としては、JACリクルートメントリクルートエージェントマイナビエージェントエンジャパンクリーデンスといったエージェントにおいて、ナイキジャパンの中途採用求人の取り扱い実績があります。ただし、どのエージェントから、求人が出るのかというのは分からないので、4社全てに登録しておいたほうが確実です。

 

中途採用者の年収は、どれくらい?

では、仮に転職が決まった場合、どれくらいの年収が見込めるのでしょうか?

 

おおまかな年収ラインとしては、下記のようなものとなります。

  • レップ(一般職) 400万円~
  • シニア・スーパーバイザー 700万円~
  • マネージャー 750~1000万円オーバー

 

ナイキジャパンは外資らしく、これまでの実績と本人の実力次第です。年俸に決算賞与と業績給が付くという形になっていますが、業績給は個人の業績と会社の業績から構成され、おおよそ年俸の10~25%になるため、業績次第で大きく変動することになります。

 

年俸そのものについては、年1回で見直しがかかりますが、ポジションがアップするといったことがなければ、昇給幅は僅かなものとなるので、あまり期待出来ません。逆に、外資といえども、年俸に関しては、一度上がったら、そう簡単に下がることはないので、中途採用の場合、入社時の給与がかなり重要となってきます。

 

この給与額次第で、今後の年収が大きく違ってくるので、転職する時には出来る限り好条件を引き出す必要があります。この交渉を個人が直接行うのは大変なので、転職エージェントからのサポートを受けるのが賢明です。

 

あとは、結果(=勤務実績)次第ということになるので、自分が頑張ることです。外資らしく、ここは極めてシンプルです。

 

なお、中途採用者の実例としては、中途5年目主任クラスで年収700万、中途10年目一般職で年収800万といった事例があります。勤務年数よりもポジションのほうが重要ということですね。

 

ワークライフバランスについて

ナイキジャパンはワークライフバランスが非常に優れている会社です。フレックス制なので、自由度が高いですし、有給休暇が取りやすい社風となっています。管理職も含めて、毎年長期休暇を取る人が多いようです。

 

金曜の午後や月曜の午前中に半休を入れて、週末を有効活用するといったことも、社内全体で共有されており、仕事とプライベートを両立しながら働きたいという人にとっては、理想的な環境だと思います。

 

ちなみに、ナイキジャパンは残業も殆どない会社ということで、これは明言されていませんが、労働環境の良さから離職率が著しく低く、そのため新規採用・中途採用、ともに募集頻度が低いのではという気がします。

 

まとめ:ナイキジャパンの転職事情

このように、ナイキジャパンは転職先としては、なかなか理想的な会社と言えますが、求人自体があまり出てこないので、狭き門と言えます。現在勤めている会社に対して、それほど大きな不満は無く、続けることに問題がないということであれば、ナイキジャパンの求人が出てくるまで、チャンスを待つという選択肢もあります。

 

外資と言えども、さすがに前職の勤務期間が1年以下といったような状況だと、ビジネスマンとしての能力・適性を疑われるので、転職時に不利です。ナイキジャパンよりも魅力的な会社が見つかれば、そちらにチャレンジする。そういった企業が出てくるまでは、現在の勤め先で頑張るというのが現実的な判断かなと思います。是非、このあたりの転職戦略についても、エージェントに相談してみてください。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • JACリクルートメント

    Doda

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

コメントを残す

このページの先頭へ