ル・クルーゼ・ジャポン株式会社の中途採用事情~社員年収、就労環境など~

ル・クルーゼ・ジャポン株式会社の中途採用事情

画像出典:L.S.P. tokyo

 

1925年の創設以来、世界中の料理愛好家や主婦に親しまれている、フランスのキッチンウェアメーカー、ル・クルーゼ。そのシンボルとなるカラフルなホーロー鍋を始め、ストーンウェアやTNS、ケトルなど、キッチンからテーブルまで、トータルにコーディネートする幅広い商品を、世界60カ国以上において、提供しています。

 

1991年には、世界でもっとも優れたワインオープナーと評価されている「スクリュープル」をアメリカのハーレン社より買収、1999年にはストーンウェアの発売を開始するなど、そのビジネス領域を、着実に拡大しています。

 

そのル・クルーゼの商品を、日本国内において、販売しているのが、ル・クルーゼ・ジャポン株式会社。従業員数は約280名、日本各地の百貨店やショッピングモールなどに、30店舗以上の直営店を展開しています。

 

このページでは、ル・クルーゼ・ジャポンの中途採用求人の傾向、及び、社員の年収、就労環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

ル・クルーゼ・ジャポンの中途採用求人の傾向

ル・クルーゼ・ジャポンでは、中途採用に絞って求人を行っているわけではありませんが、特に新卒採用は行っておらず、社員も中途採用者が、大半を占めています。

 

求人を行っている業務の一覧・詳細については、公式サイト内にある採用情報ページにおいて、確認することが可能です。
http://www.lecreuset.co.jp/company/recruit/

 

主に募集が行われている職種としては、各店舗の店長、副店長、販売スタッフ、調理デモンストレーターなどがあり、契約形態については、店長は正社員、副店長以下は契約社員となります。(販売スタッフの場合、パートとして働くことも可能です。)

 

また、本社勤務となる総合職(正社員)については、エリアマネージャー、営業、Webディレクター・デザイナー、経理財務、人事、法務、経営企画といった職種などで、募集がかかることがありますが、数としてはかなり少ないです。

 

また、総合職の求人については、公式サイト内で告知されるケースはあまりなく、転職エージェント経由で、募集がかけられるのが一般的です。そのため、総合職での転職を目指すのであれば、転職エージェントに問い合わせるようにしてください。

 

ちなみに、タイミングによっては、求人がゼロということもありますが、その時には、求職者登録(会員登録)をしておくことをオススメします。一度登録しておけば、新規求人が発生した時に、メールなどで通知してもらえるので、自分で探す手間が省けて便利です。

 

このページの最後に、ル・クルーゼ・ジャポンの求人を取り扱い実績がある転職エージェントを、数社挙げておきますので、参考にしてください。

 

ル・クルーゼ・ジャポンの社員の年収・給与制度について

ル・クルーゼ・ジャポンに勤務する社員の年収ですが、いくつか事例を挙げてみると、下記の通りとなります。

 

  • 販売 25歳 年収340万円
  • 販売 27歳 年収 200万円
  • 販売 30歳 年収 350万円
  • 販売 35歳 年収430万円
  • 販売 46歳 年収400万円
  • 店長 29歳 年収480万円
  • 店長 38歳 年収550万円
  • 営業 28歳 年収 500万円
  • 営業 34歳 年収600万円
  • エリアマネージャー 30歳 年収 550万円
  • Webディレクター 32歳 年収550万円
  • 経営企画 42歳 年収700万円

 

店長をはじめとする店舗スタッフは月給制、エリアマネージャーなど、本社スタッフの総合職は年俸制となり、スタッフは月給18万円程度、店長で月給25万円程度、総合職は職種にもよりますが、役職なしの一般職で、年収 400~600万円程度となります。

 

年1回、数%の昇給がありますが、業績や評価によっては上がらない年もあります。また、ボーナスについても、予め決められた予算を達成した店舗にしか、支給されません。(総合職については、ボーナスは年俸に含まれているので、ゼロです。)

 

福利厚生に関しては、それほど特筆すべきことはありませんが、ル・クルーゼならではの制度として、自社製品をレンタルさせてもらえるほか、入社6か月後には、主要製品であるお鍋をプレゼントしてもらえます。

 

ル・クルーゼ・ジャポンの評価制度について

ル・クルーゼ・ジャポンでは、MBO評価が導入されています。年初に目標を設定、期中に行われる上司との中間レビューを経て、年度末に最終評価が下されるという流れになっています。

 

評価基準については、不透明な部分、不明瞭な部分もありますが、毎年少しずつ改善されており、その取り組みは、現在も継続中なので、時間が経つに連れ、より公平・明朗な評価制度になっていく可能性が高いです。

 

なお、店舗スタッフの場合、個人評価だけではなく、店舗の予算達成度も評価対象とされるため、店舗自体の業績が、評価に大きく影響することになります。

 

ただし、ル・クルーゼでは、人事評価が昇給・昇進に直接的に反映することは少なく、特に昇進については、入社時に就いたポジションから上がるのは、かなり難しいです。

 

また、店舗スタッフの場合、正社員登用制度が用意されていますが、人事評価が高いからといって、正社員として再契約してもらえるということでもなく、それよりも、自分から積極的にPRすることのほうが重要だったりします。

 

成長環境について

ル・クルーゼ・ジャポンでは、入社後のトレーニングがしっかりしているほか、実務経験が浅い社員向けの研修も、各種用意されています。特に店舗スタッフ向けの研修制度が充実しており、アルバイトやパート、派遣社員でも受けることが出来ます。

 

その一方、一定のキャリアがある人が、さらに自己研鑽を積むための研修というのは、会社としては用意していないため、自分自身の責任で行う必要があります。

 

会社のサポートは期待出来ませんが、ル・クルーゼは、社員一人一人に大きな裁量を任す会社であり、日本法人の発言力が大きなこともあり、ローカルのアイデアや意見が通りやすいので、様々なことにチャレンジ出来る環境です。

 

(自分で新しい企画や業務の改善案などをまとめて、提案するといったことも可能です。良いアイデアだと採用されやすいので、やり甲斐があります。)

 

なお、ル・クルーゼは外資系企業なので、本社には外人も多く、英語での会話やメールが飛び交っていますが、実務上は日本語だけで問題なしです。

 

会社としても、特に語学力を必須スキルとして、社員に要求してはいないので、語学が苦手という人でも大丈夫です。(英語が出来ないからといって、採用時に、不利になることもないです。)

 

ワークライフバランスについて

ル・クルーゼ・ジャポンでは、本社勤めの一部のスタッフを除けば、業務負荷はそれほど重くなく、ノンビリしたペースで働けます。残業時間が1ヶ月10時間を超えることはないですし、週休二日もしっかり確保されています。(水曜・金曜はノー残業デーとなっています。)

 

なお、店舗勤務の場合、シフト制となり、土日に働く機会が多くなりますが、休日出勤はないですし、有給もしっかり使えます。そのうえ、特別休暇が年に3日もらえるようになっています。

 

販売業務のため、年末年始などの繁忙期に、休みを取るのは難しくなりますが、逆に閑散期であれば、有給をまとめて取得して、長期休暇を取るといったことが可能です。

 

ル・クルーゼは、会社自体が社員のワークライフバランスに対して、高い意識を持っているので、就労環境については、抜群です。(プライベートを重視する人にとっては、十分に満足出来る職場だと思います。)

 

女性の働きやすさについて

ル・クルーゼは、商品構成・ブランドの特性上、女性ならではの感性が重要な仕事のため、本社・店舗を問わず、女性が非常に多い会社です。女性が主役と言ったほうが適切なぐらいなので、ストレスなく、思う存分に力を発揮出来ます。

 

なお、育児との両立という点については、ル・クルーゼは産休・育休の制度が一通り完備されており、利用すること自体には問題ないのですが、店舗勤務の場合、復帰後、必ずしも同じポジションに戻れるとは限らないので、注意が必要です。(配属先店舗が変わることもあります。)

 

また、管理職に就いている女性が多い会社ですが、ある程度の役職になると、仕事量が増えるため、育児を両立させるには、業務を効率良くこなしていくマネジメントスキルが必須となります。

 

ル・クルーゼ・ジャポンの転職先としての価値

ここまで、ル・クルーゼ・ジャポンの就労環境について見てきましたが、多くの顧客から支持を得ている企業なので、業績は安定していますし、職場環境も良好なので、末永く働き続けることが出来る会社です。

 

ただし、キャリアアップの機会は少ないので、中間管理職・上級管理職とステップアップしていきたいと考えている人にとっては、適切な会社ではないかもしれません。

 

その反面、残業が少なく、毎日定時で帰れるような会社なので、プライベートのほうが重要、仕事はノンビリ出来ればいいという人にとっては、なかなか魅力的な職場でしょう。

 

自分がどのような働き方を志向するのかによって、ル・クルーゼ・ジャポンの転職先としての価値は変わってくるので、自分の価値観と照らし合わせながら、転職の判断を下すようにしてください。

 

最後に、ル・クルーゼの中途採用求人の取り扱い実績がある転職エージェントをリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、判断に迷うようでしたら、相談してみるのもアリです。冷静な視点でアドバイスしてくれるので、参考になります。

 

また、エージェントは様々な企業の求人情報を扱っているので、他社のことについて聞いてみるのもオススメです。ル・クルーゼ以上に魅力的な仕事が見つかるかもしれないので、興味がある人は、ぜひ、話をしてみてください。

 

<ル・クルーゼ・ジャポンの中途採用求人の取り扱い頻度がある転職エージェント>

 


転職を目指す会社が決まった場合、年収などの条件交渉を代行してもらうことも出来ます。年収アップに成功するケースが少なくないので、ぜひこういったサポートも受けてみてください。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ