バンタンの中途採用事情~求人の傾向、年収、就労環境など~

ファッション・アニメ・サウンド・フードなどのクリエイター育成事業を手掛けるバンタン。東京・大阪などの日本校にくわえて、海外にも提携校があり、優秀なクリエイターを各業界において、多数輩出しています。

 

バンタンの中途採用事情

 

市場の変化に合わせて、提供する教育サービスを変化させることで、常に即戦力となる人材の育成を実現させてきている企業なので、自社の人材採用に関しても、中途採用を積極的に活用して、優秀な人材を確保する方針を採っています。

 

このページでは、バンタンの中途採用求人の内容や、社員の年収・就労環境などについて、まとめていますので、転職活動に役立ててください。

 

中途採用の募集内容・選考プロセスについて

バンタンの中途採用求人に関しては、自社サイト内にある採用情報ページにおいて、募集要項が公開されています。
https://vantan.jp/recruit/career/

 

営業企画、マーケティング、スクール運営・入学事務局担当など、様々な職種において、求人が発生しています。

 

中途採用であっても、専門卒以上であれば、経験不問で誰でも応募出来るため、実務経験豊富な人はもちろんのこと、社会人経験がない人でも採用されるチャンスが十分にあります。

 

もちろん、中途の場合、実力ありきの選考となるため、経験豊富な人のほうが有利ですが、バンタンは、多角的に事業を展開している会社ということもあり、様々な分野にアンテナを張り巡らせ、フレキシブルに行動出来るような人材を好んで採用しています。

 

この人物像に当てはまる人であれば、就業経験が少ない若い人でも、高評価を得られる可能性があるので、こういったタイプの人は、ぜひチャレンジしてみてください。

 

なお、バンタンでは、自社が運営するスクールの卒業生で、就労経験がある人、及び、ファッション・デザイン・コンテンツ業界出身者で専門知識を有する人を対象として、アルバイトを常時、募集しています。

 

主にスクール運営のサポート業務を担当することになりますが、入社後の勤務実績次第では、正社員へ昇格出来る登用制度があるので、正規雇用の仕事を探している人にとっても、有用なキャリアパスの一つになります。

 

社員年収・昇給制度について

バンタンに勤務する社員の年収ですが、幾つか、具体的な事例を挙げると、下記のようになります。

 

  • 30代 スクール運営 年収300万円
  • 29歳 営業 年収450万円
  • 36歳 企画 年収420万円
  • 30歳 販促リーダー 年収470万円
  • 30代 広報主任 年収500万円
  • 30代 営業リーダー 年収600万円

 

バンタンの給与体系は、年俸制となっており、そのなかに賞与も含まれています。業績に応じて別途決算賞与が支給され、好決算の年には、月収の4倍以上に相当する額が支給されることもあります。

 

残業については、40時間までは、みなし残業として、給与内に入っています。40時間を越えた時には、残業代が支払われることになります。

 

全体的に、業務量が多い会社であり、仕事量と賃金を比較すると、給与が安いと感じる社員が少なくありません。また、入社して3年経つと、給与制度が変わり、給与が減ってしまうケースがあるので、注意が必要です。

 

昇給については、年1回として定められています。昇給額は、人事評価に直結しているので、微々たるものに終わるケースもあれば、年俸が10%以上アップするケースもあるなど、様々です。実力主義と言えるので、やり甲斐が持てる制度と言えます。

 

また、バンタンでは、役職に就くと、大きく給与が上がることになるので、キャリア志向が強い人にも、オススメの会社です。

 

なお、中途採用でバンタンに入社する場合、年俸は年齢や前職の経験、スキルなどを加味して、算出されることになります。能力を認められれば、最初から高給与となることもあるので、面接の時に、うまく自分をPRすることが重要です。

 

また、面接のなかで、給与額について交渉する機会もありますが、ここで下手に妥協すると、不満が残る結果になってしまいますし、入社後も、後々まで付いて回ることになるので、後悔することになります。

 

そのため、納得がいくまで、会社側と交渉することをオススメします。もし、こういった交渉が苦手ということであれば、転職エージェント経由で、バンタンの求人に応募して、これらの条件交渉をエージェントに代行してもらうことをオススメします。

 

彼らはプロなので、交渉に慣れており、うまく話を進めてくれます。一個人が自分で交渉するよりは、うまくいく可能性が高いので、自信がない人は、最初から任せてしまってください。

 

ただし、これは、バンタンの求人を、転職エージェントが扱っていることが、前提の話となります。バンタンの求人を扱っていないエージェントに依頼しても断られるだけなので、注意してください。

 

このページの最後に、バンタンの中途採用求人を扱っているエージェントをリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

バンタンの人事評価・組織体制について

バンタンは、売上・実績を元に評価を行う成果主義を採用しています。個人と部署、それぞれの目標の達成合いが評価指標となり、高評価を受ければ、昇進・昇給にもつながります。

 

また、バンタンでは、自分から率先して行動するようなタイプが、高い評価を受ける傾向にあるので、日頃から、積極的に自分から提案をしたり、新しい業務にチャレンジする姿勢を見せることも、高い評価を得るうえでは、重要な要素となります。

 

やる気がある社員に対しては、重要度の高い業務を任せたり、新しいことに挑戦させる風土を持つ企業なので、自ら意思表示をすることで、チャンスは幾らでも掴めます。

 

なお、年齢に関係なく、評価が高い人材を昇格させる会社でもあるので、20代、30代の若い人でも、管理職に就くことが可能です。(その場合、仕事の実績と併せて、部下を育成するスキルがあることが条件となってきます。)

 

このように、バンタンは実績主義の会社ではあるのですが、査定役となる上司の裁量が大きいため、最終的には、上司の判断に任されることになります。

 

そのため、同じ実力を持つ部下の評価に差をつけなければいけない時などには、好き嫌いが決め手となるといったこともあるので、常日頃から、上司との人間関係を良好に保つことを、忘れないようにしてください。

 

ワークライフバランスについて

バンタンは、ワークライフバランスという点では、注意すべき点が多々ある会社です。まず、シフト制の職種の割合が高いため、土日勤務の機会が多くなり、結果として、家族との時間が取りにくくなったという声が多いです。

 

また、先ほども触れましたが、日頃から業務量が多く、拘束時間が長くなる傾向にあるので、プライベートと仕事の両立は難しいと考えたほうがいいです。展示会などのイベントが続く時期には、休日出勤や深夜勤務も当たり前となるケースも珍しくありません。

 

近年、会社として残業を減らすことに力を入れるようになっており、徐々に仕事量が少なくなっていますが、定時で退社出来ることは少ないので、当面は、プライベートが仕事の犠牲になると、覚悟しておいたほうが賢明です。

 

女性の働きやすさ

バンタンは、完全実力主義の方針をとっており、キャリアアップに男女差はないので、女性だからといって、不利な立場に置かれることはありません、実際、マネージャー以上の役職に就いている女性社員の数は多く、バリバリ働きたい人には、オススメの企業です。

 

その反面、プライベートの時間が取りにくいので、結婚や出産を機に仕事を辞める社員が多いのも事実です。業務量の多い部署が大半を占めているので、家庭との両立を考えると体力的にきついというのが、その背景にあります。

 

産休・育休といった制度は、完備されているのですが、こういった事情があるため、利用する人は僅かです。また、復帰後には、通常勤務となり、時短勤務などは利用出来ないので、子育てとの両立を図るのは、現状では難しいです。

 

バンタンの転職先としての価値

ここまで、バンタンの社内事情について、様々な角度から見てきましたが、売上や実績などの数字で結果を出すことができれば、きちんと評価される会社なので、キャリアアップ志向が強い人にとっては、やり甲斐を感じられる職場と言えます。

 

ただし、業務量が多く、プライベートの時間が取りにくいため、のんびりマイペースで働きたいという人にとっては、ストレスを感じてしまうでしょう。

 

このように、バンタンは特徴がハッキリしている企業なので、自分にとって合っているのかどうか、冷静に見極めることをオススメします。

 

最後に、バンタンの中途採用求人を扱う転職エージェントをリストアップしておきますが、彼らは、バンタンの社内事情に精通しているので、何か気になることがあれば、ぜひ聞いてみてください。

 

また、エージェントは様々な企業の求人を扱っているので、バンタン以外の求人について、教えてもらうのもアリです。複数の会社の求人を見比べれば、より客観的に判断出来ますし、バンタン以上に魅力的な求人が出てくるかもしれません。

 

転職先に希望する条件などを伝えれば、それらの条件に見合う求人を探して、紹介してくれるので、ぜひ、こういった活用もしてみてください。

 

<バンタンの中途採用求人を扱う転職エージェント>

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ