三井不動産の中途採用事情

 

戦後一貫して不動産業界において、売上高No.1の座に君臨している日本最大手の不動産会社、三井不動産。創立から70年を超える老舗企業ですが、常に時代の変化を的確に捉え、イノベーティブに事業に取り組むことで、新たなマーケットを切り開いてきています。

 

『顧客志向の経営』、『ビジネスモデルの革新』、『グループ経営の進化』、これらの戦略を柱に、様々な事業を展開しており、ここ数年は、毎年、売上高、利益高で、最高額を更新するなど、業績は好調に推移しています。

 

既存事業である国内外のベンチャー企業への出資や、商業施設事業、住宅事業、オフィス事業、ホテル・リゾート事業、物流施設事業、海外事業などにおいて、さらなる強化を図っており、今後も、この成長ペースが続くと、予想されています。

 

こういった背景から、人材採用の動きが活発な企業でもあり、中途に関しても、様々な職種において、募集がかかっています。三井不動産への転職のチャンスは豊富に存在するので、関心がある人は、このタイミングで真剣に検討することをオススメします。

 

このページでは、三井不動産の中途採用求人の傾向、及び、社員の年収・給与水準、社内の労働環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

三井不動産の中途採用求人の傾向

三井不動産の中途採用に関しては、『総合職キャリア採用』、『技術職キャリア採用』、『グループ会社採用』に分かれており、今現在においては、採用時期は通年ではなく、ある一定期間において、集中的に募集する形となっています。

 

不動産業界での経験は必須ではなく、新規事業の企画立案推進、商品開発、プロジェクトマネジメント、海外業務などの経験者を幅広く募っています。これは会社の事業展開が、様々な分野を含んでおり、様々なバックグラウンドを持つ人材が必要となっているためです。

 

そのため、他業種の優れた人材を積極的に受け入れており、不動産業界未経験者であっても、三井物産へ転職出来るチャンスは、十分にあるので、興味がある人は、ぜひ、チャンレンジしてみてください。

 

求人情報の入手方法

三井不動産の求人情報は、下記のページにおいて確認することが出来ます。
http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/recruit/index.html

 

先ほども触れたように、三井不動産は、募集時期が決まっていますが、いつ募集がかかるのかは分からないので、定期的に、採用情報ページを確認するようにしてください。

 

もしくは、三井物産は、転職会社経由でも告知を行っているので、転職会社に求職者登録(会員登録)をしておくのも、アリです。

 

転職会社に登録しておけば、新規で募集がかかった時に、メールなどで通知してもらえます。自分でチェックする手間が省けますし、求人が出ていたことに気付かなかったというミスを、防ぐことにもつながるので、かなり便利です。

 

このページの最後に、代表的な転職会社をリストアップしておきますが、登録作業自体は、数分で済む簡単なものなので、関心があれば、今のうちに登録しておくことをオススメします。

 

なお、転職会社は様々な企業のデータベースを持っており、三井不動産以外の会社の求人を紹介してもらうことも可能です。

 

三井不動産の社員の年収・給与制度について

三井不動産に勤務する社員の給与水準ですが、職種別に幾つか年収事例を挙げると、下記の通りとなります。

 

  • 営業 25歳 年収800万円
  • 営業 26歳 年収700万円
  • 営業 30歳 年収1000万円
  • 営業 31歳 年収540万円
  • 営業 32歳 年収740万円
  • 事務 26歳 年収420万円
  • 事務 30歳 年収450万円
  • 事業開発 26歳 年収820万円
  • 事業開発 27歳 年収900万円
  • 事業開発 27歳 年収1000万円
  • 広報 35歳 年収400万円
  • 広報 28歳 年収480万円
  • 商品開発 35歳 年収1020万円
  • 不動産管理 27歳 年収340万円
  • 経営企画 30歳 年収1100万円
  • 総務 40歳 年収1200万円

 

三井不動産の給与体系は、月給に加えて、各種手当、年2回の賞与が支給されるといった、オーソドックスなものとなり、昇給は年1回、4月に行われます。(残業代は全額支給となっています。)

 

業界最大手ということもあり、待遇は非常に良く、給与・賞与は、どの業種の大手企業と比較しても、十分な額となっています。(ちなみに、賞与は固定額なので、業績変動の影響を受けず、安定しています。)

 

昇給については、20代のうちは、年功序列が基本となるので、30歳前後までは、全員一律です。ただし、30歳以降は、実力主義にシフトするので、キャリアアップ・高給与を目指すのであれば、若いうちから、しっかりと仕事で実績を残しておくことが重要です。

 

(三井物産においては、若手の段階から、量的にも質的にも、高いレベルで、業務を遂行することが、要求されるなど、人を評価する目はシビアです。)

 

福利厚生については、各種保険が完備されているほか、借家手当、家族手当が支給されていますし、住宅融資制度、カフェテリアプランも用意されています。

 

※補足
カフェテリアプランとは、多岐に渡るメニューから各社員が、自由に選ぶ制度です。具体的には、旅行での宿泊費や交通費に対する補助、自己啓発関連の費用に対する補助、ベビーシッターや介護にかかる費用の補助などがあります。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用で入社する時には、前職までの経歴・実績をベースにして、基本給が決まることになりますが、交渉次第で数字が変わってくるので、会社側からの提示額に納得がいかない時には、そこで諦めずに、自分の希望条件を伝えて、しっかりと話し合うようにしてください。

 

三井不動産の場合、異業種からの転職希望者を、積極的に採用していますが、そういった人は、社内には存在しない貴重な人材ということになるので、自分自身のキャリアをPRすることで、条件アップに成功する可能性が十分にあります。

 

それだけに、不満がある状態で、妥協するのは、せっかくのチャンスを棒に振ることになってしまうので、注意してください。

 

もし、こういった金銭交渉を自分で行うのは、気が引けるということであれば、前述した転職会社に交渉の代行を依頼することを、オススメします。

 

転職会社は、この手の交渉経験が豊富で、うまく話を進めてくれます。100%希望通りというのは難しいかもしれませんが、何らかの上積みが為されるぐらいことは、期待出来るので、一度相談してみてください。

 

三井不動産の評価制度について

先ほども触れたように、三井不動産の評価制度は、20代のうちは年功序列、30代以降は実績主義となっています。

 

ただし、業種がら、長期間のプロジェクトが多いこと、多数の人間がかかわるため、他業種のように、個人のパフォーマンスを明確に数値化するのが、難しい環境です。

 

そのため、チームとしての業績評価が基本となり、それが個人評価にもつながるという体制になっているので、協調性が高い人、コミュニケーション能力が高い人のほうが、高評価を得る傾向があります。

 

また、三井不動産独自の評価制度として、職能資格制度が導入されています。これは、組織上の職位(部長・グループ長など)と、人事的処遇の基軸である、従業者の能力段階に応じた資格等級を分離した制度です。

 

少しややこしい説明となりますが、役職・ポジションとは関係なく、本人の能力を評価するという制度なので、職位が下の人が、上の人の等級を上回るといったケースもあります。

 

等級が高くなれば、昇給・昇進につながるので、キャリアアップを目指すうえでは、分かりやすい目安となります。

 

三井不動産の就労環境、成長環境、教育制度について

三井不動産は、不動産業界トップの大企業ですが、社内の雰囲気は明るく、風通しが良いので、人間関係のストレスとは無縁で働くことが出来ます。(優秀な社員が多いので、常に刺激を受けるような環境でもあります。)

 

扱う案件の規模が大きいので、他社では得られないような経験が出来ますし、先ほども触れたように、チームで業務を遂行することになるので、協調性やコミュニケーションスキルが、自然に磨かれることになります。

 

他社との共同ブロジェクトにおいては、自分自身が管理責任者となって、プロジェクトをマネジメントしていくことが求められるので、マネジメントスキルも養われます。

 

業界最大手だけに、不動産市場に関する質の高い情報が、大量に手に入るので、知識が深まるという利点もあり、仮に将来、他社へ転職することになったとしても、三井物産で働いた経験というのは、大きな力になること、間違いなしです。

 

また、三井不動産では、社員全員に対して、取得すべき資格として、『宅地建物取引士』、『日商簿記3級』以上、『ビジネス実務法務3級』以上、『TOEIC730点』以上を義務づけており、受験準備費用・登録料・更新料を負担するなど、資格取得をサポートしています。

 

部署によっては、さらにサポートの対象となる資格もあります。資格を取得することが、昇給・昇進につながることはないのですが、会社負担で取れるので、これも将来的なことを考えると、大きなメリットになると言えます。

 

ワークライフバランスについて

三井不動産の就労環境は、部署間の違いが大きくなっています。例えば、用地・開発系の部署は、担当プロジェクトの内容・時期によっては、毎日、夜遅くまで残業をすることになる一方、管理部門だと、定時で帰宅出来る日が少なくないといった状況です。

 

ただし、会社としては、休日出勤ゼロ、ノー残業デーといった働き方改革を推進しており、少しずつ、環境が改善されてきているので、激務の部署においても、将来的には、改善されていく可能性が高いです。

 

なお、現状においても、有休については、全社的に取得しやすくなっており、夏休みとして、10日間ぐらいの休みを取って、海外旅行を楽しむといった社員も多いです。

 

ちなみに、三井物産における有休消化率は、50%を超えており、同業他社はもちろんのこと、他業種の会社と比較しても、悪くない水準となっています。

 

女性の働きやすさについて

三井不動産は、男性・女性を問わず、能力が高い人に責任のある仕事を、どんどん任せる風土があるので、女性も第一線で活躍することが出来ます。(三井物産には、優秀な女性社員が、非常に多いです。)

 

その反面、現状においては、管理職に昇進する比率は、男性のほうが高く、ここは今後の課題と言えます。

 

一方、育児支援体制については、三井物産は充実しており、休業制度がしっかり整備されているうえ、復帰後も、待遇は変わりません。周囲の理解もあり、復帰前と同じように、働いている女性は多いので、仕事と子育ての両立に関しては、不安を感じる必要はなしです。

 

不動産業界は、いまだに男性中心の職場であることには、変わりがないのですが、そのなかにおいて、三井不動産は、いちはやく、女性の登用を積極的に推進しているので、女性にはオススメの転職先と言えます。

 

三井不動産の転職先としての価値

抜群の実績と歴史を持つ不動産業界のトップ、三井不動産ですが、会社が求める人物像としては、スペシャリストよりも、ゼネラリストです。かつ、チームでの仕事が中心となるので、一匹狼型よりも、協調性がある人材が好まれています。

 

この点を加味すれば、自分に向いている会社なのかどうか、判断がつきやすいので、一つの目安としてください。

 

ちなみに、チーム中心とはいっても、完全に個人を無視しているのかと言えば、全くそんなことはなく、能力のある人は評価されますし、責任ある地位に就けるので、不動産業界において、自分の能力を発揮出来る場を探している人にとっても、十分に検討するだけの価値がある会社です。

 

最後に、三井不動産の中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、この会社が、自分に合っているのかどうか、判断に迷うことがあれば、一度相談してみてください。プロの視点で、アドバイスしてくれるので、参考になるはずです。

 

また、転職会社は、様々な企業の求人情報を扱っているので、他社の求人を紹介してもらうのもオススメです。三井不動産以上に、魅力を感じる求人が出てきてもおかしくないので、関心があれば、ぜひ他社のことについても、話をしてみてください。

 

<三井不動産の中途採用求人を扱っている転職会社>